« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/26

2012年に見たライブ

2012年に見たライブは以下の53ステージです。

01/09  NORAZO / なんばHatch
01/11  K-POPオールスターコンサート第26回ゴールデンディスク賞授賞式 DAY1 / 京セラドーム
  SUPER JUNIOR/CNBLUE/KARA/f(x)/INFINITE/BEAST/
  MBLAQ/JAY PARK/B1A4/Apink/Dal shabet/Rainbow
01/12  K-POPオールスターコンサート第26回ゴールデンディスク賞授賞式 DAY2 / 京セラドーム
  少女時代/4Minute/CNBLUE/Secret/FTISLAND/超新星/
  SISTAR/miss A/G.NA/K.Will/ホ・ガク/BOYFRIEND
01/14  Perfume / 神戸ワールド記念ホール
01/15  Perfume / 神戸ワールド記念ホール
01/18  John Wetton / 梅田Shangri-La
01/24  California Guitar Trio with Tony Levin / ビルボードライブ大阪
01/27  Damned / なんばHatch
02/11  Univers Zero (Support Act: 是巨人) / 吉祥寺Star Pine's Cafe
02/16  Opeth / 梅田AKASO
02/18  KARA / ソウル・オリンピック体操競技場
02/19  KARA / ソウル・オリンピック体操競技場
03/03  ネーネーズ / ライブハウス島唄
03/04  World Music Festival In Okinawa / 那覇セルラー・スタジアム
  OH JOON SUNG DRAMA CONCERT
  KARA・RAINBOW・2PM・SECRET・INFINITE・ZE:A
03/05  Secret / Zepp大阪
03/18  南波志帆 / あべのキューズモール
03/25  バニラビーンズ / タワーレコード難波店
03/27  Perfume / 大阪城ホール
03/28  Perfume / 大阪城ホール
04/14  KARA / 横浜アリーナ
04/15  KARA / 横浜アリーナ
04/21  Yes / 尼崎アルカイックホール
04/23  Dream Theater / オリックス劇場
04/27  KARA / 大阪城ホール
04/28  KARA / 大阪城ホール
04/30  KARA / マリンメッセ福岡
05/01  KARA / マリンメッセ福岡
05/09  Peter Gabriel / O2 World, Berlin
05/10  Tangerine Dream / Admiralspalast, Berlin
05/11  Celtic Woman / O2 World, Berlin
05/16  KARA / 代々木第一体育館
05/17  KARA / 代々木第一体育館
05/26  KARA / さいたまスーパーアリーナ
05/27  KARA / さいたまスーパーアリーナ
06/13  The Artaud Beats (Support Act: and more...) / 神戸Big Apple
06/17  LOVE-1 Festival Season 2 in Osaka / 大阪城ホール
  KARA, 2PM, RAINBOW, M.I.B. Lessang, Happiness, BENI
06/19  UK / なんばHatch
06/22  T-ara / グランキューブ大阪
07/06  Roger Waters / Yankie Stadium, New York
07/07  Roger Waters / Yankie Stadium, New York
08/01  K-POP NON STOP LIVE IN SAPPORO / 札幌ドーム
  KARA, 4Minute, Rainbow, BEAST, MBLAQ, BTOB
08/17  The Beach Boys (Support Act: America) / 大阪市中央体育館
08/18  稲川淳二 怪談ナイト / 森之宮ピロティホール
08/23  Van Der Graaf Generator / クラブチッタ川崎
08/24  CRAYON POP / お台場ヴィーナスフォート 教会広場
08/25  Progressive Rock Fes 2012 / 日比谷野外大音楽堂
  Goblin, Van Der Graaf Generator, John Lees' Barclay James Harvest
08/30  Secret / 心斎橋BIG CAT
08/31  2NE1 / 大阪城ホール
09/26  ASIA / サンケイホール・ブリーゼ
10/20  MBC KOREAN MUSIC WAVE LOVE Concert in KOBE
     / 六甲アイランド マリンパーク
  KARA, Sistar, T-ara, Secret, 4Minute, BEAST, FTIsland, 超新星, MBLAQ, B1A4, TEENTOP, NORAZO, Boyfriend,BEAT4
10/23  Moebius (Support Act: EXPE TRIO, Nasca Car, EP-4 unit3) / 心斎橋CONPASS
11/04  Tribute To Antonio Carlos Jobim, JOBIM NIGHT / 東心斎橋 MUSZE
11/14  Wire (Support Act: godibop) / 心斎橋CONPASS

上半期の総括レビューは以下です。

http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2012/07/2012-44e2.html

KARASIAを特別なものとして1位に挙げるのは当然として、K-POPではSecret, T-ara, Crayon Pop, 2NE1, Norazoの単独コンサートを見ることができ、Secretは特に泣いてしまうほど感動しました。クオリティでは2NE1が飛びぬけてハイレベルでした。真の意味で世界をターゲットにしています。Norazoの笑に包まれたアットホームな雰囲気も良かったです。

K-POPイベントでは沖縄のフェスの雰囲気が非常に良かった。KARAはギュリが喉の手術後で欠席、ニコルも足のケガで椅子に座って歌のみで参加で実質3人でのパフォーマンスでしたが、健闘していて印象に残るライブでした。SecretやRainbowも素晴らしかったです。

ゴールデンディスク賞授賞式は見たことのなかったf(x)、MissA、G.NAが見られて貴重でした。
男性ではスーパー・ジュニアはとにかく圧倒的に凄かった。あの『スーパーマン』1曲でイベント自体全て持っていかれた感じです。

プログレもイエスやUK、VDGG、エイジア、タンジェリン・ドリーム、ロジャー・ウォーターズ、ピーター・ガブリエル、ジョン・ウェットン等の大御所どころやユニヴェール・ゼロ、メビウス、ヘンリー・カウのメンバー参加のThe Artaud Beats、バークレー・ジェームス・ハーヴェスト、ゴブリン等のレアもの、ドリーム・シアターやオーペスのようなプログレッシヴ・メタルなど沢山見られて収穫が大きかったです。ユニヴェール・ゼロは人生で見たライブの中でも最高峰でした。

ブライアン・ウィルソン入りのビーチ・ボーイズが奇跡の来日をしてくれたのが今でも信じられないくらい。長生きするものです。あの後また分解してしまったので、最後の最後に見られたことに感謝したいです。

大昔からファンのWireが久々に見られたのと、オリジナル・パンクのひとつであったダムドが見られたのもレアでした。

稲川淳二の怪談ライブも初めて見に行きましたが、怪談なのにめちゃ楽しい雰囲気で、( ;∀;)イイハナシダナーというのもあって大盛り上がりでした。また行きたくなります。

Perfumeは良かったけど、トークに中だるみを感じるようになってしまい、4回は見すぎた感があります。選曲は2009年のツアーのほうが好きでした。これからはツアーは1回だけ密度を濃くして見ようかと考えています。

2013年は年初めからKARAの念願の東京ドーム公演で燃え尽きた感があります。

相変わらず素晴らしかったSparksに続いて、Patti Smith, 少女時代, Crimson Project, Ian Andersonなどを見る予定です。RushやRoger Watersのヨーロッパ・ツアーも行ってみたいところです。

2012live0123
2012live0124
2012live0149
2012live0150
2012liveuz
2012live0151
2012live0125
2012live0126
2012live0127
2012live0128
2012livenamba
2012live0129
2012live0130
2012live0131
2012live0132
2012live0133
2012live0134
2012live0135
2012live0136
2012live0137
2012live0138
2012live0140
2012live0141
2012live0142
2012live0152
2012live0143
2012live0144
2012live0145
2012live0146
2012liveasia
2012livekobe
2012live0148

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013/01/21

2012年に買ったCD、DVD (総合)

Cd2012a
Cd2012b
Cd2012c
Cd2012d

2012年に買ったCD(285枚位)、DVD(CDの付属品含め98枚位)はおおむね下記のとおりです。

■新譜
Asia / XXX (CD+DVD)
Beach Boys / That's Why God Made The Radio
Brian Eno / Lux
Donald Fagen / Sunken Condos
Ian Anderson / Thick As A Brick 2 (CD+DVD)
It Bites / Map of the Past: Limited (2CD)
Jan Bang, Erik Honore, David Sylvian / Uncommon Deities
John Wetton / Raised In Captivity
Magma / Felicite Thosz
Marillion / Sound That Can't Be Made (2CD)
Metallica / Beyond Magnetic
Neil Young & Crazy Horse / Americana
Neil Young & Crazy Horse / Psychedelic Pill (2CD)
Patti Smith / Banga
Perfume / Spring of Life (初回限定盤)(CD+DVD)
Perfume / Spending All My Time (初回限定盤) (CD+DVD)
Peter Hammill / Consequences
Public Image Ltd / This Is PIL
Rush / Clockwork Angels
Squackett / Life Within A Day CD+DVD)
Steve Hackett / Genesis Revisited 2 (2CD)
Steve Harris / British Lion
Tony Banks / Six Pieces For Orchestra
Van Der Graaf Generator / ALT
Van Halen /A Different Kind Of Truth (CD+DVD)
南波志帆 / 少女、ふたたび

■ライブ、発掘音源、再発、コンピレーション
ASIA / ASIA 30th Super Premium Box (9CD+2DVD+1LP)
Can / Lost Tapes (3CD)
David Sylvian / Victim Of Stars 1982-2012 (2CD)
Durutti Column / Short Stories for Pauline (2CD)
Edgar Froese / Virgin Years: 1974-1983 (4CD)
Emerson, Lake & Palmer / Emerson, Lake & Palmer (DELUXE EDITION)(2CD+DVD)
Emerson, Lake & Palmer / Tarkus (DELUXE EDITION)(2CD+DVD)
Frank Zappa / Carnegie Hall (4CD)
Frank Zappa / Feeding The Monkies At Ma Maison
Goblin / Live In Rome (2CD)
Jaco Pastorius / Word Of Mouth Band 1983 Japan Tour feat.渡辺香津美 (2CD)
Jethro Tull / Thick As A Brick (40th Anniversary Special Edition) (CD+DVD)
Judas Priest / Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary) (CD+DVD)
King Crimson / Lark's Tongues in Aspic (13CD+DVD+Blu-ray)
Klaus Schulze / La Vie Electronique Vol.11 (3CD)
Klaus Schulze / Richard Wahnfried's Tonwelle
Klaus Schulze / Richard Wahnfried's Miditation
Matching Mole / Little Red Record (Expanded Edition) (2CD)
Matching Mole / Matching Mole (Expanded Edition) (2CD)
Mike Oldfield / Platinum (DELUXE EDITION) (2CD)
Mike Oldfield / QE2 (DELUXE EDITION) (2CD)
Mr.Big / RAW LIKE SUSHI 100 (2CD+2DVD)
Perfume / Global Compilation LOVE THE WORLD (初回限定盤) (CD+DVD)
Peter Gabriel / Live Blood (2CD)
Peter Gabriel / So -25th Anniversary (Deluxe Box Set) (4CD+2DVD+2LP)
Pink Floyd / The Wall The (Immersion Edition)(6CD+DVD)
Rainbow / Long Live Rock N Roll (Deluxe Edition) (2CD)
Rainbow / On Stage (Deluxe Edition) (2CD)
Roxy Music / Complete Studio Recordings 1972-1982 (10CD)
Rush / 2112 (DELUXE EDITION) (CD+Blu-ray)
Tangerine Dream / Virgin Years 1974-1978 (3CD)
Tangerine Dream / Virgin Years: 1977-1983 (5CD)
Tangerine Dream /Live At Admiralsplast Berlin (3CD)
Tangerine Dream /Live At Bela Bartok National Concert Hall Budapest (3CD)
Tangerine Dream / Zeitgeist Concert (3CD)
Tangerine Dream / Knights Of Asheville - Live At The Moogfest In Asheville 2011
Tangerine Dream / The Gate Of Saturn - Live At The Lowry Manchester 2011 (3CD)
Throbbing Gristle / Second Annual Report Of Throbbing Gristle (2CD)
Throbbing Gristle / D.o.a.The Third And Final Report Of Throbbing (2CD)
Throbbing Gristle / Throbbing Gristle Bring You...20 Jazz Funk Greats (2CD)
Throbbing Gristle / Heathen Earth: The Live Sound Of Throbbing Gristle (2CD)
Throbbing Gristle / Rafters
Van Der Graaf Generator / Live in Concert at Metropolis Studios (CD+DVD)
山下達郎 / OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(初回限定盤) (4CD)

■DVD & Blu-ray
Beach Boys / Beach Boys 50: Live In Concert (Blu-ray)
Iron Maiden / En Vivo (Blu-ray)
King Crimson / Live in Argentina 1994 (2DVD-Audio)
Led Zeppelin / Celebration Day (2CD+BD+DVD)
Marillion / Holidays in Zelande (3DVD)
Marillion / Sleighed Again Christmas 2012
Metallica / Quebec Magnetic (Blu-ray)
Patti Smith / Live At Montreux 2005 (Blu-ray)
Perfume / Perfume 3rd Tour「JPN」(初回限定盤) (2DVD)
Peter Gabriel / Secret World (Blu-ray)
Phil Collins / Live at Montreux 2004 - 1996 (Blu-ray)
Queen / Hungarian Rhapsody (Deluxe Edition) (2CD+Blu-ray)
Queen / Live At Wembley Stadium (2DVD+2CD)
Steve Hackett / Fire & Ice
Tangerine Dream / Zeitgeist Live In Lisbon 2010
UK / Reunion Live In Tokyo (DVD +CD)
Yes / Yessongs (40th Anniversary Edition) (Blu-ray)
007 TV放送吹替初収録特別版DVD-BOX【第一期】 (6DVD)


■旧譜 買い直し
After Dinner / Editions
Brand X / Do They Hurt
Brand X / Masques
Brand X / Moroccan Roll
Brand X / Product
Brand X / Unorthodox Behaviour
Brian Eno / Another Green World (Remaster)
Brian Eno / Music For Films (Remaster)
Brian Eno / Music for Airports: Ambient 1 (Remaster)
California Guitar Trio / Andromeda (with Autograph)
California Guitar Trio / Masterworks (with Autograph)
Captain Beefheart & The Magic Band / Trout Mask Replica
DEVO / Duty Now For The Future
DEVO / Freedom Of Choice
DEVO / Q: Are We Not Men A: We Are Devo
Damned / Black Album (2CD)
Damned / Damned Damned Damned (Delux Edition) (3CD)
Damned / Machine Gun Etiquette -25th Anniversary Edition
Duran Duran / Arena
Glass Hammer / Cor Cordium
Gong / Expresso 2
Harold Budd / Plateaux of Mirror: Ambient 2 (Remaster)
John Wetton / Caught In THe Crossfire (with Autograph)
John Wetton / Sinister (with Autograph)
Mulholland Drive / Soundtrack
Patti Smith / Original Album Classics (5CD)
Popol Vuh / Werner Herzog Soundtracks (5CD)
Queen / Live Killers (2CD)
Steven Wilson / Grace for Drowning (2CD)
Tangerine Dream / Tangines Scales
Tangerine Dream / The Endless Season
Tangerine Dream / Under Cover chapter One
Univers Zero / Crawling Wind
Univers Zero / Hard Quest
Univers Zero / Heatwave
Univers Zero / Heresie
Univers Zero / Implosion
Univers Zero / Relaps: Archives 1984 - 1986
Univers Zero / Rhythmix
Univers Zero / Univers Zero
Univers Zero / Uzed
贈りもの / ネーネーズ

■K-POP CD
2NE1 / SCREAM (MUSIC VIDEO盤) (CD+DVD)
4Minute / 3rd Mini Album - Volume Up
AOA / 1st Single:Angels' Story
Afterschool / 1st Maxi Single: Flashback
Afterschool / Lady Luck / Dilly Dally (CD+Live DVD)
Afterschool / PLAYGIRLZ (CD+DVD)
Afterschool / PLAYGIRLZ (CD+DVD) (初回受注限定生産)
Afterschool / Rambling Girls / Because Of You (Because盤) (CD+DVD)
Afterschool / Rambling Girls / Because Of You (Rambling盤) (CD+DVD)
Apink / 1集 - UNE ANNEE
BoA / Only One
Brave Girls / 2nd Mini Album: Re-issue
Chocolat / 1st Mini Album: I Like It
D-UNIT / 1集: Welcome To Business
DAL★SHABET / 1集: Bang Bang
DAL★SHABET / 4th Mini Album - Hit U
EXID / 1st Mini Album: Hippity Hop
Fiestar / 1st Single: Vista
Girl's Day / 2nd Mini Album: Everyday II
Girls' Generation / Boys (USA edition)
Glam / Party (XXO)
Happy Pledis / 2012 Love Letter
Hello Venus / 1st Mini Album - Venus
IU / 1st Single: 二十歳の春
IU / Good Day
IU / Good Day (初回生産限定盤)(Type A) (CD+DVD)
IU / Good Day (初回生産限定盤)(Type B) (CD+DVD)
IU / You & I (Japanese Version)
IU / You & I (Japanese Version)(初回生産限定盤 Type A) (CD+DVD)
IU / You & I (Japanese Version)(初回生産限定盤 Type B) (CD+DVD)
KARA / Hits! Hits! (CD + ミニ抱き枕) (台湾独占豪華限定盤)
KARA / スピード アップ/ガールズ パワー (初回盤A) (CD+DVD)
KARA / ガールズ パワー/スピード アップ (初回盤B) (CD+DVD)
KARA / スピード アップ/ガールズ パワー (初回盤C) (ボーナストラック入り)
KARA / スーパーガール JAPAN TOUR Special Edition (CD+DVD)
KARA / KARAコレクション(初回限定盤A) (CD+DVD+写真集)
KARA / 5th Mini Album: Pandora
KARA / エレクトリックボーイ(初回盤A) (CD+DVD)
KARA / エレクトリックボーイ(初回盤B)
KARA / エレクトリックボーイ(初回盤C)
KARA / ガールズ フォーエバー(初回盤A) (CD+DVD)
KARA / ガールズ フォーエバー(初回盤B)
KARA / ガールズ フォーエバー(初回盤C)
KARA / Solo Collection (限定版) (韓国盤) (CD+DVD)
Miryo (Brown Eyed Girls) / MIRYO aka JOHONEY
Miss A / Touch
Nine Muses / 1st Mini Album: Sweet Rendezvous
Orange Caramel / 1集: Lipstick
Rainbow / ガナガナGO! (初回限定盤A DVD付)
Rainbow / ガナガナGO! (初回限定盤B フォトブック付)
Rainbow / ガナガナGO! (初回限定盤C ボーナストラック入り)
Rainbow / Over The Rainbow (初回限定盤) (CD+DVD)
Secret / WELCOME to SECRET TIME (初回生産限定盤A) (CD+DVD)
Secret / これくらいのサヨナラ (初回生産限定盤A) (CD+DVD)
Secret / これくらいのサヨナラ (初回生産限定盤B) (CD+DVD)
Secret / TWINKLE TWINKLE (初回限定盤) (CD+DVD)
She'z / 1st Mini Album: She'z Holic
Sistar / 1st Mini Album - Alone (Special Edition)
Sistar / Summer Special Album - Loving U
Skarf / 1st Single: Skarf
Spica / 1st Mini Album - Russian Roulette
Spica / 1st Mini Album (Repackage) - Painkiller
T-ara / 5th Mini Album: Funky Town
T-ara / 6th Mini Album: Day By Day
T-ara / Roly-Poly (Japanese ver.)
T-ara / Roly-Poly(Japanese ver.) (初回限定盤A) (CD+DVD)
T-ara / Roly-Poly(Japanese ver.) (初回限定盤B) (CD+DVD)
T-ara / Jewelry box (ダイヤモンド盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
Taetiseo / 1st Mini Album - Twinkle
Trouble Maker (Hyunseung & Hyuna) / Trouble Maker
Various Artists / Loen Tree Summer Project Album: Summer Story
Wonder Girls / 1st Mini Album - Wonder Party
f(x) / 2nd Mini Album: Electric Shock
少女時代 / Re:package Album "GIRLS'GENERATION"The Boys(CD+DVD)
少女時代 / PAPARAZZI (初回限定盤) (CD+DVD)
少女時代 / GIRLS' GENERATION II Girls & Peace (初回限定盤) (CD+DVD)

■K-POP DVD
2NE1 / 2NE1 1st Japan Tour 'NOLZA in Japan' (2DVD)
IU / ONE : New Year's Gift from IU
KARA / KARA BEST CLIPS II & SHOWS (初回限定盤) (Blu-ray)
KARA / KARADISE 2012,IN PARIS
KARA / STEP IT UP
KARA / 1st JAPAN TOUR 2012 KARASIA (初回限定盤) (2Blu-ray)
KARA / 2012 The 1st Concert KARASIA (3DVD)
少女時代 / 2011 Girl'S GENARATION TOUR (2DVD+PHOTOBOOK)
 
 
-------------------------------
洋楽に関してはレコードや初回盤で「既に持っている」作品の買い直しが73作品分もあり、末期的です。
「24bitハイレゾ音源、リマスター、リミックス、5.1chミックス」や「未発表音源、映像」をボーナス収録しているというだけで、過去の名盤を買い直すというのは近年のCD販売量低迷を救う大きな市場となっており、今後こういう企画はますます主流となっていくと思います。

新作のCDというのはダウンロード販売にシフトして消滅に向かっていくと予測しますが、今後レコード業界も過去の遺産をやりくりして何とか食っていくのではないでしょうか。洋楽だけでなく、邦楽の名盤も未発表音源、5.1chリミックス、ハイレゾ音源などでどんどん再発していくべきかと思います。

新譜は今年もK-POPとプログレ以外ほとんど買いませんでした。Rush, Eno, Beach Boys, Patti Smith, Marillionの新譜はとても良かったです。Neil Youngは相変わらずの多作で豪快な轟音長編を繰り出したりして老いないですね。Steve Hackettのジェネシスのカバー第2集も、変にアレンジせずに直球勝負でレコーディングし直したようで誰もが高評価を付けています。これはライブで聴いてみたいです。

レッド・ツェッペリンのO2アリーナでの再結成ライブは映画館にも見に行きましたが、神が降臨したかのような圧倒的な内容。老いてこの凄さなら20代の頃のライブがどんなものだったか考えると恐ろしいです。付属のDVDにはゲネプロのフル・リハーサル映像が1カメで収録されており貴重です。

再発ものでは、King Crimson『太陽と戦慄』BOX, Peter Gabriel『So』BOX,はゴージャスでした。ピーターの"So"は24bitハイレゾ音源のダウンロードができるコードNo.付きでお得。クリムゾンは例の西ドイツの『ビートクラブ』の完全版映像入りで、腰が抜けそうになりました。この映像だけでも5万円くらいの価値がありそうです。

エイジアの1stの豪華盤は83年ライブの記録映像や昨年の日本ツアーの4公演8枚組CDや直筆サインなども入ってとにかく豪華でした。レコードやTシャツは余分な気もしましたが、究極のエディションです。

Judas Priest『復讐の叫び』30周年記念盤はなんと82年の伝説のUSフェスティバルのライブ映像(昔テレビで2曲だけ放送された)が完全版で入っており感動。長生きはするものです。

Rainbow"On Stage"に大阪のライブ(実は武道館の夜の部の音源とブート評論家の談)が入っており、これもびっくりでした。
(余談ですが、英国のRainbowは4回ライブを見たことがありますが、韓国のRainbowは8回ライブを見たことがあります。)

Canの未発表音源3枚組も凄かったです。いまだに音源がどんどん出てくるところにこのバンドの歴史の深さを感じます。

Mike Oldofieldも2枚ともボーナス・ディスクに80年、81年のコンサートが最高の音質でほぼフルで入っており、びっくり。この時期のライブはマイクもノリにノッていてテンションが高いです。

Tangerine Dreamは去年の5月にベルリンで見たコンサートが3枚組でリリースされ嬉しいです。私の拍手も聞こえるかな。

Throbbing Gristleは高校の頃聴いていたインダストリアル・ミュージック。アナログは擦り切れるほど聴いていたので、リマスター&ボーナス・ディスク発売は本当に嬉しかったです。

山下達郎のベストは、リマスター音源よりも本人の読み応え満載のライナーノーツを楽しむという感じでした。

渡辺香津美が所蔵していたカセットテープを商品化したというジャコ・パストリアス・ビッグバンドのライブ・イン・ジャパンはまさに発掘音源という感じ。よく出してくれたという企画の勝利ともいれる内容です。


所蔵するCDやレコード、DVDの量が既に生きている間に聴き直せる限界を超えてきました。昨年はCDが285枚、DVDが98枚と一昨年より約300枚(DVD約100枚)ほど購入数を減らせたので、今年はさらに購入数を減らして、手持ちのディスクも減らしていければと思います。

昨年春にDENONのAVアンプAVR-3312を導入したので、基本的にCDはPCにリッピングしてネットワーク・オーディオを活用していければより高音質で快適なオーディオ環境が作れそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/01/20

2012年に買ったK-POPのCD、DVD

Kpop2012a
Kpop2012b
Karadvd2012b

2012年に買ったK-POPのCD、DVDはおおむね下記のとおりです。

■K-POP CD
2NE1 / SCREAM (MUSIC VIDEO盤) (CD+DVD)
4Minute / 3rd Mini Album - Volume Up
AOA / 1st Single:Angels' Story
Afterschool / 1st Maxi Single: Flashback
Afterschool / Lady Luck / Dilly Dally (CD+Live DVD)
Afterschool / PLAYGIRLZ (CD+DVD)
Afterschool / PLAYGIRLZ (CD+DVD) (初回受注限定生産)
Afterschool / Rambling Girls / Because Of You (Because盤) (CD+DVD)
Afterschool / Rambling Girls / Because Of You (Rambling盤) (CD+DVD)
Apink / 1集 - UNE ANNEE
BoA / Only One
Brave Girls / 2nd Mini Album: Re-issue
Chocolat / 1st Mini Album: I Like It
D-UNIT / 1集: Welcome To Business
DAL★SHABET / 1集: Bang Bang
DAL★SHABET / 4th Mini Album - Hit U
EXID / 1st Mini Album: Hippity Hop
Fiestar / 1st Single: Vista
Girl's Day / 2nd Mini Album: Everyday II
Girls' Generation / Boys (USA edition)
Glam / Party (XXO)
Happy Pledis / 2012 Love Letter
Hello Venus / 1st Mini Album - Venus
IU / 1st Single: 二十歳の春
IU / Good Day
IU / Good Day (初回生産限定盤)(Type A) (CD+DVD)
IU / Good Day (初回生産限定盤)(Type B) (CD+DVD)
IU / You & I (Japanese Version)
IU / You & I (Japanese Version)(初回生産限定盤 Type A) (CD+DVD)
IU / You & I (Japanese Version)(初回生産限定盤 Type B) (CD+DVD)
KARA / Hits! Hits! (CD + ミニ抱き枕) (台湾独占豪華限定盤)
KARA / スピード アップ/ガールズ パワー (初回盤A) (CD+DVD)
KARA / ガールズ パワー/スピード アップ (初回盤B) (CD+DVD)
KARA / スピード アップ/ガールズ パワー (初回盤C) (ボーナストラック入り)
KARA / スーパーガール JAPAN TOUR Special Edition (CD+DVD)
KARA / KARAコレクション(初回限定盤A) (CD+DVD+写真集)
KARA / 5th Mini Album: Pandora
KARA / エレクトリックボーイ(初回盤A) (CD+DVD)
KARA / エレクトリックボーイ(初回盤B)
KARA / エレクトリックボーイ(初回盤C)
KARA / ガールズ フォーエバー(初回盤A) (CD+DVD)
KARA / ガールズ フォーエバー(初回盤B)
KARA / ガールズ フォーエバー(初回盤C)
KARA / Solo Collection (限定版) (韓国盤) (CD+DVD)
Miryo (Brown Eyed Girls) / MIRYO aka JOHONEY
Miss A / Touch
Nine Muses / 1st Mini Album: Sweet Rendezvous
Orange Caramel / 1集: Lipstick
Rainbow / ガナガナGO! (初回限定盤A DVD付)
Rainbow / ガナガナGO! (初回限定盤B フォトブック付)
Rainbow / ガナガナGO! (初回限定盤C ボーナストラック入り)
Rainbow / Over The Rainbow (初回限定盤) (CD+DVD)
Secret / WELCOME to SECRET TIME (初回生産限定盤A) (CD+DVD)
Secret / これくらいのサヨナラ (初回生産限定盤A) (CD+DVD)
Secret / これくらいのサヨナラ (初回生産限定盤B) (CD+DVD)
Secret / TWINKLE TWINKLE (初回限定盤) (CD+DVD)
She'z / 1st Mini Album: She'z Holic
Sistar / 1st Mini Album - Alone (Special Edition)
Sistar / Summer Special Album - Loving U
Skarf / 1st Single: Skarf
Spica / 1st Mini Album - Russian Roulette
Spica / 1st Mini Album (Repackage) - Painkiller
T-ara / 5th Mini Album: Funky Town
T-ara / 6th Mini Album: Day By Day
T-ara / Roly-Poly (Japanese ver.)
T-ara / Roly-Poly(Japanese ver.) (初回限定盤A) (CD+DVD)
T-ara / Roly-Poly(Japanese ver.) (初回限定盤B) (CD+DVD)
T-ara / Jewelry box (ダイヤモンド盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
Taetiseo / 1st Mini Album - Twinkle
Trouble Maker (Hyunseung & Hyuna) / Trouble Maker
Various Artists / Loen Tree Summer Project Album: Summer Story
Wonder Girls / 1st Mini Album - Wonder Party
f(x) / 2nd Mini Album: Electric Shock
少女時代 / Re:package Album "GIRLS'GENERATION"The Boys(CD+DVD)
少女時代 / PAPARAZZI (初回限定盤) (CD+DVD)
少女時代 / GIRLS' GENERATION II Girls & Peace (初回限定盤) (CD+DVD)

■K-POP DVD
2NE1 / 2NE1 1st Japan Tour 'NOLZA in Japan' (2DVD)
IU / ONE : New Year's Gift from IU
IU / Friendship Showcase Spring 2012 On Stage Talk Collection (非売品)
KARA / KARA BEST CLIPS II & SHOWS (初回限定盤) (Blu-ray)
KARA / KARADISE 2012,IN PARIS
KARA / STEP IT UP
KARA / KJ5 Making In Paris (非売品)
KARA / 1st JAPAN TOUR 2012 KARASIA (初回限定盤) (2Blu-ray)
KARA / 2012 The 1st Concert KARASIA (3DVD)
少女時代 / 2011 Girl'S GENARATION TOUR (2DVD+PHOTOBOOK)


上半期の時点でのレビューは下記にあります。

http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2012/08/2012k-popcd-a92.html

下半期は個人的に購買量が急激に失速してしまい、Orange Caramelの日本盤なども手を出せず。2NE1、ヒョナ、Dal Shabet、Miss A、Jewelry、AOA、She'zなどの後半に出た興味ある新譜も買えず仕舞いでした。


アルバムの順位は甲乙つけがたいものがありますが、よく聴いたベスト・トラックは
1. KARA / PANDORA
2. Nine Muses / Ticket
3. f(x) / Electric Shock
4. Secret / Poison
5. After School / Eyeline

結論としては日本語曲で展開して商業的成功をしているのはKARAと少女時代くらいで、より良質な曲をリリースしているSecretもいるけど、他は昨年ほどのバブル的恩恵は受けられなかったようです。
今後は日本語曲での展開よりも、本国通りのパフォーマンスを堪能できるフォーマットでの、単独コンサートやツアーによる興行収入とグッズ収入など念頭に展開したほうが、より効率的な商業ペースで活動でき、ファンも満足できるような気がします。

KARAは今年は充実した安定の活動状況でしたが、大々的な日本ツアーと本国のカムバックの両立を完全にこなすという無理もあって、後半の日本シングル『エレクトリック・ボーイ』もアルバム『ガールズ・フォーエヴァー』も以前ほど売れなくなってしまい、テコ入れで購入者参加イベントを連発するという初心に戻った事態となりました。
『ガールズ・フォーエヴァー』は4曲が初めて日本でレコーディングされたとのことで、印象も変わってきました。よりJ-POPらしく展開しようとしているようです。コンサートでももうちょっと歌ってみて反応をチェックしてほしかったですが、東京ドームで歌われたのはメンバー全員が気に入っているという『キスミー・トゥナイト』の1曲のみ。
『スピードアップ』『エレクトリック・ボーイ』ともにクールな路線で攻めたのは凄くよかったです。しかしティーン・エイジャーのファンは『GO GO サマー!』的な展開を望んでいるような気がします。今年の展開はいかに?

2NE1がCD発売量はもうひとつでも、コンサートは大盛況という状況を見ると、新作リリースはライブ・パフォーマンスの素材作り程度に考慮していいのかもしれません。今年のベスト・パフォーマンスといっていい圧倒的な完成度の日本ツアーのDVDリリースを待ちたいです。

Secretは日本でのオリジナル曲の水準がずばぬけて素晴らしい(K-POP進出組でもトップクラス)なので、もうちょっと売れてもいいと思います。持続は力なりで継続してこの路線を行ってほしいですが、インタビューでは日本進出で劇的な成功は得られなかったとコメントしています。韓国リリースの"Poison"も今年のK-POPベスト3に入る名盤でさすがという感じ。年末の交通事故でジンガーが重症を負ってしまったけど、早期回復とカムバックを心から祈りたいです。

f(x)は日本進出を直前にしてショーケース延期を発表。二国間の政治的な問題もあり、時期尚早と判断したのであろうか、イ・スマンの判断はもっと巨大なマーケットで成功することを前提に展開したくて仕切り直すのではなかろうかと予想しています。とにかくバックボーンが巨大な事務所なので、売り出し方次第では成功しますが現状ではK-POP女性ファンが大部分。"Electric Shock"のような燃えまくるチューンをカッコよくキメられるのはf(x)ならではなので、今年も新作に期待したいです。

少女時代も今年はTaetiseoなど変則プロジェクト中心で本国で鳴りを潜めていた感じ。大々的にアメリカ進出を試みるも無反応に終わり、 やはり日本での更なるマーケット拡大を目指してアルバム発売、ツアー展開に落ち着いたようです。日本オリジナル曲の水準は高い("Oh!"の日本語ヴァージョンはいただけなかったけど)です。ニュー・アルバムはまだ聴き込みが足らないですが、アルバム・オリジナル曲も前作のような粒ぞろいの名曲ばかりというわけではないようです。しかし4集のパッケージ10種類同時発売というのは酷い商売の仕方ですね。

IUも贅沢なイベントと1回だけの贅沢なコンサートという余裕の日本活動でお金持ちの事務所なんだなーとつくづく感じましたが、恋愛スキャンダル以降は韓国で失速。「国民の妹」も「ひとりの女」になってしまったのかと嘆くファンも多いのでしょうが、このご時勢でそんなことでとやかくいうのもナンセンスで、なんか個人的にはより愛おしく感じているこの頃です。前作のような超傑作のフル・アルバムに期待したいです。

4minuteは日本では契約消化モードに入っていますが、韓国では安定した地位でパフォーマンスを続けているようです。やはり日本でバラエティ云々というよりはライブに重点を置いてほしいグループで、今年の札幌ドームでのライブは素晴らしかったし、やはりツアーを見てみたいです。ヒョナのセクシー路線も昨年1月にトラブルメーカーを生で見てインパクトを実感。『アイスクリーム』のパフォーマンスも見たいです。

T-araは武道館以降のファヨン脱退事件でのいじめ疑惑で一気にイメージ・ダウンしてしまい、本国では脅迫めいた中傷がなされたようですが、なんとか復帰。パチンコのキャラクターとかいろいろ日本で商業的展開をしているようですが、個人的には以前のような情熱を感じなくなってしまいました。"Day By Day"の巨額をかけたプロモーション・ヴィデオが素晴らしかっただけに残念。

Rainbowの失速感は半端ないです。日本での1stアルバム"Over The Rainbow"はゴージャスで聴き応えのあるアルバムだったので、すぐにでもこのアルバムを引っさげての単独ツアーをするべきでしたが、DSPはKARAに手一杯感があり、さらにPurettyやA-JAXなどの新人も始動させてしまい、RAINBOWはおざなりにされてしまいました。8月の札幌ドーム以降は日本での活動無しで、10月の沖縄のフェスも現地入りするも台風直撃で中止という不運な展開。もし実現していたらDaishi Danceとの共演で歴史的なコンサートになっていたと思うとつくづく残念。年末にあまり意味のないファースト・アルバムのリパッケージ盤が、意味もなく3種類ひっそりとリリースされましたが手を出さず。ライブでのパフォーマンスは最高なので、今年は劇的なカムバックをして日本でもZepp程度の規模でいいのでツアーをしてほしいものです。

Afterschoolは2012年はなぜか1度も見られず。ツアーもKARASIAとバッティングしてしまいました。"Flashback"はカッコ良かった。オレンジ・キャラメルに力が入っているようですが、日本歌謡レトロ路線という変化球をどこまで推し進めるのか見届けたいです。

Wonder Grilsも貫禄の新作でしたが、ソネの結婚によりしばらくは見られなさそうです。去年11月の東京のみの単独ライブは見たかった!

正統派と考えるSistarも初の単独コンサートをソウルで開くなど、大きく出てきましたが、日本でもツアーをやってほしいものです。

APinkもDal Shabetも良い作品を作っているので、思い切って日本で単独ライブをやってほしいものです。

パッケージの企画賞は本物のスカーフ入りのSkarfのデビュー・シングル。こういう可愛い企画をメジャーなKARAなども予算を出し惜しみせずにやっていくべきではないでしょうか。

今年はCRAYON POPの新作にも期待。

個人的には、日本でCDというフォーマットが売れるのも今年1年限りという感じがします。莫大な予算をつぎ込んで作った音楽作品がほとんど売れず、コンサート・グッズの原価10円くらいのウチワやタオルが500円、2,000円という値段で何万個と飛ぶように売れる現状で音楽パッケージを作る側の無力感は如何なものでしょうか。今後のアイドル歌謡のCDは韓国のように写真集などの付録物や、AKBのようなCDそのものは無価値な付属品というものを残して、ダウンロード・フォーマットに移行が完了するのではと考えています。
(中高年層をターゲットとしたロックを中心とした昔の名作の豪華盤としての再発は、今後も大きなマーケットとして残るとは思いますが。)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2013/01/19

KARAジヨン出演 幻のIRIS2

Iris2logo_2

ジヨン19歳誕生日祝い&IRIS2降板残念記念。
たまには軽い話題でもと、初夢で見たジヨン出演IRIS2 KARAゲスト編エピソード集。

第2x話
IRISのアジト発見の情報を得たNSSチームは寝坊して遅刻のジヨンを残して全員出動。
しかしそれは空になったNSSを急襲するための罠だった。留守番をしていたジヨンは襲撃してきたIRIS生え抜きの特殊部隊20人を一人でせん滅
唯一の生き残りを「ジヒヒヒ」と不敵な笑みで『アジョシ』のウォンビンも顔負けの残忍さで拷問し、本当のアジトを吐かせるのであった。
Jiyoung01_2

第2x話
NSSはIRISが雇った北朝鮮の女スナイパー(ギュリ)を追っていた。任務を着実にこなす完璧主義だが、高所恐怖症のため高い場所からの狙撃ができないというジンクスを持つ凄腕スナイパーのソウル潜入に戦慄が走った。潜伏先のホテルを突き止めたジヨンは急行するが、ギュリは既に逃亡。しかし冷蔵庫に銃を忘れているのを発見し一件落着。
Gyurigun01_2

第2x話
ジヨンは銀行に昼食代3000ウォンを下ろしに行くが、2人組の銀行強盗が乱入し人質にとられてしまう。
偶然居合わせたコーヒーショップ店員のハラちゃん(実は2代目シティハンター)は銀行強盗に「もしかしてニコル?」と言われ逆上し、「このピー(削除音)!」と罵りながら犯人の銃を奪い取り「妹の手術代に金がいるんだ!」と懇願する犯人兄弟を容赦なく射殺
一件落着し「クルクル寿司でも食べにいこうか~!」とジヨンと満面の笑みでハッピーエンド。
Hara01_2
Hara02

第2x話
叩き上げの鬼検事スンヨンは独自にIRISの陰謀を追っていた。そんなスンヨンの務める検事局に不審な巨大段ボール箱が到着。
寿司屋のストーカーのおっさんが入っているかも」とスンヨンは愛用のグロッグでありったけの弾丸を撃ち込む。箱を開けると中で血まみれで死んでいたのは二代目シティハンター(ハラちゃん)が見せしめに贈りつけた腐敗政治家だった。「裁判にかける手間が省けたわ。人生行き当たりばったり。」と微笑むスンヨン検事が夕日に向かって歩きコケるストップモーションで終了。
Seungyeon01_2

第2x話
自分のミスでNSSの先輩に多数の死者を出してしまい意気消沈のジヨンは行き着けの定食屋のおかみさん(ソイカラ特殊メイク・ニコル)に大盛りサービスをしてもらってあっさり復活。店の看板娘(ニコル2役)の「人生は短いですから楽しく生きたいです!」のアドバイスを受け、「先輩たちの犬死は無駄にしないわ!」と自信を取り戻す。
Nicole01_2
Nicole02_2


注)
■ジヒヒヒ:2010年11月23日放送『レコHits!』で「可愛いね」と言われてのジヨンの照れ笑い。
Jiyoung02_2

■冷蔵庫:2011年11月16日NHK放送『KARAスペシャル』で暴露された冷蔵庫に携帯を忘れたというギュリのエピソード
Gyuri02_2

■銀行強盗:URAKARA第10話『ハラのドッキリ作戦』ハラがドッキリと間違えて本物の銀行強盗に遭遇する回。ハラが放送禁止用語で強盗を罵り、ジヨンが「キャー!」と耳をふさぐシーンや、強盗がハラをニコルと間違えてニコルが「よっしゃ!」と喜ぶシーンなど、笑いのセンスが秀逸な出来だった。
Harakurukurusushi01

■人生行き当たりばったり:2011年秋ごろにスンヨンが「最近覚えた日本語」で気に入って「ZIP!」「JJ's Mstudio」など複数のバラエティで言及。
Seungyeon02_2
Seungyeoun00

■人生は短いですから:2012年11月21日放送NHK Eテレ『Rの法則』でニコルが『ガールズパワー』の歌詞に関して言及したポジティブ思考な名言。
Nicole03_2

--------------------

ジヨンも1月18日に19歳(韓国数え歳で20歳)になり、ますます大人びてきまいた。

昨年秋に、韓国スパイアクションの大作『IRIS』の続編にNSS要員役としてジヨンが抜擢されたというニュースを聞いた時はめちゃくちゃ楽しみだったのですが、残念ながら東京ドームコンサート直後に降板のニュースが上がってしまいました。

スケジュールが合わなかったとのことですが、ジヨンがシリアスなドラマでどのようなカラーを出せるのかファンなら誰もが見てみたかったのではないでしょうか。

ハラちゃんの『シティハンター』での演技は、役柄がストーリーの中核から一歩外れたところになり無難な感じもしたので、なかなか本格的なシリアス・ドラマへのアイドルとしての挑戦は難しいのかもしれません。

上記のブラックな妄想エピソードは、たまには軽い話題も書いてみようと、少女時代に大阪弁で掛け合い漫才をさせている老舗ファンサイト「関西ソニョシデ学園」にインスパイアされて作った妄想作です。

ジヨンがIRIS2に起用のニュースを聞いた頃に書いたもので、オンエアの頃にアップしようと思っていたのですが、ジヨンの出演は幻となり、とりあえず誕生日記念にアップしてみました。稚拙な感じでブラックな部分が不愉快な方もおられるかもしれませんが、コアなファンのツボを狙った軽い冗談のつもりですのでどうかご容赦を。

前回の東京ドーム公演の感想が、ブログ9年目にして初の1日4千アクセス突破を達成してしまい(ロックの感想とか一生懸命書いても1日60アクセス位)、プレッシャーがかかる中、ちょっと寄り道した感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/08

KARA 東京ドーム公演 2013年1月6日 感想 part2

Karadome04

Karadome05

Karadome18

Karadome06

当日、羽田から東京入り。所用を済ませてドーム徒歩圏内の神保町のホテル(エレベーターでKARAグッズを持った女性客を多数目撃)にチェックインし、15時半にドーム前に到着しました。既に数キロに及ぶグッズ購入の列が続いており、圧倒されます。ギュリの団扇が真っ先に売り切れたとのこと。買っておけばよかったと後悔。

ドーム前は人の洪水で熱狂的に盛り上がっている状態。韓国karaboardを初めとする団体ファンも多く見受けられ、あちこちで記念撮影を行っており、KARAファンが全アジアを始め世界中から東京ドームへと巡礼に訪れたと思うと感動します。

Karadome07

Karadome08

今回もチケットを手配してくださった福岡から来た友人Kamiliaさんと待ち合わせして開場と同時に入場。3塁側の1Fスタンド中段というとても観易い席で嬉しかったです。しかしそれでも代々木の最後列くらいの距離で、いつもながら向こう側に霞がかかっているほどのドームの巨大さに圧倒されます。

ステージは花道が菱形状になっていて、中に観客を詰め込む形式で、まさにメタリカの1992年のツアーで開発された「スネークピット」そのままという感じ。
Metallicasnakepit
Metallica 1992 tour "Snakepit" stage

Perfumeのような中心に大きな円形ステージがあって十字型に花道が延びる形式になるのではと予想していたので、ドームにしては短い花道と感じました。

アリーナ後方のサブ・ステージは前回が円形だったものが正方形に変わっていました。また移動のゴンドラも階段があって上段と下段に分かれている新型でした。

twitterで知り合った東京のKAMILIAさんと初対面の挨拶をしたりしているうちに開演時間が迫り、3階の上までびっしり詰まった観客を見ると「すげー!」と興奮してきます。KARAの人気の凄まじさは2013年も不動で、何よりもファンはKARAの生のステージに一番期待しているのだと再認識した思いです。

オープニング・ビデオは女神が降臨して宇宙からKARAを招聘するというアニメ。宙吊りになった女神が登場し、一瞬ギュリか?!と思いましたが違っており、5人が登場。1曲目はPANDORAですでにフル・スロットル状態。予想された選曲ですが、PAの音量が思ったより小さくて、もやもやと聴こえる状態。徐々に改善されていきましたが、もっと大音量でも良かったと思います。

その後は前回のKARASIA状態で進行し、3曲目の後の挨拶。特にスンヨンが観客の多さに圧倒されている様子でした。そしてギュリは「みなさーん、東京ドームです!、あっ、ギュリでーす!」とギュリ史上最大の大ボケをかましてくれて大爆笑。ツカミはOKという感じです。

ギュリの優美さとドジっ子ぶりを心から敬愛する2ちゃんねる掲示板ギュリ・スレッドの常連たちの予想をも遥かに凌駕する、前代未聞のギュリのボケぶりに、さらに何十倍もギュリが好きになったのは言うまでもありません。

Dreaming Girlの後に突如、4人編成の女性メタル・バンドが"Honey"をメタル・インスト・ヴァージョンで演奏し始めました。"Cyntia"という文字がスクリーンに浮かび、日本のガールズ・メタル・バンドCyntiaであると分かりました。
http://cyntia.jp/
「何が起こるのか?今日のKARAのバックバンドをするのか?」と思っていたら、突如ドラム・セットに座ったハラちゃんが上段に登場し、ドラム・ソロを展開。おおおー!と観客から驚きの歓声。その後マイクをとってジョーン・ジェット&ブラックハーツのヒット曲でお馴染みの"I Love Rock'n Roll"を熱唱。次にギターを手にとってソロを展開するという荒業に出てびっくり。前回の"Secret Love"から最もかけ離れたキャラクターで繰り広げられるソロ・ステージに「今日の各人のソロは凄いことになりそうだ!」と確信しました。


Joan jett & The Blackhearts / I love Rock'n Roll

スンヨンの幼少からの写真がスクリーンに映し出され、スンヨンがドレスで登場。中学生の頃にドームのような会場にコンサートを見に行った時に遥か遠くで見ながら出演者と一緒に歌った曲を今日は日本語の歌詞をつけて歌うとMC。スンヨンが歌手を目指すきっかけとなった想い出の曲というStacie Orrico の"Strong Enough"をしっとりと歌い上げました。アリーナ後方のステージからグランドピアノを連弾する少女二人が登場し、伴奏を加える姿は愛らしくて感動的でした。一緒に見ていたKAMILIAさんはスンヨンのほうにばかり目が行っていて、後方で生演奏しているのに気がつかなかったとのこと。

韓国ファンサイトによると、スンヨンが中学生の時見に行ったというのは蚕室(チャムシル)競技場におけるドリームコンサートでのGODのステージという話です。


Stacie Orrico / Strong Enough

その後KARASIAツアーに準じて"Girls Power"が歌われ、恒例のゴンドラによる移動はなぜかしっとりとした"Kiss Me Tonight"を歌いながら行われました。もっと派手な曲のほうが盛り上がったのですが。今回、唯一歌われたニュー・アルバムからのオリジナル曲でした。

今回の座席から最大限にKARAが接近するゴンドラが目の前を通りすぎるも、やはり遠くて、ドームの広さを思い知らされます。双眼鏡で見てやっと表情がわかる程度。
移動先のサブ・ステージで"Pretty Girl"今回はフルで振付入り。やはり初期の曲は良いです。会場も絶頂的に盛り上がりました。

その場で前回のペンライト点灯式に変わって、スタンド席のウェーブを提案。凄い規模でのウェーブは久々にやったけど楽しいです。前回やったのはベイNKでのCoCoの解散コンサートの時。
折り返しウェーブや、そのままアリーナに続くウェーブもやってみたかったところ。

そのままバラード・コーナーになり"Winter Magic"、ゴンドラでメイン・ステージに移動しながら"Orion"。多くの人が思っているように"Missing"とトレードされる候補になっていた曲です。移動しながらだと歓声が邪魔になってしまい、できればゆったりと立った状態で歌ってほしかったところです。

そしてエンディング近くに残すと思っていた『今、贈りたい「ありがとう」』もあっさりと歌われてしまい、バラード・コーナー終了。

続いて、ニコルがDJをするビデオが流れ、次がニコルのソロ・コーナーを分かります。DJは昨年のアルバム・リリース・イベントでメンバー全員がDJに挑戦したことからインスパイアされた映像と感じられます。

そのまま真紅の衣装でニコルが登場し、ダンサー達とBobby Brownの"Humpin' Around"をパフォーマンス。マイケルに続いて今回も20年以上前のアメリカのヒット曲のカバーでニコル(もしくはママのシャーリーさん)の音楽的趣向を大いに反映していました。
真紅のスーツのニコルの妖艶なサソリ・ダンス。そこまでセクシーにしなくても(;´Д`)。


Bobby Brown / Humpin' Around

またまたDVD収録は難しいだろうなーとすぐ想いましたが、よく考えたらメンバーほぼ全員カバー曲なので、ソロ・コーナー全体が未収録になる可能性もあり、コンサート自体の魅力が半減することが危惧されます。

続いてギュリのビデオが流され、なんとステージ中央から宙吊りになったギュリが登場。観客全員があっけにとられていました。

ギュリが高所恐怖症なのは誰もが知っている事実で、今回のKARASIAも事前の雑誌インタビューなどでハラが「宙吊りになって登場したい」スンヨンが「ジェットコースターに乗って登場したい」などと言っており、「4人が宙吊りになって登場し、ギュリは下でパフェを食べているんだろうなー」(「おはよう朝日です」USJロケのネタ)と思っていたくらいでした。

「白鳥の湖」のメロディーでバレエをするギュリ。「東京ドームです!」のドジっ子ぶりが頭から離れず、つい「白鳥の盆踊り」という言葉が頭をよぎります。しかし「白鳥の湖」のロック・アレンジは少女時代が前回のツアーでやっており、微妙なところ。まあそちらも映画『ブラック・スワン』からアイデアをいただいているものだけど。

まさかの宙吊りを克服したギュリにもう怖いものはありません。メンバーで唯一前回のソロ・コーナーを踏襲し、しかも日本語ヴァージョンで、PVに忠実に仮面舞踏会のダンサーを交えての堂々たる『白昼夢』の熱演にうっとりしてしまいました。さすがはギュリ。王道を行くKARAのリーダーです。「東京ドームでーす」の大ボケはチャラにしてもいいです。

そして、今回の東京ドームの最大の見せ場であり、ソロコーナーの美味しいところを全部持って行き、東京ドームの屋根が崩れ落ちるほどの掛け声で盛り上がったのが、次のジヨンのコーナーだったとは想いもよらなかったのでした。

前振りのビデオは、まぎれもなくURAKARA第5話『ジヨンの初恋』をベースにしたスピンオフ企画。高校の教室でジヨンの歌う『学園天国』のオリジナルが放送され、ジヨンにLine(!)で話しかけたクラスメートと共に東京ドームに集合して踊り歌うというもの。

Cyntiaが再登場し、『学園天国』を小泉今日子による88年のカバー・ヴァージョン風にロック・アレンジで演奏開始。ピンクの制服を着たジヨンとクラスメートが登場と共に登場して観客を煽りまくって歌います。

何回も書きますが、この曲をジヨンに推薦したスタッフは天才です。ジヨンの弾け飛ぶ若さと元気さの良い部分を全て活かしきったパフォーマンスになりました。キョンキョンのカバーの絶妙さを彷彿とさせるマッチングで、キョンキョンが聴いても喜んでくれたかもしれません。

"Hey! Hey! Hey! Hey! Hey!」の掛け声は他のKARAのどの曲よりも大きく、地響きがするほど強力で本当に圧倒されました。ジヨンもまさかこんなにウケるとは思わなかったのではないでしょうか。韓国から遠征されたKAMILIAさんたちの感想を読むと、全然知らない曲だったがあまりの反応の良さに驚いたとの書き込みが多数ありました。「74年の古いヒット曲ながら小泉今日子のカバーで幅広い世代で有名な日本の国民的な歌」という説明がなされていました。

Gakuentengoku
Finger 5 / Gakuen Tengoku single sleeve

盛り上がりきってしまって、声もガラガラになるほど歌ってしまい、ヒートダウンしそうで、これからどうするのだろう?と思っていると、なんとマーチング・バンドの大人数のドラムラインが登場してドラム・パフォーマンスを始めました。「アフタースクールみたい!」と思いつつも、アフタースクールがタム1個でやっていたのに対して、いろんなタイプの複数のドラムを担いだメンバーも多く、花道を行進しつつシンクロしたドラム・パフォーマンスが続きます。

「どうなるのかな」と思っていると、なんと『ルパン』のイントロが始まり、ドラム・ラインとの共演が始まるという信じられないほど豪華な試み。この1曲のためにしてはゴージャスすぎます。
頭をよぎったのはアメリカのプログレッシヴ・メタル・バンド、Queensryceが"Operation Mindcrime"のPart1とPart2を完全演奏したツアーのDVDで、イントロの"Anarch-X"で同じく地元のドラムラインを登場させて演奏した時のこと。

"Lupin"~"Let It Go"の流れも前回と同じ。"Step"の歓声はやはり凄い。しかし"Let It Go"の代わりに"Wanna"をやってくれても良かった気がしました。

続く『エレクトリックボーイ』はようやく生で見られたもの。でも既に旬を過ぎた感があり、オープニング近くで『スピードアップ』の代わりにやったほうが盛り上がったと想いました。

『GO GO サマー!』『ジェットコースターラブ』は新規ファンでの人気が凄く、やはり盛り上がりまくり。もう終盤になっているのが曲目でわかってしまいます。

そして「残りあと1曲」と言ってひとりづつ感想。スンヨンは既に号泣し努力でドーム公演を成し遂げられたことに感謝の意。ニコルは頭に思いつく感謝の想いをひとつづつ確かめながら日本語に翻訳していく。ジヨンは元気に感謝しKARAとKAMILIAを自転車の車輪に例えた話。ハラは号泣し日本語で感謝の言葉を述べ、韓国語で遠征ファンにも感謝。ギュリはもう胸が詰まっているのか、小さな声でボソボソと言うのが精一杯。韓国語でも突然小声で喋り出し、韓国のファンも拍手するタイミングを逸する感じで日本語でも再度感謝の言葉。スンヨンの提案で全員でハグをして、場内大歓声。

「こんなに泣いた後にお姉さんがこの曲をやるのは恥ずかしい」とスンヨンが言いつつ、5人でのデビュー曲"Rock You"。『ミスター』と入れ替えられたけど、入れ替えなくてもよかったかも。本編はとにかく大団円で終了しました。

アンコールでは10メートル以上ある『ミスター』の衣装の5人のアニメ型風船人形が登場。これだけのために凄い予算の使い方。この風船人形1個だけでもRainbowの年間活動予算くらいありそう。

アンコールは前回KARASIAと同じく『ガールズ・ビー・アンヴィシャス』と『SOS』で、例によってゴンドラで移動。『SOS』では行きのゴンドラでは一緒でなかったギュリとニコルが一緒に乗り、いきなりギュリコルで「タイタニックのポーズ」
これで2人の愛は証明されました。( ;∀;)

セカンド・アンコール前にKARAの商業アニメの予告編。こんなところでやる必要は無かったが、まあスポンサー的な事情があるのでしょう。オーラスの『ミスター』は巨大KARA人形にそれぞれがまとわりつつパフォーマンス。これ無しにKARAは語れない曲だけど、とくに掛け声をするパートもないので、やっぱり"Rock You"が良かったです。全力を出し切って終了。

5人が宇宙に戻っていくアニメが流れ、照明がつき、全スタッフの紹介エンドロールがビデオに流れ、KARA史上最大のイベントは終了。
早々に退散し、KAMILIAさんと居酒屋で打ち上げ。

東京ドームのDVDが出たら、日本デビュー後のファンの方はDVD"KARA SWEET MUSE GALLERY"に収録されている2010年2月のKARA初のショーケース来日ドキュメント、"KARA IN TOKYO SPECIAL"を見直してみることをお勧めします。わずか3年足らずで、ほとんど日本語も喋られない状態での初来日公演から、彼女たちがいかに飛躍したのかが伺えます。

ひたむきな努力のみで前代未聞の偉業をやり遂げたKARAに次に待っているものは何でしょうか。
この先のコンサートはどういう形になるのでしょうか。
韓国の芸能ニュース記事を翻訳ソフトで読む時のような感覚で、このコンサートのそれ風の記事タイトルで感想を終えたいと思います。

「KARA 次の目標は?東京ドームでは狭すぎる」

Karadome09

Karadome10

| | コメント (37) | トラックバック (2)

KARA 東京ドーム公演 2013年1月6日 感想 part1 「セットリスト分析編」

Karadome01

Karadome02

KARAの念願の東京ドーム公演、"KARASIA 2013 HAPPY NEW YEAR IN TOKYO DOME"を1月6日に見ました。いまだ興奮冷めやらずという感じですが、感動の余韻に浸りながらも、part1ではセットリストを分析しつつ雑感を綴ってみたいと思います。

当日のセットリストは下記の通りです。

Setlist
Opening Video
01. Pandora
02. Speed Up
03. Jumping

MC
04. Dreaming Girl
Honey (Rock Remix) by Cyntia
05. Hara Solo / I Love Rock'n Roll (feat. Cyntia)
 (Joan Jett & & The Blackhearts cover)

Sungyeon Photo Gallery Video
06. Seungyeon Solo / Strong Enough (Japanese Version)
 (Stacie Orrico cover)
07. Girls Power
08. Kiss Me Tonight
09. Pretty Girl
10. Winter Magic
11. Orion
12. 今、贈りたい「ありがとう」

Nicole DJ Video
13. Nicole Solo / Humpin' Around (Bobby Brown cover)
Gyuri Video
14. Gyuri Solo / 白昼夢 (Japanese Version)
Jiyoung Video
15. Jiyoung Solo / 学園天国 (feat. Cyntia) (フィンガー5 カバー)
Marching Band Drum Live
16. Lupin (with Marching Band Drumline)
17. STEP
18. Let it go

Video
19. Electric Boy
20. GO GO Summer!
21. Jetcoaster Love

MC
22. Rock U
encore 1
23. Girls Be Ambitious
24. SOS

encore 2
25. Mr.

セットリストは昨年春のKARASIA日本ツアーをベースに選曲されており、KARASIA後に発表された曲が加えられ、何曲かはセットリストから消え、ギュリ以外のメンバーのソロ・コーナーに大幅な変化が見られました。

■新たに加わったKARAの曲は下記の4曲
Pandora
Kiss Me Tonight
Orion
Electric Boy

■消えてしまったのは下記の3曲
Umbrella
Honey
Missing

■メンバーのソロ曲(ギュリを除いていずれもカバー曲)
ハラ / I Love Rock'n Roll (ジョーン・ジェット&ブラックハーツのカバー)
スンヨン / Strong Enough (ステイシー・オリコのカバー。新たに書いた日本語ヴァージョン)
ニコル / Humpin' Around (ボビー・ブラウンのカバー)
ギュリ / 白昼夢 (日本語ヴァージョン)
ジヨン / 学園天国 (フィンガー5のカバー)

ソロは今回もメンバーの意向がかなり反映されていると感じました(特にスンヨンとニコル)。ハラとジヨンにカバー曲を提案したのが誰にせよ、天才的な選曲と言わざるをえません。そしてギュリは我が道を行くどころか、絶対的な禁じ手であったはずの宙吊りをやってしまうという破天荒な展開となり、あらゆる意味で期待を良いほうに裏切られた感があります。

構成の変化としては、『ウィンターマジック』からのバラード・コーナー3曲と『ルパン』からの韓国語曲コーナー3曲が入れ替わっており、またソロ・コーナーも連続ではなく、KARAの曲を挟んで前半と後半に分かれていました。さらに本編ラスト曲とアンコールラスト曲も入れ替えが生じています。
ソロ・コーナーの変更はKARASIAでの構成の中だるみ部分を考慮・反省した結果が伺えます。

■さらにKARAライブでは初の生演奏との共演も下記の4曲で実現しています。
ハラ・ソロ / 日本のガールズ・メタル・バンドCyntiaとの共演
スンヨン・ソロ / 2人の少女によるグランド・ピアノ連弾との共演
ジヨン・ソロ / Cyntiaとの共演
ルパン / マーチング・バンドのドラムラインとの共演

1回だけのメガ・コンサートに相応しいゴージャスな企画でした。
ハラとジヨンのソロ・コーナーでバッキングを務めたCyntiaのオフィシャル・サイトは下記
http://cyntia.jp/

また、昨年のツアーでは恒例だったサインボールを客席に投げるパフォーマンスが無くなっていました。巨大会場での奪い合いなどのトラブルによる怪我人が発生するリスクを避けるためと考えられますが、遠い上に絶対にボールを受け取ることができない遥か遠方の席のファンに考慮したとも思われます。
また多くのサインボールがオークションに出品されるという残念な事態もあり、そのことも影響しているのかもしれません。
観客をステージに上げてのゲーム・コーナーも当然ながら無くなりました。

全体的にみて、KARASIAのツアーを見た人だと新曲が「とってつけた」ように挿入されただけで、代わり映えが無いようにも感じる気もします。特に"Wanna"はおろか、"Honey"までセットリストから消えてしまったのは残念でした。(メタル・ヴァージョンのインストとして復活していましたが)。

しかし観客のほとんどを占める日本デビュー以降のファン層を考えれば、いくら考えてもこういうセットリストになってしまうのはしょうがないとも感じました。
その分、ハイライトは個々のソロ・コーナーに凝縮されたといっても過言では無いかと思います。個人的にも客観的にも一番熱狂的にウケたのはジヨンの『学園天国』でしたし。

客観的なセットリスト分析は上記のとおりです。
次回のpart2では個人的な感想を綴りたいと思います。

Karadome03


| | コメント (18) | トラックバック (0)

2013/01/02

KARA 2012 The 1st Concert KARASIA IN OLYMPIC GYMNASTICS ARENA SEOUL DVD感想

Karasiaseouldvd

12月26日に発売された、KARASIAソウル公演2日目の2月19日の公演を収録したDVD"KARA 2012 The 1st Concert KARASIA IN OLYMPIC GYMNASTICS ARENA SEOUL"が年末30日になってようやく到着。遅いよ~と思いつつ遅まきながら実際見に行った者の視線からの感想を書かせていただきます。

当日の感想は過去のブログにアップしております。
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2012/02/index.html

日本ツアーとは構成が全く違うもので、日本公演では歌われなかった曲が12曲も収録されており、よりKARAの本質に迫れる内容として全てのファンに推薦したい内容となっています。個人的には生で見た時は理解できなかった韓国語のMCに字幕が入っており、新たに感動できました。

付録された42枚のポストカードの1枚目の裏にあったクレジットによると、DVDのコンテンツ・プロダクションはSBS VIVACOM。DVDのディレクターの名前は明記されておらず。コンサートそのもののプロダクションはMAYS ENTERTAINMENTでビデオカメラ担当はMARU MEDIAから18人の名前がクレジットされています。

Karasiapostcard

記者会見→メイキング→本編の順番に再生。
噂どおり全体的に光量不足で画質は良くない(特に着替えタイムに流したPVがボケボケの画質でびっくり)けど見に行ったものを再体験できる感動で脳内補完できて、あまり気になりません。少女時代の最新ライブDVDも画質が悪かったし、そいういうものなのでしょうか。Blu-rayでも発売してほしかったところですが韓国本国でブルーレイという形態がまだメジャーになっていないので仕方ない気も。Pat Metheny Groupのソウル公演"Way Up Live"のブルーレイは素晴らしい画質なので、それなりのハイヴィジョン撮影技術はあるはずなのですが。

KARA初の5.1chサラウンド作品ということで音の迫力を堪能。 5.1chは音圧も高くて生歌の繊細な部分も伝わり歓声も凄い迫力です。

当日の演目でDVD未収録のものは
12曲目 スンヨン・ソロ / Super Star
13曲目 ニコル・ソロ / Beat It

の2曲。

初日の18日のみに歌われて19日は外されてしまったものが
17曲目 Break It
初日の最大のハイライトと言ってよかったこのファースト・アルバムの曲が外された正式な理由は不明ですが、なぜかリハーサル映像としてメイキングDVDに収録されています。

ニコルは初日のステージで足首の靭帯損傷して松葉杖をつかなければならない程の重傷だったのにもかかわらず、ドクターストップを退けてギブスを外し、テーピングと鎮痛剤のみで通常にやり遂げたというプロフェッショナリズムに感銘を受けましたが、改めて見るとずっとニコルの足の痛みがひたすら気になってしまいます。

記者会見は15分16秒。かなり緊張しているよう。日本に関する質問も多いです。

メイキングは40分41秒。ソロの練習風景を中心に収録。他は会場外でのファンの様子や通しリハの様子など。会場でのリハではダンサーも含めほぼ全員が風邪防止のマスクを着用してて異様な光景。練習室でのダンスの通しリハでは時間を節約するためか、機械的に曲のピッチを早めて大急ぎでやっている感じです。皆スマートフォンをマイク代わりにして振付をしているのが印象的。

マルチアングルは、"Lupin"と"Date (My Boy) "の2曲。
Genesisの"We Can't Dance"ツアーDVDのようにリアルタイムで好きなアングルに変更できるというものではなく5人をそれぞれ追ったカメラ映像を1曲づつ計10パターン再生できる仕組み。ソロの動きや表情を追えるのは素晴らしいです。けどやはり5人でのパフォーマンスのほうが絵的に美しいです。

Karasiamulti01


以下は本編の感想です。

とにかく序盤の"With"までの継ぎ目無しの畳み掛けるような曲構成が素晴らしく、息つく暇もないほど。日本でやらなかった2曲目の"Wanna"の長めのイントロのカッコ良さは尋常ではないです。

"With"の最後に全員で「お疲れ様でした!」と言うシーン、KARASIAの日本公演のドキュメントの代々木のシーンでPurettyが歌い終わった時にバックステージで聴いていたニコルが『お疲れ様でした!』と同じ振付で言っており、何のことかな?と思っていましたが、謎が解けた感じです。

見直すとやはりソウル公演のステージの構造のほうが贅沢でかっこいいですね。スタンド中段まで伸びる階段状の花道や、客を内側に詰め込んだ円形の花道が美しい。東京ドームはどんな感じになるか楽しみです。客を花道の内側に詰め込むステージ構造は今では少女時代やPerfumeなどもやっていますが、メタリカが1990年のツアーでやったSnakepitが初めてだったはず。

Waitの後の着替えタイムのイメージ・ビデオが差し替えられていますね。日本語のPVは無かったので。そこだけサラウンドが解除されて2chになっています。

スンヨンが可愛いすぎる衣装で動物さんの着ぐるみ達と会場をパレードしながら可愛すぎる衣装で歌われた"Super Star"は『メリは外泊中』のサントラの曲で、ギュリの『マリア』がOKだったのならなんとか収録も可能だったのではないか。これを収録しないと"Guilty"とのギャップが感じられず魅力が部分的にしか伝わらないです。

ジヨンのソロは日本公演よりもギターをちゃんと弾いている音が聞き取れました。リハーサル映像でもかなり弾いています。

スンヨンの"Guilty"は衣装も白く火柱の代わりに花火が爆発し、日本ヴァージョンと印象が違います。

ハラちゃんのラテンダンス"ChaChaCha"の躰のしなやかさは見とれてしまうほど。「顔面素股くぐり」の瞬間はうまく編集して寝てる男性ダンサーが見えないようにしていますね。見た人が憤死しないよう配慮か。でもメイキング映像にはしっかり映っているのですが。(;´Д`)

ニコルの"Lost"は日本公演よりも、しっとりと歌い上げている感じ。A-JAXのリーダー、ヒョンゴンとのデュエットも日本では無かったもの。

ギュリの『マリア』。ミュージカルをギュリ・ヴァージョンは10回見たので感動もひとしお。観客を煽って全員立たせるのもミュージカルどおり。この1曲だけでも買った価値がありました。しかしブロンディーのカバーは収録OKで、マイケルのカバーはNGなのでしょうか。

日本の活動しか知らないファンが見たら「何じゃー!こりゃー!?」という衝撃のNORAZOの"Super Man"のパロディ、"Super Girl"。でも爆笑ものの歌詞に字幕がついていないのは信じられない。 しかしネットを検索すると翻訳を見つけることができます。メンバー同士でほのぼのと文句を言い合うファンなら爆笑の内容。ギュリが舞台下からジャンプして登場し、よろよろとする映像はアップで入れてほしかったですね。ギュリだけワンダーウーマンなのがなお笑えます。2012年はNorazoヴァージョンを2回、KARAヴァージョンを2回と4回生で聴けました。

いきなり『ウィンターマジック』を日本語で歌いだしたときは、やはりびっくり。ファン・ミーティングはともかく、一般の有料コンサートで日本語の曲は歌わない可能性もあると思っていたので。結局、『ジェットコースターラブ』『ガールズ・ビー・アンヴィシャス』と3曲が歌われました。日本人として嬉しかったし、時代も変わったなーとその時感じました。

その後のメンバーのフリートークを入れたPVがカットされて、いきなり"Honey"に入っている。あの部分のトークの内容を知りたかったので残念。

"Honey"はやっぱり、しっかりと振付入りで見たいですね。東京ドームでは完全演奏を期待。

5方向で座ってのロングトーク。字幕でようやく内容を把握でき、とにかく感動。最初から爆泣きのスンヨン。ハラが日本語で遠征ファーンにメッセージ。ハラは韓国の舞台であろうが日本であろうがきっちりと立場を明確にしてリスクを背負って発言するところが大人で素晴らしいです。

『心をこめて Dear Kamilia』では日本と違ってギュリとスンヨンが号泣。本国での初コンサートだし、感極まるのも分かります。

大感動の後の"My Darling"は一服の清涼剤のよう。

短いリハーサル映像が映された後の『ミスター』。ちょっとリハーサル映像がハショられていました。

アンコールの現地でのコールは『エンコー!』と聞こえます。日本でも普通に「アンコール」でいいと思う。本当に。

アンコール前の例の短いルパン風のアニメ。キャラクターは全然似てないけど、スタイリッシュでカッコいいです。これが再び見られて感激。

"Pretty Girl"でダンサーもカメラマンも皆が舞台に出てきて踊りまくる。投げるサインボールは日本のものより大きい。

"Girl's Be Ambitiois"、ウッドペッカーの着ぐるみにボカシが入っている。 "Rock You"も日本より混沌としたお祭り騒ぎでわけのわからないうちに終了。「パーティーは終わらない」という感じ。

最後、歓声を消して幕が落ちると共に終わるエンディングも個人的に好きな編集。

ソウル公演を見直すとKARASIA日本ツアーで足りなかったものはやはり"Wanna"に尽きますね。東京ドームではぜひやってほしいです。日本では一昨年の横浜アリーナのファンミーティングでやったのが最後のはず。

初日はオープニングで曲の途中まで幕が上がらなかったり、ニコルの怪我などもあってビデオ収録のリハーサル的なものになってしまったのかもしれませんが、記念すべきKARA初のコンサートであり、"Break It"の衝撃は全てを凌駕していたので、いつかQueenの86年のウェンブリー・スタジアムのデラックス・エディションのように初日映像をボーナスDVDにしたものを販売してほしいものです。

東京ドームまであと4日。韓国をはじめアジア全域からファンが巡礼に訪れる史上最大規模のKARAファンの集いの成功を祈ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »