« Peter Hammill 京都公演 2009 | トップページ | MAGMA 大阪公演 2009 »

2009/05/30

STAR TREK 映画スター・トレック

Startrek01Startrek02映画『スター・トレック』初日のレイトショーを見てきました。休みだったので、トレッキーの同僚を仕事上がりを見計らって電話で誘って一緒に観賞。やはりこういう映画はファン同士で盛り上がって見ないと(同僚は若いので『ネクスト・ジェネレーション』以降のファンなのだが)。

『バッドマン・ビギンズ』や『007 カジノ・ロワイヤル』のような最近よくあるビギニングもので、『カジノ~』が「今までのシリーズはなかったことにする」という無謀ぶりで成功したように、マニアが見るとツッコミどころ満載の旧シリーズとの整合性のなさは多々あるものの、ちゃんと複線で証明されていたりもしました。

しかし、オリジナル・シリーズのカーク船長、スポック、ウフーラ、ドクター・マッコイ、スールー(ミスター加藤)、チェコフ、スコットが、どのように出会い、エンタープライズのクルーとなったかというオリジナル・ストーリーはファンにはたまらないものでした。なんとなれば、ひとりひとりのトレッキーが同題材でオリジナル・ストーリーを作れるだろうけど、それを超大予算で実現する力量があるかどうかが課題。J.J.エイブラムズは脚本畑から製作・監督業になっただけあって、長年のマニアのツボを押さえることを心得ていました。

ウフーラのキャラがハジけずぎているのがちょっと・・・と思ったくらいで、他のキャストは実にオリジナル・キャストを踏襲した演技で、オリジナル・シリーズを見ながら幼少期を過ごした私は顔面がゆるみっぱなし。スポック役のザッカリー・クイントは、カーク役のクリス・パインを完全に喰ってしまうほどの演技だったし、実質の主演だったといえるでしょう。あと大好きな『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ 俺達スーパー・ポリスメン』のサイモン・ペッグが演じるスコットもぶっ飛んでいて素晴らしかった。スポックのお母さん役がウィノナ・ライダーだったので、超ビックリ。ウィノナも、もうそんな歳なのか。

とどめは、タイムスリップしてきた設定で現在78歳のレナード・ニモイ演じるオリジナルのスポックの登場。顔がシワシワになった本物のスポックを見て、うぉー本物が出た!と盛り上がるだけ盛り上がってしまう。

最後の最後にオリジナル・テーマ曲が流れて、思わず涙腺が緩んでしまいました。幼少の頃から生活の一部のように違和感なく受け入れてきた『宇宙大作戦』が40年以上たった今も新作として映画化されることを思えば、スター・トレックこそアメリカの生んだ最大の文化だったのだなと、ひしひし実感しました。

|

« Peter Hammill 京都公演 2009 | トップページ | MAGMA 大阪公演 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/45172699

この記事へのトラックバック一覧です: STAR TREK 映画スター・トレック:

» 技術信仰から宇宙哲学へ: 映画に見る宇宙居住のイメージ [研究開発]
論文を何百万稿も読まなければならない仕事をしたことがあったので 別に内容を読む必要なんか全然なく、一部だけ見ていればいいのですが、 気になったものが何件もありました.... 技術信仰から宇宙哲学へ: 映画に見る宇宙居住のイメージ ...... [続きを読む]

受信: 2009/06/02 22:58

« Peter Hammill 京都公演 2009 | トップページ | MAGMA 大阪公演 2009 »