« KARA ニュー・シングル 『バイバイ ハッピーデイズ!』 Bye Bye Happy Days | トップページ | KARA バイバイ ハッピーデイズ! スペシャルイベント 大阪 応募抽選結果 »

2013/03/29

少女時代 大阪公演 2013年3月27日 大阪城ホール

■注意:セットリストなどネタバレありです。これからコンサートをご覧になる方はご注意ください。

Girlsosaka01_2

少女時代の2回目の日本ツアー GIRLS' GENERATION ~Girls&Peace~ Japan 2nd Tour 大阪公演を3月27日に大阪城ホールで見ました。

久々に見て少女時代の偉大さを改めて思い知らされる2時間半全力投球の凄まじいライブでした。
前回のほうが選曲が好きで「可愛らしさ」も大きかったのですが、ソロ・コーナーを排除し、9人全員が一丸となってパフォーマンスし続ける姿は体力・気力的にも人間業とは思えず、圧倒されました。

ソシコンを見るのは一昨年のファースト・ツアーを大阪、広島、福岡(2回)で見て以来。昨年は1月の京セラドームの『ゴールデン・ディスク・アワード授賞式』のイベントで見ただけだったので、久々です。

前回の大阪公演の感想は下記にあります。K-POP初体験で何も知らない状態での稚拙な感想ですが。
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2011/06/first-japan-tou.html

広島、福岡公演の感想はこちら
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2011/08/k-pop-6d27.html

Girlspenlight01

一昨年にCD以外の事前の知識なしに最初にコンサートを見た時は「まあアイドルならこれくらいのレベルはクリアできるだろう」と普通の完成度を予想していたのですが、コンサート見てみると、予想したハードルの髙さの2メートル位上を飛んでいたので凄い衝撃を受けました。「これがアイドルのコンサートなら、今まで見てきたのは何だったんだ!」というショックで前回のツアーは4回も追っかけてしまいました。

大阪城ホールでは日本でアリーナ・クラスで公演できる韓国ガールズ・グループのうちKARA, 2NE1, 少女時代の3アーティストを見ていますが、ビートルズとストーンズとザ・フーがほぼ同期でイギリス出身という共通項以外は全然別のタイプの音楽を目指すグループであるのと同じように、個人的には方向性の異なる別物と思っていますので、「こっちよりあっちのほうが優れている」という考えは持っておらず、等しくアーティストとして尊敬しております。
まあそれでも個人的にはKARAが一番好きなことは変わらないのですが。

今回も携帯電話のデータを入り口でかざして入場するデジタル・チケットで、友人から権利を譲ってもらったものです。なんとアリーナ11列目というメイン・ステージにも花道にも近い最高の席でびっくりしてしまいました。

日本でのファースト・アルバムは個人的に奇跡の完成度と思っていて、昨年出たセカンドは比較していまひとつの印象であまり聴き込んでいなかったのですが、終了した公演のセットリストをネットで見るとほぼ全曲やっているようなので、事前に再度予習して望みました。

年末に出た韓国のカムバック・アルバムは、本国のファンからも不評で抗議運動が起こった例のジャケット10種類騒動で何となく買う気が起こらず保留中のままでした。メンバー全員でのジャケットが10種類ならともかく、メンバー別で10種類とか問題あるのではないでしょうか。情無用のSMエンタには通用しないのでしょう。

しかしコンサートを見て、アルバム収録曲がかなり良かったので、全員ヴァージョンのジャケットを見つけたら入手したいです。

Girlsosaka02

Girlsosaka03

Girlsosaka05

会場が近くなので自転車で行こうと思いつつ、雨が降るとの天気予報で、地下鉄で現地入り。会場前のコスプレのファンを見つつ、早めに入場しました。毎度ながら電子チケットがエラーになるんじゃないかとハラハラしつつ携帯をかざして無事入場。前回と同じくペンライトが無料で配られました。

客席を見るとやはりまだ女性ファンの比率が圧倒的に多いです。

例によって日本語と韓国語による公演における注意事項のアナウンスがなされて、K-POPのコンサートの雰囲気です。

例によって仰々しい長めのビデオによるオープニング。花道を渡った中央ステージから登場するのも前回と同じでした。

メンバーの表情が肉眼で確認できるほど良い席だったので、途中で双眼鏡をバッグに閉まって鑑賞。9人もいると双眼鏡で見ている余裕もなかったです。

"FLOWER POWER"から"I GOT A BOY"までの最初の5曲のたたみかけるような激しい構成には圧倒され鳥肌が立ちました。
"I Got A Boy"のパフォーマンスがとにかく凄すぎで、この曲だけでも見に行った価値がありました。コンサート後も1日中頭の中でなり続けているくらいハマってしまいました。
エネルギー消耗が凄い振り付けでゴツいダンサーならなんとか踊りきることができるレベルを完璧にこなしていたのが信じられない。相当に体力をつけてきているのだと実感。

アリーナ前列ということもあり、音が大きくて終演後も耳鳴りが続くほどの轟音でした。メタルのコンサートより大きかったかも。

セットは思ったよりシンプルに見えたのですが、ステージが始まると仕掛けが飛び出してきてびっくり。前回圧倒されたメンバー宙吊りが無くなっていて残念でしたが、新たに使われた噴水やシャボン玉を使った演出が凄く効果的です。
"SAY YES"での巨大な化粧品や鏡の風船を持っての演出も可愛かったです。

MCはほぼ無しで、曲から曲へとずっとグルーヴが繋がっている感じが、昔同会場で2回見たPRINCEのコンサートを思い出させました。

"GENIE"でのパニのお約束の「オオサカー、プリバッコン!」で大歓声。これが聞きたかった!

カバー曲の王道『君の瞳に恋してる』では照明が全開になって会場が明るくなり、メンバーがあちこちに散って観客を煽り、まるでアンコールのように盛り上がりが最高潮に。

衣装替えの時間に流れるビデオも、前回と同じく凝りまくっていて、恩師への愛情を表現した涙が溢れてしまうものや、「フランダースの犬 VS アルプスの少女ハイジ」というメンバーがバトルを繰り広げるコミカルなものなど多彩です。
コミカルなビデオに特別ゲストで東方神起のチャンミンが出てきたときの歓声が全編を通じて一番大きかったのは、前回のSHIneeと同じです。

アンコール前のMC。日本語ではやはりスヨンが中心に話していて、ソヒョンもかなり日本語が上手い。ツアーが始まる前は心配なことがあったと、深読みすれば日韓の政治的現状ともとれることに言及するユリ。
韓国語でMCするメンバーもいて女性の通訳アナウンスが入ります。
テヨンがアテナのインベントで一人で大阪に来たのが思い出に残っているとMC。

決められた内容を喋っているだけというのが分かるメンバーもいるので、今後の課題は当たり障りの無い、ルーチン化しているMCをなんとかすることでしょう。
おそらく事務所の方針で、意図的に日本語を上達させていないのでしょうが、BOAや東方神起がペラペラなのをみたら、日本で活動する以上それなりの水準にしてもいいのではと思ったりします。

アンコールではサインボールを会場に投げるパフォーマンス。ソシがこんなことをやるとは意外。

最後のMC、ユリは今日ひとりで大阪城公園に花見に行ったとのこと。ソニは定番のお好み焼きを食べた話など。大阪の追加公演に来てほしいというMCも。

今回セットリストから外れて残念だったのは"Hoot"と"Let It Rain"と『冷麺』。やっぱり『冷麺』のようなほっこりした和む曲も入れてほしいですね。

このステージの水準を維持するのには血の滲むような努力の連続があってのことだと思います。
メンバーの健康と邁進を祈りたいです。

Setlist セットリスト

01. FLOWER POWER
02. ANIMAL
03. BOOMERANG
04. The Boy
05. I GOT A BOY
06. SAY YES
07. DANCING QUEEN
08. MR.TAXI
09. T.O.P
10. BAD GIRL
11. PAPARAZZI
12. Run Devil Run
13. REFLECTION
14. TIME MACHINE
15. ALL MY LOVE IS FOR YOU
16. I'M A DIAMOND
17. EXPRESS 999
18. GENIE
19. THE GREAT ESCAPE
20. Can't Take My Eyes Off You (君の瞳に恋してる)
21. MY J
22. Kissing You
23. Way To Go
24. GEE
25. NOT ALONE
encore
26. BEEP BEEP
27. Oh
28. STAY GIRLS
29. GIRLS & PEACE

Girlsosaka06

Girlsosaka07

|

« KARA ニュー・シングル 『バイバイ ハッピーデイズ!』 Bye Bye Happy Days | トップページ | KARA バイバイ ハッピーデイズ! スペシャルイベント 大阪 応募抽選結果 »

コメント

丁寧なレポートをいつもありがとうございます。私は冒頭のFLOWER POWERからあまりのカッコよさに撃沈しました。その後、なんども撃沈されましたが、カワイイ系のMy Jで完全に沈没してしまいました。ソシにはKPOPガールズグループのフラッグシップとして、さらに高いところを目指してもらって、他のグループも、それに続いて欲しいです。

投稿: ふくりんたー | 2013/03/30 11:19

>ふくりんたーさん

この度はいろいろお世話になりました!
前半のスタイリッシュさとパワーで押し切る展開は凄すぎましたが、My Jの可愛さで「ソシもまだこんな格好できるんだな~!」と驚きました。

K-POPアイコンとしてのプレッシャーは相当なものかと思いますが、さらに高く跳び続けてほしいものですね。

投稿: tangerine | 2013/03/31 03:23

こんばんは。

少女時代は今まさに、日本アリーナツアー中ですね。


先日のTBSの「情熱大陸」で少女時代の特集があり、昨年12月頃から今回の日本ツアーの最初の頃辺りまでを密着していて、大変興味深く観ました。

今回の日本アリーナツアーの映像も少し入っていたのですが、お客さんが満員状態で大盛況のようです。

4月のさいたまスーパーアリーナ公演を観に行ければと思っていたのですが、仕事の都合で残念ながら断念しました。

でももし行けたとしても果たしてチケットが取れたかどうか・・・笑。

私的には自分もKARAが一番好きなのですが、少女時代にはKARAにはない魅力があり、日本アリーナツアーが大盛況なのも分かるような気がします。

最近少女時代の2011年のジャパンツアーとソウルツアーのDVDを購入したのですが、やっぱりさすがに韓国トップグループとしての歌唱力やダンスパフォーマンス力を感じます。

今回の日本アリーナツアーも、多分夏頃かそれ以降にはDVDが発売されるだろうと勝手に思っているので、楽しみにしたいです。笑。

いつも大変興味深い記事を本当にありがとうございます。


投稿: トシ | 2013/03/31 18:55

>トシさん

私も『情熱大陸』を興味深く観ました。
トップを意地する努力とプロフェッショナリズムがどのくらい大変かを思い知る内容でした。

今回は見るチャンスがなかったとのことで残念ですね。生のソシコンはやはりインパクトが違います。機会がございましたらいつか見られるといいですね。

今回もDVD発売を期待したいですね。おそらく日韓両ヴァージョンが今回も出るんじゃないかと予想しています。

投稿: tangerine | 2013/04/01 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/57055896

この記事へのトラックバック一覧です: 少女時代 大阪公演 2013年3月27日 大阪城ホール :

« KARA ニュー・シングル 『バイバイ ハッピーデイズ!』 Bye Bye Happy Days | トップページ | KARA バイバイ ハッピーデイズ! スペシャルイベント 大阪 応募抽選結果 »