« KARA大阪イベント ギュリ握手会 | トップページ | PIL 大阪公演 2013年4月3日 なんばHatch »

2013/04/08

KARA大阪イベント ギュリ握手会 (本編)

Karaevent02

女神との握手会から生還後、「なんとか致命傷で済んだ・・・」と一晩気絶していたのですが、ようやく意識を取り戻し、レポートをさせていただきます。

4月7日に大阪南港のトレードセンターにあるATCホールで行われたKARAのニューシングル『バイバイ ハッピーデイズ』購入者応募イベントに参加してきました。前々回の日記に経緯を書いているとおり、ギュリの握手会参加が当選し、いい年をしてどうかと思いつつ、一生に一度のチャンスと参加を決心したのでした。

緊張で倒れそうになりつつ地下鉄で会場を目指しました。自宅から1本で25分くらいで行ける距離なのですが、午前中に所用で実家に帰っていたため、午後に戻っての出発。

前日の東京でのレポートをネットで読んでいると、サインや撮影はかなりの時間をかけて行われたらしく、ポーズを注文したり、話しかけたりする時間がわりとあったとのこと。一方握手は時間が押したのか0.5秒くらいの瞬殺で話す時間がほとんどなかったそうで、とりあえず前日に早口でメッセージを伝える練習。

トレードセンター前はサマソニが会場移転してから初めて行くので久々です。南港もZepp Osakaが難波に移転してしまったので滅多に行くことがなくなりました。

台風並みの低気圧通過後で、午前中は雨も降り曇り空でしたが、時々太陽も顔を出しはじめて雲と海とのコントラストが美しく、既にKARAの存在で南港がパワースポットと化しているようでした。

Karaevent00

Karaevent03

Karaevent04

Karaevent01

既に午前中からサイン会、2ショット撮影会が進められており、会場入り口は12時55分からの握手会を待つ人でごったがえしの状態。

コンサートと比較して男性の比率が多く、女性ファンやコスプレのファン、子供さんもちらほら。2010年のショーケースから3年。いかにKARAが新たな男性ファンを獲得したかを伺わせます。

列に並ぶアナウンスがあり、約30分並んでで会場の中まで入りました。当選メールと身分証明のチェック、部屋に入ってボディ・チェックと手荷物検査と当選券の引換え。

折り返し行列の先にはパーテーションで仕切られた仮設の部屋が5つあり、左からジヨン、ニコル、ギュリ、スンヨン、ハラの看板。入り口にはカーテンがかかっており中の様子はわかりません。まだ2ショット撮影会が続いており、握手会の列は待機状態でした。

2ショット撮影会はニコル、ジヨンが先に終わり、他の3人も順番に終了。握手会の準備とメンバーの休憩などで15分ほど待機し、いよいよ握手会が開始。5人での挨拶などはなく、いきなり始まったので、結局KARA全員の姿を見ることはできず。

多くのファンの笑顔を見ていると、なんとなく緊張がほぐれてきました。メンバーが見えないのも幸いしたのかもしれません。

3列の状態からメンバー別のフォーク並びになり、やはりハラちゃんの列が多いなーと実感。開始後3分ほどでギュリの待機する入り口近くまで接近。

横の入り口を開け閉めする時にチラっとハラちゃんとスンヨンが見えて、一気にテンションが上がって来ました。握手も流れ作業ではなく、係員がひとりひとり区切って5秒くらい時間をかけているようで、まさかの展開に心臓が高鳴ります。

いよいよ自分の番になりカーテンの中に。

△£ШЯ$%&*‘+@P?/<→?E~¥↑〇ж☆!!!!

握手会にまで行っておいて何なんですが、今までステージ上やTVでしかKARAを見たことがない身としては、女神が本当に実在するとは自分の目で見るまでは信じ難い部分がありました。あの美しさはホログラフやCGを駆使して膨大な労力で作り上げたものではないのかと。

しかし今、自分の目の前に微笑む女神の姿が・・・。
オレンジ(ベージュ系?)の制服をイメージしたデザインのニュー・シングル用の衣装でした。

両手で握手をしていただき、ミュージカルを10回見てとても素晴らしかったことを伝え、
「10回も!ありがとうございます!」とのお言葉。たっぷり5秒くらいで、ちょっと時間があまったほど。

次の瞬間、地下鉄の座席に呆然と座り込んで帰途についている自分に気がつきました。

なんと女神は実在し、その片鱗に触れることができた。
もはやどのような苦難も不条理も問題ではない。
それに立ち向かえる力を授かったのだから・・・。

と、往年のハリウッド超大作のクライマックスのように高揚する気持ちを抑えきれずに、今後もこんなにも素晴らしい力を持つKARAとギュリの1ファンであり続けようと誓ったのでした。

最後に前回の『2001年宇宙の旅』の『ツァラトゥストラはかく語りき』に続いて、その瞬間の気持ちを↓の歴史的名作のエンディングで表現したいと思います。

Ben Hur Ending

Gyurimc01

|

« KARA大阪イベント ギュリ握手会 | トップページ | PIL 大阪公演 2013年4月3日 なんばHatch »

コメント

お疲れさまでした!
tangerineさん、無事生還なされたようですね(^^;
他のみなさんの様子も読ませてもらうだけでこちらの顔がユルユルになってしまいます、本当に羨ましい!

ところで今回のイベントはどのくらいの倍率だったんでしょう?一人で複数当選している方もいれば外れた方も結構おられるようで・・・ハラcyanの列が多いとありますが全メンバー同じ定数じゃなかったんでしょうかねー?
次の機会がいつになるのかわからないけど僕も死ぬ前にスンヨンに逢いたいなぁ、いや決してKARAのメンバーに順列をつけるつもりはございません!

というわけでKARAにとっては嵐のような2週間ほどの滞在でしたが無事帰国の途につかれたようですし、また会えるのが楽しみですね!(でもあちらでも息つく暇もなく忙しいでしょう、体を壊さないか心配(>_<)です)
そしてデビューから決して順風満帆ではなかったグループが諦めずによくここまできてくれたと感謝したいです!
相当な努力はもちろんですがあえてこれは奇跡だと(^O^)!

それではレポートありがとうございました!
P.S歴史的名作のエンディング見れませんョ(>_<)

投稿: tak | 2013/04/08 19:31

>takさん

ありがとうございます!
倍率は深読みすることはできるでしょうけど、あまり考えないようにしています。
公平性を保つなら、複数当選を排除するべきでしょうね。売り上げは減ってしまうかもしれませんが、経済力の無い学生さんなどにもチャンスは同等になってよいかなと。

KARAはその日のうちに帰国して次の仕事に向けて新たな気持ちでスタートしたようですね。スンヨン、ギュリに続いてハラちゃんもドラマの噂があり、期待したいです。

体調に気をつけてがんばってほしいものです。

歴史的名作のエンディング、YouTubeのリンク埋め込みがうまくいかず、普通にリンクを貼り直しました。スマホだとまだうまく見られないかもしれません。スミマセン。

投稿: tangerine | 2013/04/08 19:40

早速のお返事ありがとうございます!
こちらこそ拙い文章で申し訳ございませんm(_ _)m
ベン・ハーですね、2001年も思わず笑ってしまいました(^O^)

これからも生きてる限り(←いや僕がですヨ(^^;)ブログを楽しみにしてますね!

投稿: tak | 2013/04/08 19:51

こんばんは。
ギュリさんの握手会お疲れ様です。良かったですね。

実は私も前日の東京イベントに参加出来ました。

私はスンヨンさんの握手会に応募して、運良く当選することが出来ました。

東京ドームコンサートの時やその他のイベントなどでは、KARAを遠目に観ているだけだったので、直に手と手を触れ合う「握手会」だと、スンヨンさんやKARAを直に感じられるかなあと思い、握手会にしました。

当日は天気は良くなくて風が強かったのですが、長い待ち時間の間、2ショット写真を撮り終えて嬉しそうに写真を見ながら帰っていく人達を大勢見かけました。

2ショット写真撮影では、なかには手を組んで写真を撮れた人もいるようですね。それは又大変いい思い出になりますね。

握手会会場へ入って順番を待っている間、隣のブースのハラさんをちらっと見ることが出来ました。

そして自分の番が回って来たのですが、

スンヨンさんのブースへ入って出るまで5秒ぐらいで、スンヨンさんと握手したのは僅か2秒ぐらいだったように思います。

私は「こんにちは」と声を掛けたのですが、スンヨンさんは微笑んだものの、大変疲れているように見えました。

確かスンヨンさんは前々日に一旦韓国へ帰って、ソロで出ている番組の収録を終えて、またイベントの前日に日本に来たようなことをネットで読みました。

時間がかなり押していたようで、大変慌ただしい握手会であったように思いますが、たった何秒かでもスンヨンさんに直に会えたのは嬉しかったです。

tangerineさんもそんな感じでしょうか?

KARAが大阪イベント後、その日の夜に韓国へ帰ってしまい、
・・・正直本当にとても寂しいですね。
・・・切ない・・・というか・・・。

今思うと、KARAが日本にいた2週間、私は毎日が本当に楽しかったように思います。

この2週間、KARAの出演したテレビ番組を観たりして、「KARAのメンバーの親近感のある気さくで優しい人柄」や「日本での人気の高さ」を改めて体感出来ました。

次はKARAはいつ日本に来るのでしょうか。
その時が楽しみだし、待ち遠しいです。

長文失礼しました。

投稿: トシ | 2013/04/08 20:49

キリスト誕生以来の歴史的イベントのレポートありがとうございます。ギュリのかほりや体温を直接感じた貴重で有意義な時間を過ごされた、この瞬間tangerineさんはネクストレベルへ到達した・・・私の計算通りに。

投稿: 伊藤@愛媛 | 2013/04/08 20:52

うわあああ、ついに...!

2013年、宇宙の旅を終えてスターチャイルドの世界に到達
されたのですね!肉体を解脱し人類を超越した今、目に映る
景色すべてが光り輝く幸福感に満ちあふれていることでしょう。
ああいつか私もそこからの眺めを見てみたい...

『すごい...まるで降るような星だ!』
 ------- tangerine 船長最後の通信(笑)(「2010年」より)

『星みたいですね〜ホントにきれいです!』
 ------- パク・ギュリ(「KARASIA 2013」より)

投稿: Anarchy X | 2013/04/08 21:10

サイン会お疲れ様でした。メンバー5人の挨拶はサインとチェキのみだったみたいで、東京も握手の時はありませんでした。tangerineさんの緊張感、良くわかります。ニコペンの私が言うのもなんですが、ギュリの美しさには驚嘆しました。まさに「この世のものとは思えない」美しさでした。
今日またKARASIAを見たのですが、こんな素晴らしいステージを見せてくれるKARAと、本当に会って来たんだ。改めて感動してしまいました。

投稿: オズ | 2013/04/08 21:22

はじめまして、私も東京にてギュリ様に握手して頂きました。
目が合った瞬間に、女神のあまりの眩しさと、自身も緊張の様なメーターが振り切れてしまい、何か女神の方から声をお掛けして頂いた様な気がしましたが、忘れてしまいました_| ̄|○
しかし、こういうイベントはいいものですね。こんな経験したらもう離れられないです。
これからもブログ読ませて頂きます。ツイッターの方もフォローさせて頂きます。

投稿: 小野羽 敦志 | 2013/04/08 22:20

ご生還おめでとうございます、tangerineさん。
生還できたから、このようにレポート書けるのですね。
意外と、生還できなくてもよかったのでは・・・5女神と居たら・・・ムフッ。
いかんいかん、そのようなよこしまな考えは。いけませんね。
記憶が一部とんでいるようで、これも神のなせる業かと。
女神たちも”あのアイスワールド”へ戻られたのでしょう。
 ところで、今回の来日は、新曲のPRが目的だったと思いますが、売り上げには貢献できたのでしょうか?
TVの出演もかなり多かったと思います。
認知度があがったのでは・・・人気が出るのは嬉しいのだが・・・チケットが取りにくくなる!?
 ただ自分的には、もっと本国で人気と素敵なアルバムを出していただきたいです。
7月にはまた来日するような噂も聞きますが、できれば単独のドームツアーを望みます。
でも今年、巨人は調子よく日本シリーズまで空きがないかなぁ。
もしかしたら、今度サプライズで女神様がバンジーするかも・・・すみません、悪乗りしてしまいました。
 また、KARAの話題で盛り上がりたいですね。

投稿: b.t | 2013/04/08 22:52

毎度よっしぃーです!

よっしぃーも『スンヨン握手チーム』で参戦しました。

CDはABCの3枚購入。

何に応募するかをずいぶん悩んでました。

もともと『ニコル』に「バッキューン!」とやられてファンになったので初心貫徹し『ニコルチェキ』と『ニコル握手』を選択。

でも「STRONG ENOUGH」以来『スンヨン』が気になってたので残りの1枚は『スンヨンチェキ』にしました。

でも何か中途半端やなと思ったので何かないかと探したら『レコチョク』サイトでダウンロードしたら『握手会』の応募が出来ました。

結果的に『レコチョク枠』で当選しました。

何人かの方がご指摘されてい無ように『スンヨン』は非常に疲れているように感じました。

よっしぃーも両手で握手して目を見つめて「大好きデス!がんばって下さい!」なんて言おうとしたのですが、みなさんご存じの『韓流目上の人にする片手握手&ひじ添え』で待機してたので、こちらもそのスタイルに急きょ変更したら頭からセリフがぶっとんで「頑張って下さい!」としか言えませんでした。

『スンヨン』は「ハイ‥‥」と答えてくれましたが、笑顔はあまりありませんでした。

慣れない土地での長期滞在の最終2日にもってくるのがいいのか、悪いのか。

若干スケジュールの組み方に問題があるのでは?と感じました。

あとは今回のようなCDも売り出し方ですね。

イベントの応募枚数や当選枚数を制限するとかの工夫は欲しいですね。

実際第2ゲートで引換券との交換でしたが、よっしぃー目の前の方は『ジヨン握手会』『ニコル握手会』『ギュリ握手会』『スンヨン握手会』『ハラ握手会』のすべてを引き換えてましたよ。w(゚o゚)w

投稿: よっしぃー | 2013/04/09 00:11

おめでとうございます!
ブログは2年前から読ませていただいているんですが、
振り返ってみるとお二人は何か運命的な出会いを感じますねえ。
女神もtangerineさんから素晴らしいパワーをもらったと思いますよ。
それから<さんまのまんま>にKARAが出演するそうです。
今から楽しみですね^^

投稿: hayonsu | 2013/04/09 01:04

tangerineさん、無事生還されレポート書き上げられましたね。(^-^*)/ 会場に向かうころからの情景がリアルでさすがです。最後にはBen Hur Endingできましたか (^―^) 私も女神のお父さん世代なのでかえって気をつかわせてしまったのではないかと思いながら。。ずっとKARAを応援する気持ちを新たにして 冷めやらぬ興奮と上の方のコメントにもありましたが寂しい思いをコントロールしている感じです。 噂の7月アリーナツアー?を楽しみにしたいですね。
また、楽しいレポートをお願いします。

投稿: tanyoshi | 2013/04/09 20:21

>takさん

ありがとうございます。つたないブログですが、KARAの記事の時だけ見ていただければ嬉しいです~。

投稿: tangerine | 2013/04/09 21:44

>トシさん

ありがとうございます。
スンヨンの東京握手会レポートありがとうございます。
スンヨンも仕事でトンボ返りだったとは・・・。お疲れだったんですね。疲労困憊の時も笑顔を絶やさないプロフェッショナリズムはいつもながらさすがだと感じます。

怒涛のような2週間のプロモーションが終わり、やはり寂しいですね。しかしテレビのバラエティーなど見る度に、KARAの新しい魅力を発見できます。

次の日本での活動は何かサプライズがありそうで、楽しみです。

投稿: tangerine | 2013/04/09 21:57

>伊藤@愛媛さん

握手の瞬間に頭に鳴り響いた女神の降臨を示す「ハレルヤ~!」の大合唱。未だに鳴っております。

パク社長の計算どおり、私の人生もネクストレベルに向かいました!

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:01

>Anarchy Xさん

ギュリとの遭遇で私の魂は宇宙の数億光年の彼方に飛んで行ってしまいました・・・。

今から思えばギュリのミュージカル『美女はつらいの』の役柄、ハンビョルは「星」という意味、劇中で「星」という歌も歌っているのは、ギュリが壮大な宇宙のオデッセイへ連れていってくれることを暗示していたのかもしれません。

そしてスンヨンがバラエティで連発する「赤ちゃんと呼んでほしい」は、2001年のラストに登場する人類の新たな進化の形である巨大な胎児「スターチャイルド」がKARAだったのではないかと・・・。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:12

>オズさん

ありがとうございます。東京も挨拶は最初2つだけだったのですね。やはり大人数で人が溢れていたからでしょうか。

私もギュリの美しさにまだ呆然としている状態です。

KARASIA何度見ても素晴らしいです。ビデオを見てから握手を思い出すと、こんな偉大な人に逢えたんだなーと感動も倍増です。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:17

>小野羽 敦志さん

はじめまして!緊張のメーターやはり切れてしまいましたか~。呆然としてしまう人続出だったようですね。

ツイッターのフォローありがとうございます。よろしくお願いいたします。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:20

>b.tさん

ありがとうございます。肉体的には生還できましたが、まだ魂は宇宙の彼方に飛んでいってしまってます。

今回はTV出演も日テレ系を中心に多かったですね。歌番組が少ない中、健闘したと思います。

本国では今年前半はドラマなど個人活動中心のようですが、ぜひ歌でもカムバックしてほしいものです。秋ごろにはアルバムも出してほしいですね。

7月の来日って、噂のDSPファミリー・コンでしょうか。楽しみにしたいです。

バンジーはスンヨンとジヨンに任せて、女神には白馬四頭立ての馬車で登場してもらってもいいかと(笑)。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:26

>よっしぃーさん

毎度です!

スンヨンやはりお疲れだったんですね。どんなに体調が悪くても外せない仕事があるのは本当に大変ですね。

本国ドラマと2本立て活動では疲れるのは当然でしょうけど。

無理なスケジュールは韓国芸能界ならではですが、KARAもそろそろスケジュール的にもVIP待遇させてあげたいもんです。

今回のような販促プロモーションはやはり経済力のある人が優先になってしまうので、一般ファンを萎えさせてしまう恐れがありますよねー。
おっしゃるとおり、複数当選を制限するなど工夫をしてほしいものですね。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:31

>hayonsuさん

ありがとうございます!長年読んでいただいているようで恐縮しております。

そもそもK-POPにも興味がなかった私がKARAを聴くきっかけとなったのも、テレビでギュリを見て「おお!」と閃いたのが最初でしたので、逢えて一区切りついた感じです。

さんまのまんま、あの早口の関西弁にKARAがついていけるのか興味深いところです。関西人としては、さんまのラジオ「ヤンタン」とかにもいつか出てほしいですね。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:36

>tanyoshiさん

なんとか無事生還しました。
おっしゃるとおり興奮と目的を達成した跡にKARAが帰ってしまった寂しさが交錯していますね。

7月アリーナツアーですか。DSPファミリーコンをツアーでやってしまうのかな?

おそらく前回のツアーではグッズ収入だけでも莫大な収益を出せたでしょうし、CD不況の今、コンサートを積極的に展開して事務所とグループを維持するのは賢明ですし、ファンも嬉しいのでぜひやってほしいですねー。

次の単独ツアーは行かなかった地方も含めて大規模なものにしてほしいものです。

投稿: tangerine | 2013/04/09 22:43

おはようございます!
まだ抜け殻状態でしょうか?
思いますにチェキやサインは特賞(腕組みだ、なんだって、握手どころでは・・・(>_<))で握手(もうそれで十分ですが)は参加賞的に意味合いだったんでしょうかねー?tangerineさんにとっては握手当選だったのが命拾いだったのかも知れません(^^;でもスンヨン風に言えばもうボーっとしてちゃいけないよ!

メンバーはかなりお疲れだったようなんですね・・・あのスケジュールじゃムリもないでしょう(*_*)

あといよいよお姉さん方のドラマも始まりましたね!
スンヨンのドラマの時代背景などはよくわからないのでこれからチェックしてみようかと思います(^^;
ニコルのラジオ単独出演を聞きましたがずっと笑ってて元気いっぱいでしたヨ、また14日?にもラジオ収録した放送があるみたいですね
こういう新しい試みも今年はどんどんやってくれたら嬉しいですねー

投稿: tak | 2013/04/10 09:18

はじめまして^^
自分も大阪でギュリちゃんに会うことができました^^
同じ場所にいたんですね~、この日記を見てとても嬉しく思いました!

初回版ABCを3枚全部チェキに応募し、レコチョクも応募した結果、なんとチェキと握手の両方あたってしまったのです!!

色々と驚きでした。自分は今年に入って本格的にKamiliaになり、まだコンサートも行ったことがなく、生でKARAを見たこともありませんでした。
自分は並んで、階段を降りたら本人確認する場所の、階段に行くまでは緊張しまくっていたのに、不思議なことに階段を降り始めたら、覚悟が決まったのか、冷静になっていったのです、これには自分でも驚きでした。
一緒に並んだ人は超緊張するって言ってる横で「俺、なんか行ける今」ってそんな感じに。。

そしてメンバー別のギュリちゃんの列まで到達したところで、KARAのメンバー5人が挨拶に出てきたのです!
初めて生KARAを見た瞬間でした。
それまでは「いざコンサートか何かのイベントに行ったとして、初めてでいきなり俺もみんなと同じようにワーッと盛り上がれるかな、名前叫んであげることができるかな」とか考えたりしたことがあったのに、自然と両手を頭の上に上げて大きく拍手し、その直後「ギュリー!!!」って大声で叫んでしまったのです!叫んだあとに「えっ?えっ?」て感じになり、自分で驚いてました。。

ギュリちゃんは本当に可愛くて綺麗でした。写真や映像で見るよりも更に飛び抜けて可愛かったです!
ツーショット写真を撮ってもらうだけでも夢じゃないかってくらいだったのに、その後また握手までできた事は一生忘れないと思います!
握手の時、許される時間が終わりスタッフの方に「すいません」と言われブースを出るとき、出る最後の最後まで笑顔で手を振ってくれたギュリちゃんが忘れられません・・彼女は本当の女神でした、本当に幸せでした!

投稿: PHOENIX | 2013/04/10 10:25

ヤーユーです!!
最近はすこし忙しくてコメントするのが遅れてしまいすみません( ̄Д ̄;;

まずは無事に生還できましたね笑
自分も間近でKARAをみてさらに話なんてできたら・・・
人生に悔いはないですね笑

次にこのようなイベントがあったら絶対に参加したいです!!
そのときはまたレポート宜しくお願いします笑

投稿: ヤーユー | 2013/04/10 20:53

>takさん

参加賞で命拾いでした!2ショットなどハグのポーズとかハートマークとか絶対無理無理無理・・・。

ギュリのドラマはぜひ日本でも放送してほしいですねー。DVD BOXはやく出てほしいです。
スンヨンのドラマ、ヒロインにイジワルする悪女役という噂ですが、こうなったら韓流ドラマ悪役ベスト10に入るような悪役になってほしいものです。スンヨンはいつも本気なのでマジ怖そうです。

ニコルのラジオも元気で良かったですね。さすがニコルという感じ。もっとFMの洋楽番組で英語でペラペラとアメリカのヒット・チャート紹介とかやってほしいです。

投稿: tangerine | 2013/04/11 01:18

> PHOENIXさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

チェキと握手の両方当たったって、ラッキーすぎますねー!全員の挨拶も見られたとは羨ましいです。

思わずギュリー!と叫んでしまえた感じ、よく分かります(^^)

ギュリはファンひとりひとりに最高に丁寧に接してくれて、まさに女神ですね。

今後はコンサートにも行ってぜひ盛り上がれるといいですね!

投稿: tangerine | 2013/04/11 01:24

>ヤーユーさん

いえいえ、私も返信遅れがちですみません。

まさに我が人生に悔い無しという感じです。

次回は参加できるといいですね!また機会があればレポートさせていただきます!

投稿: tangerine | 2013/04/11 01:27

リリイベお疲れ様です!私は東京の恵比寿のリリイベに参加しましたよ!ニコルの握手だけでしたが!
伝えた言葉にちゃんと返事もらえたなんて羨ましい限りです!
私は変わった質問をしよう?なんてこと考えてたものですから、ニコルに最高の笑顔頂けますか!?と伝えたんですが、伝わらず、はぁ⁉と言われショックでしたwまぁ日本語で話しかけたのが悪かったと後から反省しましたが!けどはぁ⁉って言ってくれたおかげで10秒くらいは手を握れました!なんか複雑ですがねwでもみんなからはニコルのレアな顔が見れて羨ましいと言われたんですがねw

投稿: K-N-T | 2013/04/18 00:54

>K-N-Tさん

コメントありがとうございます!ニコル最高の笑顔に勝るものなんて無いですよね~。レアな表情が見られて良かったですね。

私は今回はニコルを全く見ることができず、残念でした(T_T)

6月には横浜アリーナでファン・ミーティングも決まったようで、今後も活動が楽しみですね!

投稿: tangerine | 2013/04/18 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KARA大阪イベント ギュリ握手会 (本編):

« KARA大阪イベント ギュリ握手会 | トップページ | PIL 大阪公演 2013年4月3日 なんばHatch »