« 宍戸留美 at 三文アートcafeそらのまめ 09年7月18日 | トップページ | 魔法使いサリー »

2009/07/27

マイ・ベスト・アニメソング

Jungle01酒を大量に飲んで、なにげなしにYouTubeで昭和30~40年代のアニメのテーマソングを見出したら、止まらなくなり、朝まで50曲くらい見て懐かしむ。ほとんど歌えてしまい、人間の幼少期の記憶力の凄さを思い知らされる。

全部見て、やはりベストは『ジャングル大帝』のエンディングで弘田三枝子が歌う『レオのうた』

こんなカッコいい歌がほかにあるだろうか。オープニング・テーマのアニメの水準もCG全盛の44年後の現在など、まるで相手にならない凄まじいクオリティー。そりゃこんだけ手間隙かけたら虫プロも潰れるわなー。

対抗馬は少し時代が先だが同じ手塚作品の『海のトリトン』ぐらいか。

他に久々に聴いて感動したのは
『リボンの騎士』(絵の水準が尋常じゃない。冨田勲&前川陽子節が炸裂!)
『どろろ』(これも手塚作品、歌詞は聴けば聴くほど奥深い)
『サイボーグ009』(これをハリウッドで映画化しないでどうする!)
『ひみつのアッコちゃん』エンディング『すきすきソング』(オルガンがサイケデリックすぎる!)
『タイガーマスク』(エンディングの『みなし児のバラード』はいつ聴いても涙涙)
『あしたのジョー』(エンディングの『力石徹のテーマ』でしょう)
『バビル2世』(アニキの傑作のひとつ)
『デビルマン』(エンディングの『今日もどこかでデビルマン』(作詞:阿久悠、作曲:都倉俊一で、オルガン・サウンドも工事中のビルに座っているシチュエーションも最高)
アニメじゃないけど
『人造人間キカイダー』の『ハカイダーの歌』(ダースベイダー以前に悪のヒーローを確立したドラマ。)

他にも『魔法使いサリー』の60年代当時放送のフランス語版のテーマ曲"MINIFEE"を聴けたりして、YouTubeの凄さを思い知らされました。

|

« 宍戸留美 at 三文アートcafeそらのまめ 09年7月18日 | トップページ | 魔法使いサリー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ベスト・アニメソング:

« 宍戸留美 at 三文アートcafeそらのまめ 09年7月18日 | トップページ | 魔法使いサリー »