« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/23

2011年に見たライブ

2011年に見たライブ、イベント、ミュージカル等は、下記のとおりです

03/21 黒田亜樹 / 祇園 Silver Wing
04/07 Mr.Big / 大阪城ホール
04/16 UK / クラブチッタ川崎
04/19 Tony Kaye & Billy Sherwood / BIG CAT
05/31 少女時代 / 大阪城ホール
06/09 玲里, まちゅこけ, あんず / SOMA
06/11 『完全生中継! KARA再始動イベント in ソウル≪今、伝えたい言葉…≫』ライブビューイング / 梅田ブルグ7
07/02 少女時代 / 広島グリーンアリーナ
07/13 Music Bank In Tokyo / 東京ドーム
東方神起 / 少女時代 / KARA / 2PM / BEAST / ペク・ジヨン / IU / 4Minute / Secret / RAINBOW / Rania / パク・ヒョンビン / U-KISS / INFINITE
07/17 少女時代 / マリンメッセ福岡
07/18 少女時代 / マリンメッセ福岡
07/30 LOVE-1 Festival / 千葉ポートパーク野外特設会場
NANTA highlight / Supreme Team / 大国男児 / Rainbow / INFINITE / ZE:A / MBLAQ / 4Minute / FTISLAND / Kim Hyun Joong / 超新星 / KARA
08/06 KARA 今、贈りたい言葉・・・ KARA JAPAN COME BACK 2011 / 横浜アリーナ
08/07 Secret / 大阪 森之宮ピロティホール
08/11 梅図かずお / タワーレコード新宿店 7階 イベントスペース
08/20 K-POP All Star Live In Niigata / 東北電力ビッグスワンスタジアム
TEEN TOP / Norazo / INFINITE / 2AM / 2PM / BEAST / CNBLUE / SISTAR / Secret / 4Minute / KARA / 少女時代
09/04 Damo Suzuki's Net Work / FLOAT
09/21 Peter Hammill / 南堀江 Knave
10/01 T-ara / あべのキューズモール
10/08 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
10/08 美女はつらいの(夜) / 大阪松竹座
10/09 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
10/09 美女はつらいの(夜) / 大阪松竹座
10/10 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
10/15 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
10/15 美女はつらいの(夜) / 大阪松竹座
10/22 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
10/22 美女はつらいの(夜) / 大阪松竹座
10/29 美女はつらいの(夜) / 大阪松竹座
10/30 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
11/03 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
11/05 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
11/06 美女はつらいの(昼) / 大阪松竹座
11/06 美女はつらいの(夜) / 大阪松竹座
10/30 南波志帆 / 梅田 Shangri-La
11/09 Seoul Tokyo Music Festival 2011 / さいたまスーパーアリーナ
V.I(BIGBANG)、KARA、2NE1、FTISLAND、ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、MBLAQ、Brown Eyed Girls、RAINBOW、ZE:A、INFINITE、Dal★shabet、A pink
11/21 Eric Clapton & Stevie Winwood / 大阪城ホール
11/23 Afterschool / 千里セルシー
12/06 Aerosmith / 京セラドーム
12/17 Rainbow / イオン化粧品シアターBRAVA!
12/22 T-ara / Zepp Osaka

3/12に見る予定だったアイアン・メイデンは、震災の当日に自家用ジェットで来日するも、成田閉鎖でセントレアに緊急着陸し、そのまま中止になってしまった。バンド側はさいたまスーパーアリーナで販売する予定だった膨大なTシャツなどのグッズをオフィシャル・サイトでチャリティー販売し、義援金としてくれた。
Mr.BIGも日本での100回目のライブを見ることができた。こちらも震災のチャリティーCDを出したりして親日ぶりを発揮してくれた。

今年のベストは少女時代の4回で、CDを数枚持っている程度で、そんなにファンでもなかったけど、ちょっとお試しで見に行ったら、あまりに凄かったので、遠征して4回見てしまった次第。久々に女子のアドレナリンがピークになる状態を体験できた。

大ファンになったKARAは結局5回見られた。東京ドームを始め、大型フェスばかりで、ほとんど豆粒大だったけど、11月のさいたまスーパーアリーナはアリーナ最前列中央という一生に一度の奇跡の席が普通にとれてしまい、すぐそこでKARAが歌っている状態で昇天・・・。ギュリのミュージカルも10回、先輩のパダの回も5回見られたのは、今年最高のチャンスだった。見たかったガールズ・グループほとんどとIUも見られた。K-POPの大型イベントで、他に見た男性グループなどにも感銘を受けた。特に2PMとBEASTとCN BLUEは良かった。
2NE1のノルジャ・ツアーを見られなかったのは一生の不覚で悔やんでも悔やみきれません。会場の前で土下座してでもチケットをゲットするべきだった。
まだまだ自分の中のK-POP熱は続きそう。

UKの奇跡の再結成ライブは2日目でNight After Nightを聴けなかったことを除けば、無限の価値のあるライブだった。
イエスの新旧メンバーのトニー・ケイ&ビリー・シャーウッドはちょっと動員数が少なすぎて可哀想だったが、ライブは素晴らしかった。
ダモ鈴木、ピーター・ハミル、エアロスミスなど、何回も見たことのある人たちが現役の最前線にいるのも嬉しい。
まさか生きているうちに見られると思っていなかったスティーヴィー・ウィンウッドの、しかも生のオルガンでジミ・ヘンの"Voodoo Chile"を聴けるとは・・・。このときばかりは、あまり興味のないクラプトンにジミが乗り憑いたような神業を感じた。

邦楽でまともにみたのは、難波弘之やザバダックがバックのプログレ的アプローチのシンガー玲里と、なぜか若手では一番ハマっているミルキー・ボイスの南波志帆のみ。どちらもライブは最高だったので来年はもっともっと活躍してほしい。

あと、コミケに行ったついでに、新宿のタワレコの梅図先生の『新宿烏』のイベントで私には幼少のトラウマの最大の元凶であり、最も尊敬する神のような先生に接見できたのは、もう無限の価値。

絶対に見たかったイタリアン・プログレのゴブリンを見られなかったのが残念。PILやThe Pop GroupやSuedeも、うっかりサマソニのチケットを買い逃してしまい、見られなかった。

来年は既に京セラドームのゴールデン・ディスク大賞のKARAに始まって、今年は見られなかったPerfumeのツアーを4回、Secretの単独、4月のYesも楽しみ。KARAも来年こそは単独コンサートをやってくれるだろう。Roger WatersのThe Wallのリターン・ツアーももう一度見てみたいところです。
あと、手を尽くすも買えなかった東方神起の大阪城ホール、見たいけど、男は買えなさそうで、無念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »