« はだしのゲン 2ちゃんねる実況 | トップページ | Rush ケベック、モントリオール公演 part1 »

2007/08/19

天然コケッコー

Tennen04

くらもちふさこ原作のコミックの実写映画『天然コケッコー』が公開され、この1週間で字幕ありヴァージョンも含めて、とりあえず3回観賞。現状、『インランド・エンパイア』に続くこの夏のマイ・イベント映画となっている。


.

Kuramochi01くらもちふさこは、『おしゃべり階段』、『いつもポケットにショパン』から読み始め、『東京のカサノバ』『A-Girl』『アンコールが3回』あたりまで熱心に読んでいて、85年に発売された別冊マーガレットから出た豪華特集本『くらもちふさこの本』(本人の写真満載で、中川翔子の父親の故・中川勝彦らとの対談もあり)、なども買った。久々に本棚の奥を探したら出てきて、懐かしくて読み返してしまった。
.

あれだけファンだったのに、80年代後半からなぜか全く読まなくなってしまっていた。90年代後半に入って、偶然『天然コケッコー』で再会。すでに80年代で作風が完成されていたと思われていたのに、さらに絵が格段に旨くなっていて、さらに設定も斬新でびっくりした。当時お金がなくて、コミックはそれまでに出版された全巻を友人に借りて読破、あとはコーラスを立ち読みしていた。今回セレクションがコンビニ・コミックで出ていて、それも購入。

Kuramochi02Kuramochi03ということで、作者、原作ともに非常に想い入れが大きかったので、映画化への想いは複雑だった。台無しにされてしまったらどうしようと思ったりもした。

結果、細かいところでエピソードの入れ替えはあるものの、原作をここまで忠実に再現していたのは見事という感じ。最近でいうと『のだめカンタービレ』クラスの忠実度。とりあえず原作ファンを納得させる面は完全にクリアできていた。

冒頭、夏の午後に子供達が誘い合って近くの海まで泳ぎに行くシーンがとにかく良くて、それだけで涙が出てきそうだった。山道を抜けて歩いていくシーンだけでも、永遠にリピートして見続けたくなるほど、自然と日常が映像に溶け込んでいる。

そよちゃん役の夏帆は想像していたより子供っぽい印象だったが、原作者も希望していた「お嬢様」度が丁度いい感じ。悩んでいるのか、悩んでも仕方ないのでぼーっとしているのか、微妙なところが巧かった。大沢君役の岡田将生も子供っぽさも出ていて、違和感がなかった。

主人公二人以外の子供達が素晴らしく、伊吹ちゃん、篤ちゃんは完璧なうえにさらにキュート。浩太郎、カっちゃん、さっちゃんも、原作から抜け出てきたとしか思えない程だった。自己主張しない演技の大人脇役陣も素晴らしい。シゲちゃんには大爆笑。なにもあんなに目力を似せなくても・・・。あと『結婚しない男』以来久々に見る夏川結衣はやっぱりいいな~。

監督の山下敦弘は『リンダ・リンダ・リンダ』の頃からの、独特の長回しや引きのショットを多用しており、時間のゆったりした流れと、自然の風景を巧く映像化している。

原作のいくつかのエピソードを繋ぎ合わせているだけという印象もあり、あえて映画化することで、何を新たに醸しだすか、原作を知らない観客の心をどれだけつかめるかということに関しては、もうちょっと見続けて研究したいところ。
Tennen00_2

Tennen02

Tennen03

|

« はだしのゲン 2ちゃんねる実況 | トップページ | Rush ケベック、モントリオール公演 part1 »

コメント

こんにちはー。
いいですよね、くらもちふさこ♪
私は天コケは1巻を読んだだけなんですが、
その雰囲気がうまく映画になっていましたね。
そうか、シゲちゃんの目って原作通りなんですね。
山下監督の長回し、引きショットも大好きですー。
夏のイベントその2も楽しんでくださいー

投稿: かえる | 2007/08/23 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天然コケッコー:

» 『天然コケッコー』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
そよそよ、キラキラッ。愛しい日々。 島根県の山間の分校。中2の右田そよをはじめたったの6人の生徒しかいない学校に、東京からの転校生、大沢広海がやってきた。くらもちふさこは大好きでした。 くらもちふさこ、いくえみ綾、紡木たくのセンスにハマりました。 あの頃の少女漫画を愛した感性が今の映画の好みに繋がっていると感じているのだ。 で、私がリアルタイムで読んでいたくらもちふさこは別マのものだったから、この天コケのことはしばらくは知らなかったんだけど、ネット上で知り合った人が天コケのことをよく... [続きを読む]

受信: 2007/08/23 17:41

» 「天然コケッコー」 [俺の明日はどっちだ]
ブラックテイストたっぷりだった山下敦弘監督の前作「松ケ根乱射事件」とは打って変わって、どこまでも清清しく、観ていてすこぶる気持ち和ませてくれたとびっきりキュートな少年少女映画。 「行って帰ります」、「帰りました」、 そんなきれいな言葉使いとともに、大きく広がる豊かな自然描写のひとつひとつにも強く心惹かれてしまった。 都会に対しての過疎村の田舎といった野暮な対立軸としてでなく、中学2年生という「年頃」の女の子の心の成長を純粋に描くための舞台として、まったく持って相応しい島根の村の何と素敵だったこと... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 10:49

» 天然コケッコー [描きたいアレコレ・やや甘口]
とても、幸せなほっこりとした気分になる環境ビデオのような夏映画です。 主人公そよちゃん(夏帆)の四季を描き、高校に入るまでを切り取った物語。 原作のコアなファンも、原作を知らない老若男女も、この時期の少女が... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 11:05

» 天然コケッコー [シャーロットの涙]
「行って帰ります!」 [続きを読む]

受信: 2007/08/24 12:12

» 『天然コケッコー』 [ラムの大通り]
----あれっ。この映画、 絶対にえいが好きそうだと思ったのに、 どうしたの? 「いやあ。もう聞いてよ。 今日はとても楽しみにして映画館に行ったのに、 始まって10分ぐらい経った頃、 そう、そよが早知子(宮澤砂耶)の下着を洗っているあたりから、 少し年配の女性集団が騒ぎながら出現。 『おばあちゃん、こっちこっち』とでかい声。 席についてからも『だから、あのトイレが…』『お昼に食べたあれが…』。 もう、ピクニック状態(涙)。 声はまったく聞き取れないし(涙)」 ----で、どうしたのニャ? 「心はわさ... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 23:50

» 天然コケッコー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、 ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう』  コチラの「天然コケッコー」は、7/28公開のくらもちふさこさんの同名コミックの映画化で、とてもキラキラとした瑞々しい青春の1ページをゆったりとした風景と一緒に切り取...... [続きを読む]

受信: 2007/08/25 00:09

» 「天然コケッコー」映画館レビュー この映画のこの時間 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
文面で何度も言っているような気がするが、山下敦弘監督は関西で映画つくってる若者にとってはやはり特別な存在だ。 [続きを読む]

受信: 2007/08/25 00:12

» 「天然コケッコー」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう 田舎の分校・生徒6人の学校に東京からの転校生がやってきた田舎を舞台にした映画。 大事件が起こるわけでも、大展開にぶっとぶわけでもない。 豊かな自然と行事を軸に淡々と進む121分は決して退屈なわけではない。 きっと、主人公そよ(夏帆)に恋してしまうからかもしれない。 いや、恋ではない。初恋。初恋だ。レモンの味。 きっと、当事者にとって東京からの転校生もバレンタインも受験も大事件に違いないのだろうけど、 大人はわかっ... [続きを読む]

受信: 2007/08/25 00:17

» 「天然コケッコー」 移り変わることを大切に感じたい [はらやんの映画徒然草]
ほんわりして、いい気分になれる映画でした。 先週、仕事で訪れた方のところで麦茶を [続きを読む]

受信: 2007/08/25 18:37

» 天然コケッコー:真夏のリラクゼーションには申し分なし! [犬儒学派的牧歌]
★監督:山下敦弘(2007年 日本作品) 京都シネマにて。 ★あらすじ(Yahoo!ムービーより引用... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 23:54

» 『天然コケッコー』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]      2007/07/28公開  (公式サイト) 感動度[:ハート:][:ハート:] 癒し度[:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】山下敦弘 【脚本】渡辺あや 【原作】くらもちふさこ 『天然コケッコー』(集英社『コーラス』連載) 【主題歌】くるり 【時間】12... [続きを読む]

受信: 2007/08/27 02:07

» 天然コケッコー [映画を観たよ]
清々しい気分♪ [続きを読む]

受信: 2007/08/27 10:51

» 天然コケッコー [八ちゃんの日常空間]
今年の夏の邦画では、ひそかに一番期待して待っていたのがコレなのです [続きを読む]

受信: 2007/08/28 10:25

» 天然コケッコー [It's a Wonderful Life]
「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督最新作。 またまた素晴らしい作品でした。良かったです。 あの作品は「何も起こらない映画」だったんですが、 この映画もほとんど何も起こりません。 でも舞台となる場所の空気が爽やかに伝わってくるような。 中学生なんて...... [続きを読む]

受信: 2007/09/02 18:25

» 天然コケッコー 観てきました [よしなしごと]
 今回もいつもお世話になっているKさんのオススメ作品。しかし、そんなことすっかり忘れていました。Kさん、ごめんなさい。ひょんなことで思い出し、やばいやばい、急いで観に行かなくちゃ。と言うわけで、天然コケッコーを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2007/09/06 23:59

» 『天然コケッコー』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
夏帆と『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』出演中の岡田将生が繰り広げる甘酸っぱい初恋の物語『天然コケッコー』の舞台挨拶レポート。汗が噴き出るくらいの暑さの中、日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにあるシネスイッチ銀座 (写真 港町キ...... [続きを読む]

受信: 2007/09/07 23:53

« はだしのゲン 2ちゃんねる実況 | トップページ | Rush ケベック、モントリオール公演 part1 »