« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/25

ウルトラQ

ultraq
近所のレンタル・ビデオ屋が1本95円キャンペーンをしていたので、これを機会に東宝ゴジラシリーズ全作とウルトラQ全作をレンタルして見直してみることにした。ゴジラシリーズに関しては別記する予定。ウルトラQはさすがに昭和41年のリアルタイムでは見てないが、ウルトラマンの途中あたりからはリアルタイム世代なので、最初の再放送から見ているはず。それ以前に親に買ってもらった非常に高年齢向きのウルトラマン読本(今、あれが残っていたらいったいいくら位の価値になるだろう?)を漢字も読めないのにボロボロになるまで見入っていたので、ウルトラQの怪獣に関しても予備知識はかなりあったと記憶している。1984年頃に関西ローカルで深夜に再放送をしているのを見たのが最後だから20年ぶりの鑑賞ということで、高画質高音質のDVD4枚全28話を一気に見直した。ウルトラシリーズの原点として、未だこれを凌駕できる特撮ドラマは存在せず、直後のウルトラマンとウルトラセブン、それに怪奇大作戦あたりまでの作品の質は他の追随を許さない素晴らしいものである。今回改めて実感したのは新聞社の女性カメラマン江戸川由利子を演じる桜井浩子さんの美しさ、可愛さで、ここらへんが理想の女性像のデフォルトとして幼少の頃から刷り込まれてしまっていたことを思い知らされた。特に「1/8計画」における小さくされてしまった由利ちゃんは「南くんの恋人」の原点でもあり、行方不明になった由利ちゃんを死んだものとして忘れ去ろうとしていた万城目淳や一平君に対して逆ギレするシーンは男心のツボを突きまくってくる。あとこの話、北朝鮮の帰還船を思わせる部分もあったりして興味深い。他のいずれの話も見直してみれば台詞の細部までよく覚えていてびっくり。レギュラー陣が登場しないものでは「カネゴンの繭」が印象的で幼少の人格形成にいかに影響を与えられたことか。また「クモ男爵」は私を永遠のクモ恐怖症にしてしまったし・・・。未見の方は、機会があればぜひ半端ではない脚本や特撮の素晴らしさを確かめてほしいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/23

MAGMA、20年ぶりの新譜

ka
MAGMA20年ぶりの新譜"KA"(KOHNTARKOSZ ANTERIA)、先ほど聴きました。キング・レコードから日本盤が本日発売です。
MAGMA版アースバウンドとも言うべき、音質に難ありだが内容は最高のライブアルバム"INEDITS"において断片的に聴くことのできた70年代前半の"OM ZANKA""GAMMA ANTERIA"などを含むミッシング・ピースの全貌が今ここに再現されたという感じで、久々に燃えました。自分の中の一番音楽的に感じる本質的な部分が久々にめらめらと炙り出された感じです。内容は1973年の作品といってもいい遜色のない素晴らしい出来です。当時のメンバーはクリスチャンとステラだけですが、今のバンドがいかに充実した状態にあるかを示しているかと思います。
"GAMMA ANTERIA"は、80年代にマグマのコピーバンドをやってた頃、キーボードの人が楽譜に起こして、ちょっと練習した思い出もあります。やっぱりマグマは凄い!!今年のベスト1です。来年はぜひ3度目の来日公演を希望したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

GODZILLA Final Wars

遅まきながら見てきました。久々にブチ切れですよ。小学生が書いたような脚本で映画作るな!というか仮面ライダーでしょこれは。

ゴジラが子ども向け脚本になった東宝チャンピォン祭りの頃の「オール怪獣大進撃」のリメイクと思えばまだ許せるでしょうか。人間サイズのミニラが泉谷しげるが運転する自動車の助手席に乗ってる(ちゃんとシートベルトしている)時点でもう何もかも諦めました。

キース・エマーソン頼むからこの映画は見ないでくれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »