« ウルトラマンマックスでウルトラQ | トップページ | ジャーマン・ロックの宝庫 片腕カンフー対空とぶギロチン »

2006/01/25

秘密のかけら

himitsu01
中盤で、薬でラリったロリータ・フェイスのヒロイン、アリソン・ローマンが、不思議の国のアリスのコスプレの女の子(慈善ミュージカルの歌手で、歌っているのはジェファーソン・エアプレーンの『ホワイト・ラビット』)と濃厚なレズ・プレイを演じる萌えシーン。

バックにかかっている曲が意外すぎてしばらく思い出せなかった。なななんと、ジャズ・ロックの金字塔的アルバムであるマハヴィシュヌ・オーケストラのファースト"The Inner Mounting Flame"(邦題『内に秘めた炎』)のヴァイオリンとローズ・ピアノが泣きまくっている"You Know, You Know"。設定が1972年なので、1971年発表のこのアルバムからの曲を使ったのは、なかなかのセンスだと思いました。しかしなぜマハヴィシュヌ??ジョン・マクラフリンのファンなのか?サンタナなんかも使われていたので、選曲担当がギタリスト好きだったのかな。

1958年に起こった売れっ子コメディアン・コンビに絡んだ全裸女性変死事件を、15年後に女性編集者のアリソン・ローマンが追い詰めていくサスペンス・ドラマ。しかし、R18となってしまってて、ストレートなエロ・シーンが随所に盛り込まれていて、特にラスト近くでは思わず笑ってしまう衝撃的なシーンが・・・。で、『インヴィジブル』の時のごとく、やたらと脱ぎまくるケヴィン・ベーコン。こういう役ばっかりですなー。

マハヴィシュヌ・オーケストラを使っていたので、私はOKの映画でした。帰ってファースト(レコードでしか持ってないけど)を聴きなおしてしまいました。

秘密のかけら オフィシャル・サイト

|

« ウルトラマンマックスでウルトラQ | トップページ | ジャーマン・ロックの宝庫 片腕カンフー対空とぶギロチン »

コメント

聴きごたえのあるエキサイティングなジャズでした。
なるほどジャズ・ロックの金字塔なんですねぇ。

投稿: かえる | 2006/01/27 11:16

初めまして♪
「ホワイト・ラビット」のシーンは、妖しかったですね。
70年代の雰囲気を音楽で盛り上げていたと思います。
トラックバックさせていただきます。

投稿: いわい | 2006/02/09 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/8326089

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密のかけら:

» 『秘密のかけら』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
雰囲気に圧倒されてのおもしろいミステリー。 秘密にご用心。 1972年、ロサンゼルス。野心的な女性ジャーナリストのカレンは、ショウビズ界でタブーとされた15年前のある事件を取材しようとしていた。1957年ハリウッドの人気デュオのラニーとヴィンスの宿泊予定のホテルの部屋のバスルームで若い女性の全裸死体が発見されたという事件。原作は作曲家・演劇プロデューサーとしても知られるルパート・ホームズのベストセラー小説で黄金期のハリウッドに実在したデュオをモデルにしているもの。 予告を見た時から、ア... [続きを読む]

受信: 2006/01/27 11:16

» 「秘密のかけら」 [るるる的雑記帳]
「秘密のかけら」を観ました。 ジャーナリスト志望のカレン・オコナーはかつて全米を沸かせた人気デュオ、ラニー・モリスとヴィンス・コリンズ2人を取材をしている。彼らは1957年人気絶頂の時期、ホテルでの女性変死事件というスキャンダルの最中コンビを解消してしまっ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 19:51

» 『秘密のかけら』 [狐の穴にて]
濃厚な人間関係に溺れて、息苦しいほど。真実はどこにある? 1957年のハリウッド。ラニーとヴィンスのデュオは、人気と名声、富と成功を手に入れていた。ある日、彼らが宿泊する予定のスウィートルームで、美女... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 10:13

« ウルトラマンマックスでウルトラQ | トップページ | ジャーマン・ロックの宝庫 片腕カンフー対空とぶギロチン »