« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005/01/29

ロックのDVDまとめ買い

中止になったデュラン・デュランのチケットをファミマで払い戻して、浮いた金で何か買おうと日本橋の大型CD店舗DISCPIERへ。今月中有効な割引券も2千円分残っていたので。あれこれ見て、買ったDVDは

ニール・ヤング / グリーンデイル
チープ・トリック / フロム・トーキョー・トゥ・ユー、ライブ・イン・ジャパン
ELP / マスター・フロム・ザ・ヴォルツ
PFM / ライブ・イン・ジャパン2002
ジェントル・ジャイアント / ジャイアント・オン・ザ・ボックス
マリリオン / Live From The Loreley
マリリオン / brave

あと先日見たセンス・オブ・ワンダーの難波弘之のソロで、知り合いからダビングしてもらったカセットでしか持ってなかった『ブルジョワジーの密かな愉しみ』『N氏の天球儀』の2000年に再発されたCDも購入。それ以前の『も買おうと思ったけど、見当たらなかった。

結局、払い戻したチケットを大きく上回って散財してしまった。

ニール・ヤングのグリーンデイルは壮大なコンセプト・アルバムを50人位の役者を使って完全再現した2003年の来日公演を大阪城ホールと武道館で見たが、このDVDはニール自ら監督した映画版。しかも昔の8ミリフィルム・カメラで撮影されているらしい。

チープ・トリックは行けなかった03年夏のライブのドキュメント。彼らがいかに多くの若いミュージシャンから尊敬されているのがよく分かる。東京ドームで行われたナショナル・フットボール・リーグのハーフタイム・ショーで大人数のチアガールと一緒に出演したオマケ映像が楽しくて、これの完全版を見てみたい!

ELPは当時見た知り合いよると大昔NHKのヤング・ミュージック・ショーで放送されたもので、デビュー間もない頃のワイルドでエネルギッシュなライブで、これを見ると普段ELPをバカにしている人もちょっと唸るんじゃないかなという出来。噂になっている程画質は悪くなく、むしろかなり良いと思う。少々フィルムの傷が気になるのと、全体に赤っぽいけど。あとサラウンド収録とあったが、うちのサラウンドシステムでは2chでしか再生されなかった。それでも音質はかなり良かった。

PFM、ジェントル・ジャイアントは買おう買おうと思いつつ引き伸ばしていたのを購入。
マリリオンの2枚もビデオとLDで持っていて、特にボーナス映像もなかったので買いそびれていたものが安かったので購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/23

センス・オブ・ワンダー at 京都ライブスポットRAG

aquaplanet今年最初のライブ観戦ということで、京都のライブハウスRAGでセンス・オブ・ワンダーを見てきました。5年前にも大阪のミューズ・ホールで見ているけど、今回は私が初めて見た1988年時のラインナップ、難波弘之(Key&Vo)小室和幸(B&Vo)小森啓資(Ds&Vo)の3人ということで、ドラムの小森氏のデビュー21周年記念イベント3デイズの一環として再集結したもの。この頃のライブは本当に良くて思い出深いものだったので、これは見ないと!と古くからのファンの友人数名と駆け付けたのでした。会場で10年ぶりに再会した友達もいて、懐かしさもひとしおです。1988年当時は元ラインナップになってからの初アルバム『アクアプラネット』リリースの前後で、その2作前のアルバム『N氏の天球儀』から参加した小室氏のクリアなボーカルがとても好きで、ファンになって間もなく脱退してしまったので非常に残念だったのを覚えています。あの声が再び聴けるだけでも見に行った価値はありました。特に『都市迷宮(ダンジョン)』のスリリングさは今回も健在で、ベストテイク。他の曲もあいかわらずの大仰さとポップさで、誠実さとお笑いトークも長くていつものセンス・オブ・ワンダーです。難波氏のキーボードも頑固なほどアナログ。観客は7:3で女性の割合が多かったのですが、若い人は男女を問わず皆無に近い状態で、まあ大人の音楽なんだなと好意的に解釈しておきたいです。しかし私も高校生の時から知ってたバンドなので、やりようによってはプログレ好きの若い客層にも聴いてもらえるかとも思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/20

DURAN DURAN来日公演中止

familymartduranduran28日に神戸ワールド記念ホールで見る予定だったDURAN DURANのオリジナル・メンバーによる来日公演がドラマーのロジャー・テイラーの足指骨折の為、中止になったことを今知りました。21年ぶりに見るということで、チケットも偶然前から15列目がとれていたので、本当にショック。仕事も休みをとっていたのだが。
デュラン・デュランは1984年の大阪城ホールでの公演の時、警備員のバイトで見た思い出のバンドで、興奮した観客に押しつぶされそうになったりしました。1万人以上の女性が絶叫している姿はカルチャーショックでした。追っかけファンがタクシー数十台で待機している会場からのメンバーの脱出を警備したりもしました。それ以来、このジャンルでは例外的によく聴いていたけど、なぜか見る機会はなく、おととしのオリジナル・メンバーでの復活来日公演も、会場の前までは行ったけどチケットがとれずそのまま帰ってしまったのでした。
"SAVE A PRAYER"が大好きで、とにかくあの曲だけでも聴きたかった。無念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

昭和35年の松竹映画

めっちゃ忙しくて何もできてません。
録画してた日本映画を観ながら仕事してました。
全部松竹の昭和35年の映画で「血は渇いている」「ろくでなし」「青春残酷物語」。
45年前の大学生の青春とか描いたものなんですが、すっげーです。精神的には
今とそんなに変わってなかったんだな~と。めちゃおもろいです。女優もセクシー
すぎてため息が出てしまう。鈴木清順とかとはまたひと味違った感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »