« 美狂乱 Live at バーボンハウス 1983年3月22日 の写真 | トップページ | KARA ニュー・シングル 『バイバイ ハッピーデイズ!』 Bye Bye Happy Days »

2013/03/27

KARASIA 2013 HAPPY NEW YEAR IN TOKYO DOME DVD & Blu-ray 感想

Karadomebluray01

KARAの1月6日東京ドーム公演を収録したDVD&ブルーレイ "KARASIA 2013 HAPPY NEW YEAR IN TOKYO DOME"が発売され、ブルーレイを購入しました。

既に2月3日にスカパー!にてカメラアングルも音質も素晴らしい完全版が放送されており、昨年のさいたまスーパーアリーナのライブのように、衛星放送でオンエアされた後での商品化において、どのように付加価値があるか注目していました。

東京ドーム公演の感想は下記です。
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2013/01/kara-201316-par.html
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2013/01/kara-201316-p-1.html

スカパーでの放送の感想は下記です。
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2013/02/kara-bs-part1-6.html
http://thenoisehomepage.cocolog-nifty.com/small_talk/2013/02/kara-bs-part2-9.html

結論から書くと、DVD&ブルーレイの内容もスカパーを彷彿させる素晴らしい完成度と感じました。KARAの歴史の頂点に至る瞬間を克明に捉えた永久保存すべき作品に仕上がっています。

難点を言うなら、今回もさいたまと同じ16bit PCM 2chステレオ音声のみの収録で、サラウンド音声が入っていなかったことです。KARASIAソウル公演DVDが5.1chドルビー・デジタル音声入りだったことを考えると物足りないです。
先日出た2NE1の日本公演がそうであったように、ブルーレイはDTS HD Master Audio 5.1chにしてほしかったです。

Karatokyobluray02

まず気になるスカパー版との相違点ですが、シンクロ再生でざっと1回見た時点で判明した大きな違いを挙げると

1. ニコルのソロ前のDJビデオ部分がカット

2. ドラム・ライン演奏前の暗転部分が約15秒カット

3. 1回目のアンコールの声援部分が約1分47秒カット

4. "SOS"でのスンヨンがニコルをゴンドラに呼ぶ「ニコル来て!」の呼び声が消去

5. 2枚目のアンコール前のアニメ予告ビデオがカット

6. エンディング・クレジットがカット

いずれも歌本編とほぼ無関係な部分で問題ないのですが、ニコルのDJビデオは貴重だったのでスカパー版は永久保存となりました。他のアーティストの曲を使ったので著作権の問題を考慮したのかもしれません。

スンヨンの「ニコル来て!」はスカパー版を見ると歌にかぶっているので消したようですが、逆にDVD版ではスンヨンがマイクを口に近づけてニコルを呼ぼうとする映像が映っていました。

同じSOSで、ギュリがソロパートの歌いだしを入りそびれてガイドボーカルだけが鳴っているシーンがスカパーにありましたが、DVDではきっちり歌っているように修正されています。

音声トラックはマイク別に分けてあったでしょうから修正することは訳がなかったと思います。他にもメンバーが発した即興の叫び声などは多数音量調整がなされているかと思われます。

全体的なサウンドはDVD版のほうがメリハリが効いていてハッキリした音になっています。しかしスカパー版の音声と基本的には同じようで、静かな部分での個々の歓声なども同じ音が聴こえてきました。
スカパー版の自然な丸い音のほうが好みの人もいるかもしれません。

カメラの切り替え編集ですが、どちらも巧みでほぼ同等の完成度と感じました。
ブックレットにあったスタッフ・クレジットを見ると、今回は日本側のスタッフで編集を行ったようです。
前回のKARASIAのようにWOWOWとDVDで日韓のディレクターのポリシーがかなり反映されていた編集とは違って、短いパートだけを見るとアングルは違うけどどちらがどちらか区別がつかないほどです。

DVD版では特に下記の映像が嬉しかったです。

SOSでのギュリとニコルの『タイタニック』のポーズ
  これは生で見た時はおお!と思ったのですが、遠すぎてよく見えていませんでした。スカパー版では別の3人のゴンドラを映していてカットになっており残念に思っていたのですが、正規盤として収録され嬉しかったです。ディカプリオ役とウィンスレット役をギュリコルでかわりばんこにやっているのが微笑ましいです。

ギュリの「東京ドームです」のシーン
  スカパー版よりメンバー全員の爆笑反応がよく見えると思います。あのシーンを見るたびに「緊張しているメンバーと自分を無意識のうちに解きほぐす」ギュリならではのボケだったのではないかと確信してきました。さすがはリーダーです。

最後のMCのジヨンの帽子が消えるシーン
  スカパー版放送の感想を書いた時、読者の方からご指摘いただいたのですが、ジヨンの帽子がハラがMCをしている間に消えてしまうというもの。今回のDVDではジヨンが自分で外した帽子を手に持ってもてあましている様子を見たニコルが、帽子を取って舞台外に投げるシーンが映っています。ニコルの表情は泣きモードなのに、気配りができているのはさすがです。

感動のMCでハラとギュリが韓国語で挨拶するシーンも、スカパー版が「カメリア」だったのが「カミリア」に訂正されており、あとなぜか「チェ代表」「社長の奥様」に変更されています。

涙の"Rock You"では、2010年のショーケース時のギュリに替わって、ニコルが観客に手を振ってて列に並び遅れているのがDVDではよくわかります。

他にも新発見するシーンが多々あるかと思いますが、それはまた別の機会に。

本編の内容そのものの感想は鑑賞時やスカパー放送時に書き尽くした感がありますが、本作品がKARAのこれまでの努力の集大成を表現するのに相応しいマスターピースであることは間違いないと思います。

Karabluraycd

■初回限定盤のスペシャル・メイキング・フィルムに関して

49分7秒のドキュメントで、こちらは韓国側のスタッフによる作品。メンバーのトークも基本的に韓国語。前回のKARASIAよりボリュームが少ないですが、1回だけのコンサートでメンバーも神経質になっていたようですし、あまり事前練習やプライベートな部分を映すのもはばかれたのかもしれません。

当日の11時からのリハーサルをソロ・パート中心に収録しており、スンヨンとギュリが特に緊張しているのがわかります。

以下、見所を箇条書きに。

待機中も元気いっぱいに踊ってみせてメンバーの緊張の場をなごませるジヨン。

休憩時に『学園天国』の掛け声を口ずさむハラとニコル。

「1ヶ月みっちり練習しました」と(ドラムの練習で)手にできた沢山の血マメを見せるハラ。

タイミングが合わず、高所恐怖症にもかかわらず3回も宙吊りリハーサルをさせられて床に座り込んでしまうギュリ。

ジヨンと宙吊りのタイミングで苦労していることを話すギュリ。「いつもミスしてもうまく乗り越えられるじゃない」とギュリを励ますジヨン。

楽屋で最終メイクをしつつ緊張で爆発しそうなメンバーたち。

次の目標はの質問にほとんどのメンバーが「東京ドーム2回公演」と答える。

円陣を組んだ後に舞台裏で出番直前の高揚感。緊張しすぎたギュリが小躍りしながら笑っているのが凄い。

スンヨンのソロ・コーナーをモニターで見つつ「姉さんのオーディションの時の曲です」と感動のコメントをするニコル。

ギュリの宙吊りの舞台裏。一瞬で着替えてハーネスを装着し、専任者が安全を確認する緊張の走るシーン。

ラストの『ミスター』の前の観客との掛け合いトークが、実は事前録音されたものを流していたとわかるシーン。

終演後に号泣するスンヨン。「正直誰もKARAがここまで来るとは考えなかったでしょう」と感想。

声が枯れているハラのコメントの後方にギュリの両親が映り込んでいる。

ちょっとタイミングが遅れて、宙吊りの状態で歌い始めたことを弁明し、でもうまくいったとイチゴを頬張るギュリ。

全員が完全燃焼した後の感動のコメント。

何回も見直したい傑作ドキュメントですが、KARAは既にニューシングルをDVDと同時発売で発表し、次のステップに進んでいるようです。各メンバーのドラマ出演やジヨンの大学生活など、今年は個人活動を主体に展開しているようですが、RAINBOWのインタビューでは「今年はDSPのファミリー・コンサートもやりたい」との発言もあり、ぜひ実現してほしいと思います。

そして第2回アリーナ・ツアーを実施し、東京ドーム2回公演はもちろん、ワールド・ツアーも。

|

« 美狂乱 Live at バーボンハウス 1983年3月22日 の写真 | トップページ | KARA ニュー・シングル 『バイバイ ハッピーデイズ!』 Bye Bye Happy Days »

コメント

こんにちは。
お久しぶりです。

早速のKARAの東京ドームDVDレビューをありがとうございます。

実は私も某ネットショップで3月入ってすぐに予約注文をしたのですが、今日には届かず、明日の配達での到着になります。

今日は仕事のシフトの都合で、昼過ぎには家にいれたので、DVDが観れずに本当にがっかりです。
明日以降に観れるのを楽しみにしたいです。

tangerineさんによると、今回のドームDVDは完成度が大変高いとのこと。

それは、大変意味のあるKARAの東京ドーム公演を観に行った者としては本当に嬉しいですね。
単なるKARAのDVDでなく、大変貴重で大事な私のDVDになりそうです。

またドームDVDと同時購入して、同じく明日届く新曲CDも楽しみです。
こちらのCDの売れ行きも大変いいようですね。

KARAの日本での今年のコンサートツアーは秋ごろから行われる予定なのでしょうか?

もしそうなら、なんとしても参加して、KARAや観客の方と一緒になって、また東京ドームコンサートの時のように、感動を分かち合いたいです。

早速の東京ドームDVDのレビューを本当にありがとうございました。

投稿: トシ | 2013/03/27 17:01

まいど!よっしぃーです。(*^-^)

毎回詳細な感想文お疲れ様です!

最近になって『KARASIA』の「東京ドーム」でのコンサートは、1DAYで正解だったと思うのです。

メンバーも1回きりのステージなので、修正がきかないわけで、大変な準備と努力と緊張もしたでしょうが、非常に完成度の高いものとなったと思うのです。

『DSPメディアのファミリーコンサート』是非とも開催してほしいものです!

KARA!RAINBOW!PURETTY!

考えただけでも、コーフンですね(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: よっしぃー | 2013/03/27 21:14

>トシさん

ご無沙汰しております。

今回は発売日前日の午前中にフライング・ゲットできたので、大変ラッキーでした。

もうそちらにも届いた頃でしょうか。じっくりと楽しんでいただければと思います。

今回もニュー・シングルCDと同時発売なので、買うほうも売るほうも大変だと思います。CDはイベント告知でかなり売れているようですね。

コンサート、秋くらいにあるといいですねー。早くも次の展開が楽しみです。

投稿: tangerine | 2013/03/28 05:37

>よっしぃーさん

いつもどうもです!

確かに、やり直しなしの1回のみだったから、あの緊張感と完成度が実現したのでしょうね。KARAなら2回、3回公演も可能だったと思いますが、そうなるとミスに甘くなってしまったかもしれませんね。

DSPファミリーコン、KARA, RAINBOW, PURETTYの三姉妹共演をぜひ見てみたいものです。実現すればソウルまででも見に行きたい気持ちですねー。

投稿: tangerine | 2013/03/28 05:41

こんにちは、お久しぶりです!
そういえば只今KARAが来日中の真っ只中ですね
今日もヒルナンデスに出演するみたいですし仕事がお休みなのでゆっくり観ようと思ってますー
願わくばまたバラエティにも・・・テレフォンショッキングとかに誰かの紹介で出演してくれないかなぁなんて(^_^;)
スッキリ!も観たのですがやはり今回は新曲のPR活動がメインみたいですね
ライブはと聞かれて、指を口に当ててたのでまだ秘密なのかなぁと
また来日中に新曲購入でイベント参加の抽選もあるみたいですし、Aコース2ショット写真?Bコースサイン?Cコース握手?っていうかその場で全部セットで出来ちゃいそうですが、やはり制止されちゃうんでしょうかね(*_*)(tangeさんは卒倒しそうでムリみたいな事をブログのどこかで読んだような気が・・・)

投稿: tak | 2013/03/28 09:49

tangerineさん、今回は速攻レポートであるにもかかわらず詳細な分析能力に感心しています。
ありがとうございます。

ブルーレイ版は今日あたり届くと思うので、tangerineさんのリポートと比較しながら楽しみます。

それにしても、カットや追補は止むを得ないとしても、「有ったことを無かったことに」したり、「無かったことを有った事に」する編集が行われているのは、「商品」としては当然かもしれませんが、「ライブ」の記録としては考えてしまいます。

スカパー版の重要性が益々増します。大事に保存しておきたいと思います。

今週のTVへの各種出演は、最初だけ少し出て、あとは最後に歌の紹介だけということが多くて悲しかったです。
もう少し大事に扱ってもらえたら・・・

投稿: mytoshi | 2013/03/28 12:55

どうも、はじめまして。

BDを視聴したんですが、ジヨンソロの学天でCyntiaさんのバスドラ音がボコついていて、とても残念です。

スカパー版は、しっかり打音が聴けるんですけどね~…。


昨晩、NHKにて「ここまで来た! 次世代TV スーパーハイビジョン」が放送されてましたけども、「4K」TVもチョロチョロと発売されている中、「8K」の伝送実験も既に、数回行われていますね。5年程前の家電ショーで「8K」、22.2chというものを体感したんですが映像、音声、凄まじかったです。スカパーは、「4K、8K」へ積極的に取り組んで行く姿勢の様なのでKARAのLIVEが1日でも早く、放送で!、映画館で!、パッケージとして!を期待を込めて、指折り数えて待ちたいです。(笑)

投稿: ロッテンマイヤー | 2013/03/28 13:04

毎度読ませていただかせているヤーユーです!!

東京ドーム公演からもう2ヵ月半が経ちましたね
あれから魂が抜けていた日々が続いていて、
あの日の思いでも薄れてきたころにDVDがきたので
嬉しいでです!!

やはり今回は初の東京ドームということもあり、メンバーそれぞれいろんな思いもあり、韓国女性グループで初ということあり緊張していたと思います
しかし内容の濃い公演だったとDVDをみて改めて思いました。

もうメンバーは次の目標に向かっているみたいなので、僕たちはかげながら応援していきたいです

またレポート待っています!!

投稿: ヤーユー | 2013/03/28 15:40

東京ドーム最高でしたよね!詳しい説明ありがとうございます!!あの感動がよみがえってきます^^

投稿: たか | 2013/03/28 20:33

tangerineさん。
早々のレポートありがとうございます。
27日の朝、なんとはなしにここを見て一気に目が覚めてしまいました。
私も、先日はヘッドフォンで、今日はスピーカで再生しました。どうしてもスカパーと比較してみてしまいますね。
ちなみにスカパーは21回見ました。かなりすり減ってきました・・・?。
 画質はアップ(アングル、カメラが違う)しており、特にギュリのソロで、初めてギュリにドキッとさせられました。(笑)
やはり美しい人は、画質に比例してそれなりに美しくなるのですねぇ。
また、今、贈りたい「ありがとう」で、スンヨンが息をフッと抜く場面(1:16:21付近)では、感慨深いものを感じましたね。
 音圧も高く、ジオンのソロで観客の呼応が東京ドーム内に響き渡り、残響にリアリティがありましたね。
5.1chであったら、後ろに"一般の観客"を置き、私は特等席で見れたらと思うと、残念です。
残念といえば、焦点の合っていないペンライトが横切るのが多々あり、あたかも隠し撮り(?)しているかのようでした。
もう少し計算して撮ってほしかったです。って言うか、何故これを採用したのでしょうか!私には結構目障りでした。
エンドロールも期待したのですが、そっけない終わりでしたね。これが普通なのですが。
 後やられたのは、ニコルのDJの部分がカットされたのが、痛かったです。
いつもここで一時停止して、コーヒーの入れ替え、トイレに行き、後半のヒートアップする準備を行っていたのですが・・・やられました。
ないものねだりしても仕方ありません。次の東京ドーム公演に期待します。
 次は、ドーム・ツアーですよね。(←ハラの口調で)東京ドームに始まり東京ドームで終わりたいですね。(←ここもハラの口調で)
東京ドーム2回とは言わず、4回にしましょう!ヨロピクネ!(←ついでに、ここもハラの口調で。腕を上げて)
二日続けてはきついけれど、少し日が空けば、家族連れもリピートしてくれるのではないだろうか。
曲目も少し入れ替えたりサプライズを用意すればリピート率は上がるんじゃないかな・・・。
その時は、生Honeyをお願いします。
できればその前に、本国でニューアルバムを出し、大ヒットさせ凱旋公演と行きたいですね。
 ちなみに、KARA巨大マスコット人形は、どうなっちゃったのでしょう?
記念にメンバが持ち帰って家に飾ってあるのかなぁ・・・。

投稿: b.t | 2013/03/29 00:07

>takさん

ご無沙汰しております!

今回のプロモーション来日は短時間のテレビ出演にも積極的に出て、がんばって新曲を広く多くの方にアピールしていて良いですね。いいとも!にもまた出てほしいものです。

個別イベントは、もし当たっても会場にたどり着くまでに過呼吸で倒れてしまいそうです!

投稿: tangerine | 2013/03/29 02:42

>mytoshiさん

どうもコメントありがとうございます。

ビデオの音声編集ですが、昔から業界ではよくあることで、ロックのライブ・アルバムなどは演奏ミスした部分や気に入らない部分をスタジオで演奏し直して入れ替えて、結果、歓声以外の全てが録り直されたというケースも多いようです。

それだけに修正のない生放送や、編集権のないテレビ放送は貴重な記録になりますね。

今回はトークよりとにかく歌を聴いてもらう主旨でがんばっているようで、KARAといえどもなかなかバラエティーに出られなくなっている昨今では仕方ない気もします。

しかしケンコバとバラエティーと思われる渋谷・原宿ロケをやっていたらしいので、オンエアが楽しみですね。

投稿: tangerine | 2013/03/29 02:56

>ロッテンマイヤーさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

Cynthiaの演奏、おそらくリミッターやコンプレッサーをかけての音声補正で悪化してしまったのでしょうね。ロック・バンドのライブ映像の商品化だったら、もうすこしマシだったのかもしれませんね。

スーパー・ハイヴィジョン、とても期待しています。アナログ時代からハイヴィジョンを見ていた世代では今の画質の進歩が恐ろしいです。

しかし画像が鮮明になるほど女性の方はアップで映されるのが大変なんじゃないでしょうかねー。一長一短というところでしょうか。

しかしKARAはアップで見てみたいです!

投稿: tangerine | 2013/03/29 03:00

>ヤーユーさん

ご無沙汰しております。今回も読んでいただきコメントありがとうございます。

あれから2ヶ月半も経ったのですねー。しかしかなり早いDVDリリースは嬉しかったです。

メイキング・ビデオを見るとメンバーがいかにドーム公演に感激していたかがよくわかります。

KARAも今日で6周年。次の目標に向かって邁進してもらいたいですね。

投稿: tangerine | 2013/03/29 03:04

>たかさん

どうもコメントありがとうございます!

ビデオを繰り返し見て、一生の思い出として堪能し続けたいですね。

次回のコンサートも楽しみです。

投稿: tangerine | 2013/03/29 03:05

>b.tさん

ご無沙汰しております。コメントありがとうございます!

ドーム・ツアーの件、本当にハラちゃんなら言いそうなナイスな口調ありがとうございます!

ペンライトが横切るのは確かに邪魔です。臨場感を出したいのでしょうけど、目障りな部分まで再現しなくても普通に綺麗に見せてほしいなーと。

市販ヴァージョンはオープニングとエンディングのアニメは宙吊りの妖精さんを除いた、オリジナル映像を使用していてナイスでした。

5.1ch収録されなかったのは残念です。AVアンプのアリーナモードで聴いてヴァーチャル感を出しています。

ニコルのDJ、最初から他のアーティストの曲を使ったら支障が出るのは分かっていることだから、企画段階で考慮してほしかったですねー。もしくは音源だけ修正して収録するとか…。

生Honeyは次はぜひぜひやってほしいです。新曲の可愛らしさ加減ならハニーも今でもできるだろう!と言いたいですね。

巨大マスコットは飛行機にまたがっている状態でくくり付けて本国に持ち帰ったのではないでしょうか。DSPの玄関先に大仏のようにドーンと置いておいてほしいものですね!

投稿: tangerine | 2013/03/29 03:21

今日ようやく通しで見ることができました。

ドーム公演からもうじき三か月経ってしまいますが、
DVD観てると私がこの場に居た事が信じられないです。

年始でこの日しか空いてなかった裏事情があるにせよ、
私も1DAY公演が生み出した緊張感が良い方向に出た気がします。

メイキングは静岡のリハの様子も少しでいいから入れて欲しかったなぁ。
Cyntiaとの打ち合わせの絡みも見たかったです。(レコード会社が違うから無理か?)
私的にはギュリが結構大きめのイチゴをパクッと食べるところがお気に入りです。

ハラのコメントの後方でギュリの両親が映り込んでるシーンですが、
ハラの左後ろの眼鏡の男性はジヨンパパではないでしょうか?
あまり自信はありませんが・・・。

投稿: himajinmetal | 2013/03/30 20:32

>himajinmetalさん

どうもです。DVDは一回だけの緊張感がひしひしと伝わってくる本編とメイキングでしたね。

リハはやはり仮舞台をどう作ってシミュレーションしているのか見てみたかったですね。
Cyntiaとハラちゃん、ジヨンのリハはぜひ見たかったです。ハラのドラムの練習風景も。(血豆ができるくらいだから相当練習したのだと思いますね。)

ギュリがイチゴを食べるシーン、ステージが無事終わり、緊張が解けてテンション上がりまくっている感じがよくわかりますねー。

ジヨン・パパもチラっと映っていた気がします。再度確認してみたいです。

投稿: tangerine | 2013/03/31 03:27

久しぶりに投稿させて頂きます。

一昨日ドームのブルーレイを見ました。スカパー版は週に2〜3回は見ていたので、カット割りの違いは良く分かりますね。ブルーレイには無かったですが、スカパー版にあるハラがパンドラのイントロ部分で「一瞬うつむいて気合いを入れる?」シーンが結構好きでした。
「キスミートゥナイト」ラストのニコの流し目キスも少し小さいですね。でもどちらも版も貴重な映像だと思います。
当然楽曲のクオリティは商品なので、非常に高いと思いますが、公式応援の声をも少し大きくアップしてくれれば、臨場感がましたと思います。さいアリKARASIAの方が大きく入ってますね。あと「ジャンピン」の音玉も現場で聴いたものよりかなり小さいと思います(私はポール際だったので余計大きく聞こえましたが)。
とは言え、また我が家の家宝が増えたことは間違いないです。
ドリーミングガールのとき5人メンバーの後ろで、菱形のスペシャルシートに韓国KAMILIAの方達がバッチリ映っていて、KARABOARDでかなり話題になってました(笑)。

投稿: オズ | 2013/03/31 12:38

tangerineさん、詳細なレポートありがとうございました。DVD購入して、まだ1回しか見てませんが、今回紹介して頂いたいくつかのポイントを再度チェックしたいと思います。新曲のバイバイ・ハッピーデイズも好調ですし、今年のKARAのさらなる発展がますます楽しみです。それと、ラインにもKARAが登場したので、毎日たくさんのKARAの私生活ピクチャーを楽しんでいます。あとは、年内にコンサートがあったらいいのになーと淡い期待をしておる毎日です。ではまた。

投稿: たむまさ | 2013/04/01 01:10

>オズさん

ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。

スカパー版、集2~3回は凄いですね!もう目に焼きついている感じでしょうか。「キスミートゥナイト」のニコル流し目は必殺のアングルだったので、スカパー版は貴重だと思います。

音ですが、さいアリは歓声が大きく入っていて迫力あったのですが、確かに今回は小さめでしたね。実際の音はスタンド中段で聴いていた分にはちょっと小さめでした。他の合同コンとかで同規模の会場だともっと爆音だった気がします。

KARABOARDの方のピンクTシャツ、目立っていますねー。DVDに映って、はるばる遠征してこられた甲斐があったのではないでしょうか。

投稿: tangerine | 2013/04/01 22:48

>たむまささん

おひさしぶりです。コメントありがとうございます!

ラインのKARAもチェックしてみたいのですが、いまどきながら、スマホでないので見られないのでした(T_T)

年内も噂されているDSPファミリー・コンに続いてKARAの単独コンも秋~冬頃期待したいですねー。

投稿: tangerine | 2013/04/01 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/57041422

この記事へのトラックバック一覧です: KARASIA 2013 HAPPY NEW YEAR IN TOKYO DOME DVD & Blu-ray 感想:

« 美狂乱 Live at バーボンハウス 1983年3月22日 の写真 | トップページ | KARA ニュー・シングル 『バイバイ ハッピーデイズ!』 Bye Bye Happy Days »