« 追悼 Kevin Ayers 1944-2013 | トップページ | 追悼 Peter Banks (Yes) 1947-2013 »

2013/02/27

Rainbow 1集 Part.01 "Rainbow Syndrome" 感想

Rainbowsyndrome01

Rainbowsyndrome02

2月13日に発売されたRainbowの1年8ヶ月ぶりの新作でありフル・アルバム扱いの第1集 "Rainbow Syndrome" Part1が予約先からようやく届き、聴くことができました。

セカンド・ミニ・アルバム"So 女"のリパッケージ盤(というよりは新曲"Sweet Dream"のシングル盤に"So 女"収録曲のリミックスを加えたもの)が韓国で発売されたのが2011年6月22日なので、本国ファンは随分と長く待たされた待望の新作といえるでしょう。

日本で2012年3月28日リリースの1stアルバム"Over The Rainbow"からも11ヶ月もの月日が経過しており、ファンはもどかしい思いをしていました。

"part1"とあるのは、アルバムを2回に分けて連続でリリースするという企画らしく、part2のタイトルも"Rainbow Syndrome"になるのか、別のものになるのかは現状分かりません。

全6曲を一聴してみると、"Mach"や"A"、"To Me"のようなRainbowの特色といえる、ひねりがあって一聴して強烈な印象が残る「中毒性のあるリフレイン」が鳴りを潜め、生ストリングスを多様した「欧米的」なポップの王道を追求している感じです(特に2曲目の『瞳を閉じて』)。本来のRainbowの持つインパクトのある曲調はPart2で攻めてくるのかもしれません。

そう感じた後に韓国のニュースサイトを翻訳で読むと「DSPメディア側関係者はTell Me Tell Meの舞台でラブリーなレインボーの魅力を発散しPart2では既存のレインボーの強烈な魅力を体験できるだろうと説明した」とありました。
http://tinyurl.com/b6ckej9

今回は、ファースト・ミニ・アルバムの名曲"Kiss"やセカンドの『君だけだと』(直訳)のような爽やかなポップスを追求しているように感じます。いわゆる「K-POP」や「J-POP」のような曲調というよりは妙に「少しだけレトロな洋楽」っぽさを感じるのは、生ストリングスを効果的に入れているからなのかもしれません。インパクトよりは本来より持ち合わせていたもののなかなか発揮できなかった歌唱力に重点を置いているのも特徴です。

活動曲の"Tell Me Tell Me"はRed Rocketという作曲チームの作品で、可愛い曲でキャッチー。イントロがKARAの"Idiot"(Pandora収録)っぽいと思ったり。ポップスの王道を行ってますが、反面、Rainbowにしては凡庸と感じる部分も少なからずありました。この曲で初めてRainbowと接した人には従来のグループの魅力が伝わらない部分があるかもしれません。

他の5曲のうち4曲はZig Zag Noteというチームが手がけており、こちらもインパクト重視ではなくポップでボーカリゼーションを活かした曲作りかされていると感じます。Zig Zag Noteは日本の"Over The Rainbow"収録の"Kiss! Kiss! Disco!"も手がけており、こちらはエレクトリックな打ち込みポップです。他にKARAの"Strawberry"やU-KISSの"DORADORA"などもZig Zag Noteの作品です。

クレジットによれは、Zig Zag Noteの4曲はDSPスタジオで録音されています。最近、あの有名な豪邸を改造した事務所から自社ビル(KARAの収益で建てた通称KARAビル?)に移転したそうなので、KARAがニューシングルを日本でレコーディングした経緯から、本作が旧DSP事務所のホームスタジオで録音された最後の作品になるかもしれません。

早くもPart2が待ち遠しいです。従来のインパクトあるRainbow路線も含まれていることを期待したいです。

Rainbowsyndrome03

昨年はRainbowを1月の京セラドームでの第26回ゴールデンディスク賞授賞式、3月の沖縄のWorld Music Festival In Okinawa、6月のLOVE-1 Festival Season 2 in Osaka、8月のK-POP Non Stop Live In Sapporoと4回も見ることができました。

特に6月のLOVE-1フェスは7曲もやってくれて過去最高のパフォーマンスを体験できたので、その後の失速感が残念で仕方なかったです。10月の沖縄のフェスでDAISHI DANCEとのコラボレーション・ライブが告知され、再度盛り上がるかと思いきや、現地入りするも台風直撃で中止という不運な展開。もしこれが成功していたなら、今回の作品へのDAISHI DANCEの再登用などの影響もあったかもしれません。

本来なら3月の"Over The Rainbow"発売プロモーションでZepp規模でいいから単独ツアーをやるべきでしたが、翌月から控えていたKARAの全国ツアーで手一杯だったDSPはRainbowの予定を本国も含めてほぼ空白にしてしまったのでした (それなのにA-JaxやPurettyという新人は始動させている)。

それまでの1年間ほぼ干された状態で、「KARAの大規模なツアーが東京ドームでひと段落したのでRainbowも復活させましょう」とも見とれるDSPの指針にはメンバーも不本意な部分が大きかったかと想像できます。

日本デビュー後にKARAのネームヴァリューの力で多数出演できた日本の音楽番組やバラエティー番組でも全力を出していましたし、『宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE』ではKARA出演回よりも面白いアドリブを連発して最高の出来だったと思います。芸能面でも多様な方向へのポテンシャルがあったので、継続していれば日本での活動も広がった可能性があります。

しかし2011年はK-POPガールズ・グループが続々と日本進出したこともあり、事務所が計画していた水準の結果を出せなかったのかもしれません。まあKARAもデビュー後の4人での活動が低反応に終わった後は1年近く干された感じだったので、韓国芸能界のシビアな現実を体験させられたのかと思います。

今年は韓国でのカムバックを起爆剤として、日本でも再度本格的な活動と単独ツアーを行ってほしいと願います。もう持ち歌は単独コンサートを行うのに十分な数になったし、Rainbowの本来の魅力はライブ・パフォーマンスに凝縮されていると思います。メンバー各々のソロの魅力もライブで体験したいです。


追記

驚いたのが新作のブックレットでノウルがIron Maidenの"World Piece Tour '83"のレプリカTシャツを着ていたこと。まあノウルがヘヴィ・メタルのファンとは聞いたことがないので、日本や韓国でも女子で流行っているロックTシャツのファッション(2NE1やギュリが着ていたMisfitsやSecretのジウンが日本の番組で着ていたKISSのTシャツなど)なのでしょうが、アイアン・メイデンはデビュー時からのファンで、コンサートも7回見ているので衝撃的でした!

Rainbownnoeul01

追追記

Rainbowとの出会いはこの伝説の「噴水前」での"A"のパフォーマンスです。インパクトは絶大でした。久々に見ましたが、やっぱりいいですねー。

追追追記

ブログの読者の方から情報をいただきました。2012年10月21日に東京ビッグサイトで開催されたKARAの『エレクトリックボーイ』発売記念ハイタッチ会にて、ハラちゃんがノウルと同じくアイアン・メイデンのTシャツを着ていたとのこと。

調べてみると、確かに着ております。

Images

写真が小さいのですが、これの元デザインは
IRON MAIDEN EDDIE RIPS UP LEEDS FESTIVAL 05
という2005年のフェスにて発売されたTシャツです。E-bayなどで中古品が出品されていたので写真を転載します。

Eddietshirtharachan01
Eddietshirtharachan02
Eddietshirtharachan03

ハラちゃんの着ていたものはオリジナルと違ってエディーの手がロゴに被っており、ロングスリーヴとのことなので、レプリカだと思います。

ノウルも着ていたということはDSPのスタッフにアイアン・メイデンのファンがいるのか、ハラちゃんが贔屓にしているブティックにロックTが揃っているのか、いろいろ想像できて楽しいです。

|

« 追悼 Kevin Ayers 1944-2013 | トップページ | 追悼 Peter Banks (Yes) 1947-2013 »

コメント

ハラも去年のエレボのハイタッチ会の時に
メイデンの黒のロンT着てましたよね。

KJにその時の写真があるんですが、
写真が小さくていつ頃のツアーTのレプリカなのか判らず…。(>_<)

メイデンは4回行ってますが(85・87・91・92年)、
ブルースの最初の脱退で何となく私は冷めてしまいました。
でもCD&DVDはずっと購入してますよ。

投稿: himajinmetal | 2013/03/01 00:27

>himajinmetalさん

うぁー!貴重な情報ありがとうございます!エレボのハイタッチ会は行けなかったので、気づきませんでした。

ハラちゃんのアイアン・メイデンTシャツの元のデザインは
IRON MAIDEN EDDIE RIPS UP LEEDS FESTIVAL 05

のものですね。しかしオリジナルと違ってエディーの手がロゴに被っているので、レプリカだと思います。

早速、本文に追記させていただきました。

全盛期のメイデンを4回も見ておられるなんて素晴らしいです。私はデビュー時からのファンにもかかわらず、必ず何かと予定が被ってしまって、見ることができたのはブレイズ・ベイリーが入った95年のツアーを滞在先のドイツで見たのが初めてでした (人気が無くなって小学校の体育館のような小さな会場でした)。

その後の日本公演は6回とも見ているのですが、2011年3月12日のさいたまスーパーアリーナは震災翌日で中止になり、会場で売るはずだったエディーTシャツなどグッズを全部チャリティーにまわしてくれたというのはメイデンらしい援助だと感動しました。

投稿: tangerine | 2013/03/01 01:19

いえいえ。私の方こそありがとうございます。(^^)
オリジナルのTシャツが判ってスッキリしました。

でも05年のツアーTなのに何で「PIECE OF MIND」の頃のエディ?
っと思って当時のBURRN!(創刊号から全号置いてあります)を
引っ張り出してきて読み返してみました。

DVD「THE EARLY DAYS」発売時のツアーだったのですね。
(05年9月号にスウェーデンでのライヴレポが載ってました)

韓国でのメイデンの認知度って私は分らないんですが、
私は今回のTシャツの件でノウルとハラのスタイリストさんが
同じ人なんだと勝手に思っています。(笑)


KJ&ユニバのサイトでドーム公演の
リリース日と内容が公式発表されましたね。
ソロ曲5人全員収録されてるみたいです!!

投稿: himajinmetal | 2013/03/02 18:53

>himajinmetalさん

05年のライブはメイデン史上一番見たいライブでした。日本には来てくれなかったんですよねー。スウェーデンのライブビデオがネットで流れて見たのですけど、選曲が最初の5枚からのみという凄い流れでびっくりでした。

BURRN!創刊号から買っているなんて凄いです!
私はもっぱら立ち読みで、気に入った号だけ買います。
KARAからK-POPにハマってから、86年ごろデビューした韓国初の本格的メタル・バンドのSINAWEのことを思い出して、再発CDを買ったのですが、関連記事を当時BURRN!で読んだ記憶があります。

ハラちゃんですが、"KARA BEST CLIPS"の初回盤のボーナスDVDでメンバーがPVを見ながら当時のことを語るコメンタリー映像で、Guns N' RosesのApettite For Destructionのキャミソールを着ているとの情報を別途いただき、確かめたら本当に着ていたのでびっくりです。ひょっとしたら本当にハードロック・ファンなのかもしれませんねー。

東京ドームDVD、ソロも全部入っているとのことで、嬉しいです。メイキング映像も楽しみですね。

投稿: tangerine | 2013/03/03 06:21

今思うと「THE EARLY DAYS」ツアーの日本はずしも私のメイデン熱が
冷めた一因ですわ~。私もこれは本当に見たかったです。(>_<)

BURRN!は何度も処分しようと思いましたが、アナログ盤同様捨てられないですね。
両方とも結構場所取ってるんですが・・・。(^^ゞ SINAWE、懐かしいです。

ハラのガンズ柄キャミ情報にはびっくりどころか驚愕です!!
このDVD何回も見てるのに全く気付いてない私って・・・。(T_T)

ドーム公演のソロ曲、ハラとジヨンはDSP側のチョイスかな?と思ってたんですが、
“I Love Rock N'Roll”はハラのチョイスなのかもしれませんね。

3/27が楽しみです!

投稿: himajinmetal | 2013/03/03 13:53

こんばんは!

DAISH DANCE路線、ぜひ復活して欲しいですね。Pandoraも本当は
虹用の曲だったのでは?という説もあったみたいで...虹がカバーする
Pandoraとかも面白そうですね。

ハラはColdplay鑑賞中のツイートがあったので産業ロック系?は聴く
みたいですね。ギュリはふっくらしてた頃であれば、ホラーメイクで
オジー・オズボーンになれると思います。次のソロ曲に期待(笑)

私もtangerineさんと同じく、KARAを知ってから「そういえば韓国と
言えば...」って思い出したのがN.EX.Tというプログレバンドです。
たぶんご存じだろうと思いますが(笑)。その後映画「シュリ」の
スケール感に驚いたり...その頃から韓国エンタメの勢いを感じ始めて
いましたが、それでも女性アイドルが東京ドームとか、変なおっさんが
ビルボード2位とか...当時はちょっと想像できませんでしたね〜(笑)

投稿: Anarchy X | 2013/03/04 01:11

> himajinmetalさん

私もKARA BEST CLIPSのコメンタリーDVDは飽きるほど見たのですが、キャミソールのプリントが暗めだったせいか、気になっていませんでした。

ハラちゃんの好きな音楽や、カバー曲の選曲由来など、誰か突っ込んだインタビューをしてほしいものですね。

投稿: tangerine | 2013/03/04 01:51

> Anarchy X さん

確かにPandoraはRainbowが歌っても似合いそうですね。DAISHI DANCEとの再演はぜひいつか実現してほしいです。

そういえばColdplayのツイート確かに読んだ記憶があります。ハラちゃんは幼少期~ミドルティーンまで過酷な人生を送ってきたと見受けられるのでロック聴くのも頷けそうです。

ギュリのオジーは!!それは!ダメです!オジーにしか見えなくなったらどうするんですか(笑)。
OZZ FEST JAPANのブラック・サバスは見に行く予定なので・・・。

N.EX.Tは名前くらいしか知らなくて音源もニコ動で聴けるのがやっとです。CD再発してほしいですね。韓国は気質的にイタリアンとか叙情派プログレが受け入れられやすそうな気がします。一時、再発物の韓国版が流行ったころがありましたし。

私も韓国エンタメの原点は『シュリ』ですねー。映画館まで見に行きました。それまでは映画もメロドラマ的なものが大半だったのがいきなり凄いものが出てきたと驚いたものでした。

投稿: tangerine | 2013/03/04 02:02

おぉ~!オズフェスト行かれるんですね!
サバスの単独公演なら私も行きたかったんですが・・・。
ライヴレポ期待しております。

投稿: himajinmetal | 2013/03/05 00:05

>himajinmetalさん

OZZ FEST、オジーとトニーが一緒のライブを死ぬまでにどうしても見たかったので・・・。しかしトニー、ガンで療養中とのことですが、大丈夫なのかな。ラインナップではあとはTOOLくらいしか好きなバンドはいないのですが。

投稿: tangerine | 2013/03/05 04:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/56854823

この記事へのトラックバック一覧です: Rainbow 1集 Part.01 "Rainbow Syndrome" 感想:

« 追悼 Kevin Ayers 1944-2013 | トップページ | 追悼 Peter Banks (Yes) 1947-2013 »