« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/23

Fish ドイツ ローレライ公演

Fish01Fish02Fish03(前回からの続き)
Barclay James Harvest
のライブが終わり(後日ネットで調べると、時間が押してたので、15分早く切り上げさせられたとのこと)、待ちに待ったFishのセッティングは始まるも、寒さに耐え切れず、上着をとりにテントに走って戻る。しかしあたりが真っ暗でテントが見つからない。この場所に絶対にあるはずだという場所にテントがない!非常に焦ったが、とりあえずFishを見逃せないので、会場に走って戻る。(結局テントは安物のペグが抜け、風に吹き飛ばされて、3m位横にずれていただけだった。)

上着は着られなかったが、走ったせいで体が温まり、なんとか観賞できる体調に戻る。
1時間以上押してFishのライブのセッティングがほぼ完了した。

FishのライブはMarillionのボーカリストとして1985年12月3日の大阪厚生年金会館中ホールでの公演を1度見ただけ。最高傑作と名高い"Misplaced Childfood"を完全演奏した凄まじいライブだったが、お客は半分ほどしか埋まっておらず、クラシックのコンサートのように静かに見ていたので、Fishが凄く戸惑っていたのを覚えている。

Fishdisc01あとは"Sunset Of Empire"のプロモ-ションで1997年4月18日にタワーレコード梅田店でトーク・イベント&サイン会をした時に見ただけで、ソロ来日公演は実現していない。Steve Hogarthにボーカルが変わったマリリオンはFish時代以上に好きになったが、Fishのアクの強さも大好きだったので、ソロになってからも追い続けていた。
 

Fishvideo01マリリオンにおけるFish時代のラスト・アルバムで、アルコール中毒をテーマにした"Clutching At Straws"が大好きで、このアルバムをフューチャーしたラスト・ツアーを収めたライブ・ビデオが"Live From Loreley"として1988年にリリースされた時、最初にブード・ビデオが出回ったものを友人宅で見て、観客の熱狂とライブの凄さに感動しまくった。1987年7月18日のライブということで、ジャスト21年前の収録地となった場所で、まさにFishのコンサートが始まろうとしていた。

前述のライブ・ビデオのオープニングと同じロッシーニの『泥棒かささぎ』のSEがかかった時はびっくり。しかし、マンガのような高い声でパロディーっぽくFishを紹介するナレーションが入る。
そしてライブ・ビデオと全く同じ"Slainte Mhath"のイントロが鳴った時は、鳥肌が立ってしまった。あの雰囲気が完全に再現されている!

しかしギターの音が全く出ておらず、出鼻を挫かれてしまった感じ。
折角の完璧なオープニングなのに、非常に残念。アルペジオの部分からやっとギターの音が出て、盛り上がっていく。"This is the story so far!"や"Take it away!"全ての観客が大合唱する。しかし、Fishの声が枯れ気味で、伸びがないことが気になった。

手拍子を促すFish、盛り上がりまくる観客。この熱狂こそあのLoreleyのビデオそのものだった。
続いて、昨年でた新作"13th Star"からのナンバーを2曲。巨匠フェディリコ・フェリーニ監督をモチーフにした2作前のアルバム"Fellini Days"から1曲プレイし、さらに"13th Star"からプレイ。徐々にFishの声の調子も上がってくる。

Fishが「最初にここでやったのが21年前で」とMCで語ると、前列のファンが「今私は21歳!」と叫び、Fishに大ウケしていた。

そして、最も大好きな"Clutching At Straws"からの"Hotel Hobbies"~"That time of the Night"までのメドレーが演奏された時は、人生に感謝したくなるほどだった。Steve Hogathにボーカルが変わってからの1994年のマリリオンの来日公演のアンコールで"Slainte Mhath"と"Hotel Hobbies~Warm Wet Circles"は演奏されたが、オリジナルのFish本人のボーカルでこれが聴けるとは!

