« Jeff Beck 2009年 大阪公演 | トップページ | ヤッターマン »

2009/02/25

Jeff Beck / Eric Clapton さいたまスーパーアリーナ 2009/02/21

Saitama00Saitama01ジェフ・ベックとエリック・クラプトンのジョイント・コンサート2デイズの初日を2月21日にさいたまスーパー・アリーナで見た。ジェフ・ベックは大阪で2回見ての3回目、エリック・クラプトンは長いコンサート観賞人生で初めて。遂にジンクスを破っての観賞で感慨もひとしおです。

17,000円という高額なチケット代を払って、飛行機に乗ってわざわざ見に行ったのは、別に二人の共演によるマジックを期待した訳ではなく、内容はどうであれ、もう最後かもしれない歴史的瞬間に立ち会いたかったからに他ならない。

さいたまスーパー・アリーナは03年にテクノのWIRE03で1度来たことがある(DAFを見られて感激だった)。一緒に行った友人の勧めで後学のために傍のジョン・レノン・ミュージアムにも入ってみる。ジョイント・コンサートの記念で200円引きの1,300円になっていた。最初の7分の映画がしょうもなかったが、展示品はレアだった。しかしながら、ちょっとジョン・レノン・モードでなかったので、わりと醒めて見てしまった。

ミュージアムの最後の白い部屋で友人と合流し、早々にアリーナに入場。今回は1部ベック、2部クラプトン、3部共演という噂どおりの構成になっていた。

超巨大なアリーナで見るベックは格別で、音響も最高。双眼鏡を駆使してタルちゃんチェックも怠らずにステージに集中した。友人によるとクラプトンのステージ・セットをそのまま持ってきているらしく、ベック・バンドが間借りしている感じ。客の反応が素晴らしく、ベックのプレイに圧倒されているのがよく解かる。

単独でのオープニングだった"Beck's Bolero"をカットし、"The Pump"からゆったりとした始まりだったが、観客は完全に魅せられていた。ショート・プログラムなのにちゃんとタルちゃんとの二人羽織ベースもやってくれてたのが嬉しい。観客の要求するものを理解してくれているなー。
(;´Д`)
50分弱のステージだったが、アンコールにも応え、"The Peter Gun"をプレイ。

25分ほどかけたステージ・チェンジがあって、クラプトンの出番。

クラプトンのソロ活動は長い音楽鑑賞人生で、見事に回避してきたもので、ホワイト・ブルースに馴染めなかったのと、ハード・ロック的な要素が希薄だったのもあって、70年代以降のソロは1枚も持っておらず。客演映像のDVDはラスト・ワルツやバングラディッシュなど多数見まくっているが、ちゃんと所有している最近のフル・コンサートの映像はジョージ・ハリスンの追悼コンサートとクリームの再結成コンサートのみ

いきなりアコースティック・ギターで座ってのオープニングで、地味だなーという印象。2曲目の"Layla"もアコースティック・ヴァージョン。ベックが跳ばしていたので、こういう展開にしたのかもしれない。選曲も地味だったが、ギターは申し分ないとしかいいようがない。最後にちょっとヒット曲メドレーをやって、そのまま終了。やはりかなり地味目だった。圧倒的にジェフ・ベックのほうがウケていたが、これはこういう展開をクラプトンが望んだのかもしれない。休憩の照明はつかずに、ベックのアンプを準備してアンコールの代わりに第3部が始まった。

ベックがクラプトン・バンドに客演するという感じで、これも予想どおりだが、タルちゃんがもう見られないと思うと淋しかった・・・。ステージの袖でベースを持ったまま共演を見ているタルちゃんが今回の最後の姿となった。ブルースのカバーをクラプトンが歌い、ベックはにこやかにバッキングを務めていたが、徐々にヒートアップしたソロを展開、クラプトンもそれに乗せられて弾きまくりだした。うーむ。ベックはバッキングも素晴らしいが、BBAあたりとはアプローチが違って大人の余裕を感じさせる。そしてソロも凄い。何より二人とも楽しんでいるのがわかる。

ヤードバーズ出身ということの他に、ロジャー・ウォーターズのソロ・アルバムに参加したという共通点を考えると、二人ともデヴィッド・ギルモア的な要素があるのかもしれない。そういう音色も感じ取ることができたと思う。

なんか1曲づつくらいはお互いのヒット曲をやってもよかったような気もするが、まあ久々の対等な共演だし、こういう選曲になるのは仕方ないか。

至福の時は終わり、歴史的共演をしっかりと見届けたという充実感とともに退場。新宿で打ち上げ。

Set One / Jeff Beck
The Pump
You Never Know
Cause We've Ended As Lovers
Stratus
Angel
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues
Tal & Jeff Solo (Freeway Jam)
Blue Wind
A Day in the Life
encore
Peter Gunn

Set Two / Eric Clapton
Drifitn
Layla
Motherless Child
Running On Faith
Tell The Truth
Little Queen Of Spades
Before You Accuse Me
Cocaine
Crossroads

Set Threee / Eric Clapton & Jeff Beck
You Need Lloue
Listen Here / Compared What
Here But I'm Gone
Outside Woman
Brown Bird
Wee Wee Baby
I Want To Take You Higher

|

« Jeff Beck 2009年 大阪公演 | トップページ | ヤッターマン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Beck / Eric Clapton さいたまスーパーアリーナ 2009/02/21:

« Jeff Beck 2009年 大阪公演 | トップページ | ヤッターマン »