« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

2008/05/16

ASIA 大阪公演 2008

Asia01エイジアの約1年2ヶ月ぶりの大阪公演を5月9日に前回と同じ大阪厚生年金会館大ホールで見た。通算4度目の観賞。前回の大阪公演のレポートで再結成への想いを書き綴った。まさか1年以上バンドが持続して、完全なオリジナル・アルバムである"Phoenx"までリリースされてしまうとは全く予想外のことであった。

新譜は、1984年に出ていれば素晴らしいと大絶賛されただろう、当時のエイジアのエッセンスを感じさせるものであり、スティーヴ・ハウが絡んでいる曲はかなり良いと感じたものの、基本的にウェットン・ダウンズのデモ・テープを発展させていったような内容であった。

既に始まっていたワールド・ツアーの選曲を知っており、昨年と比較してさしたる新鮮さもなかったので、今回は結構冷めた状態でライブに望んでしまった。しかし、結果、予想より遥かに素晴らしく、プロフェッショナルな仕事に感服してしまった。

シングルのB面の隠れた名曲と名高い"Daylight"という意表を突いたオープニングも良かった。新曲の"Never Again"とイエスの"Roundabout"がちょっとリハーサル不足なのか危なげだったが、他の演奏はかなり安定していた。前回は外された3rdの名曲"Voice Of America"を初めとするウェットンのアコースティック弾き語り3曲は特に素晴らしく、声には昨年よりさらに磨きがかかり、一時期のスランプなど無かったかのようだ。とても昨年に心臓手術を行った人の声とは思えない艶と伸びだった。

後半も盛り沢山で、カバー曲は前回と同じで新鮮味はなかったが、『庶民のファンファーレ』のソロ合戦などは楽しめた。『ラジオスターの悲劇』での盛り上がりも尋常ではなかった。カールのドラム・ソロは相変わらずだが、スタミナの凄さに感心した。アンコールでは前回アコースティックだった"Don't Cry"をオリジナルのアレンジで演奏。イントロでのハウのギターとスライドギターと切り替えが難しそうだった。ハウがあまり好きではないのは、このイントロが難しいからなのか?とちょっと思ったりした。ラストは1番大好きな『孤独のサバイバー』。観客全員でスタンディング・オベーションをして熱狂のうちに終了。手を抜くことなく130分にも渡る長時間の演奏は、現在のエイジアに溢れている自信が表れているようだった。

観客の年齢層の高さは致し方ないが、アンコールまではゆっくりと座って見ていたいと思う人と、最初から盛り上がって立って見ていたい人のバランスが微妙で、場所によっては見辛い状況になっていた部分が気になったりもした。1990年にアルカイック・ホールで見た時はオープニングからメタルのコンサートのように全員がノリノリで立っていたが、プログレとして見るのなら座って見たいとも感じるところだ。

Geoff Downes / Keyboards, Vocal
Steve Howe / Guitars, Vocal
Carl Palmer / Drums
John Wetton / Lead Vocal, Bass, Acoustic Guitar

01. Daylight
02. Only Time Will Tell
03. Wildest Dreams
04. Never Again
05. Roundabout
06. Time Again
07. Keyboard Solo (Cutting It Fine)
08. Guitar Solo - Clap
09. Voice Of America (acoustic)
10. The Smile Has Left Your Eyes (acoustic)
11. Ride Easy (acoustic)
12. Open Your Eyes
13. Fanfare For The Common Man
14. Without You
15. An Extraordinary Life
16. The Court Of The Crimson King
17. Video Killed The Radio Star
18. The Heat Goes On - Drum solo - The Heat Goes On
19. Heat Of The Moment
encore
20. Don't Cry
21. Sole Survivor

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »