« UK 再結成公演に向けて | トップページ | 少女時代 First Japan Tour 大阪城ホール 2011/05/31 »

2011/04/18

UK 川崎クラブチッタ 2011年4月16日

Ukcitta01Ukcitta02UKの32年ぶりの再結成日本公演を4/16に川崎クラブチッタで見た。できれば3回とも見たかったが、とりあえずチッタは初日より2日目が良いとの定説があるので、2日目1点買い。

やはり日本でのUK人気は凄く、disc unionでの先行販売は早朝から長蛇の列で、あっという間に売り切れたそうで、チッタの先行抽選に外れてしまい、二次抽選になんとか当たって最後から2列目の真ん中から鑑賞。

多くのミュージシャンが震災の影響で来日を中止する中、絶対来るとの意思を表明してくれたことが本当に嬉しかった。

当日午前中にも余震があり、新幹線が遅れるかもしれないので早めに出発。開場1時間前に到着。先行でパンフレットとTシャツを購入。パンフはしょぼい内容だったが、せっかく来てくれたUKと呼んでくれたチッタへの感謝の気持ちで。チッタの映画館横のジェラート屋でアイスクリーム食べながら時間をつぶす。

開場時間となって再びチッタ前に。長蛇の列皆中年で、若者ほぼ皆無。初来日当時18歳だった美形好きプログレ少女達も、今は50歳のはずだから仕方ないですねー。

一緒に見るはずの大阪の友人は品川で余震の影響で電車が止まってしまい、開演ギリギリに到着。「あんなに走ったのは何年ぶりか」というくらい走ったそう。

スタッフがホーム・ビデオで客席を映して煽ったりして盛り上がり、いよいよ開演。モールス信号のようなリズムと共にエディ・ジョブソンとジョン・ウェットンが登場して、堅い握手。続いてマルコ・ミンネマンとアレックス・マカチェックが登場。そのままリズムが『闇の住人』のダッダッ、ダダッダのイントロに変わって演奏開始。

"In The Dead Of Night"は94年のウェットンのソロ公演やUKZ、UZPでも聴けたが、ついに本舗UKで聴けたという感動の爆発が開場中に伝わる。しかも組曲となっている"By The Light Of Day", "Presto Vivace And Reprise"付きという完全な形で演奏されるとは。

ジョブソンの演奏はUKZと同じくテクニカルで非常に安定している。ミンネマンはテリー・ボジオとは違う次元で手数が多い。テリー・ボジオとの初来日公演でもホールズワースのフォロアー的存在をアピールしていたマカチェクは複雑なホールズワースのフレーズを難なく弾きこなしていた。

ウェットンのゴリゴリ音のベースもUK時代そのもの。歌はコーラスが無い分、歌い分けパートに難があったったが、エコーでごまかさずに生々しさがあった。誰かコーラスできなかったのかなー。かつて2000年代初頭にアル中でボロボロになった時代を経て、エイジアのリユニオンで完全復活し、昨年のエイジアでは過去最高の歌声を披露してくれたウェットン。やはりUK再結成にこれだけの時間がかかったのは、それなりに必然性があったのだろう。ただ、リハーサル嫌いで有名なウェットンだけに歌詞を忘れたり歌いだしのタイミングを間違ったりはしていた。

"Danger Money"の後にエディが挨拶、遂に来日できて嬉しいことと、このツアーにジョンが参加してくれて嬉しい旨、ポーランドでの2009年のツアーにも参加してくれたことがUKの30周年記念のライブに繋がっていると言って"Thirty Years"を演奏。

そのまま"Alaska"のイントロの重低音が響き、メドレーの"Time To Kill"まで演奏。UKZ, UZPでは"Time To Kill"は演奏されなかったので嬉しい。エレクトリック・ヴァイオリンも冴え渡っていた。

今回のライブではブルー、グリーン、透明の3種類を使っていた。透明はUKZ、UZPでは使っていなかったはずなので、カーヴド・エア時代からのオリジナルを持ってきたのか、リメイクしたのか・・・。やはりUKは透明ヴァイオリンが似合う。

「ジョン・ウェットンがいるので偉大なキング・クリムゾンの曲をやります。」とエディがMCをして"Starless"が演奏される。去年の UZPでもプレイされた曲。ジョンの歌は素晴らしい。途中の火の出るようなインストパートはやはり演奏のレベルの高さを証明していた。最後のパートのギターの入りをちょっと間違ってしまったのが惜しかったけど。凄い拍手がいつまでも続き、遂にウェットンお約束の「キミタチ、サイコダヨ」が出て観客大喜び。

続く"Carrying No Cross"はUKZ, UZPでも演奏されており、ほぼ同じ感じだったが、ウェットンがこの難しい曲を覚えなおしたのは大変だったろう。

続いてのドラム・ソロはテクニカルだったけどUKとしてはまあ要らなかったかもしれない。エディのヴァイオリン・ソロも明確なテーマが無く抽象的なノイジーなソロだった。UK終焉期のブートを聴くと、エディのヴァイオリン・ソロのコーナーで、既にシーケンサーを使って"Zinc" の"Nostalgia"をやっていたので、これをやればよかったかなーと。UKZの初来日ではやってくれたのだが・・・。

ウェットンのソロではアコースティック・ギターで"Book Of Surday"を弾き語り。このパターンはエイジアの1990年の再結成公演と同じで、とにかく歌声が素晴らしく響いていた。

再度ジョブソンが「UK時代には1度もプレイしなかった曲をやります。たぶん難しすぎたから。」と紹介して"Nevermore"をプレイ。これも去年のUZPで演奏されたもの。ホールズワース主体の曲なので、マカチェクのプレイが炸裂する。ミンネマンのプレイもなんとなくブラッフォード風。

クリムゾンのカバー3曲目は"One More Red Nightmare"で、UZPのライブ・アルバムに収録されている。楽曲が素晴らしいがクリムゾンでは演奏されておらず、ようやく聴けた生の迫力は半端でなかった。そのまま途切れなく"Caesar's Palace Blues", "Sahara Of Snow Part.2"とUZPライブCDどおりの構成が続いた。『シーザス~』のエディのヴァイオリンは何回聴いてもとにかく凄い。お約束的になってきた『雪のサハラ Part2』への繋がりもいつもどおり。一緒に見た友人は『サハラ・オブ・スノー』は、もうメドレーでやらなくていいと言ってたけど。

アンコールに遂に「UK!UK!」のライブ・アルバム・コール。当然、前日にやった"Night After Night"と思っていたのに、なんと前日やらなかった"Nothing To Lose"をプレイ。日本公演で『ナイト・アフター・ナイト』やらないのは、ちょっと考えられない!他に削っていい曲があったはず。ウェットンのボーカルで聴けるのを楽しみにしていたのだが・・・。

しかし、しかし、プログレ・ど演歌の『ナッシング・トゥー・ルーズ』も、凄い迫力でなかなか素晴らしい演奏だった。ウェットンの声の伸び伸びしていること。2時間たってこれだけ歌えるとは。イントロのビーラーラーラーというシンセを聴くとつい「にーげーたーにょーぼーにゃ」と歌ってしまう・・・。ヴァイオリン・ソロもライブ・アルバムを彷彿させる素晴らしいものだった。キーボードへの移動のためのベースのリフレインも79年どおり。

ダメ押しで、UK最大の難曲で個人的に一番好きな"The Only Thing She Needs"。この曲にアンコールまできてウェットンが付き合ってくれることに感謝。勿論最高だった。

割れるような拍手とUKコールで、メンバーが再度挨拶し、ウェットンとジョブソンだけが残り、ジョブソンのピアノ(音色のキーボード)とウェットンのボーカルだけで"Rendezvous 6:02"を静かにプレイ。このアレンジは1990年のエイジアでのジェフリー・ダウンズのピアノだけで歌った時と同じ。しかしジョブソンは感想の超絶テクニカルなパートも難なく弾きこなした。このライブの終わり方は感動的だった。

急げば新幹線に間に合ったかもしれないが、疲れたので友人と川崎のホルモン焼き屋で打ち上げ。川崎駅のビジネスホテルで一泊して帰阪。

長年夢にまで見た素晴らしいライブを体験させてくれたUKに感謝。

Eddie Jobson / Keyboards, Electric Violin
John Wetton / Vocal, Bass, Acoustic Guitar
Alex Machacek / Guitar
Marco Minnemann / Drums

・In The Dead Of Night
・By The Light Of Day
・Presto Vivace And Reprise
・Danger Money
・Thirty Years
・Alaska
・Time To Kill
・Starless
・Carrying No Cross
・Marco Minneman Drum Solo
・Eddie Jobson Violin Solo
・Book Of Saturday
・Nevermore
・One More Red Nightmare
・Caesar's Palace Blues
・Sahara Of Snow Part.2
encore
・Nothing To Lose
・The Only Thing She Needs
・Rendezvous 6:02

|

« UK 再結成公演に向けて | トップページ | 少女時代 First Japan Tour 大阪城ホール 2011/05/31 »

コメント

時々お邪魔しておりますトースケです.
「えっ、UK来日するんだ」と知ったのが1ヶ月くらい前で、あれよあれよという間にもう来日してしまったんですね.
レポートありがとうございます.「わかってる」方のレポートはツボを押さえていて本当にためになります.
素晴らしい内容だったようで羨ましいです.
キミタチサイコダヨ が1番ウケたなんてことはないでしょうが(笑)
しかし10年20年前に、UKが再結成して来日するなどと誰が想像したでしょう.待っていればいいこともあるんですね.CAMELのようにメンバーが亡くなってしまうとどうにもなりませんが・・・.
高校の頃、彼女の部屋で"Night After Night"を聴いたのが懐かしく思い出されます.

投稿: トースケ | 2011/04/19 23:55

>トースケさん

ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
確かに、しぶとく長生きして待っていれば夢は叶うものなんだなーとしみじみ感じました。
3日目はウェットンが風邪で声が出ず、残念な出来だったようですが・・・。ベストと言われている2日目に見られて幸運でした。

高校の頃、彼女の家で"Night After Night"ですかー。いいですねー。UK美形バンドだったんで、女性ファン多かったですねー。

投稿: tangerine | 2011/04/20 23:00

ご無沙汰しております.古い記事へのコメントですみません.
昨日このライブのDVDがAmazonから届きました.
何でBlu-rayじゃないんだ?という疑問はありますが、映像化してくれただけでありがたく思わねば.
(でも画質ダメダメですね)

昔はキーボードにぐるっと囲まれていたものですが、今は2台だけなんですね.デジタル機材の成せる技でしょうか.

なんと今年はボジオを連れての3人で再来日するんですね.
たぶんきっと行かれるのでしょうから、またレポートお願いします(笑)

投稿: トースケ | 2012/04/30 18:57

>トースケさん

コメントありがとうございます。ライブDVD私も買いました。ホーム・ビデオで録画したような画質ですが、出してくれただけでもありがたいですね。5.1chで聴くと臨場感があって素晴らしいです。

エディのキーボードは日本で用意したものみたいですね。昔のようにハモンド・オルガンやミニムーグやヤマハのCP-80、CS80のようなアナログの深みのある音も聴いてみたかった気もします。

トリオUKのライブは6月19日の大阪公演を見ます。
夢にまで見た3人のUK。とても楽しみです。

投稿: tangerine | 2012/05/03 20:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UK 川崎クラブチッタ 2011年4月16日:

« UK 再結成公演に向けて | トップページ | 少女時代 First Japan Tour 大阪城ホール 2011/05/31 »