« エイジア 大阪公演 | トップページ | Genesis 1976-1982 CD/SACD & DVD BOX »

2007/03/16

水木しげるロード

Mizuki00
Mizuki01Mizuki03Mizuki04                          ふと一度も行ったことのない鳥取に行ってみたくなり、青春十八きっぷ(誕生25週年ということで5日使えて8千円に値下げ中)で温泉好きの同僚から推薦してもらった三朝温泉に行った。ゆっくりと温泉に浸かってカニ御膳を食べて保養。

翌日は鳥取砂丘にでも寄って帰ろうと、倉吉駅で鳥取に戻る電車を待っていたのだが、逆方向の米子行きの電車が先に来てしまい、その瞬間「これに乗って境港の水木しげるロードに行くのだ。」という啓示を受けて、そのままその電車に乗ってしまった。「妖怪予定がえし」の仕業に違いない。

米子駅には、噂の鬼太郎列車が待ち受けており、それに乗り込む。正面のライトは目玉のおやじになっている。内装も鬼太郎がいっぱい。境線の全駅には妖怪の名前が付いているという凝りよう。

米子駅は「ねずみ男駅」といなっており、ホームのねずみ男の銅像を携帯電話で撮影。しかし、充電器を忘れてきてそのままだったせいか、「電池が足りません。充電してください。」のメッセージが。せっかくロードに設置されている沢山の妖怪の銅像を写真に撮ろうと思っていたのに、がっくりときてしまった。

しかし、境港駅(鬼太郎駅)に到着し、再び携帯の電源を入れると、なんと復活。それ以降、妖怪の銅像をいつ電池が切れるかハラハラしながら撮影しつつロードを歩いていったが、いくら撮っても電池が切れることはなかった。「妖怪ケータイ充電」の仕業に違いない。感謝感激。

観光案内所で100円で買った妖怪ガイドブックには、水木しげるロードの商店街各店舗に供えてある妖怪スタンプを押すスペースがあり、全36個を押してまわると「スタンプラリー完走証」がもらえるとのことで意地になって36個制覇。いい中年が本気になってスタンプを押し歩く様子は客観的に見てあきらかに怪しい。「妖怪スタンプ制覇」に取り憑かれていたのかも。
Mizuki02
ロードの一番奥にあった「水木しげる記念館」にて、手塚治虫先生と双璧を成す水木先生の偉業を再認識。5,6歳の頃TVでやっていたマジに怖い初代モノクロ版「ゲゲゲの鬼太郎」や実写版「河童の三平」「悪魔くん」がトラウマとなった世代としては、水木先生の作品は深く遺伝子に組み込まれていて、生活の一部のようなものだったが、歴史を再確認するととんでもない奥深さである。「カランコロン漂泊記」を読んだ時にも思ったことだが、生死の境をさ迷い切った人は強い!数奇な運命の結果が何千万人という人のサブリミナルに妖怪の存在を植えつけることになろうとは。

すっかり感動して、帰り路もスタンプを押しつつ進んでいくと「妖怪神社」の前に黒山の人だかり。なんか映画版「ゲゲゲの鬼太郎」の主演のウエンツ瑛士がプロモーションでお参りに来たようで、テレビ局やマスコミも多数来ており、ねずみ男とねこ娘の着ぐるみもいた。写真撮影禁止と言われたので写真は撮らなかったけど、鬼太郎のコスプレのウエンツが到着すると、女性達の黄色い悲鳴が炸裂。何故か「みぎゃーー!!」と聞こえるのは、ねこ娘の仕業だったのか?

お土産のひとつ、目玉のおやじ汁を飲みながら旅の成果を噛み締めつつ帰路についたのであった。

|

« エイジア 大阪公演 | トップページ | Genesis 1976-1982 CD/SACD & DVD BOX »

コメント

またまたご無沙汰しました。
いつも読んでいますが、守備範囲でないのはコメントできないのですみませんです。
今回のは、とても心暖まるおもしろさでした。
2月末に社員旅行で名古屋に旅発つ時に、世話になる運転手やガイドさんの為におみやげを空港で買って用意したのですが、「ご当地限定・りんごに抱きついた目玉おやじストラップ」を購入。
また、先日鹿児島・屋久島に行ってきた専務より、「ご当地限定・芋焼酎を抱えた目玉おやじストラップ」を頂戴しました。
目玉おやじは、国内を「キティちゃん」なみに席巻しているようですね。
ちなみに小生は89年頃に「悪魔くん」がアニメ化された時の「メフィストフェレス」の頭部の光る人形と悪魔君の吹く「オカリナ」(おもちゃ)を所持しています。
いい中年がいけませんねぇ。

エイジアの老練演奏者の方々への暖かいまなざし?も素敵な文章でした。
ちなみに小生は、当時東京在住でしたので、レイクのエイジアin武道館は、3日間行きました。
当時ヒットしていた「Don't Cry」の演奏をハウが拒んでいるとかの理由で、初日と2日目は演奏が無し。3日目でようやく演奏したのでした。
呼び屋からのいちゃもんがあったのでしょうね。
ではまた。

投稿: リバティ | 2007/03/16 15:40

>リバティさん
どうもです。目玉のおやじストラップ、いろいろ種類があるのですね。水木しげるロードでも、女性のグループが「かわいい!」を連発しておりました。うーむ。時代は鬼太郎に追いついた・・・。

悪魔くんグッズをお持ちとは、年季が入ってますねー。悪魔くんはデパートのマネキンが夜動き出すエピソードが死ぬ程怖かったのを覚えています。

エイジア、最初の武道館3日とも行かれてたのですね。あの頃はピンとこなかったので行ってないのでした。"Don't Cry"にもそういう事情があったとは知りませんでした。今回もアコースティックでやったのは、そのせいだったのかな。

投稿: tangerine | 2007/03/17 16:34

ネズミ汁は飲まれましたか?
0番ホームは私も行きました☆

今日のワイドショーでウエンツ君が怒ってましたよ。
「僕は鬼太郎なのに、ウエンツ~!って叫ぶな!!」って。

投稿: dogs | 2007/03/17 23:54

水木しげるロードは僕は昨年の5月に行きました。妖怪の数々にワクワクして、興奮しました。悪魔君とメフィストが居たのには感激しました。境港は関西からは結構な距離があるから、なかなか行きにくいんですよ。ゴールデンウィークだったから自動車で10時間ぐらいかかりました。
tangerine氏は、てっきり飛行機で行ったのかと思ったら、青春18切符ですか。境港からの電車は少なそうだから、無事帰ってこれてよかったです。

ウエンツ瑛士が妖怪ロードに行った話しが色々とニュースになっています。ちょうどこの日に行ったのですね。

http://news.google.co.jp/news?q=%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%84

投稿: まくらがえし | 2007/03/19 17:51

このページがウエンツ瑛士と妖怪ロードの写真が満載です。

http://www.eiga.com/buzz/070316/17.shtml

投稿: まくらがえし | 2007/03/19 17:57

>dogsさん
どうもです。dogsさんも行かれたことあるんですね。0番ホームに鬼太郎列車が停まっていたのを見た時は感動しました。ねずみ男汁は飲んでません。なんかドブの味がしそうな気がして・・・。目玉のおやじ汁は「ゆず」味でおいしかったです。妖怪珈琲は普通のミルクコーヒーでした・・・。
ウエンツ「きらきら研修医」でしか見たことなかったのですが、せっかくだから映画版鬼太郎も見に行こうかと思いました。

>まくらがえしさん
水木しげるロードは私ら世代は興奮してしまいますねー。心温まる、いい雰囲気でした。またすぐにでも行きたい気分です。
次回はぜひ電車で行って、妖怪列車を堪能してください。
ウエンツ&妖怪ロードの写真いろいろ見ました。偶然とはいえ、貴重なイベントに居合わせられたのも「妖怪芸能人合わせ」の仕業と思って感謝したいです。

投稿: tangerine | 2007/03/19 18:59

山や森が削られ、都市化が進み、街の明かりが暗闇を吹き飛ばしてしまった今の世の中、妖怪たちも住みにくいだろうと思います。

「妖怪ケータイ充電」がいつも側にいたら便利だろうな~。

投稿: donald | 2007/03/19 22:52

>donaldさん
いつもどうもです。妖怪たちも境港ではまだ元気にしているようでした。「妖怪ケータイ充電」にはマジに驚いてしまいました。電池切れの状態から奇跡の復活をとげ、結局家に帰るまで電池がもってしまったのですから。

