« 毎日放送 MBS『せやねん!』企画、KARAクリスマスツリーを見てきました。 | トップページ | 少女時代 2011年7月ソウル公演DVD »

2012/12/13

Yesongs 40周年記念スペシャル・エディション Blu-ray 日本盤

Yessongs

Yesの1972年12月15,16日のロンドン・レインボー・シアターでのライブを16mmフィルムで撮影したコンサート映画"Yessongs"がブルーレイ日本盤で発売されたので購入しました。

夏ごろから輸入盤で見かけていましたが、特典のドキュメント(スティーヴ・ハウ、クリス・スクワイア、ロジャー・ディーンによる回顧インタビュー)を字幕付きで見たかったので日本盤が出るのを待ちました。

80年代初頭に画質の悪いブート・ビデオで初めて見て、全盛期の動くイエスに衝撃を受けて以来、LD、DVDと見続けて、ようやく決定版が出たという感じです。
画質はオリジナル16mmフィルムからHDテレシネを行ったレストアマスターということで既発のDVDより良くなっており、くっきりとしています(16mmフィルムの限界はありますが)。でもフィルムのキズなどは消せていません。

5.1chはモノラル・マスターを無理やりサラウンドにした感じで、お風呂場の残響のようで、高音が割れていたりしてやはり限界を感じます。

特典でスティーヴ・ハウの1stソロのプロモ映像12分入り。

やっぱり『危機』を演奏している映像は超人的で、あっけにとられてしまいます。

インタビューは興味深いものでした。イエスソングスはハウの兄が映像の仕事して企画を持ってきて実現したとの言及があったました。

『ジョジョの奇妙な冒険』のエンティングに使用されている『ラウンドアバウト』の全盛期の怒涛のライブ映像が見られるとアピールすれば若い人にも結構売れると思いますねー。


しょこたんこと中川翔子さんが12/1のブログでジョジョのエンディングで使われているイエスの『ラウンドアバウト』をフルサイズで聴きたさにアルバムを買ったと書いているのを読んで、
「しょこたんが『こわれもの』を買ってイエスのファンになる日がこようとは・・・。アニメのタイアップ恐るべし。4月じゃなくてジョジョ以降に来日してたら武道館くらいでやれたかもね~」
とツイートしたら、40件を超えるリツイートをいただき、人気の凄さを実感しました。イエスじゃなくて、ジョジョとしょこたんの・・・。

でもジョジョのおかげで『こわれもの』も新たな世代に結構売れているらしいです。『ラウンドアバウト』はamazonのダウンロード・チャートの1位になっていたりするようです。

しょこたんブログの『ラウンドアバウト』評「途中のてぃろりろてぃろりろがたまらない」って、リック・ウェイクマンのオルガンのアルペジオですね。あれ最高に気持ちのいい音。昨今の音楽から絶滅した音色ですねー。

家にある『こわれもの』は4枚。レコードは高校の頃イエスの評判を聞いていきなり買ってきたもの。1曲目のラウンドアバウトは衝撃的でした。DVDオーディオ盤は5.1chサラウンドで各楽器の分離が凄い。
Fragile01

ジョジョのラウンドアバウトでイエスを知って気に入ったら次に聴くのは『危機』かな。ポップな部分が希薄になって1曲19分あるしアグレッシヴすぎるから、ポップなのがいいなら『究極』か『トーマト』かな~。

Yesclose01

ジョジョで初めて聴いた人はウェイクマンの早弾きアルペジオにインパクトを受けた気がしているので、ラウンドアバウトのライブ・ヴァージョン収録の『イエスソングス』がいいかも。 当時は3枚組5,700円という今だと1万円くらいする高価なレコードで、一生懸命聴きまくったものです。

Yessongs01

『イエスソングス』はプログレのライブ・アルバムの中では一番聴き込んだものです。いまだにリマスターCDが出ると買ってしまいます。回数だけでいうとELPの『レディース&ジェントルメン、』ジェネシスの『幻惑のスーパーライブ』、キング・クリムゾンの『USA』より聴いてますね。

映像版の『イエスソングス』と同じ日のテイクは『危機』と『スターシップトゥルーパーズ』の後半のみです。

手持ちのイエスのDVDは下記写真のとおり。

Yesdvd01

DVDで買い直していないレーザー・ディスクやビデオが数本ありますが、LDでリリースされているのに未だ正式にDVD化されていない1975年5月10日クイーンズ・パークと、1978年6月21日のフィラデルフィアのライブが公式リリースされることを切に願います。

しかし、40年前の『ラウンドアバウト』が若い人に新鮮に受け入れらているのを見ると、この時代の音楽がいかに色褪せない魅力を持っているかを再認識しました。新世代のリスナーに求められているものを業界もリサーチし、本当に価値ある音楽を新たに生み出していくことが必要なのだと。

|

« 毎日放送 MBS『せやねん!』企画、KARAクリスマスツリーを見てきました。 | トップページ | 少女時代 2011年7月ソウル公演DVD »

コメント

音楽業界云々の件は同感です。
音楽業界がきっちりしてたらフリップ氏も引退せずに済んだのでは!と思います。

投稿: kevin kazuki | 2012/12/15 09:38

イエスの「ラウンドアバウト」がアニメのエンディングで
使われているなんて全然知りませんでした。

イエスと言えば何年か前に車のCMで「ハート・オブ・ザ・サンライズ」
が使われテレビから流れてきた時、思わず「おぉ~っ!」
っと言ってしまったのを思い出しました。

ロジャー・ディーンのジャケットが美しいですね。(^.^)

投稿: himajinmetal | 2012/12/15 16:56

>kevin kazukiさん

フリップの引退は残念ですね。Porcupine Treeのサポートでの来日を見たのが最後になりました。音楽好きではなくてビジネスマンが業界に蔓延してしまった結果なんだなーと思いました。

投稿: tangerine | 2012/12/15 23:36

>himajinmetalさん

私もアニメ自体は見たことないのですが、エンディングに使われている部分だけ見ました。長い曲なのに、1分少々で多くのアニメファンの心を掴んだのは凄いなと思います。

ロジャー・ディーンもビデオのコメントでは白髪のおじいさんになっていましたが、アートは相変わらず素晴らしいですね。

投稿: tangerine | 2012/12/15 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/56312305

この記事へのトラックバック一覧です: Yesongs 40周年記念スペシャル・エディション Blu-ray 日本盤:

« 毎日放送 MBS『せやねん!』企画、KARAクリスマスツリーを見てきました。 | トップページ | 少女時代 2011年7月ソウル公演DVD »