« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004/10/16

スウィングガールズ

swinggirls.jpg
先週見ておもしろかったので、おととい2回目を見てきました。「てるてる家族」の三女、秋子役の頃から気になっていた上野樹里さんが主演だったのと、ジャズ・マニアの友達が推薦してくれたので。竹中直人扮するフリー・ジャズ・マニアの先生の部屋のディテールが尋常じゃなくて、一瞬しか映らない場所にエヴァン・パーカー&デレク・ベイリーのTopography Of The Lungs が置いてあったりして、マニアも納得。この映画を観るほとんどの人には、いくらこだわってもあまり意味はないんだろうけど、ここらへんをキッチリと細かく描くことが映画を成功させる秘訣なんでしょう。スウィング・ガールズの演奏は吹き替えなしとのことで、カットを繋げたりはしているだろうけど、最後の音楽祭のシーンは感動的。スーパー前での演奏は急に加わったメンバー達が完璧なアンサンブルを展開する有り得ない展開だけど、音楽映画なので、ファンタジーもOKかと。ここらへんは小学生がロックバンドを結成するハリウッド映画「スクール・オブ・ロック」と同じ感覚で楽しんで見るものでしょう。監督の絵コンテ集も買って見たけど、完全に描くべきディテールを映像化していたのはあっぱれ。映画を観てからは絵コンテのほうが楽しめたりしました。
上野樹里さんは「てるてる~」と平行してこの映画を撮影したということだが、かなりの好演。無気力で何事にも飽きっぽいけど、興味を持ったことはひととおりやってみるまでは気がすまない主人公の微妙な感覚がよく出ていました。見そびれた出演作「ジョゼと虎と魚たち」も遅ればせながらビデオで見てみたが、16歳にて濃厚なラブシーンもある女子大生をリアルに演じていたので、かなりびっくり。益々魅力に取り付かれそう。
オフィシャル・サイトによると、夏から関連イベントやテレビ出演も多々あったらしいが、全部見そびれてしまって、ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »