« さよなら、さよならハリウッド | トップページ | ベルンの奇蹟 »

2005/05/31

バタフライ・エフェクト

タイムスリップものの映画はゴマンとあるけど、タイムマシーンを使うのじゃなくて、遺伝体質でタイムスリップしてしまう発想が斬新。編集のテンポが良くて先が読めずにスリリングな展開を堪能できた。ストーリーはマリリオンのコンセプト・アルバム"Misplaced Childhood"をちょっと思わせる部分があった。

再結成したり、完成できなかったアルバムを作ったりして後ろ向きの夢を実現させるのがロック・ミュージシャンだったりする。その意味ではルイス・シャイナーの『グリンプス』にも似たタイムスリップ映画だった。

|

« さよなら、さよならハリウッド | トップページ | ベルンの奇蹟 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタフライ・エフェクト:

« さよなら、さよならハリウッド | トップページ | ベルンの奇蹟 »