« フライトプラン | トップページ | デヴィッド・ギルモア On An Island »

2006/02/25

僕のニューヨークライフ

anythingelse
ウディ・アレンの2003年の作品『僕のニューヨークライフ』が今頃公開。日本では昨年公開された2002年の『さよなら、さよならハリウッド』の次の作品で、本作の1作後の『メリンダとメリンダ』のほうが先に公開されてしまっていて、ちょっとヘンな感じもしますが、まあいつものウディ・アレンです。
が、今回はジェイソン・ビッグスとクリスチーナ・リッチという若手を使って、あの『アニーホール』をほとんどリメイクしているような内容で、21世紀ヴァージョンを堪能できたという気分です。というか、『アニーホール』がいかに画期的でハイプで時代を先取りしていたかという事実を再認識。

主人公の2人が初デートするのがジャズの中古レコード店。中古レコード屋でデートって、ジョン・キューザックの名作『ハイ・フィディリティ』でもテーマになってて、数年前の『中学生日記』(名古屋の中古レコード屋で中学生同士がデート)とかにも登場してるけど、個人的にはやっぱり理想的ですね。音楽の話で、男女がマニアックに盛り上がれるっていうのは素晴らしいです。ただし、この映画ではジェイソンがクリスチーナをクドきたい一心だというのがミエミエなのですが。

子役時代のクリスチーナ・リッチは、日本ではビデオ・スルーにされてしまった"That Darn Cat"(邦題『誘拐騒動/ニャンタッチャブル』)を飛行機の中で見たくらい(ディズニーの子供向け映画だけど、なぜか大好きな映画)で、アダムス・ファミリーよろしくダウナーなキャラクターは唯一無二という感じだったんですが、その後見た98年の『バッファロー'66』『I Love ペッカー』では、既にエロチックな演技をしててドキっとしたものでした。本作はもっとエロくて、クラクラしてしまいますが、どこか冷めた存在感は子役時代から変わっておりません。ウディが近年で最も起用したかった女優がクリスチーナ・リッチだったそうで、確かにピッタリとハマってました。

ウディは、今回は主人公でコメディ脚本家(!)のジェイソン・ビッグスの同業者役で、先輩としてよき相談相手だけど、なぜか見えない暴力への恐怖に取り憑かれていているナーヴァスなキャラクターでもあります。意味なく主人公に武装を薦めてライフルを買ったり、(ウディ初の)バイオレンス・シーンもあって衝撃的でした。これまさに911がもたらしたアメリカ人の総体的な意識をおちょくっている感じ。いつものように生温くも、微笑ましくは終わらないところが、今までのウディのコメディーとは違ってます。

公開が前後した次作『メリンダとメリンダ』は去年、字幕なしヴァージョンをローマ行きの飛行機の中で見て、そのまま劇場公開を見逃してしまうという致命的なミスをしたので、ストーリーのディテールがさっぱりわからず仕舞いだったのですが、正しい製作順で見直すチャンスができたので、またDVDで見てみようと思います。

|

« フライトプラン | トップページ | デヴィッド・ギルモア On An Island »

コメント

こんばんは。
クリスチーナ・リッチよかったですよねぇ。
ウディ・アレンったら、やっぱりお目が高い。
『中学生日記』で中古レコード屋が登場しているなんてかっこいいですね。(笑)
私も「メリンダとメリンダ」は見逃しちゃったので早く観たいですー。

投稿: かえる | 2006/02/27 01:25

始めまして。

本当に、いつものウディ・アレンの映画で、安心して楽しめました。

中古レコード屋でデートするのが映画界で流行ってるんですか?私はいつも渋谷の中古レコード屋でデートしていたんです、進んだデートをしていたんですね…。

投稿: たもと | 2006/02/27 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/8823500

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のニューヨークライフ:

» 『僕のニューヨークライフ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
愉快な奴らのミョーな人間模様が楽しい。 マンハッタンに住む21歳のコメディ作家ジェリーは、同棲する恋人アマンダのことで悩んでいた。そして、先輩である変人ドーベルにアドバイスを受ける。近頃のウディ・アレン作品には大きな満足というものがないんだけど、おもしろいかおもしろくないか好きか嫌いかで言えば、やっぱり楽しめるしやっぱり好き。シニカルなのに不思議とほんわか幸せな気分にもなれてしまう。 海外のすべての映画がそうなんだろうけど、とりわけ原語で味わえたらよりおもしろいんだろうなぁと常々感じるの... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 01:15

» ウッディ・アレン監督 『僕のニューヨークライフ』 [たもとのあれこれ日記]
ジェリー(ジェイソン・ビッグス)は若いコメディ・ライター。アマンダ(クリスティーナ・リッチ)という気まぐれな女の子と住んでいるのだが、日々彼女に振り回されている。マネージャーのハーヴィはなんだか使えないらしいし、果てはアマンダ以上にぶっ飛んだアマンダのお母さんまで住み着く。 ジェリーにいろいろと人生や仕事のアドバイアスを与えるのがやはりコメディ・ライターのドーベル(ウッディ・アレン)。しか... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 11:51

« フライトプラン | トップページ | デヴィッド・ギルモア On An Island »