« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004/06/24

光とともに~自閉症児を抱えて~最終回

『光とともに~自閉症児を抱えて~』毎回見ていた訳ではないのだけど、大好きだった『すいか』にも出ていた小林聡美と市川実日子がキャスティングされていたので後半よく見ていました。ラストには片桐はいりまで出てきて、まるで『すいか』オールスターズ。コンディションによってはこの手のドラマはとても見る気にはなれないのだけど、ヘヴィーな内容なわりに、悲観的にならずすんなりと見られたのは脚本と演出が素晴らしかったからかもしれないです。光役の難しい演技を自然に演じた子役の斎藤隆成さんも素晴らしかった。鈴木杏樹、井川遥の似合わない悪女ぶりも魅力的だった。篠原涼子は東京パフォーマンスドール時代にイヤという程生で見てましたが、この人だけが生き残って、こんな立派な女優さんになるとは夢にも思わなかった。高橋恵子がおばあちゃん役とは、私も歳をとったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロスト・イン・トランスレーション

6月22日
日本人を「理解の出来ない未知の人種」としか描いていないことから「国辱ムービー」「親の七光りで才能のない娘が撮ったカラッポの映画」などという評価が一般的なソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』がやっと大阪で公開されたので見てきました。
まあ、欧米人種から見た日本って、結局この程度の理解度が平均的なものなのでしょう。そこらへんを正直に描いたソフィアは評価したい。別に最後まで何の事件も起こらずに淡々と日本滞在の現実が描写されるだけなのも良い。
でも本筋的には、主人公二人にとって日本そのものは本当にどうでもいい存在として認識されているし、必然性もない。
唯一うかつに、おかしさがすぐに理解できなかったのが、主人公二人がしゃぶしゃぶを注文して、ただの肉が皿に盛られて置かれたことに唖然とするシーン。日本人ならあたりまえに自分で調理するだろうけど、欧米人種って野外バーベキューでしか肉を調理できないんだなと。ましてやお金を払って食べるレストランとかでは。

この映画でいい所は、情けない中年の主人公ビル・マーレーが無理やりカラオケに連れていかれてロキシー・ミュージックの"MORE THAN THIS"をヘロヘロに歌うシーン。ブライアン・フェリーの超名曲をここまで情なく歌うシーンに男の悲哀が身に沁みました。
ヒロインのスカーレット・ヨハンソンはプリテンダーズの"BRASS IN POCKET"を音痴に熱唱。
さらにヒロインをカチンとさせるライバル的存在だった同じホテルに滞在する映画スターのアンナ・ファリス(『最終絶叫計画』大好き!)がラウンジの生バンドをバックにヘタクソな歌声で『007私を愛したスパイ』のテーマ・ソング、カーリー・サイモンの"NOBODY DOES IT BETTER"を歌う。007オタクとしては嬉しくなってしまいました。
いずれも二昔も前の名曲で、音楽ファンのツボを突かれた気分です。
はっぴいえんどの『風をあつめて』も使われているけど、まあサービスでしょう。大好きな曲だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニ・ノイマイヤー名古屋公演

6月21日
台風直撃の中、ドイツのクラウト・ロック界の重鎮ドラマー、マニ・ノイマイヤーさん(62歳)の6度目の来日ツアーを名古屋で見ました。
96年のマニさん自身のパーマネント・グループでジャーマン・ロック屈指のバンドGURU GURUのライブは私が渡独中だった為見逃しているのですが、ここ3回は皆勤。あいかわらず精力に満ち溢れていて素晴らしいドラミングを披露してくれました。ネタは2001年の来日にもやった、たくさんのネジ式おもちゃ(おさるのシンバルみたいなやつ)を動かしたり、大量のピンポン玉を客席から投げてもらって打ち返すパフォーマンスでツカミはOK。名古屋のミュージシャン達とのセッションはウリ・トレプテ在籍時の初期グルグルを彷彿とさせていました。今回は知り合いのソウル・パンタロンズ愛社長がベースを弾くということで期待してたのですが、ジャーマンロックのフレーバーを強く感じさせるナイスな演奏。ライブ前に結構酒を飲んでしまったので、トリップしっぱなしでした。
ふだんは若い女の子を周りにはべらせてご機嫌なマニさん。長寿の秘訣はここにあるとみた!
私のウェブサトにジャーマン・ロックのミュージシャンの来日特集がありますので、よろしければご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/05

ZAO大阪公演

6月4日
フランスのジャズ・ロックの最高峰MAGMAの初期メンバーによるバンド、ZAOが10年ぶりに再結成されてのワールド・ツアー初日。新今宮BRIDGEを見てきました。入場するとサイン入りCDが2,000円で発売されており、1st~3rdを購入。4~5枚目はアナログで持ってました。
前座は関西カンタベリー・ロック・シーンの元祖的存在のアイン・ソフ(AIN SOPH)。10年ぶりのライブらしく、私も見るのは88年以来だったりして懐かしかったです。短めのステージでしたが、あいかわらず安定したテクニックで懐かしい曲も披露してくれました。ギターでリーダーの山本要三氏はエフェクターを使わないナチュラルなギター・サウンドで素晴らしかったです。ソフトマシーンの6~BANDLESS時代を彷彿する瞬間も。

続いていよいよZAOの演奏。メンバーは
Francois Cahen:PIANO
Yochk'o Seffer:SAX
Gerard Prevost:BASS
Francois Causse:DRUMS
Cynthia Saint Ville:VOCAL

フランソワ・カーンはファットン・カーンと紹介され、巨体を揺らしながらエレピを好演。白髪になったヨシコ・シェファーも絶好調でソプラノ・サックスを吹いてました。ドラムもベースも鉄壁のリズム。女性ボーカルもハイトーンで複雑なパートを完璧にこなしていました。
MAGMA直系というか、MAGMAと双璧をなす反復フレーズを基調とした重厚なサウンドに圧倒。フレンチ・ジャズ・ロックの最高峰といってもいいでしょう。4人とボーカル1人であれだけのサウンドが出るとは・・・。カタルシスとアドレナリンの応酬という感じ。それでいてカーンのピアノは繊細でソロではアンヴィエントな美しい輝きを放っていました。
終了後カーンのソロ・アルバムやZAOのアナログ盤にサインをいただき感激でした。

もう1回見たい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KISS大阪公演

KISSを知って27年目にして初めてKISSにハマってしまいました。ようやく買ったジーン・シモンズの自伝はあまりの面白さに邦訳340ページのボリュームを一晩で読破してしまいました。ひとりの人間の何も隠し立てせず、ファミリーであるバンドのメンバーにさえ容赦なくあからさまな批判をくりだす率直さ。アルコールもタバコもドラッグも一切口にせず、ひたすら女性と金儲けと仕事に忠実な哲学には学ぶべき部分も多いと思いました。先日のNHKアーカイブの77年武道館公演の放送をトリガーに、個人的にピークに達したところで絶妙のタイミングの大阪公演。盛り上がらない訳はないということで大阪城ホールに繰り出しました。

ロックとは思想でも政治でもなくて芸能であり一流のエンタティーメントであるという潔い割り切りがキッスの根底にあるもので、こういうものでもないと、今の世の中悲惨すぎて生きていけないと、救われた気分にもなります。遠山の金さんのようにお約束のジーンの火吹きや、血吐き、宙吊りでは、50代とおぼしきおばさんが「まってました~~~!!!最高!!!」と絶叫してました。

アンコールでポール・スタンレーが「戦争が耐えない悲惨な世界の裏側で我々がこうやって楽しめるのは神から与えられたギフトだ」とアナウンスし、そう考えないとあらゆる娯楽はとても享受できないほど世の中は悲惨で、KISSは絶望的な人の心を救ってくれる存在だとも思ったり。

一番びっくりしたのは、大阪城ホール入場時に、5~6人いたチケットもぎりのお姉さん達が全員KISSメイクをしていたこと。いやいやさせられた人もいたかもしれませんが、客としては大いに盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »