« KARA 東京ドーム公演 2013年1月6日 感想 part2 | トップページ | 2012年に買ったK-POPのCD、DVD »

2013/01/19

KARAジヨン出演 幻のIRIS2

Iris2logo_2

ジヨン19歳誕生日祝い&IRIS2降板残念記念。
たまには軽い話題でもと、初夢で見たジヨン出演IRIS2 KARAゲスト編エピソード集。

第2x話
IRISのアジト発見の情報を得たNSSチームは寝坊して遅刻のジヨンを残して全員出動。
しかしそれは空になったNSSを急襲するための罠だった。留守番をしていたジヨンは襲撃してきたIRIS生え抜きの特殊部隊20人を一人でせん滅
唯一の生き残りを「ジヒヒヒ」と不敵な笑みで『アジョシ』のウォンビンも顔負けの残忍さで拷問し、本当のアジトを吐かせるのであった。
Jiyoung01_2

第2x話
NSSはIRISが雇った北朝鮮の女スナイパー(ギュリ)を追っていた。任務を着実にこなす完璧主義だが、高所恐怖症のため高い場所からの狙撃ができないというジンクスを持つ凄腕スナイパーのソウル潜入に戦慄が走った。潜伏先のホテルを突き止めたジヨンは急行するが、ギュリは既に逃亡。しかし冷蔵庫に銃を忘れているのを発見し一件落着。
Gyurigun01_2

第2x話
ジヨンは銀行に昼食代3000ウォンを下ろしに行くが、2人組の銀行強盗が乱入し人質にとられてしまう。
偶然居合わせたコーヒーショップ店員のハラちゃん(実は2代目シティハンター)は銀行強盗に「もしかしてニコル?」と言われ逆上し、「このピー(削除音)!」と罵りながら犯人の銃を奪い取り「妹の手術代に金がいるんだ!」と懇願する犯人兄弟を容赦なく射殺
一件落着し「クルクル寿司でも食べにいこうか~!」とジヨンと満面の笑みでハッピーエンド。
Hara01_2
Hara02

第2x話
叩き上げの鬼検事スンヨンは独自にIRISの陰謀を追っていた。そんなスンヨンの務める検事局に不審な巨大段ボール箱が到着。
寿司屋のストーカーのおっさんが入っているかも」とスンヨンは愛用のグロッグでありったけの弾丸を撃ち込む。箱を開けると中で血まみれで死んでいたのは二代目シティハンター(ハラちゃん)が見せしめに贈りつけた腐敗政治家だった。「裁判にかける手間が省けたわ。人生行き当たりばったり。」と微笑むスンヨン検事が夕日に向かって歩きコケるストップモーションで終了。
Seungyeon01_2

第2x話
自分のミスでNSSの先輩に多数の死者を出してしまい意気消沈のジヨンは行き着けの定食屋のおかみさん(ソイカラ特殊メイク・ニコル)に大盛りサービスをしてもらってあっさり復活。店の看板娘(ニコル2役)の「人生は短いですから楽しく生きたいです!」のアドバイスを受け、「先輩たちの犬死は無駄にしないわ!」と自信を取り戻す。
Nicole01_2
Nicole02_2


注)
■ジヒヒヒ:2010年11月23日放送『レコHits!』で「可愛いね」と言われてのジヨンの照れ笑い。
Jiyoung02_2

■冷蔵庫:2011年11月16日NHK放送『KARAスペシャル』で暴露された冷蔵庫に携帯を忘れたというギュリのエピソード
Gyuri02_2

■銀行強盗:URAKARA第10話『ハラのドッキリ作戦』ハラがドッキリと間違えて本物の銀行強盗に遭遇する回。ハラが放送禁止用語で強盗を罵り、ジヨンが「キャー!」と耳をふさぐシーンや、強盗がハラをニコルと間違えてニコルが「よっしゃ!」と喜ぶシーンなど、笑いのセンスが秀逸な出来だった。
Harakurukurusushi01

■人生行き当たりばったり:2011年秋ごろにスンヨンが「最近覚えた日本語」で気に入って「ZIP!」「JJ's Mstudio」など複数のバラエティで言及。
Seungyeon02_2
Seungyeoun00

■人生は短いですから:2012年11月21日放送NHK Eテレ『Rの法則』でニコルが『ガールズパワー』の歌詞に関して言及したポジティブ思考な名言。
Nicole03_2

--------------------

ジヨンも1月18日に19歳(韓国数え歳で20歳)になり、ますます大人びてきまいた。

昨年秋に、韓国スパイアクションの大作『IRIS』の続編にNSS要員役としてジヨンが抜擢されたというニュースを聞いた時はめちゃくちゃ楽しみだったのですが、残念ながら東京ドームコンサート直後に降板のニュースが上がってしまいました。

スケジュールが合わなかったとのことですが、ジヨンがシリアスなドラマでどのようなカラーを出せるのかファンなら誰もが見てみたかったのではないでしょうか。

ハラちゃんの『シティハンター』での演技は、役柄がストーリーの中核から一歩外れたところになり無難な感じもしたので、なかなか本格的なシリアス・ドラマへのアイドルとしての挑戦は難しいのかもしれません。

上記のブラックな妄想エピソードは、たまには軽い話題も書いてみようと、少女時代に大阪弁で掛け合い漫才をさせている老舗ファンサイト「関西ソニョシデ学園」にインスパイアされて作った妄想作です。

ジヨンがIRIS2に起用のニュースを聞いた頃に書いたもので、オンエアの頃にアップしようと思っていたのですが、ジヨンの出演は幻となり、とりあえず誕生日記念にアップしてみました。稚拙な感じでブラックな部分が不愉快な方もおられるかもしれませんが、コアなファンのツボを狙った軽い冗談のつもりですのでどうかご容赦を。

前回の東京ドーム公演の感想が、ブログ9年目にして初の1日4千アクセス突破を達成してしまい(ロックの感想とか一生懸命書いても1日60アクセス位)、プレッシャーがかかる中、ちょっと寄り道した感じです。

|

« KARA 東京ドーム公演 2013年1月6日 感想 part2 | トップページ | 2012年に買ったK-POPのCD、DVD »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KARAジヨン出演 幻のIRIS2:

« KARA 東京ドーム公演 2013年1月6日 感想 part2 | トップページ | 2012年に買ったK-POPのCD、DVD »