« KARASIA 大阪城ホール 2013年10月23日24日 part4 | トップページ | KARASIA report intermission »

2013/11/06

KARAに関する報道について (追追記)

コメントをいただいた多くの皆様への私なりの意見という形でコメント欄に書いたものですが、一部修正して本文にも書かせていただきます。

ニコルの契約終了の件で多くのファンが感情的になり、憶測的情報に翻弄されていることにはニコルも「自分のせいでファンが辛い思いをしている」と苦しんでいるだろうし、ニコル自身も望んではいないと感じます。まあ心配するなというほうが無理で、全てのファン心の底にそのことが大きく居座っている状態だと思いますが。

最近のtwitterやInstagramにおけるニコルのポジティブで明るい投稿を見ても、ファンを安心させ「私は大丈夫」とアピールしているようにも思えます。

まず大前提として今回の騒動の問題点・責任の所在は所属タレント個人の契約情報を外部マスコミに漏らしてしまった事務所であるDSPに集約されているというのが私の意見です。それは今回のことだけではなく、日本進出以降の事務所の運営をほぼ「KARAのみに頼ってしまっている」という根本的な問題に発端すると感じています。

「絆で結ばれた友人であり家族」でるKARAのメンバー5人ですが、シビアなビジネスの世界を体験してきた社会人として、通常の会社に属している会社員と同様、事務所という組織に対する責任や義務が生じ、また所属タレントといものは個人個人の人生・生活を安定して営むための職業でもあります。

契約更新というものはグループひっくるめてではなく、それぞれ生活事情の違う個人個人の面談において実施されるものでしょうから、最終的な決断は個人が判断すものであり、最大限尊重されなければならないものと感じます。

今回の契約終了に関して、ニコルと他のメンバーとの間でどの程度話し合いが行われたのかは知る術もありませんが、我々一般のファンなど及びもつかない深い次元での対話がなされたと思いますしメンバー相互話し合いの上で現在の活動が続いているものと思います。

今回のマスコミ報道に発端する騒動において、事務所は最悪の対応をしたと感じますが、ニコルが契約更新しなくとも、事務所に留まる他のメンバーの立場を第三者は尊重しなければならないと感じます。

事務所に残るメンバーにとっては、それぞれの家庭生活を守り、社会的立場を保ち、芸能活動を続けていく上で、諸所の条件面的妥協をしてでも契約更新は必然だったと想像します。会社と同様「親友が辞めるなら私も・・・」などとは簡単に決断できないでしょう。

DSPには改善するべき余地が山積みで、5人のKARAが代わりの効かない、いかに掛け替えのない存在なのか、何が現状における事務所の大きな問題点なのかをニコルは勿論、在籍し続けるメンバー達のためにもファンは声を上げていくべきと感じます。それはニコルや他のメンバーに向けたものではなくて事務所自身に向けられるべきと思います。

大盛況で進行しているKARASIAですが、メンバー全員が楽しみにしてきてくれたファンを最大限楽しませられるように笑顔で全力を尽くしています。それはプロとしての使命を通り越して、5人でできるライブを本当に心から楽しんでいるように見受けられます。

ファンとしてはそれを最後まで応援し、盛り上げていき、ツアーを最後まで大成功させることがKARAに対する最大の支えになると。

2011年1月19日の脱退騒動があった時は「もうダメかも」と全てのファンが絶望的な気分になりました。しかし3ヶ月後に事態は奇跡的に好転し、その後の珠玉の名曲の数々、圧倒的なコンサートツアーをファンは体験することができました。それを思うと今は「待てば海路の日和あり」という言葉を信じたいと思います。

つたないブログ管理者として反省する点は多いですが、今後も1KARAファンとしての雑文を書いていければと思います。

|

« KARASIA 大阪城ホール 2013年10月23日24日 part4 | トップページ | KARASIA report intermission »

コメント

おはようございます。
 
今日はお休みで、こんな時間にふと目が覚めました(^^;
DSPという組織がどれほどの規模かはさっぱりわかりませんですが大きな組織になればなるほど情報は漏れるもんです(^^;
そんな事するやつぁどいつだぁっと言いたくもなるところですが、事務所関係者の中にも良心的な人達や理解者もたくさんいると思いたいですし、そういう大人の方々の計らいで事務所の側から歩み寄ってくれる事を期待しますし、希望します。

KARAを愛するどのみなさんの意見も貴重ですので最期とは言わず・・・その時はハッピーなお知らせが届くと信じてます。
なにか僕のコメントが発端でお騒がせしてしまったようで申し訳ない。
tangerinさんにも結果的にコメントを催促させてしまったようで(^^;ゴメンなさい。

投稿: tak | 2013/11/06 06:22

今晩は、tangerineさん。
せっかくのこの場を設けて頂いたので、相変わらずの愚痴を言わせて頂きます。
そして、tangerineさんの貴重な思いをうかがい知れ涙がでました。
私は、相変わらず毎週のように東京ドームのBlu-ray Discを見て涙を流しています。
KARAに対する同じ思いの涙です。
東京ドームから約10か月ほど経っていますが、あの時ハグした気持ちはメンバ皆忘れていないでしょう。渦中にあるニコルとギュリ、スンヨン、ハラそしてジヨンの気持ちは、私たちが知る以上に密であり分かち合っていると思います。そうでないとこのコンサートをこんなに楽しくできないのではないでしょうか?楽屋でのじゃれている写真、楽しそうですよね。
5人は未だにまだハグしている、と思っています。

 結局は2年前と変わっていなかったのでしょうね。2年間の間にひずみを埋め合わせる事ができなかったのでしょうか?マネージメント出来ていないとしか感じえません。タレントがファンに向かっていればいいようにするのが、仕事ではないでしょうか?
 今回、ギュリ・スンヨン・ハラが残ったのは、処遇面もそうですが韓国人としてイ・ホヨン会長(社長)への恩義があったのではないでしょうか?その一方でアメリカ育ちのニコルは、割り切れたのではないでしょうか?いざとなれば全員DSPと契約しなくても良かったのですから。KARAも十分にDSPに対し養ってもらった分の倍返し以上の貢献をしてきたのですから。
 あまりグチってもギュリ姐さんに笑われるので止めます。ポジティブに考えましょう。
 
 P.S 
 ギュリ姐さんの「ネイルサロン・パリス~恋はゆび先から~」が、関東地区で始まりましたね。どこから見ても韓国ラブコメですね、私は好きです。
ギュリ姐さん、イイ感じです。

投稿: b.t | 2013/11/07 00:51

私もtangerineさんと同じく?割と楽観的なんですが(リーク合戦も双方の
脅し合い=チキンレースという印象で…)、Mr.Bigもそうでしたが、出会う
べくして出会った奇跡というのはやはり互いに特殊な吸引力のようなものが
永続すると思うので、そういう長い目で応援していきたいですね〜(^_^)

DSPも確かに色々と残念ですがあえて擁護するなら、韓国の事務所はどこも
似たり寄ったりかむしろさらに酷いという印象で(笑)、SMさえも東方神起
の前例があって、JYJへの容赦なき弾圧ぶりを見るとゾッとします^^;

一説には個人活動量の問題もあるようで、事実なら改善されるべきですが、
これも他のグループのほうが遙かに深刻ですし、その意味でKARAのバランス
は奇跡なんですが、昨今のアイドル過飽和状態や大手事務所による放送業界の
独占など、DSPの外部にも様々な難しい状況があるようで...

それでも今までは最小のスタッフで4チームも運用するというケチな経営
スタイルで自縄自縛に陥っていた感じでしたが、ようやく自社ビル構えて
スタッフも増えて?、とりあえずRainbowの日本再稼働模索とファミリー
コンサートがその最初の成果でしょうか?もう今後は「非力な零細企業」
の言い訳も通じないので、これからの仕事ぶりを見定めたいですね〜。

投稿: Anarchy X | 2013/11/07 05:26

追追記、改めて読ませて頂きました・・・ほとんど全面的に納得です。
ただどちらか一方がいい悪いとしてしまうと閉まりかかっている扉に鍵がかかってしまいそうで怖いのです・・・小心者ですからね(^^;
そうそう、今考えるべき事ではなかったですね、スミマセン(^^;
追加公演も期待しつつ、神戸まで盛り上げていきましょー。
ツアー行脚で精魂使い果たした後にベスト盤と新曲のリリイべでダメ押しって事も(^^;ないか。

ところで田舎暮らしには願ってもない、さらにはお財布にも優しい、『神戸ツアーファイナル公演ライブビューイング』のお知らせで歓喜したのもつかの間、わが街ではまたまた上映する劇場がないという大失態。普段の行いが悪いのか・・・。

それと・・・言葉のニュアンス的な誤解やボタンの掛け違いのような事はネット上のやりとりではよくある事ですよね。
考え方は三者三様ですが、皆んな同じKARAを愛する1ファンですから・・・(^^;

投稿: | 2013/11/07 12:21

またまたネーム忘れてました(^^;
ギュリ姉じゃないけど、最近物忘れが・・・。

投稿: tak | 2013/11/07 12:24

いつも拝見しています。
私も同意見ですね。
どうも、DSPとニコルサイド(本人ではありません)のチキンレースの最中のような気がしてなりません。
本当に楽観的過ぎるかも知れませんが、時がたてば解決するのかな?とすら思っています、というかそのように考えるようにしています。
ちょっと、ニコルのタトゥーには「決意表明かな」とも感じたりしましたが…
とにかく5=1が維持されるようにひたすら祈っています。
ちなみに私はURAKARAを見ては涙しています。

投稿: ゴルパパ | 2013/11/08 00:49

はじめて書き込みをさせていただきます。
tangerineさんの言われるとおり、一連の報道以降、憶測に基づいたファン同士の感情的なぶつかり合いを多く見て非常に残念に感じていました。

先日当サイトを初めて拝見し、tangerineさんや書き込みをされている皆さんの冷静かつ的を得たコメントを読ませていただき、自分も同じ感覚を共有できるものとして、少し嬉しい気持ちになりました。

5人での活動を何よりも望んでいますが、今は静かに見守り、そしてどういった結果になろうとも個々のメンバーが決めた道を尊重し、これからも応援し続けていきたいと思っています。

コルババさん。僕もURAKARAを見ています。今日は第8話の銀行強盗の回を見る予定なので、「私達は5人でひとつ」のシーンでまた泣いてしまいそうですね~(^_^;)

投稿: | 2013/11/08 10:51

皆様、ありがたいコメントの数々ありがとうございました。

ちょっと事務所に対して過激で客観性に欠けるこの文を書いてから、反応を見るのが怖くて3日間放置しておりました。理解ある冷静なコメントいただき、本当に安心しました。

お詫びまで書いていただいたりして返って恐縮です。すみません!

楽観的に見れば「向こうの芸能界における常套の駆け引きのようなもの」という考え方もでき、年末には本国でDSP FESTIVALもあるようなので、今年一杯は安泰で、年明けには何らかの動きがあるのかもしれません。

ロック音楽を長年聴いていると、メンバーの脱退・死別などで全盛期の勢いを無くすバンドを沢山見ますが、大部分のバンドは脱退したメンバーが和解して再結束し、再度勢いを取り戻しています。

来週見に行くポール・マッカートニーの在籍したビートルズなどメンバーが亡くなったりして再結成の可能性は無いのですが、メンバーがソロでもその遺産を受け継いでコンサートで披露しています。

現状は少なくともそういう事態はないので、今後も5人のKARAが見られるチャンスはまだまだ沢山あると思っております。

今日から折り返しの福井公演。さいたま、神戸と最後まで5人の全力ぶりを見届けたいです。

私もURAKARAを見直したいです。一見、ズッコケ・ドラマですが、当時の脱退騒動後の後半に進むにつれてのメンバーの結束力を中心としたエピソード、最終回のまるで現状のような出来過ぎのエピソードには涙してしまいます。

投稿: tangerine | 2013/11/09 12:51

tangerineさん、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいています。

皆さん、KARAが大好きなんですね~
 
私もついに決断しました。
福岡公演2日間参戦しましたが、
神戸最終公演に追加参戦致します!
(たまたま神戸出張が入ったので)


投稿: haru | 2013/11/12 13:05

>haruさん

神戸来られるのですね!ツアー最終日、盛り上がりましょう!

投稿: tangerine | 2013/11/14 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/58523190

この記事へのトラックバック一覧です: KARAに関する報道について (追追記):

« KARASIA 大阪城ホール 2013年10月23日24日 part4 | トップページ | KARASIA report intermission »