後半、Fishが客席に乱入してお客を煽りまくる。これは初期マリリオン時代からやっていた。「プログレ・フェスだそうだが、俺はロックンロールが好きなんだ。」とのMCもあり、ワイルドにプレイすることを宣言。観客の盛り上がりも絶頂に達していた。

Fish04Fish05Fish06本編ラストはホロコーストをテーマにした圧倒的な"White Russian"。"Clutcing At Straw"のナンバーでは唯一Loreleyのビデオに入ってなかったもの。
アンコールの1曲目はファースト・ソロからギターの音が鳴きまくるバラード"Clische"。大好きな曲だが、ソロ初期のキャリアで演奏されたのは、この曲だけだった。
さらに"Clutching~"からビデオでのアンコール・ナンバーだった"Incommunicado"と2回目のアンコールでダメ押しの"Last Straw"を演奏し、ライブは終了。結局マリリオン時代の曲は全て"Clutching~"からの選曲だったが、これは個人的に願ったり叶ったりといったところ。大満足だった。

Fishのオフィシャル・サイトによると、長年在籍したベーシストのSteve Vantsisのラスト・ギグとなった模様。

凍死寸前だったので、シャワー・コンテナで熱いシャワーを浴びてからテントで爆睡。
3日目に続く・・・

Fish / Vocal
Frank Usher / Guitars
Foss Paterson / Keyboards
Gavin John Griffiths / Drums, Percussion
Chris Johnson / Guitars, Keyboards
Steve Vantsis / Bass

01 La Gazza Ladra (Rossini)
02 Slainte Mhath (Clutching At Straw / 1987)
03 Circle Line (13th Star / 2007)
04 Square Go (13th Star / 2007)
05 So Fellini (Fellini Days / 2001)
06 Manchmal (13th Star / 2007)
07 Hotel Hobbies (Clutching At Straw / 1987)
08 Warm Wet Circles (Clutching At Straw / 1987)
09 That Time of the Night (Clutching At Straw / 1987)
10 Arc of the Curve (13th Star / 2007)
11 Dark Star (13th Star / 2007)
12 Faith Healer (Raingods With Zippos / 1999)
13 White Russian (Clutching At Straw / 1987)
encore
14 Cliche (Vigil In A Wilderness Of Mirrors / 1990)
15 Incommunicado (Clutching At Straw / 1987)
encore 2
16 Last Straw (Clutching At Straw / 1987)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/07

ドイツ プログレ・フェス 2日目 It Bites, The Flower Kings, Pain Of Salvation, BJH他

Lo1902Lo19036月19日早朝、夜は寒くてなかなか寝付けなかったが、テントで目覚めると、天気は晴れで、なかなかのキャンプ日和。トイレまで歩いて、ついでに朝食の屋台のチェック。朝食の看板には、さりげなく3日目のトリの出演者、Roger Hodgsonの在籍したSupertrampの大ヒット・アルバム"Breakfast In America"のジャケット写真が。

Lo1905Lo1906展望台への散策コースがあったので、ライン川が一望できる展望台に行く。なかなかの絶景で、カーブが激しく、かつライン川の幅が一番狭い場所で、昔は難破が相次いだそうで、ローレライの呼び声に船が引き付けられるという伝説も納得。帰ってからコーヒーとクロワッサンで朝食。

今回は昼の12時半からの開始で、昼過ぎまでテントでくつろぎ、1番目のバンドから見ることにする。昨日とは打って変わって太陽の日射しが強くて、肌が焼けてくる。日本から持ってきた日焼け止めを塗って、帽子もかぶって、本日のトリのFishのオフィシャル・サイトの通販で買った"Return to Childhood"のTシャツを着て会場に向かった。

Lo1901昼飯に昨日も食べた5ユーロもするポーク・ステーキのハンバーガーを食べる。高いがジューシーでスパイスが効いていて激ウマ。結局3日間で4個も食べてしまった。食べながらまだ客もまばらの石段の前方に座って1バンド目を待った。


Centralpark01Magenta02Prisma01Celntral Park
ハモンド・オルガンをフューチャーしたシンフォニック系。中盤からゲストの女性ボーカルが登場。
Magenta
女性ボーカルをフューチャーしたケルト風叙情シンフォという事前情報のとおりでした。途中で雨が降ってきたがすぐに止んでまた快晴に。
Prisma
ポリティカルな雰囲気の無骨なミクスチャー系。音はToolに近い感じ。
  

It Bites

Itbites01Itbites02Itbites03いよいよ楽しみにしていた再結成イット・バイツの登場。少々セッティングに時間がかかってしまい、15分ほど押しての開始となった。

フロント・マンだったFrancis Dunnery抜きで一昨年に再結成。やはり確執というものは恐ろしい。が、新ギタリストのJohn Mitchellは、歌い方も違和感がなく、非常にマッチしていた。しかし、ベーシストのDick Nolanもこの春に解雇されてしまい、サポート・ベーシストのLee Pomeroy参加の初ステージになった。

1989年の唯一の来日公演は見ていないのだが、John Wettonの1994年の来日公演のメンバーとして、John BeckとRobert Daltonを、同じくJohn Wettonの2003年の来日公演でJohn BeckとJohn Mitchell(当時はArenaのメンバー)を見ている。ジョン・ベックはトッド・ラングレン、アラン・パーソンズ、ジョン・エントウィッスルらと共に2001年に来日公演を行ったビートルズ・トリビュート・バンド"Abbey Road"のメンバーとしても見た。2003年の時は偶然終演後にホテルのロビーでジョン・ベックと遭遇し、ちょっとだけ話したことがある。その時はスキンヘッドだったが、今回は全盛期のIt Bites時の髪型で、お約束の化粧もしていた。

マリリオンのPete Trewavas、ポーキュパイン・ツリーのChris Maitland (King Crimsonのツアー・メンバーとして現在全米ツアー中!)と結成したバンド、KINOとほぼ同じメンバー(ドラムが途中からボブ・ダルトンに変わっているので)なので、It BitesというよりKINOだろうと突っ込むファンもいるらしいが、とりあえずIt Bitesのナンバーを聴けるのは嬉しかった。

セカンドが一番好きなので、"Yellow Christian", "Old Man & The Angel", "Midnight"は圧巻だった。「9月に出るニュー・アルバムを買ってください。」と言っていたが、オフィシャル・サイトではもう発売されている模様。

このようなフェスティバルで"Kiss Like Judas"をセットに入れないというのは、ちょっと考えられない。聴くのを楽しみにしていたのだが。

Ghosts
All in Red
I Got You Eating Out Of My Hand
Yellow Christian
Old Man & The Angel
Wind That Shakes The Barley
Midnight
Screaming On The Beaches
Calling All The Heroes / Once Around The World


The Flower Kings

Fkings01Fkings02Fkings03初来日を見ていないので、楽しみだった。本国スウェーデンなどから、追っかけファンが来ており、最前列のフェンスあたりを陣取っていた。快晴のなかセッティングが開始されるが、メンバー総員でサウンドチェックするも、ロイネ・ストルトのギター・アンプが不調らしく、やたらと時間がかかる。結局セッティングに40分位かかってしまい、うんざりする程盛り下がってしまってからの登場。
ロイネが「前回会った時から、長い時間がかかってしまったね。2分間」と皮肉を言って演奏開始。

主に現在の最新スタジオ作"The Sum Of No Evil"からプレイ。ツイン・キーボード、ツイン・ギターでサウンドは厚いし、演奏水準も非常に高いが、歌の途中でハウリングが出まくったりして、やはり機材が不調のようだ。サウンド・チェックが押したせいで、ラストの1曲を飛ばしたらしく、いまいち不自然にライブは終了。ほとんどのアルバムが2枚組か、ボーナス・ディスク付きで、長い曲と長いライブが特徴のフラワー・キングスにとっては、これからという時で終わってしまい、消化不良感が否めない。やはりフェスティバルではなく、単独で見たいバンドだと思った。

The Truth Will Set You Free
What If God Is Alone
Love Is the Only Answer
Life In Motion

Pain Of Salvation

Pain01Pain02Pain03_2スウェーデンのプログレッシヴ・メタル・バンド。登場とともに激しい雨が降り出し、関空のローソンで買った、携帯レインコートを羽織った。気温も一気に下がって、凄く寒い。

不勉強でこのバンドのアルバムは"The Perfect Element I"しか持っていないのだが、そのアルバムのクライマックスであるタイトル曲からドラマチックに始まって感激してしまった。

ボーカルのDaniel Gildenlowが「皆で大声を上げれば、雨は止んで、再び太陽が輝く!」と客を煽って、大声を上げさせる。土砂降りで、とても雨が止むような状況とは思えなかったのだが、信じられないことに、後半に雨は止み、ちゃんと太陽も出て晴れてきた時は驚いてしまった。

中盤のコーンフレークの歌とか、ラストのディスコ・クイーンの歌とかが、いまいち退屈だったが、総合的には勢いあって楽しめた。

Barclay James Harvest feat. Les Holroyd

Bjh01Bjh02Bjh0370年代から本国よりもドイツで人気のあったバンドで、ライブ・アルバムにもなった1980年にベルリンでやった野外コンサートは伝説になっている。今回は現在2つのバンドに分裂しているバークレイ・ジェームス・ハーベストのベーシスト、レス・ホルロイドがやっている方。こちらもセッティングに時間をとって、既に1時間以上の押しとなっている。

ようやく演奏が始まり、ベテランの貫禄を感じるゆったりとした曲が続く。"Mockingbird", "Life Is For Living" "Hymn"など懐かしい曲もプレイ。内容はかなり良かったが、とにかく寒くて、震えながら見た。

Fish
続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/05

Tangerine Dream ドイツ ローレライ公演

タンジェリン・ドリームのライブを、Klaus Schulzeと同じく7月18日にドイツ、ローレライのプログ・フェスで見た。1983年6月28日の大阪フェスティバルホール以来25年ぶりの観賞。

メンバーは
Edgar Froese / Keyboards, Guitar
Thorsten Quaeschning / Keyboards
Linda Spa / Sax, Flute, Keyboards
Iris Camma / Percussion
Bernhard Beibl / Guitars

の5人

Td01Td03フェスへの参加ということもあって、膨大な機材を要するグループなのに、短時間でのセット・チェンジが可能なのか疑問だったが、メンバー自ら出てきてのセット・チェンジで、あっさりと20分ほどで準備が完了し、まだ夕方の明るさで、あっけなく演奏が始まった時は面食らってしまった。

エドガー・フローゼはNord Lead IIIを中心とした機材で、もうひとりのキーボーディスト、トーステン・クゥエシュニングともにバックに巨大な液晶モニターを配置して、音源ソフトと思われるプログラムの画像を写していた。

第1音が流れた時、一聴して分かる、まぎれもないタンジェリン・ドリーム以外に出せない音だったので、おもわず興奮してしまう。ラインナップが幾度変わっても、1977年のライブ・アルバム"Encole"あたりから貫かれている音色とリズム感である。

歴史の長いグループだけあって、時期によってファン層も分かれるところだろう。1970年のファーストしか認めない人、Ohrレーベル時代の4枚を最も評価する人、ヴァージン時代でもPeter Baumann在籍時のトリオ編成が一番好きな人、ヴァージン以降でもChris Franke在籍時までは許せる人、創設者のエドガー・フローゼがいる限り、現在に至るも熱心なファン。

初めてリアルタイムで聴いたのが、1977年の映画『恐怖の報酬』(Sorcerer)のサウンドトラックのテーマ曲『裏切り』(Betrayal)で、NHK-FMの映画音楽番組でかかったものだったが、あまりのカッコ良さにエアチェックしたテープを繰り返し聴いていた。
個人的には1972年のサード・アルバム"ZEIT"(ツァイト)が一番好きで、人生で重要な10枚に挙げているほど聴きまくったアルバムである。一時期は眠れない夜に毎日聴いていた。リズム無し、メロディ無しで、ひたすら混沌とした音響が続く2枚組レコード。ただ唯一聴き易い部分が1曲目でゲストのPopol VuhのFlorian Frickeが演奏するモーグ・シンセサイザーの旋律だけである。「ドイツの音楽を何か聴いてみたい」という普通の音楽好きの友人に聴かせたら「ただ音が鳴っているだけじゃん!」と文句を言われたことがある。

Tangerinedreamflyer00Edgar Froese, Chris Franke, Johannes Schmoellingのラインナップでウドー音楽事務所の招聘で行われた1983年の来日公演は、大阪フェスティバル・ホールが3分の1ほどしか埋まっておらず、盛り下がったが、ステージ3箇所に配置された膨大なシンセサイザー群には度肝を抜かれた。当時の機材のほとんどが、まだアナログ・シンセである。第1部で同年12月のポーランド公演を収録したライブ・アルバム"Poland"に収録される曲のほぼ同内容を演奏。1981年のアルバム"Exit"からシングル・カットされたポップでキャッチーな"Chronzon"もプレイされた。休憩後の第2部では1982年11月のロンドン公演を収録したライブ・アルバム"Logos Live"と同内容を演奏。アンコールには3回も応えた。個人的にはその後膨大に見る、ジャーマン・ロックのライブ体験の最初の1歩だった。

ある程度のファンなら、1990年にエドガー・フローゼの息子、Jerome Froeseが正式加入して親子二世代グループとなったあたりまでは把握しているだろう。ギターやサックス、パーカッションの導入で、ライブでもジミ・ヘンドリックスの『紫の煙』なんかをカバーし、ニューエイジ・フィージョン化して、脱エレクトロニクス・グループを図った頃で、ここらへんで見切りをつけた人も多かったのではなかろうか。

息子ジェロームも2006年に脱退し、現在のラインナップに近づいた。今のライブ・メンバーは非常にグループの音楽にマッチしており、安定しているように感じた。

Linda Spa、Iris Cammaの女性メンバー2人の参加で、何というか・・・、華があるグループになった。
女性二人は白い衣装で、リンダ・スパの胸元の大きく開いた衣装を双眼鏡で見ると、胸に銀粉?がまぶしてあった。

(;´Д`)

Td02Td04なんか無骨なおっさん3人組という印象だったタンジェリンがお色気路線に走るとは思えなかったのだが、しかしリンダもパーカッションのイリス・カーマも躍動的で肉体的な演奏をするので、他の男性メンバー2人の影がとても薄く感じられてしまった。

印象的だったのは、ヴァージン時代からのナンバーのキャッチーで耳馴染みあるポップチューンの素晴らしさで、エドガー・フローゼのメロディー・メーカーとしての優秀さを再確認できた。"Hyperborea"の抜粋や、"Tangram"の一番ポップなパート、日本盤でも12インチ・シングルでリリースされた、"Poland"からの抜粋の"Warsaw In The Sun"が演奏された時はおお!と歓声を上げてしまった。

最近の曲で特出して良かったのが、2曲目に演奏された"Boat to China"で、未聴だったが"The Anthology Decades - The Space Years - Vol. 1"のオープニング曲。お経のような単調なリズムにイリスのパーカッションが絶妙にからむ曲で、その後も凄く耳に残ってしまった。

Td05Td06Td07日が徐々に暮れてきて、照明の効果が上がってくる、レーザー光線もたっぷりと使用され、演出効果の素晴らしさに息を飲んだ。日本公演の頃の演出の単調さ(バックの丸いスクリーンにくるくる回る照明が当たるだけ)の頃からは格段に進化していた。

本編が終了して、再びメンバーが登場し、なんとエドガー・フローゼがエレクトリック・ギターを手にする。"Happy Birthday Bianca, That ones for you"と英語でアナウンスして、フィードバック全開のまぎれもなくフローゼのギター音で、"Modesty and Greed"をプレイ。後日調べたが、ビアンカというのは、近年のタンジェリン・ドリームのジャケット・アートなどを担当しているBianca Acquayeのことと思われる。

Td08Td10Td11そのまま2曲目のアンコール"Ayumi's Butterflies"に突入。なんかリンダのサックスがロキシー・ミュージック風。鳴り止まぬ拍手に、タンジェリン・ドリームは何と3度目のアンコールに応えた。しかも、プレイされたのはあの1976年の"Storatosfear"だった!嵐のように激しいビートにアレンジされたヴァージン時代の名曲には完全に打ちのめされた。

エドガー・フローゼがメンバー紹介をし、英語とドイツ語で謝辞を述べて2時間のステージは終了した。もうこれでお腹いっぱいという感じだったのだが、それでもこれから本命のクラウス・シュルツェを見なければならなかったのだった・・・。

シュルツェのライブ終了後に、シュルツェのTシャツと同時にタンジェリンの物販コーナーでTシャツと、このローレライのライブの日の為にリリースされたシングル、"DAS ROMANTISCHE OPFER"と2007年のライブDVD2種(PAL方式)を購入した。物販スタッフはタンジェリン側からのスタッフのようだったので、日本から来たこと、1983年に日本でも見たこと、今日のライブも素晴らしかったことをつたないドイツ語で告げると喜んでくれた。

1990年までのオリジナル・アルバムは膨大なサウンドトラック盤を除いてほぼ制覇していたが、1990年代後半~2000年代にリリースされた膨大なアルバム群で、所有していたのはごく僅かだったので、これらをいま一度ちゃんと聴いてみたいと思った。

TADRAM maillistによるセットリストは下記のとおり。

01 One Night In Space
02 Boat to China
03 Lady Monk
04 Hyperborea 2008
05 Bells of Accra
06 Cinnamon Road 2008
07 Leviathan
08 Sphinx Lightning 2008 Part 1
09 Sphinx Lightning 2008 Part 2
10 Tangram 2008 Set 1
11 Lily on the Beach
12 Warsaw in the Sun
13 Das Madchen auf der Treppe
14 Storm Seekers (without Cool Shibuya ...)
15 Fire On The Mountain
Encores
01 Modesty and Greed
02 Ayumi's Butterflies
03 Stratosfear '95

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »