« KARASIA 神戸公演 初日速報 2013年11月23日 ワールド記念ホール | トップページ | Perfume 大阪公演 2013年12月8日 京セラドーム »

2013/11/26

KARASIA 神戸公演 2013年11月23、24日 ワールド記念ホール

Kara2401

11月23日、24日に神戸ワールド記念ホールにて開催されたKARA 2nd Japan Tour 2013 KARASIA 最終公演を鑑賞しました。

全国の映画館でライブ・ビューイングが実施され、かつ既に詳細なレポートがtwitterやファン・ブログにて紹介されていますので、ちょっと出遅れ感もあり、個人的な雑感にしたいと思います。

ネット記事でも憶測や主観的な意見を交えず、客観的な事実のみを淡々とレポートしたBARKSのようなコンサート・レポートの理想的な形と感じられる素晴らしく良質な記事もあります。
http://www.barks.jp/news/?id=1000096571

1stツアーのさいたまスーパーアリーナでの最終公演や1月の東京ドーム公演の自分のブログを読み返すと、自分でも割と客観性を維持して書けているなと感じましたが、今回はそうなりそうにありません。ご容赦ください。

-----------------------------------

両日とも快晴で、ツアー最終地に相応しい雰囲気、初日はチケットをとってくださった九州から遠征して来られた友人KAMILIAさんと一緒に鑑賞。コンサート前後にも忌憚の無い意見の交換ができて随分とスッキリした気分になりました。
コンサートはどんなジャンルでも基本1人で見ることがほとんどなのですが、やはり感動を分かち合え、感想を言える相手がいるのは良いなーと実感します。今回のように不安な気持ちがある時も飛躍的に癒される感じです。

初日は割とリラックスできていましたが、それでもコンサート中のMCの部分は前回書いたように緊張して胃がキリキリと痛む状態。ラストのMCでハラちゃんが感極まって泣いてしまい、自分も込み上げてくるものがありましたが、まだ最終日前日ということで何とかMCは無難にこなせ、こちらもホッとした感じ。

最終日は朝から胃が重たくて熱っぽい。あきらかに精神面から来た症状という感じ。
これまで多くのグループの、こういった節目のコンサートに立ち会ったことがあるので割と客観的に立ち向かえると思っていたのに、頭で感じていない部分で体から先に反応しているようでした。

この日を迎えたくなかったと。

ありがちなSFドラマの設定のように、何回目覚めても日付がコンサート最終日前日に戻っているという状態になればいいのにと本当に感じた11月24日。

Queenのフレディー・マーキュリーの22周忌の命日でもあったので、午前中はスンヨンの"We Will Rock You"の予習も兼ねてクイーンのライブDVDを鑑賞。

Queendvd01

なかなか体が神戸に向かって出発させてくれず、胃は痛みを増すばかりで胃薬を飲んで覚悟を決めて午後2時過ぎに出発。

Ohtaisan01

逆療法で、いっそ何か食べれば胃が消化に集中して楽になるのではないかと思い、阪神百貨店の地下の立ち食いフードコートで味噌ラーメン(大盛り無料キャンペーン実施中)を食べるも、さらに胃がボーリングの玉でも飲み込んだように重たくなり、逆効果でした・・・。

Kara2402_2

Kara2403

歩くストレスと化した状態でなんとか阪神三宮経由でポートライナーを乗り継ぎ現地到着。既に会場周辺は沢山のKAMILIAで盛況。
ブログも読んでくださっているtwitterのフォロワーさんにタイミングが合えばご挨拶したいとメッセージをいただいていたのですが、スマートフォンを持っておらず、表示機能の悪いガラケーでは連絡がうまくいかずに会えず仕舞いで会場入りし、席に着きました。

Kara2404

Kara2405

Kara2407

ネットで確認した座席票ではスタンド上段から7列目と見えていましたが、座ってみるとステージ向かって右ほぼ真横の前列から3列目と、メンバーの、ギュリのアイコンタクトの可能性も見える席でベストな展開にちょっと気が晴れてきました。

胃のムカムカは少し収まったものの、明らかに体中が熱っぽくて、おでこに手をあてても熱い。肩にもかなり力が入っててずっしりと重く凝っている感じ。

MCで注意事項とビデオ収録がある旨の説明があり、いよいよ開演。

----------------------------------------------

観客の歓声はオープニング・ビデオが流れている時点で既に過去4回見たものとは明らかに違う次元の熱狂さで、「オイ!オイ!」と掛け声が高まっていく状態。

オープニングの『ルパン』から、もう全観客が1曲1曲をしっかりと心に刻み込むがごとく声援を送る。その時点で全てのストレスから開放された感じで、KARAにしっかりと身をゆだねて全て見届けられるという安心感が訪れました。

最初のMCも初回からと同様の内容。ニコルも「ニコニコ・コルでーす!」と笑顔。いつもの雰囲気で安心。
 
 
 
ギュリが「邪魔するでー、パチパチパンチ、ギュリでーす!」と言ったこと以外は・・・。
 
 
 
「パチパチ・パンチ・・・。え、パチパチパンチ?。ギュリがパチパチパンチ!?パチ・・・」

その後の私の頭の中がどの程度に真っ白になったかは大阪公演ブログ参照で省略。

「そうか、ギュリ、最後もそうきましたか。こちらがどんな必死な思いで会場までたどり着いたか(泣)。それなのにギュリ、パチパチパンチ・・・」

とりあえずギュリにこのネタを仕込んだ人はバケツ持って廊下に立ってなさい!と言いたい。


あれ?最初の極度のストレスはどこに行った?さすが女神。癒しの力も半端ないです・・・。と、とりあえずはそういうことにしておきます。

PANDORA~スンニョガモッドェの公式応援も前代未聞の大きさで会場が揺れていると感じるほど。収容人数はさいたまの半分以下なのに、こんなにも凄まじい応援に圧倒された状態。

"2Night"はやはり個人的に今回のベスト・パフォーマンス。こういうダンサブルなノリはKARAにとっては革新的でしたが、しかしKARAにしか出来ない表現力の要求されるもの。とにかく単独コンサートが無理でも、ぜひDSPフェスティバルで本国のファンにも披露してほしいです。

"Pretty Girl"のような初期の曲をやられると、こういう言い方は不謹慎かもしれませんが「もうあの頃には後戻りのできない所まで来てしまった」という感慨で、もう涙腺が全壊。

KARA KIDSのステージでのジヨンの飛び入り。今日はビデオ収録による商標権をクリアするためか、チキンラーメンの着ぐるみを着ずに登場。ジヨンが後のMCで言ってたけど、コンサート会場の地方地方で選抜されたメンバーだった模様です。

"We Will Rock You"は自信に満ち溢れ、もはや完全にスンヨンの持ち歌的なパフォーマンスに昇華されており、横浜初日のようなファン共々感じたぎこちなさは皆無。フレディの命日にこの曲を大好きなアーティストの歌で聴けて、Queenファンとしても至福の時でした。

最終日ギュリ・ソロは予想どおり『KISSして』で、大阪に続いて再度これが見られたことは人生における奇跡と呼びたいほど。毎回変則的なレパートリーで、応援の事前準備などできないはずなのに、曲に合わせて「チュッ!チュッ!」「パク・ギュ・リ!」と完璧に掛け声を入れる観客。
ギュリのキス顔は、もう・・・(大阪公演ブログ参照)。

冗談で最終日は歴代レパートリー5曲を連続熱唱してくれるのでは?とtwitterに書いたりしましたが、DVDのボーナストラックまでには入らずとも、今後のソロコンサート的なものへのステップとなりそうな気がします。このまま埋もれてしまうには惜しい内容でした。

ニコルの"We Found The Love"は最後まで他のメンバーと一線を画した本当にアダルトなセクシーさを持つ完成度でダンスも段違いに圧倒的。それ故に通常のK-POP的なノリで楽しむのが難しかった曲ですが、この路線を突き進めたかったニコルの想いが伝わります。

ハラちゃんの"Glamorous Sky"何回も書いたハラならではの「魅せるパフォーマンス」の完璧度に加えて、ファルセット・ヴォイスを駆使したりして「ボーカリストとしてのハラ」を大きく成長させた曲と感じます。実は今回のこの選曲でのハラのソロ・ステージの完璧さを見納めになることが一番惜しく感じました。

ジヨンも前回の予想どおりビデオ収録用に曲順を前後させての『YMCA』。『学園天国』のほうがパフォーマンス的にも人気がありますが、このジヨンの天真爛漫さ、底抜けの明るさを映像に残してくれたことに感謝。

バラードコーナー後に前日に続いて披露された新曲の『フレンチキス』。ポジティブな明るいバラードでダンスも素敵。今日CDが到着しましたが、コンサートでのパフォーマンスを含めて、プロモーションが限定的なのが惜しいです。あと友人が言ってたのですが、タイトルに「クリスマス」という単語を入れるべきだったなと。

Frenchkiss01

ピエロのパフォーマンス、最後まで試行錯誤を続け、迷走し続けた感がありますが、見納めになると思うと寂しいです。スタンディング・オベーションで拍手していた観客もおられました。

『バイバイハッピーデイズ』でいよいよトロッコがやってきて、スタンド3列目とあれば十分に女神とのアイコンタクトの可能性大で、もうあらかじめブログにアイコンタクト前提の会話を用意しているという準備万端だったので、何が何でもという気迫で挑みました。

最初いニコルが来て「うぉー!ニコルー!」。私が座っていた周辺にも頻繁に手を振ってくれて、歓声も絶頂。そしてトロッコはニコルとギュリと座席位置がトライアングル状態になる微妙な位置で停止して、ニコルにもギュリにも微妙な距離。しかしギュリよりはニコルのほうが頻繁にこちらを向いてくれていて、ついニコルのほうにも目が行ってしまう状態。

いや、そんなことではいかん!女神になんとしてもひと目頂かなくては!と「ギュワーーー!ギュリーーー!!!おおおおー!」と絶叫。そしてなんとか0.2秒くらいこちらのほうに目を向けてくださった瞬間が!あったような!気が!する・・・。

その時に目と目で交わされた会話は原稿用紙20枚ほどに及びますので、ぜひ知りたいという方は個人的にメッセージを・・・。

ちなみに隣に座っておられて女性2人組は韓国語で「バン!」と書かれ拳銃の絵が付いているボードをかざして、"My Boy"で帰ってくるハラとスンヨンから「バン!」と手ピストルのモーションを貰って狂喜していました。なるほど、こうすればいいのかー。次回から参考に・・・。

後方サブステージでの掛け声は前日の「神戸!」「牛!」から「KA!」「RA!」に変更。
「神戸牛」というブランドが登録商標されているからだと思います。ビデオ収録ともなると、いろいろ大変です。

衣装換え明けの『サンキューサマーラブ』からコンサートの盛り上がりも最高潮になるはずなのに、最後のMCに向けての緊張感が再びやってきて、胃痛・発熱も再びマックス。もうなりふりかまわず無我夢中で応援するしかないという状況。『GO GO サマー!』、終わらないでほしい、この曲。延々とあのカラパラが続いている状態でいてほしい。終わると最後のMCが始まってしまう・・・。

そしてその時はやってきて、しかもMCのトップバッターがニコル。
明らかに涙をこらえているのがわかって、「2ヶ月の間、みんなと・・・」と言ったところで嗚咽が漏れて号泣。ジヨンが優しく涙を拭いて励ます。観客から全力のニコル・コール。
「辛い時もありましたが、皆さんと歌いたい理由、踊りたい理由を思い出すことができました。がんばりますから見守っていてください。愛しています。」

ジヨンは雰囲気を明るくしようと「私たちのオ・モ・テ・ナ・シはどうでしたか!」「今日は最後なので言いたいこと全部言います。私がKARA KIDSに入ってもまだ行けるんだなということです。」とか地方公演で食べた名物が印象に残ったことなどを言って場を盛り上げるも、感謝の挨拶をするにつれて涙声になり、観客から声援。最後に韓国語でかなり長めの挨拶。翻訳が欲しいところです。日本語の堪能なジヨンが前回や東京ドームでは見せなかった韓国語トークには母国ファンへの想いが込められていたと感じます。

そして、ギュリ。「ちょっと場の雰囲気を変えたいです。」と前置きして、「twitterでさいたま弁まで作ってくれたのに神戸弁を使わないのかと言われたので、特別に私が作ってきました」と言い会場から「おおおー!」と期待の歓声。息を整えるギュリ、
 
 
神戸の皆さん!最高べ!・・・あの・・・ 盛り上がって行こうべ!
 
 
とURAKARAのきたろう演じる山本編成局長並の血も凍る氷点下のダジャレを飛ばす。
約1秒間、会場中に氷河期が訪れるも一瞬後に大歓声。

これこそが我らが愛すべきKARAのリーダー、女神ギュリの真骨頂。

スンヨン、ハラも「わー、いいじゃん!いいじゃん!(ほぼ棒読み)」で喝采。

号泣していたニコルも一瞬硬直し、頭の中で
「・・・。さいこうべ。え、最高べ?、この状況で最高べ?・・・」

嗚咽を漏らしていたジヨンもフリーズし、頭の中で
「最高べ・・・。姉さん、方言とダジャレの違いわかってるの・・・。わざとなの?・・・」

(注:私が勝手に考えたものです)

私もショックのあまり一時的な記憶喪失を起こし、帰宅してtwitterに感動のコンサート速報を上げる予定が唯一覚えていたのが「最高べ」で、そのことだけを書いて気絶。

そのまま夢の中でも「最高べ!」「盛り上がって行こうべ!」が延々とループされ、うなされてハッ!と起きると汗びっしょり。そしてそのツイートは70回くらいリツイートされていました。(全て実話)

要するにギュリはやっぱり最高のリーダーだということ。

続けて「私のコンサート初日で歌ったのが『あなたがいるから』で、皆さんを想いながら歌いました」という感じのMC。「その後フリがあるなら、今日は『あなたがいるから』を歌えよ!ギュリ!」とツッコミたくなるのをガマンして感動のMCに耳を傾ける私。最後はギュリも泣くのをこらえている状態。ギュリの本音にこちらも涙。

スンヨンもハラちゃんも涙をこらえつつ感動の感謝のMCをしましたが、「さいこうべ」の後で意識が朦朧としていてよく覚えていません。すみません!WOWOW放送やDVDでチェックしてください。

『ジェットコースターラブ』はまだ涙も乾かないままでのパフォーマンスで、もう会場中が必死の盛り上げ。

アンコールではピエロが登場してKARAコールをアピール。苦労したピエロも最後に華を持つことができて良かったです。

『ミスター』に続いて『スウィートデイズ』で再びトロッコでやってくるメンバー、行きはハラちゃんとスンヨン、帰りはニコル、ギュリ、ジヨン。皆一瞬ながらこちらのほうにも目を向けてくれた気が。
そしてギュリとは再びアイコンタクトが (会話の内容はもう言いません!すみません!)。

『SOS』は最後の最後にポジティブな明るさで最高潮に盛り上がるにはもってこいの名曲です。そうURAKARA時代の苦難を知っているKAMILIAなら誰もが想い入れのある曲。

最後にギュリが「この曲を皆さんへの感謝の気持ちを込めて歌います」と「今、贈りたい『ありがとう』」の準備。そこでステージ後方の掲示板に「WE ♥ KARA」と書かれた大きな垂れ幕が掲げられてメンバーへのサプライズ。涙するメンバー。気を取り直してしっとりと歌いはじめる。

その後の終盤のクライマックスのところで大阪初日のようにファンが企画したメッセージを書いた紙を掲げるサプライズ企画。なぜか私はそういうものを配布していたことを全く知らず、用紙を受け取っていなかったので参加できず仕舞いでした。ジヨンによると「永遠に一緒にいて」と書かれていたようです。

涙を拭っての"STEP"でとうとうツアー完全燃焼。燃え尽きました。

終演を告げるアナウンスが声高く3回も入るも鳴り止まないアンコール。礼儀正しいKAMILIAとして考えれば、撤収作業や会場のレンタル時間の邪魔にならないよう帰途につくのが本当でしょうが、twitterで書かれていた人がいたように、理性など通じない幼児が「ダダをこねている」ような状態でヤケクソ気味な声援。

そして、「なんで帰らないの!」とダメ押しでメンバーが登場し、最後の感謝の挨拶。
絶叫で会場の屋根は崩れ落ち、アリーナは涙でプールと化し、精魂尽き果てたKAMILIAの立ち尽くす姿。

ツアーをファイナルまで大成功させたことが何よりもKARAを励ましたことでしょう。5人の奇跡のような努力で成し遂げられた素晴らしい空間に立ち会えたことに感謝。そして心からお疲れ様と言いたいです。

ギュリのアンコール最後のMC「来月韓国でDSPフェスティバルがあるからぜひ見に来てください」。まだまだパーティーは終わらないようです。


KARASIA 3rd ツアーに続く。


Kobe World Hall 23. 24. November, 2013

■Setlist

01. Lupin
02. Jumping (Japanese Version)
MC
03. PANDORA
04. Damaged Lady
05. 2Night
06. Miss U
07. Pretty Girl
Rock You / KARA KIDS with Ji Young (Dance Performance)
08. We Will Rock You (Queen) / スンヨン・ソロ
09. White Love (Speed) / ギュリ・ソロ (23日)
09. KISSして (Gyuri+ 柴崎コウ) / ギュリ・ソロ (24日)
10. We Found The Love (Rihanna) / ニコル・ソロ
11. Glamorous Sky (中島 美嘉) / ハラ・ソロ
12. 学園天国 (フィンガー5) / ジヨン・ソロ (23日)
12. Young Man (Y.M.C.A.) (西城秀樹・Village People) / ジヨン・ソロ (24日)
13. HANABI
14. Runaway
15. Winter Magic
16. French Kiss (New Single)
Clown Performance
17. Bye Bye Happy Days
18. Girls Power
19. My Boy (Japanese Version)
20. Thank You Summer Love
21. Go Go Summer!
MC
22. Jet Coaster Love
encore
23. Mr.
24. Sweet Days (Japanese Version)
25. SOS
MC
26. 今、贈りたい「ありがとう」
27. STEP

|

« KARASIA 神戸公演 初日速報 2013年11月23日 ワールド記念ホール | トップページ | Perfume 大阪公演 2013年12月8日 京セラドーム »

コメント

レポート、読ませていただきました。ありがとうございます。

冷静な所見、細部に食い込んだレポート。商標権のところは思いつかなかったですねー。さすがです^^
と、思いきや。カオスなtangerineさんワールド全開ww
KARAが(ギュリが?)そうさせたのか、もともとそういう方だったのか?楽しませていただいてます。

私も映画館で観戦していて涙腺が決壊したのですが、この記事で最後の登場を知ることが出来、再決壊してしまいました。
もはや疑うこともない。WE love KARA!

素晴らしい記事に感謝です。

いつかtangerineさんに会ってみたくなりました^^
こちらは、ただのしがないおっさんKAMILIAですがwww


あ、そういえば、さいたま2日目にジヨン天使と2秒間見つめ合って心肺停止したことをお知らせしておきます^^

投稿: blankeist(KARAnkeist) | 2013/11/26 11:28

こんにちは。

KARAのツアー最終公演に行かれたのですね。
大変お疲れ様です。

私は東京地元の映画館でライブビューイングで観ていました。

スクリーンからも神戸のファンの皆さんの大変大きな声援が伺えました。

おそらくそれまでの公演とは趣の違った、KARAの5人体制を望む多くのファンを代表したような本当に気持ちが入った声援だったでしょう。

私もその場にいたかったです。

コンサートの模様をライブビューイングを通して観るのが初めてだったのですが、

私が横浜、埼玉と直接現地で観たKARAの今回の公演と比べると、スクリーンだけを通して公演を観る為か、KARAの5人の表情や動きが集中してよく観れました。

今回の神戸の最終公演の5人の終盤の挨拶では、
ニコルさん、ジヨンさんと既に契約更新を済ませた3人とでは、気持ちの入り方が違って見えました。
ニコルさん、ジヨンさんは涙の量も多かったように見えました。

ニコルさん、ジヨンさんはまだ正確にははっきりしていない状況である来年以降の事に関して、示唆するような感じのようにも思えて、・・・・なんか切なかったです。
来年も5人のKARAが見たいなあ・・・。

でもハラさんが、「また来年もKARASIAツアーが出来るように頑張ります」とコメントしたのは、ファンの皆が安心出来るようで嬉しかったですね。

ラストのSTEPが終わって、神戸の会場の人の「KARAちゃん」コールの途中でライブビューイング会場ではコンサート映像が終わってしまったのですが、

神戸会場では、その後KARAの5人がもう一度挨拶にステージに現れたようで、そうなって欲しいと思っていたので、大変良かったですね。

今後はどんな形になっていくか分かりませんが、それでもKARAの5人を応援したいですね。

明日新曲の「フレンチキス」が発売されますが、今の時点では、プロモーション活動は無いのでしょうかね。
今回はリリースイベントもないようですし・・・。

でもこの曲いい曲ですね。

日本のユニバーサル・ミュージックとはまだ来年以降の契約更新はしていないようですが、どうなるのでしょうね。
来年からのKARAの日本活動に関わってくることですし・・・、少し・・というより一体どうなっているのか大変心配です。

でもそれでもKARAの5人から歌やコンサート、イベントを通して頂いたものは大変深く大きいと思うので、今後も5人を応援したいですね。
KARAを通してtangerineさんとも知り合えたわけですし。

tangerineさん、今回も大変詳細なリポートありがとうございました。
今後も有難く、楽しく拝見させて頂きます。

投稿: トシ | 2013/11/26 11:29

おはようございます!

KARAロス症候群に陥り、感傷的になって打ちひしがれているであろう全国のKAMILIAをよそになんてポジティブな(^^;いつも?のtangerineさんで安心しました。
かく言う自分は前者の方で只今絶賛無気力状態中なのでありましたが、またまた不覚にも声に出して笑ってしまいました。「なんで帰らないの!」まさしくその通りでツボです(^^;

我が街に上映する映画館はなかったのですが、いてもたってもいられずとはこの事で遥々南下。こちらは会場の異様な熱気とは違い、固唾を飲んで見守るといった雰囲気でした。

lupinはメンバーが降下してくる演出でしたっけ?見落としたのかな?とにかく「エオッ!エオッ!」からアドレナリンがMAX。1曲1曲が終わるごとに胃がキリキリするのはボクも同じで、その度にオープニングに時間を巻戻せたなら、と(^^;

ギュリ姉さん「もうあなたってしょうがない人ね」と言わんばかりのあの表情、もうすっかり大人の女性そのもので、あの母性にtangerineさんもやられるのではと(^^;ボクもメンバーそれぞれの感想やライブの総評を言えば100頁?くらいは書けてしまいそう(^^;

それにしても、ラストのMCであんな取り乱したニコルを見たこと


投稿: | 2013/11/26 11:44

がなかったので正直かなり胸に来るものがありましたね。
もう誰かニコルからしがらみを全部取り除いてあげてほしいです。

*すいません、なぜか途中で上げてしまいました。

投稿: tak | 2013/11/26 11:51

tangerineさん、こんばんは。神戸最終公演の詳細なレポートありがとうございます。コンサート前の緊張感と会場の大声援がよみがえってきますね。 DVDに残すため細かい所がいろいろかわってたんですね。飛び入りジヨンは着ぐるみの方が可愛かったのに、、最後はまさに「絶叫で会場の屋根は崩れ落ち、アリーナは涙でプールと化し、精魂尽き果てたKAMILIAの立ち尽くす姿。」が当時の全てを言い表していますよ。私もそのままの姿でした。3回の終演アナウンスをかき消すカラチャンコール。。。。昨日今日と果てしなくこみ上げる気持ちを抑えるのが大変です。熱出して仕事にならない状態で。いいおっさんがなんでそこまで?と思うのですが。。それがKARAなのか?なんて思いながら、この大声援はDSPに届くかなぁ?状況を変えるキーにならないかなぁ。と希望的に思ったりもします。来月のDSPコン、韓国に行きたい、いやライブビューにしようかと悩んでいます。これからもKARAレポート楽しみにしています。

投稿: tanyoshi49 | 2013/11/26 19:47

tanさま
おつかれさまです。心ココに有らず的な心中お察しします。通常版のtanさまには見られないボケとツッコミの多さにジワジワとこみ上げてくる何かがありますね・・・胃酸ではないですよ。伊藤家も夫婦で燃え尽き症候群になってますが、きっと来年もステキなKARAと会えることを信じてます。その時はまた冷製珍着なブログをよろしくお願いしますよ!!アンニョン

ps.サプライズの紙もらってないなんて奇跡的…伊藤家あちこちで5回位は「持ってますか?」声かけられましたよ。言ってくれれば持って行ったのにぃ〜ww

投稿: 伊藤@愛媛 | 2013/11/26 22:18

こんにちは。開演前の待ち合わせの件では、大変お手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。お会いできなくて残念でしたが、また来年がお会い出来ると信じて今日から生きていきます。
tangerineさんも本文で書かれていますが、この日はオープニングビデオが流れる前から、客席のあちこちからメンバーの名前を絶叫する声が響いていて、臨戦態勢200%以上の異様な雰囲気を感じました。
私は個人的にニコルペンということで、今回のツアーには複雑な思いで参戦しておりました。横浜・福岡・埼玉と来てラストの神戸。神戸の前まではライブ中も「次も会える」とまだ心に余裕っぽいものがあったのですが、いよいよ最後の最後(考えたくないですが色んな可能性含めて)。会場の異様な熱気と相まって、自分でも驚くようなハイテンションになっていました。(まだ声がおかしいです)
座席はアリーナ席53列目、ステージ向かってトロッコ左通路から5番目で、トロッコ通過の際だけ接近遭遇可能な場所でしたが、この日はこの場に居られる喜びだけで十分でした。
と言いつつも、手づくりのメッセージボードを掲げてトロッコのニコルに必死にアピールすることは忘れませんでした。福岡の時も大感激したのですが。神戸でもトロッコのニコルから指さし認証頂けました。手づくりの物に反応してくれるというのはこんなに感激するものかと思いました。
涙腺の方は最初から危うくて、大型スクリーンにニコルがアップになる度にジワっと込み上げてくるものがありました。MCから「今贈」のところは号泣状態で、コンサートであんな状態になったのは生まれて初めてでした。こんな状態でSTEPを歌えるのかな?と思ってましたが、やはり厳しかったですね。ジヨンの踊ることも出来ない姿がとても印象的でした。
私の人生の中で最も忘れられないコンサートであることは間違いないですし、前にも書きましたが11月24日神戸のKARASIAに参戦出来た幸運に感謝しています。

投稿: OZ | 2013/11/26 22:38

すばらしいレポート、ありがとうございました。もう、おかしくて、何度もふきだしてしまいました。ほんとに良かったですよね。これからもずっと、応援していきたいです。今後ともよろしくです。(^o^ゞ

投稿: ふくりんたー | 2013/11/26 22:48

いつも素敵なレポートありがとうございます。
本当に素敵な、忘れることが出来ないコンサートでしたね。
私は映画館でしたが、現地の熱狂の凄さは確実に伝わってきましたよ。
なお、胃痛の場合には、ちゃんと医者にいった方が良いですよ。
私は症状を話したら、胃薬の他、精神安定剤、睡眠薬まで処方されましたからね。
あと、本当に私ごとなんですが、今日、かみさんと娘と孫を連れてディズニシーに行ったんですね。
まあ、日頃の罪滅ぼしのために運転手兼荷物番として。
ところが、あそこには、いい年をしたおっさんがきぐるみを着ていたり、はでなパーカーを着ていたりで、本当にkarasiaを思い出しちゃうんですよ。
ショーを見ても思い出したりして、自分はかなり重症なんだなと自覚しました。
皆さんも気を付けましょうね。

投稿: ゴルパパ | 2013/11/27 02:06

tangerineさん、こんにちは。
何時も素晴らしいレポお疲れ様です。
私もあの場に居て、あの感動を味わえたこと
本当にうれしく思います。
福岡で既に2回観ているにもかかわらず
Lupinのイントロが流れた途端にゾクゾクっと
背筋が震えたのを記憶しています。
私はアリーナ12列目のやや左側だったので
センターステージやトロッコなんかも
すぐ傍で観ることができましたしいい思い出が
出来ました。

karasia2014も現メンバーで行われることを
切に願っています。。。

投稿: | 2013/11/27 15:20

>blankeist(KARAnkeist)さん

コメントありがとうございます。

今回は大阪に続きカオスです。というか冷静になっても先のことを考えると辛い気持ちになって、テンションを高めるためにちょっと暴走気味です(笑)。

映画館でも感動を味わえたことかと思います。最後はちょっと撤収作業に支障をきたしていたこともあり、KARAが出てきて収拾をつけないわけにはいかなかったところもあると思います。が、あの大歓声は凄かったですねー。

ジヨンとのアイコンタクト。羨ましいです。今回はジヨンも本当に姉さん達を支えてくれて、たくましく頼りがいのある末っ子に成長したなーと感動しました。

投稿: tangerine | 2013/11/27 19:56

>トシさん

ライブビューイングお疲れ様でした。

やはり会場で見られない分、ベストなカメラアングルで生中継を見られるのはメンバーの繊細な表情を追えて良いですね。

ニコルがあそこまで号泣するとは思いませんでした。アメリカ人だし、わりと割り切ってMCすると思いましたが、まさかの号泣。もうこちらも辛くて、辛くて・・・。

ジヨンはその分、冗談も言って明るく務めていましたが、やはり最後は涙声になったし。

本当にどうなるか、心配ですが、5人の未来を祝福し、応援していきたいものです。

「フレンチキス」、カップリングの「ガールフレンド」も含めてよいですね。プロモーション活動が限定的なのが残念です。生で2回聴けたのは本当に貴重でした。

ユニバーサルとの契約は終了との話ですが、日本語曲を自社レーベルで作ってダウンロード配信や日本の他のレコード会社と流通契約をすればこれからも聴ける可能性大ですね。期待したいです。

来年もKARAを盛大に応援していきたいです。

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:12

>takさん

なんというか感傷的になってしまってる部分もあるのですが、どっぷり浸かってしまうと再起不能になりそうで、コンサート前に十分に落ち込んでおいて、コンサート後はブログのために自分を奮い立てた感じです。

まあ女神の持ち前の個性に助けられた部分が大きいですねー。

ライブ・ビューイングのための遠征というのも大変でしたね!『ルパン』はいつもどおり降下してきました。メンバーのアップだけを映していたらあまりそのへんは分からなかったかもしれませんね。

ギュリは今回の髪型が一番好きで、本当に美しく可憐な女性になりましたねー。コンサート翌日の道頓堀で写した写真などため息が出るほど綺麗です。

ニコルには本当に心の安らぎを与えてあげればと思いますね。どうなるかわかりませんが、来年も飛躍できるよう応援したいです。

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:20

>tanyoshi49さん

ジヨンの着ぐるみ、大阪で買ったとMCしてましたが、商標キャラクターだったのがちょっと難だったようですね。微妙に違うヒヨコをビデオ用に造ったら良かったかもしれませんねー(笑)。

体調が悪くなるほどの応援、大変お疲れ様でした。私は先に体調悪くしておいたので、後のダメージはだいぶんカバーできました。

DSPフェスは、なぜ普通のKARAの単独コンサートにしなかったのかなーと疑問に思うところもあるのですが、事務所としての節目なのかもしれませんね。

KARAとRAIBOWのFIN.K.Lトリビュートは見ものですね。ライブ・ビューイングに行こうと思っています。また感想を書かせていただきます。

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:26

>伊藤@愛媛さん

もう女神が「パチパチパンチ」を出してきた以上、こちらも大阪人としてのボケ・ツッコミでレポートするしかない!と思って、がんばりました!

いや、なんか冷静に書いても湿っぽく現実の残酷さを思い知らされる文章になりそうで・・・。

来年は心機一転して冷静にレポートしたいです!

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:29

>OZさん

こちらこそ、大変申し訳ありませんでした。ブログにも書きましたが、熱っぽいのとお腹痛いので、フラフラな状態で、うまく待ち合わせできず本当に申し訳ありません。

本当にあの日はそれまでのKARAコンにない、別次元のテンションが存在していましたねー。今にも爆発しそうな「殺気」に近いものを感じました。

ニコル・ペンとしては本当に大変な想いでの応援だったと思います。手作りボードでの認証、良かったですね!次回は私もギュリ用に作ってみようかなーと。

一生の思い出になるコンサートに立ち会えたことを人生の宝としていきたいものですね。

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:35

>ふくりんたーさん

今回もまたまたいろいろお世話になりました。

前日に忌憚のない本音トークができて、だいぶん気分がスッキリしました。

来年も全力で5人を応援したいですね。そちらにもまた遠征したいです!

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:37

>ゴルパパさん

ありがとうございます。

映画館でも、あの場の別次元の熱気を伝えられたようで、その場にいた者として嬉しいです。

胃痛・発熱はプレッシャーかかるとすぐなってしまうので、いつも一時的なものです。ずーっと痛いようならご忠告通りにお医者に診てもらうようにしますね!

ディズニー・シーの家族サービスお疲れ様です。私はディズニーランドもUSJも行ったことないのですが、着ぐるみの人多いのですね。

今年の3月のユニバーサルのアーティストの合同コンU-EXPRESS LIVE 2013でも、KARAファンの着ぐるみにびっくりしている人が沢山おられたようで、やっぱりKARASIAならではの世界なんですねー。

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:44

>さん

福岡に続き、ファイナル遠征おつかれさまでした。

もう『ルパン』から1曲1曲を噛み締めるように聴き入ってしまいました。

ベストの席で鑑賞されたようで、最高の感動を体験できたようで、とても羨ましいです。いつかはそういう最高の位置から見てみたいものです。

KARASIA 2014、ぜひ5人で実現してほしいものですね。

投稿: tangerine | 2013/11/27 20:54

tangerineさん、はじめまして。いつも詳細なレポートを上げていただきありがとうございます。
神戸公演は他公演とは別次元との事で、私は神戸には行けなかったのですが、やはり行くべきだったと後悔しています。これほどのすばらしいステージ、その空間に立ち会いたかったです。

ですが私が参加した横浜、埼玉でも十分すぎる感動をくれた彼女たちに心から感謝したいです。
12月にはDSPコンもありますが、少しでも体を休めてほしいと思います。


さあ、3rd Japan Tour Karasiaに向けて貯金をしないと(^0^)ヘ


それから 最後にパーンと落ちてきた銀テープ今ツアーでもGETできなかったです。思い出に一本欲しかったのですが。

投稿: ヤマ | 2013/11/27 22:51

お疲れ様です、tangerine さん。
終わってしまいましたネエ~。あれほどワクワクして会場ごとの盛り上がりでブログを賑わしていたことが懐かしくさえ思えます。
しかしながら、まだ私は11/24の余韻をまだ引きずっており、涙腺がまだ開きっぱなしです。『 今、贈りたい「ありがとう」』は、しばらく耳から封印してあります。
 今回はライブビューイングとして映画館からの遠隔参加となり、初めての経験でした。
 109シネマズMM横浜のシアター9(280名収容)で、満員だったと思います。50館以上が上映していたので、ざっくり ワールド記念ホールと同等の観客がいたのでしょうね。
スクリーンサイズは15.1m x 6.3mと600インチ超でしょうか、ちょっと自宅には大きいかな(笑)
でもまた自宅にスクリーンを下したくなってきました。ひとりでペンライトを振り回して声援を上げてみたいです。
なんか一足早く『KARA 2nd JAPAN TOUR 2013「KARASIA」』BD/DVDの視聴をしているみたいでした。それもリアルタイムで・・・(笑)。本当にこのままプレスしてもGoodと思いました。また、同じ視聴する機会があったら参加したいです。
 ライブビューイングの雰囲気は、と言うとやはり現場との空気感が違い、固い印象でした。しかし進行するにつれ少しづつ会場と同じ空気感になってきたかと思います。さすがに立ち上がるのは躊躇しました。それでも皆さん、ペンライト持参して声援を送っていましたね。私も会場に行くのと同じスタイルでペンライト&タオルで、だんだん会場の雰囲気に呑まれていきました。双眼鏡も持ってきたのですが、用無しでしたね。(笑)
 会場の雰囲気、立ち上がりから尋常でなかったですね。始まる前からの圧倒される威圧感、思わず"ウッ"と唸ってしまいました。始まってからの本当に一糸乱れぬ掛け声!飛ばしていましたね!
 私の一番の圧巻は、やはりハラちゃんのソロ。ローアングル(舞台の端でしょうか)でハラちゃんをスクリーン一杯に映していました。マイクにありったけのパワーを注ぎ込む姿、ウオ~ォ~ォ、カッケエ。鳥肌~~~~。素敵です。
 また、このスクリーンで今まで見えなかったものが見えました。
・KARAも汗をかくんだね。
・ニコル、ペンダントをしていた。
・サプライズでファンを映している中に、「KARA..ing」が映っていた。
あッ、そういえば掛け合いも「KA」、「RA」やりましたよ。

 そして、最後のMCでのニコル。
ニコルがしゃべると、一気に声が聞こえなくなりましたね。皆が固唾(かたず)を呑んで注目している緊張感がピリピリ伝わってきました。
2度のサプライズの後のメンバのアップ、辛かったです。最初、気丈にしていたギュリさえも号泣。メンバ皆いろいろな思いが走ったんじゃないかな。本当に辛かったです。
ただ、ハラちゃんの「来年もKARASIAをできるように・・・」が救いでした。
こんなコンサートもあるんですね。

WOWOWも、ぜひともノーカットでお願いしたいです。
BD/DVDでは、2ndディスクにギュリ・ソロのフルバージョンを収めて頂きたいです。

投稿: b.t | 2013/11/27 23:46

おはようございます!

いえいえ、ボクのようなKARAロス患者の為にあえてポジティブなレポートにしてくれたのでしょ(^^;さすがです。
おかげ様でだいぶ気が楽になったような感じがします。
前にKARABOARDで翻訳されたtangerineさんの記事を覗かせてもらいました。翻訳された方も凄いですね!続編を期待されてる韓国KAMILIAさんもいらっしゃるようで・・・というかKARAのメンバー、特にギュリ女神にはぜひ読んでみてもらいたいですね(^^;tangerineさんのこの壊れよう、狙ってるでしょ?

そうですね、ニコルやメンバーみんなが良い方向に向かうといいですね。ニコルとジヨンの涙、しんみりさせまいとボケ役に徹したお姉さん達。ハラちゃんに至っては「来年もKARASIAやるぞー!」とKARAとしてやっていく決意表明のように感じました。例え、別々の活動になったとしても、周りがなんと言おうとKARASIAにはみんな合流してくれる、これが最後じゃない、と勝手に確信しています(^^;

それにしても、ランチに500円使う事にも悩むボクに2500円のパンフを躊躇なく買わせるKARA、恐るべし(^^;DVDも待ち遠しいです。というか、2500円!?これはもう額にでも入れておかないとですね(^^;

P.S 前回どうして途中で上がってしまったのか不明です(^^;高速ブラインドタッチで打ち込んでいるのでヘンなキー叩いちゃったのかな?
誤字、脱字お許し下さい。ではまたレポート楽しみにしています!

投稿: tak | 2013/11/28 09:49

こんばんは。

tangerineさんは胃薬服用でライブに挑まれたんですね。
私は開演1時間ほど前に頭痛薬を飲んでライブに挑みました。

仰るように、KARA・スタッフ・観客が一体となった奇跡のような空間でした。

今回の神戸2DAYSに参加して、もし来年現状のままのKARAでなくなっても、変わらず応援しようと言う気持ちを強くしました。
二コルにもジヨンにもそれぞれの人生と夢ががあります。
それを捨ててまでKARAとして生きてくれとは言えません。
でももう一方に、まだまだKARAとして生きようとする三人もいる。
それならその気持ちに応えて行こうと。
もう二人が脱退しちゃうの決定前提で話してますけど、もちろん正式な発表があったわけでもありません。
もし最悪そうなっても、私の気持ちは変わらないよと。
そんな想いを強くしました。

さて、あのメッセージを掲げるサプライズ。
私もあの用紙を貰ってない悲しい哀しいKAMILIAの一人です。
観客のみんなが一斉にメッセージを掲げた瞬間。
「あれ?何?俺持ってないやん....。」あの一人だけの疎外感は相当なものでした。
でも私だけじゃなかったのね、ちょっと安心しました(苦笑)。

投稿: にゃんち | 2013/11/28 19:08

にゃんちさんのコメントのしめが切なすぎて泣ける(/-;

投稿: 伊藤@愛媛 | 2013/11/28 20:42

>ヤマさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

横浜、埼玉と見られたとのことで、さいたまのギュリ方言(というかオヤジギャク)をぜひ生で聞いてみたかったところです!

神戸は特別な公演でしたが、その地方地方だけの思い出に残るような特別なステージをやってくれて、1回しか見られなかったファンも良い思いでになったかと思いますねー。

3rdツアー、いつ発表があっても良いように準備整えたいですね!

銀のテープ、私もゲットできませんでした。ああいうものが落ちてくるような近い席で見てみたいものです。

投稿: tangerine | 2013/11/29 17:46

>b.tさん

映画館でのライブ・ビューイングお疲れ様でした。満員だったとは凄いですね。やはりファイナルは特別ですね。

最近は配信技術も髙クオリティでサウンドも良かったでしょうね。おそらく若干編集したヴァージョンがそのままWOWOWで放送されるかと思います。
1stツアーや東京ドームのように、さらにスイッチング編集したものをDVD・Blu-rayにするかと。

生中継のライブ・ビューイングは皆静かに見ていたソウルのファンミーティングしか見たことないので、画面に向かって立ったりペンライト振ったりするノリがどういう感じなのか、ちょっと想像つきません。来月のDSPフェスもKARAだけじゃないし、ペンライトとかのノリではないかも。

ハラちゃんのソロは本当にヴィジュアル的に完璧すぎて、うっとりしてしまいました。あれをいかに完全なアングルで映像化するか期待したいところです。

最後のMCのことを思い出すとまた胃が痛むので、辛いです。本当に来年もKARASIAを実現してほしいものです。

ギュリのソロはぜひ完全版をパッケージにしてほしいですね。

投稿: tangerine | 2013/11/29 17:55

>takさん

ファン的にポジティブに向かっていかないと年が越せないような気がして、気持ちから気楽にしていきたくて、割と壊れた感じの文章になりました(笑)。なんとか来年を良い年にしたいものですねー。

KARABOARDに翻訳してくださった方、本当にご苦労されたと思いますが、翻訳を前提に書いてないので、微妙な表現とか難しかったと思います。

今回は完全に崩壊気味の文章に加え、「パチパチパンチとは何か?」と吉本や関西人のノリ・ツッコミ気質から説明しないといけないので翻訳は難しいかと思っています(笑)。

どのような未来が待っていようと「KARASIA」という開演前の会場前から既に始まっているファンとメンバーが一緒に築き上げる盛大なお祭りは、メンバー全員を称え、心を一つにするものとして永遠に残したいものですねー。

今回のパンフレットは装丁も解説も良くて、かなり値打ちものだったと思います。洋楽ロックだと、もっとペラペラで2,500円のものもありますからね~。

無記名アップ、私も別のブログでよくしてしまうので、お気になさらないでください~(^^)

投稿: tangerine | 2013/11/29 18:06

>にゃんちさん

頭痛薬を飲んでの参戦、お疲れ様でした!

まだまだ若いメンバー達だし、自分が納得のいく人生の未来に向かって夢を追ってほしいものですね。ファンとしてはそれを応援していきたいものです。

今回は本当に「見に来た私がサプライズ」状態でしたね~。次回のKARASIAではぜひリベンジで「サプライズできなかった人によるサプライズ」のメッセージ・ボードでも作ってみましょうか(笑)。

投稿: tangerine | 2013/11/29 18:10

>伊藤@愛媛さん

切ないです!次回リベンジです!

投稿: tangerine | 2013/11/29 18:11

>伊藤@愛媛さん

私なんかの為に涙して下さって恐縮です(笑)。

伊藤さんは、あちらこちらで5回も声をかけて貰ったんですね。
きっと奥様と一緒に優しい温かい空気を醸し出していらっしゃったんだと。

正反対に、私は頭痛を薬で抑え込んで、眉間にシワ寄せて会場に向かってたんでしょうね、きっと。
そんなおっさんには、近寄りづらかったやろなぁ~(苦笑)。

次回は、今回同じ境遇だったKAMILIAやtangerineさんと共に笑顔でリベンジします!

投稿: にゃんち | 2013/11/29 19:34

tanさま にゃんちさま
ネクストステージでは銀テープとサプライズの喜びをぜひとも分かち合いましょう!!万全な体調管理とスマイルで(^口^)/

投稿: 伊藤@愛媛 | 2013/11/29 19:56

おはようございます。

DSPフェスのライブビューイングに行かれるのですねー。
なにやらライビュー限定でKARAの別枠中継?があるみたいだし、怖くて観る勇気がありません(>_<)
まぁ遅かれ早かれ(^^;なんですけども・・。

投稿: tak | 2013/11/30 06:52

>にゃんちさん、伊藤@愛媛さん

もう笑顔でリベンジのためにも、絶対KARASIA 3rdツアーはやってくれると信じています!
(v^_^)v

投稿: tangerine | 2013/11/30 10:17

>takさん

DSPフェス、2011年ソウルの1stファンミーティングの時のように同時通訳を入れてくれるのでしょうかねー。

何か重大発言があっても、通訳なしでは厳しいです。
(>_<)

投稿: tangerine | 2013/11/30 10:19

お疲れさまです!
ネットでKARAネタを拾ってはソワソワしてる日々です(^^;
神戸の「なんで帰らないの?」の挨拶、映像で確認しました。感傷的な気分もあれで笑ってしまいます(^^;

DSPフェスの件なんですが、KARAの別枠中継は日本向けのものだと思い込んでました(^^;
ライブビューイングは日本だけじゃないですね(^^;でも韓国では日本語でのメッセージはありえないんでしょうか?
KARAのファンは日本と韓国が圧倒的に多いはずですから、やはり同時通訳という形になるのでしょうかね。
もし重大発言というなら行かなきゃですが、仕事、そして上映場所が・・・。
またtangerineさんのレポも待ちたいと思います・・・。

投稿: tak | 2013/12/02 18:26

>takさん

DSPフェスのライブ・ビューイング、おそらくは日本だけかと思います (ライブ・ビューイングの習慣のない韓国内や他のアジアで実施しても利益が出ないかと)。

11年の復活ファンミーティングの時は同時通訳入りで、KARAも本国でのファンミだったので日本から来たファンへの挨拶の時とプレゼントコーナーで日本の人が当たった時以外は日本語では喋りませんでした。

うかつにも梅田・難波と近所の映画館は売り切れてしまい、郊外の茨木市まで遠征予定です。

またまたレポートさせていただきます。

投稿: tangerine | 2013/12/04 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/58646544

この記事へのトラックバック一覧です: KARASIA 神戸公演 2013年11月23、24日 ワールド記念ホール:

« KARASIA 神戸公演 初日速報 2013年11月23日 ワールド記念ホール | トップページ | Perfume 大阪公演 2013年12月8日 京セラドーム »