« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/29

臨死!!江古田ちゃん サイン会

Ekoda01Ekoda02昨年ハマってしまった『臨死!!江古田ちゃん』の待望の第2巻が発売され、刊行記念で作者の瀧波ユカリ先生のサイン会が4月29日14時より、紀伊國屋書店阪急32番街店で行われたので行ってきました。

第2巻も1巻を凌駕するおもしろさで、毒も全開という感じで、何としてもご本人に謁見したかったのでした。仕事の昼休みに様子を見に行くと、200人限定の整理券がまだあったので(186番)、既に1冊買っていましたが、整理券の為にもう1冊購入。既にサイン会は始まっていましたが、30分で20人とのペースでゆっくりと進んでいたので、一度職場に戻って、定時ダッシュで退勤。

再び会場に着くも、まだまだ長蛇の列。女性率が高かったけど、男性もチラホラ。抽選で先生からお土産が郵送されるということで、あみだクジに参加したり、色紙にメッセージを書いたりして1時間ほど待ちました。私の前に並んでおられた女性が「仕事を抜けてきたけど、もう時間なので・・・」と係員に整理券を返して帰っていかれたのが可哀想でした。取り置きでサイン本を預かってあげればいいのに・・・と思ったり。

結局最後から8番目位で順番が来て、瀧波先生と謁見。なんとお姉さまも隣に座っておられて、びっくりしました。先生は江古田ちゃんよりもショートカットでしたが、雰囲気は似ていてとても美しく、物腰の柔らかそうな素敵な方でした。お姉さまは江古田ちゃんのお姉ちゃんに似ていましたが、もっと知的に見えるし、さらに可愛らしくて魅力的でした。

1人1人丁寧に言葉を交わされて、イラストまで描いておられたので、時間がかかった模様。去年職場に江古田ちゃんを持っていったら、評判になったという話しをして、職場の皆様へというメッセージもサインしていただいて、めちゃ嬉しかったです。

漫画家のサイン会に参加するのは、1985年にあった森脇真末味先生の『踊るリッツの夜』刊行記念以来で、ちょっと緊張しましたが、ご本人に会えたのは貴重な経験でした。

あ、あと2巻の90ページに出てくる、江古田にあるプログレ喫茶『FLYING TEAPOT』には1度行ったことがあります。言うまでもなく、私の最愛のバンドのひとつであるGONGの名盤からとった店名です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/26

アラン・ホールズワース 大阪公演

Allanholdsworth014月11日にAllan Holdsworthのライブを大阪BIG CATで見た。ほぼ毎年といって良いほど来日公演を行っている人だが、アランを見るの84年の初来日、85年の2回目、88年の3回目、03年のSoft Worksとしての来日に続き(まだ)5回目。

今回はキーボードにThe New Tony Williams Lifetime時代のAlan Pasqua(約30年ぶりのステージ共演とのこと)を迎えてのステージ。ドラムはお馴染みの元ZappaバンドのChad Wackermanで、半分位は彼のプレイ見たさに行った感がある。2月のTerry Bozzio, 昨年のVinnie Colaiutaに続いて久々に見るフランク・ザッパ・ファミリーのドラマーということで、超絶なドラミングを堪能できた。6弦ベースのJimmy Haslipはサウスポーにもかかわらず弦の配置は普通の右利きと同じという変わったミュージシャンで視覚的に凄く違和感があったけど確かなテクニックを持っていた。。

今回はアラン・パスクァのバンドといって良いほど、彼のプレイが際立っていたのが印象的だった。ライフタイム時代の"Proto-Cosmos"などもプレイされて、大いに盛り上がった。ホールズワースは相変わらずの早弾きだが、テクニカルなプレイそのものよりも音楽全体を包み込むような美しいコードワークが素晴らしく、長年の音楽人生で磨きのかかった円熟した演奏だった。やはり唯一無二の孤高の音楽を確立したミュージシャンであることを再認識させられた。

物販の、昨年オークランドの日本食レストランで収録された、同一メンバーによるライブDVDが売り切れてしまっていたのが残念。しかしアランのオフィシャル・サイトからリンクされているAbstract LogixAudiophile Importsにて購入可能のようだ。

1984年5月9日の御堂会館で見た伝説の初来日公演は、あまりの凄まじいプレイに全観客がが打ちのめされたのを覚えている。今回23年ぶりに、当時一緒に見た友人達と再び見ることができて感慨もひとしおだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/17

キム・ポッシブル

Kimpossible00Kimpossible01CSのディズニー・チャンネルで放送中のアニメ、キム・ポッシブルにハマっている。典型的なディズニーの画風の正義の味方モノなのだが、設定はすこぶる現代的。普段は女子高生でチア・リーダーなんかやっているキム・ポッシブルが、いざとなると007やミッション・インポッシブルばりの装備で、悪と戦う正義のヒロインと化すという設定。

しかし大人が見ても唸っていまう高度な笑いと風刺、教訓が満載で素晴らしい。キムは家族や友達公認の正義の味方で、死ぬかもしれない危険な任務に赴く時も「晩ご飯までには帰ってくるのよー」とお母さんに声をかけられるような気楽さが何ともいえない。パートナーのロン・ストッパブルの容赦なくストレートにものを言う天真爛漫さがキム以上にいい味を出している。敵のヒロイン、シーゴーも最高にクールだ。根底にあるテーマは「家族や友人との人間関係を円滑に維持するための、微妙かつ直接的な駆け引きを経て成長していく子供たち」といったところか。言葉の隅々にもいろいろな風刺が効いていたりして、大人でもドキリとすることが多々ある。

キムが車椅子のクラスメートを気遣うあまり、返って普通に接することができず、差別してしまっている自分に嫌気がさしてしまうエピソードなどは、高度に練りぬかれていて見事だった。

2月にCS対応のHDDレコーダーを買ってしまい、e2byスカパーの無料お試し期間を経てつい契約してしまうというという取り返しのつかない過ちを犯してしたのが運の尽きだった。テレビ・ジャンキーを自覚しているのに、いきなり40チャンネル追加され、BS民放も加わって収集がつかない状態だったのだが、チャンネル・サーフィンの最中に偶然やっていたディズニー・チャンネルのキム・ポッシブルをなんとなく見ていたら虜になってしまった。とりあえず今はキム・ポッシブルさえ毎日見られれば幸せという感じ。

携帯電話の呼び出し音をキムニケーターの「ピッピッピポッ!」という音にしたい(安良城紅の歌う日本語版テーマソングを使えば可能)ので、着うた対応の機種に変更したいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/04/14

ハンニバル・ライジング 上・下巻

Hannibalrising01_1Hannibalrision02全然ノーチェックのうちにリリースされた、トマス・ハリスの『ハンニバル』以来7年ぶりの新作、『ハンニバル・ライジング』(上・下巻)を読んだ。4月21日に日本公開が決まっている映画も全然知らないうちに製作されていたらしく、2月に京都で公開予定の映画の看板を見て驚いた。

最近よくあるエピソード1もので、レクター博士の幼少からの生い立ちを綴ったもの。『ハンニバル』にも触れられていたと同様、対戦末期の東欧で飢えに苦しんだ脱走兵の捕虜となり、幼い妹ミーシャを最も残酷で悲惨な状況で失い、それが生涯のトラウマとなった経緯をさらに詳細に描いている。

興味深いのは、孤児となって叔父に引き取られたハンニバルが、叔父の妻である日本人、紫夫人に魅せられ、俳句や琴、活け花、侍の甲冑などの日本文化と芸術に深く傾倒していくという展開で、これは原文を読んでいる欧米人にはちょっと馴染み辛いテイストかもしれない。

前作と同様、根底にあるのは「生涯を賭けた復讐」であり、前作では宿敵メイスンに徹底的に駆り立てられたハンニバルが、今回は妹の敵を全てを投げ捨てて追う。この展開はスリリング。

復讐とは冷やすほど美味くなる料理だ」(Revenge is a dish best served cold.)とは、『スタートレック2/カーンの逆襲』の台詞で、『キル・ビル』の脚本初稿にも引用された台詞だが、前作と本作の復讐鬼もこの言葉を実践している。復讐の前に完全に自己をコントロールできるまで冷やし続ける。相手も自分もそのことを忘れてしまう寸前まで・・・。個人的にも実践中のこと。

なお、前3作で触れられていたレクターの第6の指に関しては全く言及されていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

Genesis 1976-1982 CD/SACD & DVD BOX

Genesisbox01_1Genesisのアルバムを3期に分けてCD/SACD&DVDの2枚組と、ボックスセットで再発するプロジェクトの第1弾、1976-1982がリリースされ、4月3日にHMVより到着しました。

今回は"A Trick Of The Tail", "Wind And Wuthering", "And Then There Were Three...", "Duke", "Abacab"の5作で、ボックスセットはアルバム未収録曲集のボーナス・ディスク(CD/SACDとDVDの2枚)およびハードカバーのブックレットが付録された12枚組となります。

未収録曲集は全13曲中"Me And Virgil"と"Match Of The Day"の2曲以外は全て2000年に発売された3枚組レア・トラック集Genesis Archive #2に収録されているものでした。ただし今回は正規アルバム同様リミックスが施されています。

オリジナル・マルチトラックからステレオ・リミックスと5.1chサラウンド・リミックスが新たに作成されており(オリジナル・マルチトラックの見つからなかったSay It's Alright Joeを除く)、1アルバムにつき、CDステレオ、SACDステレオ、SACDサラウンド、DVDドルビー・ステレオ、DVDdtsサラウンドと5通りの聞き方が可能です。担当したのはGenesisの後期エンジニア蒹プロデューサーであり、1994年に2回に渡ってリリースされたDEFINITIVE EDITION REMASTERを担当したNick Davis

2004年に発売された3枚組コンピレーションPLATINUM COLLECTIONは、収録された全40曲のうち23曲が同じくNick Davidによってリミックスされていて、その完成度の高さに度肝を抜かれたものでした。レコーディング当時は技術的な問題故に不可能だった製作上の理想的な完成図を目標としたような、オリジナルに敬意を払いつつ問題点を解決し、より鮮明にしたリミックスされており、新たな音粒が細部に渡って聴き取ることができます。

同じく2004年に発売されたプロモーション・ビデオ集THE VIDEO SHOWはアルバム収録曲が初めて5.1chサラウンド化されており、全アルバムのサラウンド化への期待も深まりました。

Genesisbox02_1PLATINUM COLLECTIONは今回のシリーズのリミックス・ステレオ・パートを小出しにしたもので、THE VIDEO SHOWは5.1chパートを小出しにしたものではないかなと感じています。

1994年のDEFINITIVE EDITION REMASTERを聴いた頃は、1984年頃からCD化されはじめたアルバムと比較して、そのズバ抜けた音質に圧倒されましたが、13年が経過した今回のリミックス版は圧倒的に新鮮で全く新しい経験でした。

試しに"ABACAB"を94年版、04年のPLATINUM COLLECTION、今回のCD,SACDのステレオ、サラウンド、DVDのドルビー・ステレオ、DTSサラウンドと聞き比べてみました。安物ですが、DENONのSACD対応のプレーヤー(DVD-2910)とAVサラウンド・アンプ(AVC-1870)&BOSEの5.1chスピーカーを使っているので。結果、94年より04年のベスト版のリミックスは粒立ちがさらに鮮明になっており、今回のリミックスのCD,DVDステレオはそれとほぼ同じに聴こえ、SACDは音圧がさらに迫力を増していました。

サラウンドの効果は素晴らしく、"Wind~"などはメロトロンの音の洪水に囲まれているようでトリップします。ボーカルの上唇と下唇が離れる時出る「ニチャッ」という音まで時々聴こえる程です(汗)。

DVDのほうはアルバム音源の他に特典映像として、メンバーの各アルバムについての最新インタビュー、プロモーション・ビデオ、ライブ映像、ツアー・パンフレットの画像などが収録されています。目玉であるライブ映像は以下のものが収録されています。

A Trick Of The Tail
Genesis In Concert 1976 (昔日本でもLDでオフィシャル・リリースされたもの。約43分完全収録)

Wind And Wuthering
U.S.Television - Bootleg Video 1977 ("Your Own Special Way"と"Afterglow"の口パクTV出演映像。約8分、本当にブート並みの画質)
Japanese Television - Bootleg Video 1977 (テレビ埼玉、サウンド・スーパー・シティーのブートビデオをそのまま収録したもの。番組最後の日本語のテロップも出ます!"Eleventh Ealrl Of Mar""One For The Vine", "Your Own~"の抜粋ライブ映像。音声はアルバムのもの。約8分)

And Then There Were Three...
Three Dates With Genesis 1978 (約49分のツアー・ドキュメント。ブート画質)

Duke
Live At The Lyceum London 1980 (39分弱の短縮版。ブートで完全版が出回っているので残念。いずれ完全版をオフィシャル・リリースしてほしいものです。)

Genesisbox03_1CDだけでも1984年の初期盤、1994年のDefinitive Edition, 1999年の紙ジャケ、今回のCD/SACD & DVD盤と4種類になってしまいました。次のメディアはどうなるのでしょう。

6月の再結成ツアーにあわせて発売される1983-1997と暮れあたりに発売される1970-1974まで期待は膨らみ続けます。特にPeter Gabriel在籍時のリミックス、『幻惑のブロードウェイ』のサラウンド化が待ちきれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »