« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/28

Steve Hackett 川崎 クラブチッタ 2010/08/20

Citta01

width="150" height="112" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />Steve Hackett のフル・エレクトリック・バンドとしての来日公演を、8月20日に川崎のクラブチッタ、22日に日比谷野外大音楽堂で開催されたProgressive Rock Fesで見た。
スティーブ・ハケットは1996年のジョン・ウェットン、イアン・マクドナルドらとの初来日を3回、2002年の今回と同じアコースティック・トリオでの来日をお台場のTLGで1回、2003年にジョン・ポール・ジョーンズらと共演した企画ライブ"GUITAR WARS"を1回、2006年11月27日の大阪ブルーノートでのアコースティック・トリオでのライブを2ステージ見ていて、今回が8、9回目。

ハケットへの想いは前回来日時のブログに書いているので、割愛するが、前回の感想の最後に書いているとおり、どうしてもフル・エレクトリック・バンドでの来日を実現してほしい、"Spectral Mornings"を生で聴きたい!という想いが遂に実現したので感慨もひとしお。

初めてスティーブ・ハケットを聴いたのは、1980年初頭にNHK FMで深夜に放送された1979年8月26日のレディング・フェスティバルのライブで、放送されたのは
Optigan
A Tower Struck Down
Spectral Mornings
Clocks
I Know What I Like
の5曲 (テープ操作をしているだけの"Optigan"は謎だったが、最近ようやくNTSCフォーマットでも発売された78年11月のドイツでのスタジオ・ライブDVDで、何をやっているのかが見られて感動) あまりの素晴らしさにエア・チェックしたカセットテープをしばらく繰り返して聴き込んだ。いつか生で、"Spectral Mornings"を聴くのが夢だった。

しかし、過去4回の来日はいずれも企画バンドものや、アコースティック・ユニットでの変則的な来日で、本来のエレクトリック・セットを堪能することができず、ハケットが見られて嬉しい反面、複雑な想いがあった。そして初来日から14年目にして、エレクトリック・バンドでの来日が実現。期待は高まった。

Hackettsleeve01

Hackettsleeve02

午後に大阪を新幹線で出発し、新横浜経由で川崎に到着。クラブチッタは1988年にPeter Hammillを見に行ったのが最初で、最後に見た海外ミュージシャンのコンサートは1994年のMarillionだった。しかしアイドル・グループ、 non nonのライブを1996年の1月に見ているので、この会場も14年ぶり。

発売日に買って、K列とやや後ろめだったが、中央で見やすい席だった。事前に最近のツアーのセットリストは見なかったので、何から始まるか、期待が高まった。

最新作の"Out Of The Tunnel's Mouth"をモチーフにした蒸気機関車のSEが鳴って、ハケット・バンド登場。1曲目はなんと"Everyday"だ!もうこの"Spectral Mornings"のオープニング曲だけで、目頭が熱くなってくる。遂にこれが聴けた!そして暗記するほど聴いたあの神業のようなアルペジオと、天空に響くようなソロが、生で演奏される・・・。もうこれ以上のものはない。

Steve Hackett / Guitars, Vocals, Harmonica
Gary O'Toole / Drums, Vocals
Roger King / Keyboards
Rob Townsend / Sax, Flute, Vocals
Amanda Lehmann / Guitars, Vocals
Lee Pomeroy / Bass, Stick


キーボードはいつものRoger Kingで、サックスのRob Townsendと見栄えのする女性ギタリストAmanda Lehmannがメンバーにおり、サウンドは凄く厚くなっている。ベースはNick Beggsが別の仕事で不参加で、It BitesのLee Pomeroyがヘルプで参加していた。08年のドイツのローレライのプログレ・フェスでも彼をIt Bitesで見ている。ドラムスのGary O'Tooleは数曲でリード・ボーカルも担当。

新作から2曲続き、本ライブがノスタルジックなものでなく、最新アルバムのプロモーション・ツアー続行中であることをアピール。続いてファーストの1曲目"Ace Of Wands"。アコースティック・ユニットのライブで何度か演奏されたものだが、本来のエレクトリック・ヴァージョンで聴くのは格別。インストながら随所に聴きどころがあり、練りに練られた構成の曲。

MCで、日本に戻ってこられたことへの感謝と、いつも初日は時差ボケで昏睡状態になるけど、今日は大丈夫というようなことを言って、メンバー紹介。"Sprpentine Song"がプレイされる。

つづいて、いきなり"Spectral Morning"と曲紹介をして、エフェクトをめいっぱいかけた流れるような幻想的なギターのみのイントロなしで『虹色の朝』がプレイされる。てっきり終盤かアンコールに演奏されるものと思い込んでいたので、心の準備が全くできておらず、焦る。ギターのみのイントロは欲しかった。なかなか入り込められない。なおかつギターの音がエフェクト控えめでやたら生っぽい。しかし、中盤から心が盛り上がってきて、「ああ、ついに聴けたんだな」とこみ上げてくるものがあった。

アコースティック・セットでは新作のボーナス・ディスクのライブ・トラックにも入っていたGenesisの"Blood On The Rooftops"のフル・ヴァージョンも演奏。ドラムのGary O'Tooleのボーカルが素晴らしい。 "Wind And Wuthering"で一番好きな曲。同じくボーナス・ディスクに入っていた『幻惑のブロードウェイ』の"Fly On A Windshield"~"Broadway Melody Of 1974"もプレイ。メチャクチャかっこ良い。

「ここで失礼して、ブルースを1曲」と紹介して、新作からバリバリのブルース・チューン"Still Waters"を演奏。ブルースもクラシックもメタルもプログレも、本当に何でもやれてしまう人なのだ。

本編最後の"Los Endos"は96年来日時や"Guitar Wars"でも演奏されたヴァージョンで、"Till We Have Faces"収録の"Myopia"をちょっと演奏してのヴァージョン。ハケット流のアレンジは余計なブレイクとかが多く、ジェネシスのヴァージョンのほうが壮大な大団円を演出している感じがする。トニー・バンクスの不在は大きい。
(8月28日2:50頃、FM802の伊藤政則DJ"ROCK ON"で、本テイクがオン・エアされたが、録音しそこねた。無念!)

スタンディング・オベーションの中のアンコール1曲目はやはり新作のボーナスCD収録の"Firth Of Fifth"でスタジオ版や1973年のツアー・ヴァージョンと同じく完全なピアノのイントロダクション付きで超感動。後半のギター・ソロは本当にこれ以上のものはないという名演。

割れんばかりの拍手の中、コツコツコツという"Clocks"のイントロの時計の音をパーカッションで奏で始め、観客も合わせて手拍子をする。興奮の絶頂のような演奏。長いドラム・ソロの後、もの凄いブレイクで終了。完全燃焼した。

ハケットの素晴らしいバンドを日本に呼んでくれた招聘元に心から感謝。

8月22日の日比谷野音に続く。

01. Everyday
02. Fire On The Moon
03. Emerald And Ash
04. Ace Of Wands
05. Serpentine Song
06. Spectral Mornings
07. Walking Away From Rainbows
08. Blood On The Rooftops
09. Fly On A Windshield
10. Broadway Melody Of 1974
11. Sleepers
12. Still Waters
13. Los Endos
encore
14. Firth Of Fifth
15. Clocks

1, 6, 15 from Spectral Mornings (1979)
2, 3, 11, 12 from Out Of The Tunnel's Mouth (2009)
4 from Voyage Of The Acolyte (1975)
5 from To Watch The Srorm (2003)
7 from Guitar Noir (1993)
8 from Wind And Wuthering (Genesis) (1977)
9, 10 from The Lamb Lies Down On Broadway (Genesis) (1974)
13 from A Trick Of The Tail (Genesis) (1976)
14 from Selling England By The Pound (1973)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/27

アンジェラ・アキ 里帰りライブ アスティとくしま 2010/08/17

Angie01Angie02Angie03アンジェラ・アキのデビュー5周年記念ふるさと徳島「里帰り」ライブ「阿波のMY KEYS」を8月17日にアスティとくしまで見た。ピアノ弾き語りライブで6回目とのこと。アンジェラ・アキを見るのは、4月18日に阪急西宮ガーデンズのフリー・ライブを見て以来2度目という初心者で、見に行くライブの傾向としても、完全なアウェイなので、熱心なファンの方に失礼のないように、雑感にとどめます。

チケットをとってくれたファンクラブに入っているロック友達(去年一緒に伊豆のメタモルフォーゼにTangerine Dreamを見に行った)が車を出してくれて、昼過ぎに合流。暑い夏空で、去年の伊豆と同じだねーとかいいつつキャロル・キングとか聴きながら、明石大橋、鳴門大橋を通って淡路島経由で徳島入り。

絶対行こうといってた、徳島ラーメンの店を見つけて食べる。甘辛く煮た肉と生卵が入っていて、すき焼き風のダシで、とてもおいしい。近所にあったら通いつめてしまいそう。
さらに時間があったので、去年と同じく温泉(といってもスーパー銭湯)でまったりと汗を流して疲れをとる。

会場に到着したのは結構ぎりぎりだったが、まだ急ぎ足で向かっている人も多かった。中に入ると、5,000人収容のホールで、大阪城ホールを半分にしたような感じ。

5列目のやや右側とかなり良い席で、前方中央のピアノが見易い。椅子の上に「私が言うまで開けないでネ!」と書かれた青と白の封筒が2枚置いてある。何度も見ている友人によると、お約束だそう。

客層は老若男女かなり幅広い。こういう客層のコンサートには本当に滅多にに行かないので非常に緊張した。Motley Crueの"Home Sweet Home"などがBGMでかかっていて、Home"をテーマにしているんだろうなーと感じる。

開演時間になり、アンジーが登場。熱狂的な声援に圧倒される。1曲目はキャロル・キングの"Home Again"。

・表現力が圧倒的に凄いのがライブではよくわかる。
・トークがものすごく長い。笑いのツボも心得ている。ピアノで伴奏をつけながらのトークは初期ビリー・ジョエルのよう。
・NHKの朝ドラ「つばさ」のテーマ曲は懐かしかった。
・ジョン・デンバーの『カントリー・ロード』で青い封筒を開けるよう指示。中に歌詞カードと翻訳があって、全員で歌う。アンジーが歌詞を先行して語るところが60年代フォーク・コンサート風。
・『輝く人』は西宮ガーデンズでも歌ったので、耳なじみが良い。ギターはこの1曲だけ。
・『たしかに』はPerfumeのラジオで、のっちがギャグに使ってたので、よく知っていた。
・徳島の子供時代の話で、妹のリカちゃん人形を壊してしまった話、当時まだ少なかった外国人の観光客が徳島駅に着くと、タクシーの運転手が行き先も聞かずに、アンジェラ宅に送り届けてくる話は笑えた。
・アンジーの憧れの人ジャニス・イアンの"Will You Dance"懐かしい・・・。
・そのジャニス・イアンと夢の競作をしたという"Every Woman's Song"で2枚目の封筒を開けて歌詞を読む。
・"Answer"の前にレディー・ガガ姐さんの『パパラッチ』のさわりを歌う。これをカバーするセンスが素晴らしい。

・アンコールで60人くらいの有名連の阿波踊りが登場し、会場を踊り歩く。衝撃・・・。

・『手紙』は全員で合唱。友人も大声で歌っている・・・。となりの女性は泣いていた・・・。
・子供時代、単身赴任でも毎週4時間かけて帰ってきてくれた父親に感謝の言葉を述べて、"HOME"を歌って終了。

あまりのシンガー・ソングライター王道の演出に、ちょっと気恥ずかしさを感じて入りきれなかったが、こういう傾向のコンサートも少なくなってきているだろうから(昔は邦楽ポップスは皆こんなかんじだった・・・)貴重なのかもしれない。歌もピアノもCDで聴くよりも圧倒的にダイナミックで、見て良かったと思う。

車で大阪に戻り、そのまま仕事へ。

01.Home Again
02.Rain
03.TODAY
04.愛の季節
05.Take Me Home,Country Roads
06.たしかに
07.輝く人
08.ファイター
09.サクラ色
10.Will You Dance
11.Somebody Stop Me~One Melody~Somebody Stop Me
12.別れの曲~This Love
13.Every Woman's Song
14.Paparazzi~Answer
15.MUSIC
encore
16.手紙~拝啓 十五の君へ~
17.HOME

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/26

追悼 今敏監督

Konsatoshi01今敏監督が46歳の若さで膵臓がんで亡くなったそうで、かなりショック。

2008年にトークショーを見る機会があり、友人の計らいで終了後お話する機会があった。「監督の幼馴染みの東京の○○さんが、私の知り合いなんですよ。」と言ったら「世間は狭いねー」と言われた。

「カナダに行く飛行機の中で、『パプリカ』を見ました。」と言うと、同席されていた声優の飯塚昭三さんが、「そんなところでも上映されているんですかー。」と感心されていた。
友人がお二人に色紙にサインを頼んでくれて、快く描いていただけた。

トークショーでは、ブルーレイの画質の素晴らしさと、可能性を力強く語っておられたのが印象的。ブルーレイを買おうと思う大きなきっかけとなった。

今後も数多く活躍されると思っていた、偉大な才能が消えたのは、本当に哀しい。

http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51534087.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/16

Roxy Music FUJI ROCK FESTIVAL 2010

Roxy6月から始まったRoxy Musicの再結成ワールド・ツアー"2010 Summer Festival Tour"を7月31日にFUJI ROCK FESTIVALのグリーン・ステージで見た。ロキシー・ミュージックを見るのは、1983年2月7日の京都会館第1ホール以来27年半ぶり。ブライアン・フェリーのライブは88年、95年、02年で計5回見ているが、2001年の東京のみのロキシー再結成来日公演は、お金がなくて行けなかったので、本当に久々の夢にまで見たライブ。

盛り上がるだけ盛り上がったJohn Fogertyのライブの後、2列目をキープして、セットチェンジの40分間を豪雨の中レインコート姿でひたすら辛抱強く待ち続ける。82年のミルトンケインズのジェネシス+ピーター・ガブリエルの時もこんな感じだったんだろうなと、ふと思いがよぎる。

雨はますます酷くなって、後ろを見ても観客は大幅に減っている。が、こちらも気にしている余裕はない。しかしBGMに『東京ジョー』がかかったあたりから、待ちくたびれていた観客も盛り上がり始める。

開演時間になり、ステージ下手の待機スペースに透明のコンビニ傘を持ってあがってきてブライアン・フェリーが見えて、「うぉぉぉぉーーー!!!」と吠えてしまうほど興奮。もう綺麗ごとを言ったり、優雅に構える余裕はない、なにしろロキシーなのだから。

そしてとうとうメンバーが登場。フィル、アンディ、ポールに加え、強力なサポート・メンバーと共に両脇に2人づつ配した4人の黒人女性コーラスというゴージャスすぎるメンバー。1曲目はファーストの1曲目"Remake Remodel "が始まり、コアなファンの皆様と一緒に「ぎゃあああーーー!」と叫んでしまう。フェリーはなかなかフロントに登場せずに袖で歌っていて、ここぞというときに登場。あまりのカッコ良さに、軽く気絶しそうになる。

ほんの数日前の海外のライブ映像や音源が、ネットにアップされる昨今で、事前にコンサートの内容に関する情報を一切シャットアウトして望むのは難しく、あまり意味もない。ざっと目を通して、ああ、やっぱりこんな感じかと思ったが、詳細に覚えることはせず、気にせずに望んだ。

バックの巨大なスクリーンに映し出されるいかにもロキシー風のゴージャスでキッチュな映像。これで雨さえなければ・・・と思う最高の演出。
両脇のスクリーンは途中で故障して、映像が映らなくなるが、しばらくして復旧。

続く"Out Of The Blue"はオリジナルのエディ・ジョブソンのヴァイオリンを彷彿とさせるAnna Phoebe嬢のヴァイオリン・プレイでプログレ全開で演奏され、めちゃくちゃかっこいい。この辺で理性が飛んでしまい、終焉まで陶酔状態。

1983年のツアーではやらなかった"More Than This"をやった時は感激で頭が爆発しそうになる。この曲をどうしてもライブで聴きたかったのだ。

再結成後で一番好きな"My Only Love"のピアノのイントロに心底しびれてしまう。ロキシーで一番聴いたアルバムも、リアルタイムで最初に聴いた"Flesh + Blood"。

ロキシーの曲で一番ヘヴィな"In Every Dream Home A Heartache"は最後のブレイクが圧倒的。終了後にフェリーがメンバー紹介。

"Jealous Guy"で、ようやく雨が止んでくる。間奏でフェリーが耳に手をあてての口笛。うー。何度聴いても心が溶けそうになる。フィルのギター・ソロも素晴らしい。

"Editions of You"でHOTEIが登場。そのまま最後まで3曲一緒にプレイ。全然事前知識がなくて、なんでこいつが?と思ってしまったが、後にブログを見ると、なかなかいいことが書いてあったので、よかったね!と素直に喜んであげたいと思う。


本当はアンコールで1回引っ込むところを、フェリーがそのまま続行するような通達を出して、"Let's Stick Together"を演奏。

最後の5曲は前にいた女性も、周りのファンも、とにかくぴょんぴょんと跳ねて踊りまくっていた。"Do The Strand"の最後の指を挙げるポーズを全員で決めて、完璧なエンディング。燃え尽きてしまった。

16歳くらいから聴いてるロキシーだが、その良さを完全に理解するには早すぎると自分でも思ってたけど、もうそろそろ良さを理解していると自認しても許される歳になったかなと思いつつ、最高のライブに感謝。

01. Re-Make/Re-Model
02. Out of The Blue
03. If There Is Something
04. While My Heart Is Still Beating
05. More Than This
06. Ladytron
07. Tara
08. A Song For Europe
09. My Only Love
10. In Every Dream Home A Heartache
11. Jealous Guy
12. Virginia Plain
13. Love Is The Drug
14. Editions of You
15. Let's Stick Together
16. Do The Strand

Bryan Ferry / Vocal, Keyboards
Phil Manzaner / Guitars
Andy Mackay / Sax
Paul Thompson / Drums

Colin Good / Keyboards
Ollie Thompson / Guitar
Anna Phoebe / Violin, Keyboards
Jerry Meehan / Bass
Hannah Kemoh / Backing Vocal
Aleysha Gordon / Backing Vocal
Sewuese Abwa / Backing Vocal
Nancy / Backing Vocal

バック・コーラスの1人の名前がネット等で調べても不明です。ご存知の方教えてください。メンバー紹介で「ナンシー」と言ってたように聞こえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

FUJI ROCK 雑感

Fuji01Fuji02Fuji03なんとか帰ってきました。
朝6時にテントをたたんで現地出発。
しかし、越後湯沢行きバスがトンネルの中で事故渋滞で立ち往生。
特急に乗ったら人身事故で金沢駅で待つこと1時間50分。
最後まで試練を与えてくれますね。フジは。

見たのは以下。

7/30
SUPERFLY
70年代洋楽ファン向けオールド・ウェーブのロックを可愛い女の子が歌ってる。
職場のファンの女の子に実況メールを送ったら、羨ましがられてしまいました。

ヒカシュー
こんなに大観衆の中でのヒカシューは1984年11月4日の大阪大学の学際
「必殺音固めでゴーゴー」以来。最後に「プヨプヨ」もやってくれた。

青葉市子
通りすがりで見た。ファースト・アルバム"Grey Skies"の頃の大貫妙子のよう。

Zappa Plays Zappa
王道の選曲で、初来日よりわかりやすいザッパでした。リコーダーでザッパを吹くファンをステージに上げてパフォーマンスさせてみたりして、お祭り気分でした。
途中から最後まで凄い雨で、ドゥージルが申し訳ないねーと弁明していた。

MAGMA
去年の来日から"Kobaia"を除いた3曲。フェスだからといって妥協せずにやってくれました。
最初から強い雨でしたが、2曲目でクリスチャンがソロ・ボーカルをとりはじめるとピタっと雨が止んだのはさすが・・・。


7/31
JOHN BUTLER TRIO
これ以上ないほどの盛り上がりまくり。オーストラリアのトリオだけど、バンジョーやスライドギターとかを駆使したカントリー・ミュージック。

KULA SHAKER
やっと見られた。96年にドイツに短期滞在していたとき、ラジオで1時間に1回はかかっていた"Tattva"をやってくれて嬉しい。Deep Purpleで有名な"Hush"のカバーもやった。

JOHN FOGERTY
CCR以来38年ぶりの来日。しかし、これをフジでやるとは・・・。最前列はJapan CCR Fan ClubのTシャツを着た御重鎮たちが大勢いらっしゃって、凄いなーと感動。とにかく開き直ったかのようなCCR王道の選曲。ギターが4人もいて、凄かった。終盤に強い雨。しかし『雨を見たかい』を演奏するタイミングから微妙に遅かったのが何とも。

ROXY MUSIC
強い雨の中で、フジロックにはあまりにゴージャスすぎるロキシー。2列目あたりでしっかりと見届けた。これ以上はないという感動の選曲。登場前に舞台の袖で、透明のコンビニ傘をおさしになられているフェリー様を垣間見ることができたのが、貴重。構成のあまりの素晴らしさに涙が溢れた。終盤の『ジェラス・ガイ』あたりで雨が止んだ。『ドゥー・ザ・ストランド』で最前列の女性たちがぴょんぴょんと飛び跳ねてノリノリ。今世紀最強の再結成ライブ。ビショビショのドロドロのグチョグチョでも幸せすぎて燃え尽きた・・・。

ONE SHOT
MAGMAのキーボード、ベース、ギターからなるプロジェクト、dethさんにやることを教えてもらって、ロキシーで燃えカス状態だが見に行く。ほぼ路上ライブといってもいい簡素なステージで、でも50人以上が見ていた。パガノッティのベイドルジェ風。


MAGMAの裏で見られなかったThem Crooked Vultures、ROXY MUSICの裏で見られなかったCHRISTIAN VANDER、本当に申し訳ないし、残念。

FUJI ROCKには何の思い入れもないし、コンセプトにも何ら共感するところがない。第1回目のずさんな運営での失敗をよく知っているので、ずっと敬遠し続けてきた。それでもMAGMAとROXY MUSICが来るならと、初めて挑戦してみる気になった。

「このミュージシャンの演奏がどうしても見たい」と思ってフジに行く若者は、かなり少ないだろう。音楽は二の次で、フェスの雰囲気を楽しみたくて参加するお客が大部分を占めているだろうということも、参加してみて再確認できた。

別にファンでもない客が大勢を占め、天候が悪くなることが保障されていて、ミュージシャンにとっても観客にとっても集中して演奏したり、聴いたりするには最悪のコンディションで、海外旅行に匹敵する経費をかけて参加する意義はあるのかと、自問してきたが、主催者の趣旨に、「ロキシーやマグマ、ジョン・フォガティーなど、プログレ・マニアや往年の年寄りファンしか聴かない音楽を、若い人にお試ししてもらう機会を与えることこそが、本来の目的」という考えをふと感じとれることができて、不利すぎる条件を全て飲んで参加した。
「見たいミュージシャンだけが目的なら、グダグダと不平・文句を言わずに若者のフェスに付いてこれるのなら、年寄りでも参加させてやる」と言われた気がして、じゃあ参加してやる!と思ってがんばってみた。

凄く高いチケット代金設定で、小さな会場で毎回限られたほんの数十人のリピーターのために、いくら凄いアーティストを招聘しようと、何ら音楽的な広がりをみせることはできない。歴史的な価値を持つ音楽は、常に若い世代に伝え広めていかなければならないはずだと。
実際少なからず、手ごたえは感じた。ロキシーやマグマ、One Shotでさえ、10代の人たちが楽しげに音楽に合わせて踊っているの見たのだから。

あと、テント泊はかなり楽しいので、秋口からは、普通にキャンプに出かけたりしてみたいと思った。ますますアウトドア派になりそう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »