« ハンニバル・ライジング 上・下巻 | トップページ | アラン・ホールズワース 大阪公演 »

2007/04/17

キム・ポッシブル

Kimpossible00Kimpossible01CSのディズニー・チャンネルで放送中のアニメ、キム・ポッシブルにハマっている。典型的なディズニーの画風の正義の味方モノなのだが、設定はすこぶる現代的。普段は女子高生でチア・リーダーなんかやっているキム・ポッシブルが、いざとなると007やミッション・インポッシブルばりの装備で、悪と戦う正義のヒロインと化すという設定。

しかし大人が見ても唸っていまう高度な笑いと風刺、教訓が満載で素晴らしい。キムは家族や友達公認の正義の味方で、死ぬかもしれない危険な任務に赴く時も「晩ご飯までには帰ってくるのよー」とお母さんに声をかけられるような気楽さが何ともいえない。パートナーのロン・ストッパブルの容赦なくストレートにものを言う天真爛漫さがキム以上にいい味を出している。敵のヒロイン、シーゴーも最高にクールだ。根底にあるテーマは「家族や友人との人間関係を円滑に維持するための、微妙かつ直接的な駆け引きを経て成長していく子供たち」といったところか。言葉の隅々にもいろいろな風刺が効いていたりして、大人でもドキリとすることが多々ある。

キムが車椅子のクラスメートを気遣うあまり、返って普通に接することができず、差別してしまっている自分に嫌気がさしてしまうエピソードなどは、高度に練りぬかれていて見事だった。

2月にCS対応のHDDレコーダーを買ってしまい、e2byスカパーの無料お試し期間を経てつい契約してしまうというという取り返しのつかない過ちを犯してしたのが運の尽きだった。テレビ・ジャンキーを自覚しているのに、いきなり40チャンネル追加され、BS民放も加わって収集がつかない状態だったのだが、チャンネル・サーフィンの最中に偶然やっていたディズニー・チャンネルのキム・ポッシブルをなんとなく見ていたら虜になってしまった。とりあえず今はキム・ポッシブルさえ毎日見られれば幸せという感じ。

携帯電話の呼び出し音をキムニケーターの「ピッピッピポッ!」という音にしたい(安良城紅の歌う日本語版テーマソングを使えば可能)ので、着うた対応の機種に変更したいです。

|

« ハンニバル・ライジング 上・下巻 | トップページ | アラン・ホールズワース 大阪公演 »

コメント

へえ~こういうアニメがあるんですか。しかし「晩ご飯までには帰ってくるのよー」って…(脱力)。
何かアメリカのコミックも変わってきたなという感じですね。よく分からないけど日本のマンガの影響もあるのでしょうか。

投稿: donald | 2007/04/23 23:44

>donaldさん
どうもです。スカパーのディズニー・チャンネルとテレビ東京でしか放送されていないので、存在を知らない人も多いでしょうね。私も全然知りませんでした。
昔ながらのディズニー・タッチの単調な画風ですが、これを日本の緻密なアニメでやってもあまりおもしろくないだろうなーという感じです。でもキムのアクションシーンは攻殻機動隊の影響をちょっと感じます。キャラクターが魅力的で、人間的なのが素晴らしいです。笑いのツボが高等すぎて子供には難しい部分もあるのがミソです。
ファン・サイトで超名作といわれている長編ムービー『ドラマチック・ナイト』のDVDも買ってしまいました。最後は涙してしまうほど感動しました。

昨日放送されていた『チャンネル・ツアー』というエピソードでは、ケーブル・テレビ中毒になってしまったロンやドラッケンが、ブラックホール発生器の影響で、無数にあるケーブル・テレビのチャンネルの中にキムやシーゴーと吸い込まれてしまい、番組のキャラクターと化して延々とチャンネル・サーフィンしてしまうという凄い話でした。これって、そのまんま私のことやん!

投稿: | 2007/04/26 17:22

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キム・ポッシブル:

» リロ アンド スティッチに友情出演したキム ポッシブル [リロ・アンド・スティッチ Disney's Lilo]
キムポッシブルという女の子のキャラクターを知っていますか。今若い女の子の間で人気のあるディズニーのキャラクターなんですよ。この前まで、木曜日の朝にテレビ東京でやっていましたし、今はスカパーのディズニーチャンネルでもやっています。いつもはチアリーディングをしている普通の高校生の女の子、でも悪者が出てくるとスーパーヒロインになって正義の味方に早変わり、世界平和の為に戦っている、そんな女の子なんです。日本にも来�... [続きを読む]

受信: 2007/05/12 20:27

« ハンニバル・ライジング 上・下巻 | トップページ | アラン・ホールズワース 大阪公演 »