« KARA 4th Alubum "FANTASTIC GIRLS" 感想 part1 | トップページ | KARA 第4集 FULL BLOOM 感想 "First Bloom to Full Bloom" »

2013/09/03

KARA 4th Alubum "FANTASTIC GIRLS" 感想 part2

FANTASTIC GIRLSのリリース以降のオリコン・デイリーチャートを参照すると下記のようになります。

8/27 3位
8/28 2位
8/29 2位
8/30 2位
8/31 2位
9/01 6位
9/02 4位

初日は同じく韓国のCNBLUEに2位をとられてしまいましたが、以降常にKARAの1位を阻んできたのは『あまちゃん 歌のアルバム』で、KAMILIAも「じぇじぇじぇ!」と驚いたダークホースです。

『あまちゃん』オリジナル・サウンドトラック発売以降、ドラマの爆発的ヒットにより、急遽製作されたと思われる変則的な歌ものアルバムで、内容も定価には及んでいない「入れられるものを何もかもぶちこんだ」感のある完成度に難ありのCDですが、今や「あまちゃん」とつくものなら何でも売れる空前のブームなので売れることは予想できたのでしょう。「儲けられるうちに儲けてやろう」というNHKのゼニゲバぶりが覗えます。

「くそー!あまちゃんさえいなければ・・・」と全国のKAMILIAとユニバーサル・シグマの悲鳴が聞こえそうです。

しかし昨今のアイドルもののような特典目当ての複数枚購入のない正当な売り方で1位というのはかなり画期的ではないでしょうか。敵ながらあっぱれです・・・。

KARAも1位は無理でもおそらく週間チャートで2位はキープできるかと予想できます。
part1でも書いたようにベスト盤的要素を排除した本作で2位を維持できるのはKARAの底力を現した快挙といっても良いと感じます。

Amachan01

過去3作が毎年11月に発売されたのに対して、今回3ヶ月前倒しで発売されており、ニューシングルの発売からも1ヶ月しか経過していません。この時期でのリリースは何を意味しているのでしょうか。

・純然たる契約消化
・各アーティストのリリース・ニュースをリサーチして1位が取れる時期をマーケティングした結果
・韓国カムバック作の前にリリースしておきたかった
・KARASIA 2ndツアーの前にリリースしておきたかった
・昨今のシングル販売量不振に対するテコ入れ

想像にすぎませんが、9月の本国でのカムバック活動への専念において発生してしまう、10月からの日本でのKARASIA 2ndまでの空白の1ヶ月強を、アルバム・リリースによってアルバム自体にプロモーション活動をしてもらおうと考えた気がします。コンサートの予習としても事前リリースは不可欠だったのではないでしょうか。

韓国カムバック作のうち2曲を披露した9月2日のソウルでのショーケースをネットで鑑賞しましたが、もう圧倒的に大人の雰囲気と楽曲のレベルの高さにため息が出てしまいました。

5分で構成を考えたような稚拙な内容の日本でのファンミーティングが子供向けに思えてしまいます。(実際、子供ファンも多いのであれはあれで良かったのですが)。どうして日本でこういう雰囲気で出来ないのかと。

しかし本来のK-POPらしさを妥協無しに発揮できる舞台としての本国活動なので、そちらを存分に応援していれば十分に満足できるし、本国ファンが見たくても見られない大規模なツアーでもこれらの曲が披露されるだろうことを考えると、何と日本のファンは恵まれているのだろうと再認識する次第です。

Fantasticgirls04_2

2001年にBOAとSMエンターテインメントが確立した日韓完全に楽曲や活動内容を分けるダブルスタンダードの手法は多くのフォロワーの手本となりました。

KARAに関してはK-POPアーティストとして認知された上での日本進出で、韓国語曲のみのベスト盤もオリコンの2位にランクインしただけあって、未だ多くのファンが韓国語曲の魅力を理解しており、前回のツアーにおける韓国語曲の比率はまだ高い状態でした。

日本語曲が40曲を超え、それのみでも2時間超のライブが出来てしまえる現状、次のツアーでの「日本語曲」の比率は前ツアーより高くなる可能性もあり、韓国の過去の名曲が削られるリスクは大きいと思われます。

NHK Eテレの「Rの法則」KARA特集でティーンエイジャーの新世代のKARAファンの声を聞くと、やはり若い世代がKARAに求めるのは「GO GO サマー!」「ジェットコースターラブ」の溌剌とした可愛さであり、「思いつくベスト曲」も2年前の売り上げ全盛期のあたりで止まっている感じです。日本のファンが新陳代謝していけば、BOAのごとくダブルスタンダード的な日本語曲主流の活動が大きくなっていくだろうし、K-POPとしてのKARAに魅力を感じ続ける人が多ければ現状を維持できるかもしれません。

そういう意味で、来月からのKARASIA 2ndツアーのセットリストには大変興味があり、期待があり、不安がある状態です。

何となれば日本で1度だけでも限定で「韓国語曲のみでのコンサート」を企画・開催してみるというのもいいかもしれません。赤坂BLITZのショーケース以降の純然たるK-POPのKARAファンの拡大度を測る機会になるでしょう。

------------------------------------
今回のツアーのチケットですが、FC先行、各チケット・オフィス先行でも完売していないという状況に関していろいろ思うところのあるファンも多いと思います。

実際、前回は「KARAバブル」といっても良い状態で、ファーストツアーが1万人規模のアリーナツアーで全会場満員という空前絶後の勢いだったのは、「生のKARAを観たい」という飢餓感からの開放があったことが最大の要因ではないでしょうか。

何と言っても地元大阪でKARAが歌ったのはツアーでの大阪城ホールが最初だったという状況でしたし、楽曲的に人気絶頂だった2011年にKARAは分裂騒動と復帰を経てファン・ミーティングをするのが精一杯という状況でした。

日本全国ツアーを後発の少女時代に越されてしまいましたが、SMエンタがBOA、東方神起、少女時代で築き上げた日本でのコンサート・ツアーの様々なノウハウを研究する猶予ができたというのも事実かと思います。

前回のツアーのチケット料金が¥8,400、東京ドームが¥8,880、今回のKARASIA 2ndが¥8,880と、欧米の一流アーティストと同格の料金設定も少女時代など他のK-POPアーティストの価格帯をある程度参考にしているかもしれません。

ほぼ同時期に同規模の会場でやる「いきものがかり」のツアーのチケットが¥6,800、Perfumeの二大ドーム・ツアーのチケットが¥6,500であるのを考慮すると、J-POPと比較してかなり高めで、日本デビュー以降の主要ファン層である中高校生にはハードルが高い感じです。「いくらでも出せる」という勢いの少女時代、東方神起などの主要ファン層と比較して、KARAはやはり低年齢のファンが多のが事実です。

円安による為替レート変動により昨年よりウォン換算での収益性が低いのもあるでしょうが、欧米と比較してソウル~日本間の飛行機での移動費が国内移動費と大差ない状態では、ダンサー、スタッフを含めた移動・滞在経費なども国内アーティストと同条件で、この価格設定はやはり「大人のファン向け」と言わざるを得ません。

様々な利権構造があるのは詮索せずに置いておいても、K-POPバブルというものは韓流ブームと東方神起ファンの経済的に余裕のあるマダム層の金払いの良さを踏襲しており、「日本人は好きなタレントのためなら無尽蔵にお金を出してくれる」という常識でない常識がまかりとおった賜物かのようです。

シングルの怒涛の複数リリースや購入者イベント、数々のイベント出演、KARAアニメーションのDVDボックス、有料ファンミーティング、KARASIA 3Dの映画、ドラマのタイアップCD、主演ドラマのDVDなど息をつく暇もない攻勢は余裕のある人には嬉しいかもしれませんが、さすがに私もKARAアニメーションのDVD購入は断念したほどです。

最終的にツアーのチケット販売時点で息が尽きたファンも多いのではないでしょうか。

近年はコンサートのチケットそのものの収益より会場で販売される膨大なグッズ販売からの利益のほうが大きいとも言われています。欧米のフェスなどでも食べ物やグッズの屋台の出店から得られるテナント料が大きくて、集客を増やすために極力チケット代を押さえるというところもあります。

今回は前回多数あったCMタイアップのスポンサーも無い状況で、事務所の自己負担率も高くなるかと思います。開けてみないと結果はわかりませんが、学ぶべきものの大きいツアーになるかもしれません。

コンサートが平日開催日が多いというのもネックになっているようですが、ツアー日程から判断するに、どうも同会場のほとんどの週末公演を前述の「いきものがかり」が先に押さえていたようです。前回週末遠征組が多くて取れなかった分、今回地元ファンが楽に見られるようになったのではと思えばよいでしょうか。


ともあれ、日韓2枚のニューアルバムをひっさげてのKARASIA 2ndツアー。どんなものになるかわくわくしながら秋が深まるのを待ちたいです。


P.S.
前回予告のK-POPと政治問題、含めて多くのK-POPアーティストの日本市場撤退などに関してはまた今後煮詰めてから書いてみたいです。

|

« KARA 4th Alubum "FANTASTIC GIRLS" 感想 part1 | トップページ | KARA 第4集 FULL BLOOM 感想 "First Bloom to Full Bloom" »

コメント

1月の東京ドーム公演でコメントさせてもらった 夢助です。
ご無沙汰しています(いつも読んでますよ〜!)。

もう9月!、来月からツアーなんですよねぇ...。
秋のツアー、楽しみにしていたのですが...、
なんと、まぁ、ポール・マッカートニーがやってくるのですよ!

僕がKARAで行けるのは、11月のさいたまアリーナ公演なんですけど、見事に日程がポールと被ってまして、もし、強行突破するなら、
11/18:ポール・東京ドーム
11/19:ポール・東京ドーム
11/20:KARA・さいたまアリーナ
11/21:ポール・東京ドーム

と、なります(苦笑)。
チケット代も高いし、体力的にも不安だし。さて、どうしよう?
すみません、グチになってしまって...。

投稿: 夢助 | 2013/09/04 00:20

>夢助さん

ご無沙汰しております。
そうなんですねー。東京、ポールとバッティングなんですよねー。

前回2002年の来日は大阪ドームに行ったのですが、スタンド最上段で最後までポールを肉眼で確認できませんでした。

もう今回が最後だしぜひ見ておきたいところです。しかし大阪会場の詳細が未定のまま・・・。

KARAはまだまだやってくれるでしょうけど、ポールはもう71歳だし、優先しなければならないのは痛いほど分かります・・・。

でもリンゴもKARAと一緒にU-Expressに出演したし、何かとKARAとゆかりがありそうですね。

投稿: tangerine | 2013/09/04 01:03

ファンへの搾取が激しくなってきてますね〜(^^;)...音楽市場崩壊で
人気歌手に売り上げノルマの圧力が集中している感じもしますが...

KPOP需要は洋楽ファン層と似たサイズというか、耳が肥えている点でも
掛け持ちの方も多いと思われますが、やっぱり限られた需要の中で共食い
というか...実際、外交問題が起こる前にすでに多くの女性グループが活動
縮小したりJPOP路線に切り替えたり...たいていデビュー2作目でKPOP色
が強すぎて大衆に受け入れられなかった感じでしたね〜

KARAの若年層向け路線は最初からそうした限界を見越しての戦略だった
気もします。韓国活動や『スピードアップ』でKPOPファン層を維持しつつ、
一方で姉二人の年齢限界までなるべく多くの稚魚をかき集めて(笑)...そして
今作のガールズシリーズ完結宣言で、いよいよ集めた稚魚を育てる養殖の段階
に移行?...契約末期なのにベスト盤乱発の風潮に流されず、しっかりした
フルアルバムが出てきた点でも長期的な視点で動いている感じがします。

Mr.Bigやボンジョヴィがキャッチーな歌とアイドル性で女性や中高生などを
惹き付けて新しい洋楽ファンを育てたように、KARAも大衆向けKPOPの旗手
として、ガラパゴス日本の退屈な音楽市場に刺激を与えて欲しいですね〜

投稿: Anarchy X | 2013/09/04 15:57

youtubeでショーケースライブ観ましたがギャラ払ってMC雇うぐらいなら、その分、バックバンド付けろよ~(笑)と思いました。


KARAのメンバーそれぞれ、高級外車のオーナーになられましたし(笑)、事務所新社屋にライブ用練習室等々、DSPもKARAの日本進出大成功でKARAメンの育成費用も十分に回収出来たし、RAINBOW も飼い殺しに出来るぐらいですからね~

DSPは、この2年程で相当に蓄財が出来たんでしょうね。(笑)

音盤等々の物販もライブも収支は、トントンで御の字、赤字?、……ま、いいか~状態(笑)と推測してます。

でもソウルでライブ開催とまでは、いかないんですかね~(去年の収支を考慮して)

投稿: ロッテンマイヤー | 2013/09/04 16:43

こんばんは。
韓国ショーケースに注力するのはジェラシーも感じますが、まぁ国内ではツアーも組めないわけで事務所側もいろんな意味でバランスをとるのも大変かなと。

日本での圧倒的な収益を考えればこの強行スケジュールや事務所側の思惑もわからなくもないです。今回のツアーでも新しいものを観せるというからには新譜を出す事もひとつの触媒としては必要だったんでしょうね。ま新しい曲と言えばバイバイとサンキューくらいですし、あとはアルバム自身がどれくらいプロモーションしてくれるか・・・まぁ今の熱さならなんとかなるんじゃね?と事務所側も楽観してるのかもです(^^;
選曲も新譜中心の『私達について来い』的なもので・・・恒例のソロと日本向けの楽曲を織り交ぜて構成されるとなればコア層の期待する曲はますます隅っこに追いやられちゃうかな。まぁ必然的な流れかも。

「最終的にツアーのチケット販売時点で息が尽きたファンも多いのではないでしょうか。」ってちょっとウケました。実際、どれから手をつければいいの?と思うくらいですもん(^^;コアなファンならなおさら、すべて買い揃えたくなる気持ちもわからなくはないですけど。
チケ代も最初は高っ!って感じましたけど、まぁ一人あたまにしたら安いもんかって気もします(^^;

しかしツアー準備とか考えるとホントに大丈夫かなぁって。凡人がこのスケジュールを消化するのは到底無理です(^^;


投稿: tak | 2013/09/04 19:19

サンキューサマーラブのあとにDamaged Ladyですか?船酔いみたいな言葉があるとすれば何酔い?になるんでしょう(^^;
演出や構成も然ることながらいつもツアーの一曲目が気になります。

連投スミマセン。

投稿: tak | 2013/09/04 19:32

>Anarchy Xさん

そうなんですよ。日本市場という韓国の何十倍も大きなマーケットでもパイの大きさは一定なのに「KARAが売れたから自分達もイケるかも!」と多数進出するも、やはりそんなに無制限にお金を出してくれる市場ではなかったと。

次回書こうと思っているのですが、それ以前に、圧倒的に営業努力が足りないかと。
「韓国活動の合間に日本でスケジュールをギュウギュウに詰め込んでのプロモーション」や「最初からボッタクリの価格設定でも売れる」と思い込んでダメとわかると単独ツアーすらやらずに市場撤退という早期集金にこだわったガールズグループの事務所(含むDSP)の多いこと。

KARAは日本でのイメージ作りは本当にうまくいったなーと思います。昔は妖艶でキツめのメイクだったギュリも「しっかりものなのにどこか抜けてるメイク」とでもいうようなソフトな雰囲気になって私の中で可愛さ爆発しましたし。
稚魚が育ってくれることを願いたいですね。

Mr.Bigもボン・ジョヴィも、チープ・トリックよろしく日本のファンが育てたようなものですからね。KARAも今や何の違和感もなくお茶の間に溶け込んでいるので、J-POPに融合しすぎず刺激的な展開をしてほしいものですね。

投稿: tangerine | 2013/09/05 04:13

>ロッテンマイヤーさん

なんか向こうではショーケースに司会を雇うのがお約束のようですね。バンド付きのKARAというのも見てみたいです。ひょっとして次回のツアーで部分的にでも期待できればと思うのですが・・・。

DSPもKARAにおんぶに抱っこ状態で、「KARAが育てた事務所」になってしまったようで、しかしSMエンタと根本的に違うのはKARA以外に稼げるタレントがいないこと。巨大な収益性を持つ男性アイドルが不在なことでしょうか。

KARA単独への依存度を薄めていかないと将来的に事務所として成り立っていかないのはわかりきっているのに。そのあたりメンバーも現事務所上層部に対して苛立っている部分ではないでしょうか。

正直、ソウルで単独コンサートをするなら、チケットの価格設定を格安(日本円で2千円程度)くらいにして「ファン感謝デー」とか銘打ってやれば1万人クラスの会場でも熱狂的なKAMILIA以外の普通の観客も動員できるような気もしますが、前回無料チケットをバラ撒いてしまっているので「どうせタダ券が出るんだろう」と思われたら難しいかもしれませんね。

投稿: tangerine | 2013/09/05 04:24

>takさん

ツアーの内容といい、韓国活動の合間に練習しなければならず準備期間の切迫などいろいろプレッシャーかかっていますよね。

常人の3倍くらいの仕事量で、とても人間業とは思えないのですが、それに加えてギュリとスンヨンは最近までドラマもやっていたし・・・やっぱり人間じゃなくてクリプトン星から来たスーパーガールなんでしょうか。

サンキューサマーラブとDamaged Lady、クリームパフェの上に上質なブランデーをかけたような、ファミレスのハンバーグの上に高級割烹の刺身醤油をかけたような食い合わせで、まさに酔ってしまいそうです(笑)。

1曲目。本当に気になりますね。前KARASIAが日本の最新シングル、東京ドームが韓国最新シングルで、今回ほぼ同時発売・・・。

気になりますねー。横浜の初日1曲目にどよめきが起こるのが楽しみです。

投稿: tangerine | 2013/09/05 04:36

稚魚は順調に育ってると思いますよ(笑)〜ジャンピン、STEP、マイボーイ
みたいにわかりやすく楽しい曲はちびっこファンにも人気みたいですね〜。

自分も洋楽入門は小学生の時で、ドラマ『乳兄弟』の主題歌からでした(笑)
そしてMr.Bigとホワイトスネイク...最初はキャッチーで親しみやすい歌に
惹かれましたが、コロラドブルドッグやBURNで耳を鍛えられて(笑)...
大衆迎合路線とか揶揄されますが、おそらくそのおかげで私のような稚魚を
たくさん育てて(笑)国内洋楽市場の拡大に決定的に貢献したと思います。

KPOPも同様で、親しみやすいKARAが言わば入門書や看板娘として、
しかし時にはコロラドブルドッグばりに本領発揮も見せることで(笑)
着実に次世代のKPOPファンを育ててつつあると期待しています。
やっぱり既存の海外市場を食い合うのではなく、現地で一緒にファンを
育てるという発想がないと、乱獲漁業で長続きしないですよね〜(>_<)

投稿: Anarchy X | 2013/09/05 20:52

>Anarchy Xさん

確かにKARAには韓国語曲でも子供の耳と躰に素直に直接訴えてくるキャッチーさがあって、国なんか関係ないんだなーと感心します。

大映ドラマ『乳姉妹』!懐かしいですね!麻倉未稀の歌うボン・ジョヴィのランナウェイ。(伊藤かずえヴァージョンもありましたね)。

スーパーロック84で来日した時、ボン・ジョヴィはまだ新人でしたけど、めちゃくちゃキャッチーな曲調で異常に盛り上がって、これは絶対売れるなーと確信しました。(今となっては信じられないですが、ペーペーだったので東京公演は移動も車じゃなくて伊藤政則が電車で引率したとか)
リッチー・サンボラ辞めちゃうんですかねー。なんか婦人服ブランド立ち上げて日本の通販番組(収録はハリウッドだそうですけど)にも出てましたし。

Mr.Bigの『コロラド・ブルドッグ』が1曲目だった時のツアーも大阪厚生年金会館に見に行ったのですが、チケット2分位で完売で、かろうじて二階の最上段あたりがとれたのでした。前2作よりハードさが増して凄いステージでした。

やっぱりメジャーになるにはツカミが大切なんですねー。

乱獲漁業。まさに次回私が書きたいキーワードはそれだったんです。引用させていただきます!

投稿: tangerine | 2013/09/06 04:31

tangerineさん、はじめまして。
以前よりちょいちょい読ませて頂いてます。主にKARAの記事ですが・・・

Part1のほうでしたが、「HANABI」と「一番にわたしを抱きしめて」の件は同感です。狙いすぎの感じは否めませんね。言い方は悪いですが、媚びているというか・・・
いい曲なんですけどね。
まあアルバムは何度も繰り返し聞くほうなので馴染んでしまいますが。

そしてツアーですが、前回からの間隔が短すぎです。
仰られるとおり、前回のツアーは飢餓感からの満員。そしてドームは彼女たちの夢を実現させる生き証人的満員。
その後ファンミもあり、関東に関しては飢餓感はかなり薄いところでの2nd発表。
私の知合いも今回はパスですし、もういいかな、と離脱を臭わせる始末・・・

契約の関係でこの時期になったものと思いますが、惨敗する姿は見たくないです。
ツアー前にプロモーションをするか、最初の横浜で大きな話題になるしかないです。
ツアー途中でメニューの変更もアリですね。日本曲デーと韓国曲デーとかがあったら、まんまと搾取されてしまいますww

投稿: blankeist | 2013/09/06 10:39

K-POPと政治問題・・・どのサイトの韓国関連の記事を見ても友好的な話はなにひとつ載ってませんからね。メディアと一般庶民との感覚は元々かけ離れているものと思ってますの記事をそのまま鵜呑みにするのもどうかとは思いますが、多感な世代の人達がまったく無の状態で毎日のように記事を目にしてるとすれば嫌韓のイメージが先行してしまうのも無理ないかなと。それとはまったく別腹でK-POPを好む人達もいれば気にならない人達もいるだろうし、好むゆえに混乱している人もいるかもしれませんね。
まぁこのテーマもtangerineさんにとっても扱いづらいところでしょうか(^^;
韓国アーティストの日本市場撤退・・・については正直KARA以外についてはまったくと言っていいほど興味がなく、ジャパンマネー獲得のために続々と押し寄せてきてるなぁというイメージが漠然とあるだけでした。なるほどと思える話が聞けて(読めて)とてもおもしろいです(^^;

投稿: tak | 2013/09/06 17:43

こんにちは、 tangerineさん。
今回のアルバムですが、気に入った曲は、と言うと、
サンキュー サマーラブ
バイバイ ハッピーデイズ!
プロミス
HANABI
んン、シングル曲ばかり。
また、まんまと買わされてしまいました。
 あまり、私は音で遊んでいる曲は、好きではありません。声が前面に出ているほうのが好きです。
そういう意味でHANABIは、好きの部類に入ります。日本の情感をあれだけ歌い上げているのには拍手
を送りたいです。KARAを知らない人に聞かせたら、多分日本の歌手を指名してくるのではないでしょうか?
逆に、韓国仕様のKARAを知らないファンにFull Bloomを聞かせたらKARAの名前が出てくるでしょうか?
 私は、このギャップが好きです。
でも、 Full Bloom、ShowCaseを見てしまうと、FANTASTIC GIRLSが忘却の彼方へ・・・。
ギャップがありすぎます。すっかりFull Bloomばかり聞いています。もちろんPVも、です。
 やっぱり、カッケKARAは、最高です。
 ギュリは、すっかり女王様ですね。ハラ"ちゃん"、とは言えないです。
本当に今度のコンサートでの1曲目が気になりますね。1曲目から、かまして欲しいです。
最後のGirl'sコンサートでなく、最初のLady'sコンサートにしてください。夜露死苦、
のレディースでなく”淑女”でお願いします。
 そうそう、コンサート用に双眼鏡入手しました?
 
ついでなので、言いたいこと言わせて下さい。
ファンミのDVDの事なのですが、最初見たとき、はずれを引いたのかと思いました。アナログテレビを見ている感じでした。
音は、それに反して妙にクリアーだったので、絵とは浮いていました。相変わらず雑だな~と思った次第です。
後、昼の部のクライマックスだったサプライズを差し込めなかったのでしょうか?
昼の部に参加できなかったファンやもう一度あの感動を味わいたいファンがいたのではないでしょうか?
がっかりです。

「何となれば日本で1度だけでも限定で「韓国語曲のみでのコンサート」を企画・開催してみるというのもいいかもしれません。赤坂BLITZのショーケース以降の純然たるK-POPのKARAファンの拡大度を測る機会になるでしょう。」と言っていましたが、
私もtangerineについていきます(笑)

投稿: b.t | 2013/09/07 02:03

> blankeistさん

はじめまして。コメントありがとうございます。前から読んでいただいているとのことで嬉しいです。

「HANABI」にしろ「一番にわたしを~」にしろ、バラードとしての完成度は高いし、好感度高いのはわかるのですが、どうしてもJ-POPにありがちな「ウケるバラード路線」的で、おっしゃるように媚びているというか、作者に「優等生ですね。よくできました」と言いたくなる感じなんですよね。
でもライブで歌いこまれると感動するかもしれませんが。

ツアーの間隔ですが、実際には1年4ヶ月経っているのですが、コアなファンでも東京ドームとファンミでお腹いっぱい的なところがあって、「人気絶頂だからとりあえず1度見ておこうか」とファースト・ツアーに行ったライト層が、今回も来てくれるかというと、なかなかそれ以降の活動で万人に向けての爆発的なヒットもなく、息切れしてしまったのではないかと思います。

恐らくかなりインパクトのある新しいアイデアを織り込んでくる気がするので、横浜初日の衝撃で話題作りをしてほしいですね。

とにかくツアーは楽しみです。

投稿: tangerine | 2013/09/07 02:47

>takさん

K-POPファンとして、民間での日韓交流はこれほどまで友好的なのに、どうして国家が率先してそれを台無しにしようとするのか。本当に残念です。

民間の商業、観光、芸能等による国際的な経済活動は国益をもたらすはずなのに、それを国家がヒステリックに難癖をつけて妨害することのメリットが何なのか全く理解できないですねー。

多数のK-POPアーティストが日本進出してきた2011年あたりは本当におもしろいムーブメントだったし、腰をすえて活動すれば新たなジャンルとして定着すると思ったのですが、どうも「短期で効率良く稼ぐこと」だけが課題だった事務所が多かったのかもしれません。

あの東方神起も最初は地道に日本のライブハウスを回って人気を上げていったのですから、そういう覚悟がなければ進出の意味はなかったかなと。KARAのように日本デビュー前から爆発的に人気が出たのは例外中の例外なのになと思う次第です。

投稿: tangerine | 2013/09/07 03:02

>b.tさん

おっしゃるとおり「HANABI」ってあまりに日本人的で、本当に日本の世界を理解していないとなかなか歌えない曲ですよね。おそらく日本デビュー前のKARA自身にこの曲を聴かせても、にわかには自分達が歌っているとは信じられないでしょうね。

韓国語曲とのギャップ。ありすぎるだろー(笑)という感じが、まさにKARAの独特の世界なんでしょうね。

FULL BLOOM、私も昨日CDが到着して、ヘヴィー・ローテーション中です。

最初のLADY'Sコンサート。うまいですねー!とうとう日本でも成熟した大人のKARAが見られるかな。でも「バイバイハッピーデイズ」やらないといけないし・・・。

双眼鏡。新しいの買わないといけないんですが、愛器がペンタックスだったので、物色中です。

KARAのCD付属DVDにはもう画質はあきらめモードの私です。ブルーレイで出してほしいです。いずれ。もうちょっとブルーレイが普及してくれたらコストはほとんど変わらないはずなんですがね。

今となっては昼の部でサプライズをしてしまったのが誤りだったかなーと。ライブ・ビューイングもあったし夜の部のほうが圧倒的に効果的なサプライズだったのに・・・。巨大モニター用に撮影してたでしょうから、差し込もうと思ったら差し込めたと思いますけどねー。残念です。

韓国語だけのコンサート、DSPに直訴でもしてみましょうか(笑)。

投稿: tangerine | 2013/09/07 03:12

Languages http://highlightconseil.com/ dark side loli dorki Diagnosis is simple. A squeeze test is done: squeezing the lower leg bones together with a mild twist increases pain. X-rays are done to be sure there is no break of the bones. An MRI is done to assess the ligaments.

投稿: Deangelo | 2019/05/05 20:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KARA 4th Alubum "FANTASTIC GIRLS" 感想 part2:

« KARA 4th Alubum "FANTASTIC GIRLS" 感想 part1 | トップページ | KARA 第4集 FULL BLOOM 感想 "First Bloom to Full Bloom" »