« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/30

デヴィッド・シルヴィアン 大阪公演

Davidsylvian01Davidsylvian02David SylvianのThe World Everything Tourを10月29日に大阪公演を厚生年金会館芸術ホールで見た。前回見たのが2004年のサンケイホールで、ジャパンの1982年京都公演から通算7回目。

会場に着くと既に長蛇の列で、入場後もグッズ売り場に長い列が続いた。グッズはTシャツとピンバッヂとパンフレット。パンフレットは5千円もするCD付きで、思い切って購入。ハードカバーの豪華な装丁で、デヴィッドが撮影した日本の風景などを載せた写真集だった。CDはデヴィッドのレーベル、SAMADHISOUNDの11曲入りサンプラー。

今回のツアーは最近初のソロ・アルバム"Slope"をリリースしたスティーヴ・ジャンセン(ドラム/サンプラー)、キース・ロウ(ベース)、COMBOPIANOの渡邊琢磨(キーボード)をバックに従えた4人編成。9月7日のストックホルムから始まった、約30回に及ぶツアーも、大阪の次の東京公演で最終日となる。

デヴィッドは中央の背の高いスツールに座って、アコースティック・ギターを中心に弾き語りをするスタイル。スティーヴ・ジャンセンのドラムはシンセ・パッドとアコースティックの基本キットをミックスしたセッティングで、バスドラはキックペダルでシンセドラムをコントロールしていた。ベースはエレクトリック・ウッド・ベースを中心にプレイ。キーボードもシンセをコントロールしつつ、中心となるのはアコースティック・ピアノだった。

新しいところはゲスト参加した前述のスティーヴ・ジャンセンのソロから"Playground Martyrs"、ジャンセンとバーント・フリードマンによるプロジェクトNine Horsesのナンバー。古くはジャパンの"Ghosts"から、ソロ、David Sylvian & Robert Frippの"Jean The Birdman"、Rain Tree Crowの"Every Colour You Are"、坂本龍一らとのコラボレーション"World Citizen"まで幅広くプレイされたが、ピアノとベースにジャズ畑の人を採用しただけあって、アコースティックなアレンジになっている。

圧倒的な深みと、静寂の響きが絶妙にコントロールされた、素晴らしいサウンドで、デヴィッドの歌声も年齢を重ねるにつれ磨き上げられているのがよくわかる。ナレーションは全くなく、後半とアンコール前後にメンバー紹介をしたのみ。こんなにも深い、デヴィッドの世界観にたっぷりと浸ることができて、至福の時だった。とりあえずコンサートを見ての感動度は今年一番だった。

David Sylvian / Vocal, Guitars
Steve Jansen / Drums, Sampler
Keith Lowe / Bass
Takuma Watanabe / Keyboards

01 Wonderful World
02 It'll Never Happen Again
03 World Citizen/I Won't Be Disappointed
04 The Day the Earth Stole Heaven
05 Ride
06 Playground Martyrs
07 Transit
08 Fire in the Forest
09 Ghosts
10 Snow Borne Sorrow
11 Mother & Child
12 Jean The Birdman
13 Sugar Fuel
14 Brilliant Trees
15 Before the Bullfight
16 The Librarian
encore
17 Every Colour You Are
18 River Man
19 Wanderlust

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/10/26

テリー・ボジオ ソロ・ドラム・ツアー 大阪公演

Terry01Terry02Terry03Terry Bozzioソロ・ドラム・ツアーを10月25日心斎橋BIGCATで見た。1月24日に同会場で見たOUT TRIO以来今年2度目の観戦。しかも今回はドラム&パーカッションのみのソロ・パフォーマンスで、ボジオのドラミングをたっぷりと堪能できる絶好の機会だった。

会場に着くと、既に100人近い行列ができており、その人気に圧倒される。事前にぴあで前売りを買うと7,500円で、しかし後でチェックすると実際は6千円だった。おかしいなと思っていると、張り紙で、「手違いで間違って7,500円で売ってしまいました。入り口にて1,500円払い戻します。」と告知があり、アナウンスでもお詫びがあった。また、プロモーターのAnd Forestでは、いつもは終演後にやるサイン会なども、ボジオの疲労を考慮して、今回は行わないとのこと。

会場に入ると、噂の7バスドラムの凄まじい要塞のようなドラム・セットが組まれており、前回のOUT TRIOの時と同様、観客がカメラでセットをこぞって撮影していた。最終的に観客は200人近くになり、15分の休憩を挟んで計2時間あまり、たっぷりとソロが展開された。

演奏は周知のとおり、ドラム・ソロというよりはパーカッションによるパフォーマンスという感じで、大音量でのハデな演奏はほとんどなく、緻密で繊細なテクニックを堪能できるものであった。アンビエントな効果音をバックに流したりしていたが、原則的にパーカッションのみで全てを表現しており、メロディーも豊富で、全てのセットを駆使しているのがわかる。後半にはマイルス・デイヴィスのカバーもプレイした。

やはりボジオこそニール・パートと並んで、世界のテクニカル・ドラマーの頂点に君臨するひとりであることを再認識。今年もテリー・ボジオをはじめ、アラン・ホールズワースのライブでチャド・ワッカーマンを、ジェネシスのライブでチェスター・トンプソンをと、フランク・ザッパ門下生の超絶テクニックを再び堪能できたのはラッキーだった。ザッパの遺伝子は、ボジオをはじめ、あらゆる門下生の活躍の場所で今も息づいているのだ。来年1月のZappa Plays Zappaの日本公演も楽しみなところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

Heaven And Hell Loudpark07大阪 最悪の結末

Heavenandhell01Heavenandhell02アンコールのNeon Knightsをやらないなんて・・・。皆高い金を払って何を聴きに来たと思っているのだろうか。あとたった5分だけ余分に時間があれば幸せになれたのに。

1986年9月2日以来、21年ぶりに見るロニー・ジェイムス・ディオとヴィニー・アピス。
なぜかこれが初めてのトニー・アイオミ&ギーザー・バトラー。
私の世代にとって、ブラック・サバスといえば、ロニーをフューチャーした第2期で、その再結成プロジェクトであるヘヴン・アンド・ヘルには絶賛の嵐を送っていた。そして数多くのギグを経ての来日公演は、ヘヴィ・メタルの歴史を1から築いた重鎮を生で聴くことができる奇跡のひと時になるはずだった。実際、65歳とは思えないDioの声量も、サバスの2人のサウンドも凄まじかった。

このラインナップで一番好きなChildren of the Seaが生で聴けたことには本当に感謝したい。Lady Evilを飛ばしたのは、東京でもやらなかったのでまだ納得できた。The Sign of the Southern CrossComputer Godも仕方ないと涙を飲んだ。しかし、Neon Knightsをやらないというのは、問題外だ。これをやらないのなら、初めから大阪公演をする必要はなかった。

前座のNileもマリリン・マンソンも、Heaven & Hellのファンにはどうでもいいものだったのだ。なぜこんなものに時間をとって、一番肝心なことを省いてしまうのだ。中途半端なセッティングをして高い価格設定をするから、1万5千人のキャパシティーの大阪城ホールに2千人ほどしか集まらなかったのだ。

22時終演鉄則という縛りがあるのなら、ドラムソロを飛ばせばいいだけの話だった。
21時57分に本編が終了したからといって、アンコールを中止にするのはあまりにも酷い。

全ての客が納得がいかない様子で、打ちひしがれて帰途についた。

こんな中途半端なものしかできないのなら、2度と大阪で開催しないでくれ。

と、悔しさのあまり2chにも書き込んでしまった・・・。

何十というライブ音源を聴き、Radio City Music HallのCDとDVDを買って聴きまくってこの日に備えたが、全て徒労と消えた・・・

E5150
Mob Rules
Children of the Sea
I
Voodoo
Drum Solo
Falling Off the Edge of the World
Die Young
Heaven and Hell

http://www.heavenandhelllive.com/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/23

ヒカシュー 大阪公演

Hikashu00Hikashu01ヒカシューの大阪公演を10月17日、燦粋(さんすい)で見た。前回見たのが1993年3月17日の京都RAGなので、14年ぶり10回目くらい。(巻上公一は7月7日におおかた静流とのライブを見ている。)
サックスがいなくなり、キーボードが清水一登、ドラムが元美狂乱佐藤正治になっていた。巻上公一三田超人も、ベースの坂出雅海も全く歳をとっていなかったのが凄かった。

巻上公一はテルミンやホーミー、ホーンなどもプレイ。インプロヴィセーションの合間にメンバーの誰かがきっかけを作って、ちゃんとした曲が始まるという構成。即興でボクシングの亀田ネタなども披露。新作『入念』から『カレー三昧』を三田が歌ったりもした。高速のドライブインで買ったカレーサイダーのネタには爆笑。昔の曲も『テイスト・オブ・ルナ 』、クラフトワークのカバー『モデル』、『炎天下』、『人間の顔』、『パイク』、アンコールに『うわさの人類』、『びろびろ』などをプレイ。懐かしくて体が自然と踊ってしまう。完成間近とナレーションしていた新作よりも『我が国』などをプレイ。

お客が40人程で寂しかったが、演奏は昔と変わらず、相変わらず熱の入った大真面目かつ笑いを誘うものだった。
サウンド的にいうとVan Der Graaf Generator的な豪快さを持っていて、昔から国内最高峰のプログレッシヴ・バンドだと思っている。
一番ストレートにライブを見ていた時期の『日本の笑顔』『私の愉しみ』『水に流して』『そばでよければ』『人間の顔』を買いそびれているのが無念。当時は貧乏だったので・・・。当時のライブをほぼ録音しているので、聴くことは可能なのだが、スタジオ盤もまた再発して欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレードランナー ファイナル・カット 限定デジタル上映 予告編を見た!

Bladerunner01Bladerunner02昨日、梅田ブルグ7に『インベーション』(古典SFの名作、『インベーション・オブ・ボディー・スナッチャー』の4度目の映画化)を見に行ったら、BLADE RUNNER THE FINAL CUTのポスターが展示されており、11月17日から2週間、関西では独占デジタル上映とのこと。押井守が絶賛推薦文を書いているチラシもゲット。

で、本編前に、たっぷり3分はあろうかという予告編が上映され、本編がぶっ飛んでしまう程の感動と衝撃を受ける。素晴らしい完成度に涙が溢れた。大画面でこの予告編を見るためだけでもブルグ7に映画を見に行く価値あり。17日からの上映も、「2週間に20日来い!」というノリで通い詰める予定。

Bladerunner041982年のロードショー時は見逃してしまったが、その後、ブート・ビデオ、正式ビデオ、吹き替えテレビ放送、LD、名画座(大毎地下劇場)、1992年のディレクターズ・カット上映、DVDを合わせて100回以上は見ている映画。12月14日には、いつの日かこれがリリースされることを信じて、今まで生きていたといっても過言ではない、夢にまで見た、5つのヴァージョンを収録した、特典映像満載の5枚組DVD BOXがリリース予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »