« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/28

石垣島でダイビング

Kobujime_1飛行機のマイレージが貯まって、国内無料往復航空券と交換できるようになったので、思い立って石垣島へ。ついでに初の体験ダイビングを申し込んだ。お世話になったのは初心者中心に少人数制で丁寧に教えてくれるという評判のLOKOMAIKAIさん。

到着した翌朝に石垣港からLOKOMAIKAIさんの船で出発。30分ほどでサンゴ礁のダイビングポイントに到着。天気もよくなってきて、気分も盛り上がってきた。スーツを着てから、親子ほど歳の差のあるインストラクターのりえ先生に耳抜きや呼吸法などのレクチャーを受け、フィンをつけてのシュノーケリングなども実践してから、ボンベを背負っていよいよ水中に。気分はもう「007 サンダーボール作戦」のショーン・コネリーだが、ロープで先導してもらっての、おっかなびっくり状態での潜行。

いきなり目の前に鮮やかな縞のウミヘビが現れ、猛毒のことを知っていたのでパニックを起こしそうになるが、通常向こうからは襲ってこないことも知っていたのでやり過ごす。なんとか横を通り過ぎていってくれた。さらに少し潜行するとすぐに耳が痛くなって、教えてもらったとおり鼻をつまんで耳抜きを実践。左耳がなかなか抜けなくて痛かったが、徐々に正常に戻ってきた。

最初はサンゴにつかまって熱帯魚をゆっくりと観察。りえ先生にホワイトボードでいろいろ解説を書いてもらう。軍手の破れた穴から見える皮膚がエサに見えるらしく、やたらと熱帯魚が突いてきて少々びっくり。
15分ほどで最初のダイビングを終え、オーナーさん自家製のロコモコの昼食。同郷出身の美人姉妹さんがベテランコースの客として来ていたので、オーナーさんたちも含めて和やかに談笑。午後から2本目のダイビング。

今度はイカを見に行くという話だったのだが、コブジメと呼ばれる想像を遥かに上回る巨大なイカで脚を除いて70cmはあり、水を含んでまるまると太っている。それが5,6匹もサンゴ礁に産卵に来ていて、オスがそれを見守っている雰囲気。圧倒的な光景に感動。産み落とされた卵も見せてもらう。その後もナマコやウツボなども見て前回よりも長い30分ほどの潜水。水中の神秘を大いに堪能した。

翌日はもう大阪に帰らなければならなかったのだが、ウー。早くも次のダイビングが楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/07

かもめ食堂

Kamome01
少し前に見た全編フィンランド・ロケの日本映画「かもめ食堂」。大阪初日の舞台挨拶は、仕事の都合で朝8時過ぎに到着したらもう300人位の列ができていて、1回目も2回目も舞台挨拶分は完売。挨拶なしの3回目も買えない可能性大と、従業員のおねーさんが叫んでいて、肩を落として帰ってしまいましたが、気を取り直して翌日見てきました。

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこという「すいか」トリオ出演ということで、製作時から楽しみにしていた映画。思っていたよりも、ずっとコメディ要素が強くて、観客は大笑いの連続だったのですが、でも物語は起伏もなく淡々と進む感じで、まったりとした雰囲気に清涼感あるフィンランドの空気が心地良いです。

フィンランドの映画というとアキ・カウリスマキや、ジム・ジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」最終エピソードの凍て付いた感じくらいしか思いつかなくて、フィンランド自体もムーミンとNOKIA(最初に買った携帯がNOKIAだった)とサウナくらいしか名物を挙げることができないような国で、他の北欧3国は行ったことあるのに比べて印象が薄いです。が北欧独特の全ての生活用品や町並みの洗練されたスカっとした感覚はよく描けているなーと思いました。

海外で暮らす日本人の知り合いは大勢いるのですが、長期間住んでいる人にはある種の覚悟や決心、適応力が感じられ、内面の強さが見受けられます。小林聡美さんの演技にもそのへんが自然に出ていて素晴らしかった。夢と希望で海外に住む人と、日本での辛い現実を乗り越えて海外に辿りついた人、なんとなく海外に行ってみたかった人の違い。別に現実逃避で海外に行くことは何ら悪いと思っていないし、自分もそういう旅はよくしていました。そこらへんは海外留学とかも含めて日本人に特に多い行動で、そういう独特の海外生活(&滞在)エピソード映画に、フィンランドという馴染み薄い国を選んだのは成功だと思いました。

かもめ食堂のメニューは、どれもおいしそうで、おにぎりとブタの生姜焼き、シナモンロールとコーヒーはぜひ味わってみたいです。
昨日は近所のプールでダラダラと泳ぎながら、「ガッチャマン」のテーマを口ずさんでしまった私でした。

エア・ギター・コンテスト(もたいまさこがフィンランドに来た理由は、これをTVで見たから)にはぜひ私も参加してみたいです。自信ありますー。

P.S.
先日終了した日テレ・ドラマ「神はサイコロを振らない」の最終回を見逃したところ、友人の友人の方がダビングしてくださって、昨日やっと見ることができたのですが、こちらにも一瞬もたいまさこがゲスト出演しており、ともさかりえや市川姉妹も含めて、小林一家を形成している感じです。

P.P.S
誰か「サボテン・ジャーニー」録画してません?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »