« 今年見た音楽DVD総括 | トップページ | アメリ »

2006/01/01

2005年に見た映画総括

2005年に映画館に見に行った映画は、おおむね以下のとおりです。

オーシャンズ12 (2/05)
ボーン・スプレマシー (2/15, 3/1)
スパイ・バウンド (2/18)
THE JUON/呪怨 (2/18)
香港国際警察 (3/26)
コンスタンティン(4/18)
Shall We Dance? (4/26)
さよなら、さよならハリウッド (5/19)
バタフライ・エフェクト (5/24)
ベルンの奇蹟 (5/25)
オペレッタ狸御殿 (5/30)
電車男 (6/06)
宇宙戦争 (6/30)
オープン・ウォーター (7/01)
亀は意外と早く泳ぐ (8/03)
ハービー/機械じかけのキューピッド (8/03)
ヒトラー 最期の12日間 (8/04)
スターウォーズ・エピソード3/シスの復讐 (7/13, 8/10)
ランド・オブ・ザ・デッド (8/27, 9/02, 9/15)
サマータイム・マシン・ブルース (9/03)
妖怪大戦争 (9/03)
銀河ヒッチハイク・ガイド (9/20)
がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン (10/03)
チャーリーとチョコレート工場 (10/03)
ステルス (10/?)
メタリカ/真実の瞬間 (10/?)
蝋人形の館 (10/20)
SAW2 (11/01)
インサイド・ディープ・スロート (11/19)
TAKESHIS' (11/20)
Mr.&Mrs.スミス (12/26)
キング・コング (12/26)

個人的なベスト3は
ベルンの奇蹟
ランド・オブ・ザ・デッド
スターウォーズ・エピソード3/シスの復讐

その後を5本選ぶとすれば
ヒトラー 最期の12日間
キング・コング
オペレッタ狸御殿
妖怪大戦争
がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン

かな。
ベスト3のうち「ランド~」は、とにかくロメロのゾンビ新作が見られたことが嬉しかった
だけで、出来はというと75点という感じ。でも3回見に行ってDVDも買ってしまいました。
スター・ウォーズも27年目にして完結に立ち会えたという感慨が先行してます。
DVDでもあのラストでは涙してしまいました。
ベルンの奇蹟は純粋に感動しました。たぶん今年のワールドカップ前にテレビなんかで
放送して、盛り上がるんでしょう。ドイツは。

リストにリメイク作が9本もあるんですが、その中では「キング・コング」がダントツ。
「がんばれベアーズ」は、あの名作を現在に置き換えただけで、あとは忠実なリメイク。
でも感動の持っていきどころはより練られていて、ホロリとしてしまう。さすがはあの
超名作「スクール・オブ・ロック」の監督リチャード・リンクレイター。映画館でもフランク
フルト→大阪間の飛行機でも日本語ヴァージョンだったので、DVDが出たら英語で見て
みたいです。
「オペレッタ~」は単純にブッ飛んでDVDも買ったけど、さらにブッ飛んでしまいました。
やってる役者もよくわからず、とにかく演じてたみたい。

「ヒトラー」は、小劇場での公開だったが、お年寄りを中心に超満員で、かなり盛況な
入りでした。崩壊寸前の第3帝国をリアルに描いていて、ヒトラーも一人の人間と
して、魅力的に描かれている(その辺、イスラエル周辺は気に入らないらしくて抗議
したらしいが。)。上映後にお年寄りの観客が「さすがじゃ、ちゃんと総括しとるわ。」
と言ってたのが印象的でした。

「TAKESHIS'」も、フェリーニの「8 1/2」とデヴィッド・リンチの「マルホランド・ドライブ」の
合体作みたいで楽しめた。頂点まで名声を得た人の頭の中って、こういう感じになるん
じゃないかというのが、実感できます。

1作目の「ボーン・アイデンティティー」が最高に好きで、期待していた「ボーン・スプレ
マシー」はストーリーは最高だったのに、カメラワークが最悪で眩暈がするほどブレ
まくってしまってて、残念無念。

今年はとりあえず、ダニエル・クレイグが新ボンドとなった007の新作が完成するか
どうかが課題です。

|

« 今年見た音楽DVD総括 | トップページ | アメリ »

コメント

明けましておめでとうございます。
さすが沢山見てますね~!
参考になりました。

投稿: こうりん | 2006/01/03 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/7948576

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年に見た映画総括:

« 今年見た音楽DVD総括 | トップページ | アメリ »