投稿: tangerine | 2007/03/20 10:11

水木漫画では、妖怪が助けてくれる人に悪い人はいなかったような気がします。
携帯ってのも謎が多くて、都市伝説が生まれそうな、水木さんに
書いて欲しいような感じがありますね。

先日スウェーデンに行った時の事です。事前に地元の携帯メーカーショップで、
「この機種はスウェーデンでは使えません」と言われてました。
しかしストックホルムの空港で試しに開いてみると、なぜかアンテナが3本立ってる!
よく分からないままこれ幸いと日本宛て現地宛てで何度か掛電しましたが、
あらぬ世界から請求が来そうでちょっと怖かったです。

鳥取は広島からでも遠いです。いつか尾崎翠の墓参に行きたいと思っているのですが。

投稿: 本座村 | 2007/03/23 21:48

>本座村さん
どうもです。スウェーデンといえばエリクソンですね。私の携帯電話もソニー・エリクソンだったりします。ストックホルムで使えた携帯、うーむ謎ですね。「妖怪北欧通信」の仕業か・・・。

投稿: tangerine | 2007/03/24 00:40

 こんばんは黒岩です。
先日はどうもお疲れ様でした。とても楽しかったです。

そうですか。境港行かれましたか。
実は水木ロードにはぼくも今から11年前のオープンの年に
行ってまいりました。実は何を隠そうぼくは水木しげるの大ファンであり、自称関西水木会のひとりなのです。
水木氏の鬼太郎以外の作品はほとんど持ってます。

当時、妖怪にはまっていたぼくはそこで第1回世界妖怪会議なるものが
開かれるのを知り、ほかにも荒俣宏氏や京極夏彦氏といったそうそう
たるパネリストにも魅かれて、鳥取から米子経由で境港へ赴いたのでした。当時境港は町をあげて鬼太郎と妖怪で大賑わいで、例の妖怪ロードに並んだブロンズ像が根こそぎ盗まれるといった事件も頻発し、大変な盛り上がりでした。しかし目玉の水木しげる記念館の完成が大幅に遅れてしまいまだ更地の状態でした。
基本的にはご存知のように、境港はじつにこじんまりとした田舎町で、ここで水木少年はあの壮絶極まりない少年時代を過ごしたのかと思いながら歩いたのを覚えています。

今回の記事を読んでなんだかまた久しぶりに行って見たくなりました。
ポークショ。
 

投稿: kuro | 2007/03/24 21:43

>黒岩さん
先日は飲み会楽しかったです。水木しげるロード、オープン時に行っていたとは流石ですね。第1回妖怪会議にも出席されていたほどの筋金入りとは脱帽です!

記念館はなかなか見応えがありました。水木先生が書き下ろした自伝のまんが絵巻が圧倒的でした。入館料700円の価値ありです。

境港はすごくいい雰囲気の場所だったので、次回は泊りがけで行ってみたいです。

投稿: tangerine | 2007/03/26 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/14276681

この記事へのトラックバック一覧です: 水木しげるロード:

» 愛蔵版が重版 [ゲゲゲの鬼太郎 映画か?]
ファンも納得の愛蔵版 [続きを読む]

受信: 2007/04/02 12:41

» 三朝温泉 []
泉質は、含放射能/ナトリウム・塩化物泉 含放射能/ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉 含放射能/単純泉 ラジウムおよびラジウムがアルファ崩壊したラドンが含まれて、世界でも有... [続きを読む]

受信: 2007/06/02 20:44

» はじめまして [観光総合ガイド]
ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。 私たちは日本全国の「観光」に関する様々な情報サイトを運営しているものです。 旅行、観光の際にお役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 尚、管理人様のサイトに不適切な場合は削除お願いします。 失礼します。 ... [続きを読む]

受信: 2007/07/04 19:12

« エイジア 大阪公演 | トップページ | Genesis 1976-1982 CD/SACD & DVD BOX »