« DSP FESTIVALの予習 | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします。 »

2013/12/17

DSP FESTIVAL ライブ・ビューイング 2013年12月14日

Dspfesliveviewing01

●DSPフェスティバルを読み解く

12月14日にソウル蚕室室内体育館にて開催された DSPメディア創立22周年記念ファミリー・コンサート「DSPフェスティバル」のライブ・ビューイングを大阪茨木市のイオンシネマ茨木にて鑑賞しました。

当初、近所の大阪市内の映画館で見る予定が速攻で完売してしまい、郊外までの遠征となりました。こちらも100席のみの小さなスクリーンでしたが完売。
2011年のKARAのソウルにおけるファンミーティングのライブ・ビューイングではあった同時通訳が無く、MCはほぼ理解できませんでしたが、何となくこういうことを言っているんだろうなという雰囲気は想像できました。しかし高額なチケット代を取るライブ・ビューイングだけに同時通訳の1人くらいは用意して然るべきだったと感じます。

KARAの日本ツアー後、年内に公に見られる最後の舞台ということで日本からも多くのKAMILIAが極寒にもかかわらず遠征され、私のtwitterの知り合いも見に行かれた方が何人かおられました。

ネットニュースとYouTube映像などを韓国語翻訳ソフトを使ってひっかきまわして自分なりに調べたセットリストはおおむね下記となります。間違いもあるかもしれませんが、おそらく韓国のファンサイトなどに正確なセットリストが上がっているかと思いますので、そちらもご参照ください。

■KARA
Step
Lupin
JUmping
Damaged Lady

■A-JAX
ONE 4 U
INSANE
Snake

■RAINBOW
Mach
Tell me Tell me
Sunshine
A

■オ・ジョンヒョク
死ぬほど
逍遥遊

■Click-B
MADLY
BUT
星の王子様 (Ash Gray)
空よ
百戦無敗

■RAINBOW & A-JAX
私は止まらない (ZAM)
最近私たちは (COCO)
Bow Wow (IDOL)

■2Shai
Love Letter
彼女...笑った

■FIN.K.L Tribute
To My Boyfriend (KARA & RAINBOW)
永遠の愛 (KARA)
NOW (RAINBOW)

■SS501 (パク・ジョンミン)
僕の頭が悪くて (A-JAX)
4 Chance (with A-JAX)
Not Alone
ガラガラ

■Sechs Kies
ジェイクス・キス・メドレー (オ・ジョンヒョク & A-JAX)
The way this guy lives (ポムセンポムサ)
Couple
Painfully (J-Walk)
フクロウ

■KARA
Honey
Pretty Girl
Mr.

■Ending (全員)
White (FIN.K.L)
Couple (Sechs Kies)


本来、KARASIA日本ツアー後に期待されていた韓国単独公演の代わり実施された事務所ファミリー・コンサートの意義を計りかねていて、ライブ・ビューイング鑑賞後も、このコンサートの事務所としてのメリット、真意を見出せずに至っていたのですが、ふと閃いたことがあったので、そのことを中心に書きたいと思います。

韓国の芸能史に精通している訳でもなく、全く的外れなことを書いているのかもしれませんが自分なりの考えとなります。

今回のファミリー・コンサートは当然、KARAの契約問題が10月に発覚するずっと以前から企画・計画されていたのだと思いますし、KARAの日本ツアーに続く国内公演とは別のところに位置づけられたものだったのではと思います。「たまたま契約問題でクローズアップされた流れがあって日本でのライブ・ビューイングが実施されるに至った」もので、本来、韓国歌謡史における事務所の位置付けを総括する、極めてプライベート度の高い企画を国内ファンと分かち合うという「世界に向けて発信する観客を最大限満足させるエンタティーメントK-POP」とは別のコンセプトだったと。

22周年という中途半端な節目で実施されることと、有料で実施されるファミリー・コンサートにしては事務所所属アーティストとしてのブランド力をほぼKARAのみに頼っているという層の薄さが目立つ現状のからみても、「何が何でもやりたい」という最上層部の執念に近い強い意向がなければ実現しなかったと感じます。

順当に考えれば、長く病床にあるイ・ホヨン会長か、その直近の人脈からの意向があったのではと考えます。

1991年に「大成(テソン)企画」という名前で設立されてから22年、今は巣立って行った歴代所属アーティストを再結集させるという夢を実現できるのは「今」しかないという感じだったのではないでしょうか。そのタイミングは結果的にKARAの契約問題や他アーティストのスケジュールとの兼ね合いもあり、ベストとは言い難いものだったのかもしれませんが、「これを逃すと永久に実現は難しい」ものだったのではないかと。

そして本来ソウルでKARASIA凱旋公演を実施したほうが収益性も本国KAMILIAからの支持も大きかったにもかかわらず、その予算を採算度外視(最終的に開催地の江南(カンナム)区と連携してのチャリティー・イベントになりました)で、どうしてもこの企画に注ぐ必要があったのだと想像します。

日本でのライブ・ビューイングの観客層のほとんどがKARA目当てであり (RAINBOWのファンもおられたでしょうし、私が見た会場では数名ながらSS501ファンと見受けられるご婦人もおられました)、オープニングとエンディングのKARA登場シーンを除く中間の男性アーティストが延々と続く時間帯は、正直言って退屈だったと思います。私の隣の席の若い男性も延々と居眠りをしていました。

KARA目当てで、去年・一昨年と日本で開催されたK-POPの合同コンサートを9回見ており、男性アーティストのコーナーにも慣れ親しむことのできていた私ですが、やはり女性アーティストが2組だけというのは辛いものがありました。さらに男性アーティストもSS501のパク・ジョンミンの相変わらずの貴公子ぶりを除けば、第一線を退いた中年アーティストの同窓会的なノリが大半を占めており、ある程度の歴史を知らないと付いて行けなかったのではと。

FIN.K.Lのメンバーがビデオ・メッセージのみの出演に留まり、リーダーのイ・ヒョリはビデオ出演も無く、先に噂されていたニコルとハラによるイ・ヒョリの"10minutes"も披露されませんでした。このへんは当時の男性ファンには残念な部分だったでしょうし、現在の事務所の事情をを窺わせるものになってしまいました。

しかしそれでも、男性アーティストの主力チームであったClick-B(軍服務中のユ·ホソクを除く全員)とSechs Kies(ウン・ジウォン、チャン・スウォン、キム・ジェドク)は可能な限りのメンバーで再結集し、女性ファンから大歓声を受けていました。

ダンスの激しい部分はA-JAXに任せてしまっていたり、ギターやベースは弾くふりだけで、コードをプラグに繋いでいなかったり (ひょっとしてBluetooth内臓なのか!とツッコミたい) で、「おじさんの久々のステージ復帰」感が半端じゃなかったのですが、皆が長い年月を経ての再会を喜んでいる感じで最高に良い雰囲気でした。

通訳が無かったので分からなかったのですが、ネット記事によるとジェイクスキスのウン・ジウォンから、舞台の横で必ず見守ってくれていたイ・ホヨン前社長への想い出と賛辞、早い快癒を願う言葉が述べられたとのこと。

男の友情と義理と人情を、事情を知らない日本人でも実感でき、実はこの辺が主旨的に本コンサートのハイライトだったのではと。

この時点で採算度外視でこのファミリー・コンサートは成功したのだと感じました。

「専属契約書自体、存在しなかった」という社長と所属アーティストの絶対的な信頼感があった事務所の最高の時代を物語っているようです (この曖昧な社風が後になってFIN.K.L、KARAの契約問題に帰結してしまうのですが)。

ここに至る過程が、日本向けライブ・ビューイングではあまりに間延びしてしまい、間に入ったKARAとRAINBOWのFIN.K.Lトリビュートが無ければ2時間はロビーで雑談する人がいても仕方ない構成だったと思いますが(実際、途中席を離れる人が多かった)、今思うとビデオで再度見てみたい感動のシーンでもありました。

ネット記事のタイトルに韓国の大ヒット・ドラマ『応答せよ1997』をオマージュにした『応答せよ1990年代』というものが多かったことにも、このノスタルジック感に酔いしれるファンが多かったことを物語っているようです。

今回は商業的には成功したとは言えない顧客動員数だったのかもしれませんが、無料か格安のチケット代で見られるドリーム・コンサートやテレビ局主催の各合同コンサートとは違う、事務所が企画する有料コンサートだからこそ実現できる招聘アーティストの自由度に満足できたのではないでしょうか。

そして日本では常識になっている高額な有料コンサートの韓国での展開として、本ファミリーコンサートは韓国の芸能ファンに一石を投じたと感じます。「無料で見られてあたりまえ」というアイドルの合同コンサートの観念が「有料でも質の高いものには大きな満足が得られる」「興味のないアーティストを見て意外な収穫が得られる」という意識の改革に貢献したのだと。

ネット社会化によるCDやビデオコンテンツの売り上げが壊滅的な韓国の現状を考えると、遅まきながら、欧米や日本のように有料コンサートにコンテンツをシフトしていくことに芸能界の活路を見出していこうとしているのではないかとも感じます。KARAをはじめ現所属アーティストが今後も長期に渡って本国でも日本でも活躍するには必然的な展開ではないでしょうか。

何十年か後に、すっかりご婦人となったKARAがこういう場で再集結する姿もぜひ見てみたいものです。

今回のファミリー・コンサートは必然的かつ革命的なものだったとは思いますが、現状を見ると、DSPは事務所とアーティストの関係をより強固にするべく意識改革を進めることが急務と感じます。
 

KARAに関していえば、オープニングの出演時からアダルト感全開で、日本のKARASIA時より5歳は年上に見えるほどでした。もはや事務所の大黒柱の貫禄十分です。
でも最後の再登場時は初期アイドル・レパートリーで可愛さ全開でした。とにかくジヨンの金髪化頭の突起物がずっと気になってました。

MCもひたすら祝いの言葉で占められ、こういう舞台なので当然ながらニコルの件に関しても言及はされず。終演後の日本ライブ・ビューイング向けのバックステージからの挨拶も、予想していたとおり1分ほどの感謝の挨拶のみに留まりました。

事務所の主力アーティストとしての責任もあるしOB先輩も大勢来るしで、特にギュリ、スンヨンは緊張してたでしょう。アンコールの全員出た時のホッとした表情が良かったです。

RAINBOWの表情の明るさと堂々たるステージを見ても、もう立派に事務所の中堅どころに成長していると感じました。来年はどんどんコンサートをこなして欲しいです。

アンコールは全員登場で、前回の予習編でクリスマスソングとして予想したFIN.K.Lの"WHITE"が披露され、2曲目もKARAが2011年8月新潟でやったK-POP All Star Live In NigataでINFINITEと一緒に披露したSechskiesの "Couple"を合唱。

KARAで始まり、KARAで終了したファミリー・コンサート。今年も1月のKARAの東京ドームで始まり、やはりKARAがトリのDSPフェスティバルで締めくくるという1年でした。

来年の展開にも期待したいです。どういう未来が待ち構えているにせよ、メンバー全員を応援し続け、見守っていきたいと思います。

Dspfestival01

Dspfestival00

|

« DSP FESTIVALの予習 | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします。 »

コメント

レポートありがとうございます。

なぜ22周年という中途半端な数字なのか?このコンサートの意義は?と気になっていたのですが・・・解説されている事を考えるとそうかもしれませんねー。お客さんの入りもこれで大丈夫か?と思うほどでしたけど(^^;採算度外視のチャリティーでしたか。
ボク的にはニコルが今のような状況になって事務所のイメージもあまりよくないじゃないですか?なのでDSPは所属している、していた、ファミリーみんなでがんばっていきますよ!的な事をアピールする狙いもあったのかと思ってました。まぁでもずっと前から企画されていたのであればそういう狙いもなかったんでしょうね(^^;
ある意味KARAが今のような事態になっていなければライブビューがここまで注目され、映画館が完売になるような副産物はもたらされなかったんじゃないかと。それほどKARAの存在感、貢献度は大きいし、この意味を十分理解してDSPも今後の対応を慎重に考えてもらいたいものです。

P.S チョーヨンピルさんってあの「釜山港へ帰れ」の人?ギュリ姉は以前にもいま曲を聴いてます、みたいな事をツィートしていたような気がしますがファンなんでしょうか?チョーヨンピルさんって今だと日本で誰が該当しますか?やっぱり演歌?でもギュリ姉が演歌?ちょっと意外(^^;

投稿: tak | 2013/12/17 09:07

tanさま
レポートおよび考察ありがとうございます。前回書かれた通りの懐メロ大会でしたね。それとレインボーとA-JAXのセールだった感じ。出ずっぱりのA-JAXの体力に感動すら覚えました。

初体験のオジョンヒョクの歌唱力とパクジョンミンの王子様ぶりにはしびれたー!「パクジョンミンになら抱かれてもいい」と思ったり思わなかったり。韓国版花より男子を見てたので「ぼくの頭がわるいから」は夫婦の間で盛り上がりました。

四国で2会場のうちの愛媛会場では客席も6割程度でペンライトもうちと知人の2つだけ。日本のにわかKARAファンとしては置いてけぼり感は否めません。

韓国語の訳は無いにしても、せめてグループ名にふりがなは欲しかった・・・読めなさすぎ。

投稿: 伊藤@愛媛 | 2013/12/17 22:45

>takさん

DSPの過去の主力アーティストがほぼ移籍・独立してしまっているのは、事務所としての力量にも問題があったかと思いますが、割と契約的に自由で、SMエンタのように「奴隷契約」とまで言われている拘束的な内容でなかったからではないかなとも思ったりします。

KARAに関しては、もうその存在無しに事務所の存続はあり得ない状態になっているので、おっしゃるとおり慎重に対応してほしいものですね。

チョー・ヨンピルさん、日本でもデビュー30年以上のベテランですが、本国ではそれを凌ぐスーパー・スターで、今年のカムバック作は最大の話題となったほどのビッグな人のようですね。
韓国では演歌に限らずわりと激しい曲も歌われているようです。サブちゃん+堀内孝雄+矢沢永吉みたいな感じかなーと。

ギュリは家族サービスでご両親を連れて、KARASIAをやったオリンピック体操競技場に見に行ったようです。親孝行ですねー。
ギュリはテレサ・テンや八代亜紀のような演歌を歌っても「つややか」でとても似合うだろうなーと思っております(笑)。

投稿: tangerine | 2013/12/17 23:55

>伊藤@愛媛さん

男性陣も「現役組」は華がありましたよねー。特にパク・ジョンミンの「俺って最高にかっこいい!」的なナルシズム全開の登場シーンには笑いを超えて「うっとり」してしまいました。「花より男子」随分前に見たきりなので、また見てみたいです!

やはり地方の入りは満員ではなかったのですね。やはりプライベート度のノスタルジー性の高いファミリー・コンだけにKARA登場シーン意外は辛かったかも。しかしトリに3曲もやってくれて嬉しかったです。

投稿: tangerine | 2013/12/17 23:59

 毎度です。tangerineさん。
素敵なご意見伺わせて頂き、ありがとうございます。
私も観てきました。映画館を間違え、ちょっとアセリましたが、5分前にセーフ(笑)。
最初は見る予定にしていなかったのですが、2nd tour最終日をライブ・ビューイングで観てから決めた次第で・・・。
会場の入りはどうだったんでしょうね。カメラを通してみると、2,3階の席がまばらに映っていましたね。意外と、ライブ・ビューイングを観ている人の方のが多かったりして・・・。客層は、KARAファンが多かったと思います。私は今回もペンライト持って行ったのですが、今回はおとなしく観ていました。
 私も、このコンサート名の"22"という数字に何か意味があるのか、韓国の文化的に何か風向きのいい数字なのか、なぜわざわざこのような数字をだしてきたのか?節目でもないのに・・・と思っていたのですが、tangerineさんの言葉を読み思ったのですが、やはりこの事務所の節目だったように感じられてきました。何と言ってもイ・ホヨン会長が育て上げた5人を強く観たかったのでは、と感じました。
 内容も、まさにKAARに始まりKARAに終わった音楽祭でしたね。K-POPは、KARAしか聴かないので、他の歌手が新鮮に感じました。
ただ、歌詞ぐらいはテロップに日本語訳を出しても良かったのでは、と思いました。

 KARAの選曲も、韓国でヒットした無難な曲でしたね。ただ、Honeyを聴けたのは嬉しかったです。私事ですが、Honeyにこだわるのは、KARAとの関わりがHoneyからなんです。日本に"ミスター"で上陸した時は、スルーしていたのですが、間違えて(本当に間違えてです)Honeyを聞いた時、へ~こんな曲も歌っているんだ、と興味を持ち、CD(Revolution)を購入して、はまってしまいました。自分の耳になじみましたね。自分がファンになるかは、CDアルバムを聴いてからですね。でも、これほどのめり込んだのは、初めてです。もしHoneyを少女時代が歌っていたら、少女時代のファンになっていたかもしれませんね(笑)。間違っていなかったら、KARAにも会えなかったですね。この頃は、曲しか興味がなくメンバには全く興味がありませんでした。メンバの名前は、Japan 1st tourに当選してから必死になって顔と名前を覚えた事を記憶しています。5人のの顔と名前を覚えるだけで精一杯でした(笑)。
すみません、話を戻します。
 
 出演者をみて思ったのは、DSP全体の売り上げをKARAが背負っているなぁ、って感じた次第で。これからDSPさん、どうやっていこうとしているのでしょうかねぇ?会社の存続に関わるのでは?余計なお世話ですかね。(激おこぷんぷん丸)
 KARAもこれからどこへ向かうのでしょうか?Girlsグループとして夢だった東京ドーム公演を成功裏に収め、『FULL BLOOM』で満開となって、これからは枯れていくだけですか?違うでしょ!果実を実らさないと!また、みんなで夢を追っっていきましょうよ!
  
 そういえば、会場の歓声の中に、ふなっしーがいたような・・・一瞬、エッて感じでした(笑)
それと、ジヨンの金髪は・・・。なぜ?昔、縁日で金色のヒヨコがいたが・・・。
 
さてと、3rd tourの軍資金を貯めて行かねば、その前にファンミですかね。
 
ついでで申し訳ないのですが、メンバ主演の「シークレット・ラブ」って、もう韓国では放映されたのでしょうか?お蔵入り?
どなたかご存知の方、教えていただきたく。情報がない!

1/12(日)WOWOWで放映されるKARASIAは、2時間ですね。う~ん、どこをカットしてくるのか気になります。

投稿: b.t | 2013/12/18 00:45

KARAもアイドルとして、永遠であって、永遠ではないんですよねー。
かといって日本の某グループのように延々とメンチェンを繰り返されるのにも辟易させられますが(^^;一世風靡じゃないけど、散るからこそになんとやら。
年齢的にもそれぞれが新しい事にチャレンジしていくのは早いとも遅いとも言えないし、特にギュリスン姉なんかはKARAとしての活動よりも役者やMCの仕事の比重が大きくなるでしょうね。ニコルやジヨンも同じように新しい事にチャレンジしていく事は当然だと思いますが、正直まだこの5人のKARAが諦めきれないでいます(^^;ましてやKARAに特化した人達にとっては一大事、本当に抜け殻になってしまうかもです(^^;たった2回のツアーで見納めなんて・・・まだまだ開けていない引き出しがいっぱいあるでしょ?みんなが幸せになれるような解決策があればいいんですが・・・それを祈るのみ。

チョーヨンピルさん、ウィキで確認しました(^^;最近では日本で15年振りのコンサートを開いたみたいですね。
韓国ではK-POPの若手にとっても伝説の大先輩。ギュリ姉が「今チョーヨンピル先輩の曲を聴いています」とツィートしていたのも頷けました。日本では「椿咲く~」のイメージしかなかったので、「ギュリ姉、ファンなの?」と尋ねた自分が恥ずかしい(^^;

ちょっと早いですが今年もいろいろとありがとうございました!来年も健康第一でがんばりましょう!年をとると体が資本だという事を痛感させられますねー(^^;
(とか言って、また年内にお邪魔するかも(^^;)

投稿: tak | 2013/12/18 03:04

>b.tさん

ライブ・ビューイングお疲れ様でした。間に合ってよかったですねー。
入りははっきりいってスタンドは正面意外はポツポツという感じに見受けられました。ステージも中央にくらに前寄せで造っていてアリーナも狭い感じでしたね。

生Honey、日本ではなかなか見られないんですが、本国ではやはり初のチャート1位曲なのでファンもメンバーも想い出深いんじゃないでしょうか。私はファンになって2回目に見た千葉のLove-1フェスティバルでやってくれたので狂喜したのを覚えています。日本ではなぜかかたくなにツアーやファミでも普通のフォーメーションでやらないのはなぜなんでしょうかねー。

ふなっしー見落としていました。というかトレンドについていけなくて「ふなっしー」が何なのかよく知りませんでした・・・。

ジヨン=縁日の金色のヒヨコって絶妙な表現ですね!とにかく頭の突起物が気になって気になって・・・。宇宙人かよ!とツッコミたくなりました。

「シークレットラブ」いつ公開なのか、私もよく知らないんですよー。キスシーン多いそうなんでファンも悶絶しそうですねー。また調べておきます。

投稿: tangerine | 2013/12/19 10:12

>takさん

KARAは韓国での女性アイドルの活動期限を更新しつつあるそうなので、もはやアイドルからアーティストに変革しつつあるし、できれば誰かが結婚・おめでた離脱するあたりまでは現状でがんばってほしいものですね。

今回のフェスの男性グループの同窓会的なノリを見ていたら、ちょっと先には何かあるかもしれないけど、いざとなったら5人は集結してくれそうな気がします。

チョー・ヨンピル先生。「釜山港に帰れ」は韓国ヴァージョンが1975年ということで日本語ヴァージョンでブレイクしたのが1982年とビッグネームでさえも7年の時を待ってのデビューで、それからさらに30年以上。やはり長年やっておられる大物という印象ですね。

まあギュリ以上にご両親がファンだったのかもしれませんね。

今年もつたないブログを読んでいただきありがとうございました。また来年もKARAの活躍をレポートしていきたいです!

投稿: tangerine | 2013/12/19 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/58769865

この記事へのトラックバック一覧です: DSP FESTIVAL ライブ・ビューイング 2013年12月14日:

« DSP FESTIVALの予習 | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします。 »