« かもめ食堂 | トップページ | 緯度0大作戦 DVD化 »

2006/04/28

石垣島でダイビング

Kobujime_1飛行機のマイレージが貯まって、国内無料往復航空券と交換できるようになったので、思い立って石垣島へ。ついでに初の体験ダイビングを申し込んだ。お世話になったのは初心者中心に少人数制で丁寧に教えてくれるという評判のLOKOMAIKAIさん。

到着した翌朝に石垣港からLOKOMAIKAIさんの船で出発。30分ほどでサンゴ礁のダイビングポイントに到着。天気もよくなってきて、気分も盛り上がってきた。スーツを着てから、親子ほど歳の差のあるインストラクターのりえ先生に耳抜きや呼吸法などのレクチャーを受け、フィンをつけてのシュノーケリングなども実践してから、ボンベを背負っていよいよ水中に。気分はもう「007 サンダーボール作戦」のショーン・コネリーだが、ロープで先導してもらっての、おっかなびっくり状態での潜行。

いきなり目の前に鮮やかな縞のウミヘビが現れ、猛毒のことを知っていたのでパニックを起こしそうになるが、通常向こうからは襲ってこないことも知っていたのでやり過ごす。なんとか横を通り過ぎていってくれた。さらに少し潜行するとすぐに耳が痛くなって、教えてもらったとおり鼻をつまんで耳抜きを実践。左耳がなかなか抜けなくて痛かったが、徐々に正常に戻ってきた。

最初はサンゴにつかまって熱帯魚をゆっくりと観察。りえ先生にホワイトボードでいろいろ解説を書いてもらう。軍手の破れた穴から見える皮膚がエサに見えるらしく、やたらと熱帯魚が突いてきて少々びっくり。
15分ほどで最初のダイビングを終え、オーナーさん自家製のロコモコの昼食。同郷出身の美人姉妹さんがベテランコースの客として来ていたので、オーナーさんたちも含めて和やかに談笑。午後から2本目のダイビング。

今度はイカを見に行くという話だったのだが、コブジメと呼ばれる想像を遥かに上回る巨大なイカで脚を除いて70cmはあり、水を含んでまるまると太っている。それが5,6匹もサンゴ礁に産卵に来ていて、オスがそれを見守っている雰囲気。圧倒的な光景に感動。産み落とされた卵も見せてもらう。その後もナマコやウツボなども見て前回よりも長い30分ほどの潜水。水中の神秘を大いに堪能した。

翌日はもう大阪に帰らなければならなかったのだが、ウー。早くも次のダイビングが楽しみ。

|

« かもめ食堂 | トップページ | 緯度0大作戦 DVD化 »

コメント

ダイビング仲間がでけた!!
是非一緒に潜りましょ!?
ちなみに珊瑚には触れていけないことになってますので
念のためw

投稿: かくりん | 2006/04/28 23:55

かーくりんさん、どうもです。
スキーでご一緒させてもらって以来ですね。あの時はケガしてしまいご迷惑をおかけしました。
ダイビングはスキーよりさらに命がけみたいなので、もうちょっと練習して精進できたら、ぜひご一緒したいです。

投稿: tangerine | 2006/05/01 05:26

おぉ~、ついに行ってこられたんですね。
いいな~石垣島。うらやましいです。

投稿: dogs | 2006/05/07 16:23

dogsさんどうもです。石垣島いいですよー。
先日の花見参加者の方々にいろいろ情報をいただいたので、有意義な旅になりました。機会があればぜひ一度行ってみてください。

投稿: tangerine | 2006/05/12 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/9803901

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島でダイビング:

« かもめ食堂 | トップページ | 緯度0大作戦 DVD化 »