« KARA ニコルの契約満了について | トップページ | ニコルとスポンジ・ボブ »

2014/01/25

KARAの現状と今後、再始動に向けて

更新およびコメントいただいた皆様への返信が大幅に遅れてしまい申し訳ございません。私事で年始から息をつく暇もない状態が続いており、ちょっと落ち着いたので更新させていただきます。
 
 
1月15日にDSPメディアによって公式に報じられたカン・ジヨンの専属契約終了決定のニュースは、やはり衝撃的で、こういう状況を多くのグループで飽きるほど見てきた自分でさえ強烈なボディーブローをくらわされた感じでした。特に気持ちの強い若いファンの方などは自分のことのように本当に悲しんでいるだろうし、大変気の毒です。

個人的にも「もう避けられないな」と思いつつ、どこかに「3年前のように最後には何とかなるのでは」とある種楽観的に思っていた部分があったのでショックが大きかったです。

発表された文面の状況から察するにまだ3ヶ月強の契約期間を残しての発表で、ニコルの契約終了の翌日に公にされたことなどからも、事務所側とアーティスト側が円満な状態で事態を解決できなかったのが第3者にも読み取れてしまい大変残念です。

取るに足らないゴシップから真相に近そうなものまで色々な噂や憶測が飛び交っておりますが、結果的に「大人の事情」によって、何物にも替え難い至宝の存在で、最後のステージまでエンタティーメント的に最高の状態だった1つのチームが分解してしまったのはファンにとっても芸能史においても大きすぎる損失となりました。

唯一救われるのは"Full Bloom"というKARAの最高傑作を発表することができ、パフォーマンス性も音楽的にも「最高の状態」で5人体制を終えるのを見届けられたことでしょうか。
ファンとしてでなく客観的に見れば、第1幕を"First Bloom"で始め、"Full Bloom"で第2幕を完結させるという完璧なコンセプトだったと。

しかし喪失感の大きさに、しばらくはグループにもファンにも落ち着いて再始動するための冷却期間が必要かと思います。発表されているように今年後半に活動再開されるKARAと、旅立ったメンバーの活躍を静かに待ちたいです。

3年前の騒動と同じく、今回の一連の契約問題に関しても、なぜか表立ってこないのがDSP側の経営責任者サイドの顔です。2010年3月に創始者のイ・ホヨン社長が脳卒中で入院した後は社長夫人が実質的経営責任者になったと報道されていますが、現状報道の表に出てきたという話は聞きません。その後の日本での大ヒット、2回の大規模なツアーや東京ドーム公演の成功、韓国発表楽曲のクオリティーの圧倒的な高さなどを見ると、他の事務所を遥かに凌ぐ結果を出せているので、基本的な点で経営手腕に問題があるとは思えません。

しかし他の韓国の芸能事務所創始者であるSMのイ・スマン、JYPのパク・ジニョン、YGのヤン・ヒョンソク、Pledisのハン・ソンス、CUBEのホン・スンソンなどのように本人達もかつてステージに立った「現場上がり」の社長のようにアーティストとしての現場の苦労をよく知る感覚が現在のDSPには欠けているような気もします。

(良い悪いは別としてコア・コンテンツのキム・グァンス代表のように(自業自得的な)T-araの度重なるゴシップや崩壊の危機にもものともせず絶対的な芯の強さで自己を貫いてグループを維持して「良い音楽とパフォーマンスが披露できたら、それでいいんだ」という経営感覚にも一部見習うものがあると感じます。)

今更ながら感じたのは、先月開催されたDSPフェスティバルは、現状のDSPという事務所の「イ・ホヨン体制時代の古き良き感覚を今一度見直そう」という自己的な戒めでもあったのではないかと。

今後の事務所としての課題は、KARA以外の所属タレントにも注力し、経済的・実務的なKARAへの負担を徐々減らし、事務所所属アーティストの利益的ウェイトを均衡化していくことかと思います。現状のKARAにかかる負担の大きさ故に、今回も含め色々な問題が生じてきたかと感じます。

日本市場での活動も続けるとしたら他の事務所のようにA-JAXを始めとする男性グループを大きく育て上げることも大きな課題です。男性アーティストが売れればDSPにとっても潜在的な市場規模が大きく変わってくるでしょう。そのことはSS501黄金期によく分かっていると思うのですが。

KARAに関しては当面は3人体制を維持するのが理想ですが、ライブにおけるラップやパフォーマンス的な部分を補填する場合、バックダンサーだけでは弱い時には「スペシャル・ゲスト」的な扱いで同事務所のRAINBOWなどからライブ・メンバーを補充するという手法もありかなと思います。イギリスのバンドGenesisも、5人から3人体制になった時、レコーディングは3人でこなし、コンサートでは何十年も同じ2人のサポート・ミュージシャンを雇うという手法を続けました。

それとも「全く新しいKARA」として音楽性を一新させて新しい局面を披露してくれるのかもしれません。

ニコルに対して思うことは前回のブログに書いたとおり、今後の活動を祝福し応援していく所存ですが、1月22日にはニコル本人から今後の活動に関するポジティブな声明がツイッターを通して発信されており、大いに期待したいです。

ジヨンに関しても、学業に励みたいというのであれば、今こそが絶好のチャンスかと思います。中学生でKARAに加入し、多忙さで中学・高校とまともに通学することもできなかったであろう反面、日本語の圧倒的な上達力を見ても、本当に頭脳明晰な人だと思うので。まさに「若いうちはやりたいこと 何でもできるのさ」と彼女が歌ったとおりに本当に今自分自身がやりたいと思うことに挑戦していってほしいと願います。

とはいえ、個人的には録画したWOWOWのKARASIAも今は辛くて見られなくなってしまいました。5人のヴァージョンは泣けてしまうので、じゃあソロ・コーナーだけを見ようと思っても、ギュリの「KISSして」のキス顔を見る度に心臓発作で約3時間気絶してしまう状態で全然前に進めません!ということで、WOWOWのレビューはまた落ち着いたら書くということで・・・(いちおう場を和らげるための配慮の冗談です・・・。ギュリの「さいこうべ」のMCセンスに習いました)

例え今後いつの日か5人が再結集してパフォーマンスすることがあろうと、もうそれは今までのKARAを同じものを再現できるものではなくなっているでしょう。5人が今までと同じ気持ちでステージに立てるまでには相応の時間が必要になるでしょう。個人的にはあの5人のKARAは、あの時代だけに体験できた美しくほろ苦い想い出として永遠に残ると思います。

でも機が熟した時、さらに多くのことを吸収し大人になった5人のKARAが復活する日がいつか来ることも信じたいです。

そして今年後半の「新しいKARA」のスタートをニコル、ジヨンの活躍と共に本当に楽しみに待ちたいです。

|

« KARA ニコルの契約満了について | トップページ | ニコルとスポンジ・ボブ »

コメント

何度もコメントすみません。
ジヨンの脱退報道で気が動転すると同時に思考回路がショートして暴走してしまいました(^^;

本当に衝撃的な展開でしたね。いや、前回の騒動を詳しく知っている方々なら想像できた事なのかもしれませんが、ボクにとって、この状況を受け入れるにはあまりにも重くて・・・。
KARAは「5人」と「KAMILIA」のものであって、他の誰のものでもありません。
「関係者」にとっては商品でしかないのかもしれませんが、どのような理由があっての契約するしない(もちろん親が子供の将来を気にかける事も当然です。今回の脱退劇の中心に本人達の姿がいまいちよく見えませんし、またニコル、ジヨン自身が未来を描くとしても単独で考え、単独で交渉するという事もないでしょうから。)にかかわらず、KARAとKAMILIAの信頼関係までぶち壊しかねないような顛末だけは避けて欲しかったかなと。
Anarchy X さんの言う通り、トラブル後の韓国内では冷遇される傾向にあるような事を聞きましたし、それでは現在でも熱烈に支持される活動場所はどこか?
それは・・・今後の展開は未知の世界ですよね。
KARAについては新メンバー加入濃厚という話も耳にします。今後『Lupin』や『Step』を新メンバーと共に披露したとしても、ニコルやジヨンのパートでは必然的にニコル、ジヨンの声、表情が浮かんでくるだろうし、まともに聴けるかどうか・・・自分自身、果たしてテンション上がるのかなぁと心配です(^^;

ニコルが旅立ったようですね(^^;
いずれにしても今後KARAとニコル、ジヨンの明るい話題を心待ちにして、またtangerineさんや皆さんと盛り上がっていけたらと思ってます。

投稿: tak | 2014/01/25 20:51

tanagerineさん、Anarchy Xさん、重鎮おふたかたのコメントですっきりしました。これからも知識のおぼつかないにわかファンのために情報発信をよろしくお願いします。

以下、自分勝手に思うことを書きます。不快だと思われた方にはごめんなさい。

事はファン不在でタレント側のうちわもめということで飲み込みます。韓国芸能界が未熟なのか、早熟なのかわからんけど、顧客がファンでなくて金なのかな。資本主義だから正解でしょうけど情緒的なとこなさすぎ。

KARAはFULL BLOOMで第2章完結という感じですね。ここ近年のにわかJAPAN KAMILIAとしては理解しづらい状況ですが。タレント本人の夢や希望、そもそもテッペンの好きな人たちでしょうから現状で満足することはないのが当然でしょうね。

大人の事情と韓国芸能の状況とか、、、「そんなんしらんし」というのが本音ですけど。ぼくは韓国研究家ではないし。終わりなら終わりで終わり方を楽しませてもらいたいものです。

当方感覚的人間のため、あまり知的なコメントではなくてすみません。

投稿: 伊藤@愛媛 | 2014/01/26 13:14

こんばんは(^^;

>ファンとしてでなく客観的に見れば、第1幕を"First Bloom"で始め、"Full Bloom"で第2幕を完結させるという完璧なコンセプトだったと。

なるほど、そうですねー。
そして、ジヨンのヤングマン。これも強烈なメッセージが込められていたんだと実感しています。
今となればすべてに意味が込められていたのかなぁと。
それにしても神戸のライブでまだまだ更なる可能性を感じられただけに「あの5人」のパフォがもうしばらく?観られないかと思うと本当に残念。

伊藤@愛媛さんの思う通りでボクのようにあらぬ詮索をする方が正しくないのかもしれませんねー(^^;

関係ないですが、最近になってベビメタちゃんのDVD買ってしまいました(^^;アルバムも楽みデス。

投稿: | 2014/01/26 20:28

tangerineさん、記事ありがとうございました。今回の件では、自分の中にも一部「明日からどうしたらいいのか、全然わからない」というような若い自分がいたのですが、おかげさまで記事を読んで少し心の整理がつきました。

「第1幕を"First Bloom"で始め、"Full Bloom"で第2幕を完結させるという完璧なコンセプト」というのは、はっとさせられる表現でした。自分的には、今は想像もつかない「なんとかBloom」が次にあることを信じて今は静かに5人それぞれの活躍を待ちたいと思います。今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。

投稿: | 2014/01/26 22:28

すみません、前の投稿はふくりんたーでした。失礼しました。

投稿: ふくりんたー | 2014/01/26 22:31

tanagerineさん、いつもながらの素晴らしい記事ありがとうございます。
私自身、韓国の芸能界や親子関係については、理解できない部分が多々あって、今回の結果についても、受け入れられない自分がいます。
まあ、既に結論が出ているので、受け入れるしかないんですけどね。
そんなこんなで、最近はKARA以外の古い曲なんかを聞いたりしてるんですが、偶然、映画Ghostで何度目かの脚光を浴びたUnchained Melody(Righteous·Brothers)を聞いてしまい車中で一人号泣してしまいました。
なんか切ないですよね。
元々は私が生まれた翌年の歌。
何度も色々な方で録音され、それも何年も経ってから脚光を浴びた曲。
幾度かの危機を乗り越えてきた5人
今後の活躍を祈らずにはいられませんね。

投稿: ゴルパパ | 2014/01/27 01:08

おはようございます。

ニコルが昨年中からメンバーともたくさん話をしたと言っていたように、メンバー間では昨年の早い時期からある程度の予測はできていたんだと思いますね。KARAに残ったギュリ、スンヨン、ハラちゃんの落ち着きぶりをみてるとそれを受け入れるだけの十分な時間があったように感じます。
何も知らない、ファン側、特に日本のKAMILIAは寝耳に水・・・みたいな(^^;
「私達は前に進むわ」「ついて来れなきゃ置いてくわよ」って、逆にファン側が試されてる感さえあると言いますか。
ただ、本人達も日本ツアーでの異様な盛り上がり方というか、雰囲気は予測できなかったんじゃないかなぁと。

すべては今になって個人的に思う事ですけど。
何度もコメントすみません(^^;

投稿: tak | 2014/01/27 09:00

>takさん

確かに残ったメンバーは長い時間をかけて現実を受け入れる準備ができていたのだと思いますね。

しかしファンとしては「パフォーマンス的にもグループとして最高の状態だったのに、なんでこういうことになってしまったの?どうして納得のいく説明が全くされないの?」という疑問が残ったままとなりました。このことに関しては声を上げて文句を言って当然という気がします。

メンバーが自分からは語りたくないようなドロドロした内情があるようで、とても残念です。

とにかくファンとしても冷却期間を経てのKARAの再始動を待つしかないという感じで、しばらくは落ち着くための時間をとろうと思う次第です。

投稿: tangerine | 2014/01/28 04:14

>伊藤@愛媛さん

まったく思われておられるとおりで、ファンは別に今回の事態を理性的に考察する必要など皆無で、どうしてファンをおいてきぼりにして後味の悪さだけが残るような内輪もめを表に出してくるのだという感じです。

こういう誰一人得をしない内情をさらしてしまう時点でエンタティーメントに携わるものとして失格という感じですが、メンバーの意向無視でことが進んでしまった感じで、とても可哀想です。

今は事態が5人それぞれにとって良い方向に向かっていくよう長い目で見ていくしかないかなと思っています。

投稿: tangerine | 2014/01/28 04:28

>ふくりんたーさん

桜も二度咲きという感じで「なんとかBloom」ぜひ期待したいですね。

ニコルも故郷の米国で再始動に向けてトレーニングを開始したようですし、今後が楽しみですね。

また次のKARASIAを一緒に見られることを信じて、今はゆっくりと待ちたいです。

投稿: tangerine | 2014/01/28 04:32

>ゴルパパさん

『ゴースト』の"Unchained Melody"、車の中で聴くというシチュエーション。もう号泣するのも頷けます。

ニコルの"LOST"のプロモーション・ビデオ、ちょっと『ゴースト』のシーンを思わせる部分もあって、かぶってしまいます。

年初からKAMILIAとして人生の残酷さを思い知らされた感じですが、長い目でメンバー達を見守ってあげたいものですね。

投稿: tangerine | 2014/01/28 04:36

>takさん

今思えば、昨年のツアーの細部に渡っていろいろなメッセージが込められていたようで、何か全てドラマのようですね。

気分転換でベビメタちゃんでハジけてみるのもいいですよねー。

KARAもハラちゃん、スンヨンはメタルも似合うのがソロで証明されたので、ぜひ新しいKARAで挑戦したほしいです!

投稿: tangerine | 2014/01/28 04:40

名無しのコメント、またネーム忘れてましたー。
Anarchy Xさん、tangerineさん、ゴメンナサイ(^^;

投稿: tak | 2014/01/28 09:12

tangerineさん、ご無沙汰しています。
昨年のポール・マッカートニー来日公演以降、ずぅ〜〜〜〜と、続いていた余韻が、1/14に無くなりました(苦笑)。

自分はギュリとニコルが特に好きなので、「やっぱり脱退かぁ...」とガッカリしたのですが、それでも14日の日はストーンズだって、SMAPだって、メンバーが抜けても続けているじゃないか!4人なら、まだまだ全然イケるぞ!・・・と、大好きなニコル脱退...という事態にもかかわらずポシティヴな気持ちを持っていたのです。
・・・が、翌15日の報道には、心が折れてしまいました。

16日以降、毎日のようにKARAのPVやコンサートを見続けています。素晴らしい5人ですね!(でしたね)。ビートルズは、Fab 4と呼ばれていましたが、KARAはFab 5です(笑)

来月終わり〜3月にかけて、大好きな「ローリング・ストーンズ」がやってくるというのに、これがどうにも盛り上がらないのです、自分の中で。理由は明白です(苦笑)。
でも、ポールと同じく最後の来日公演だと思うので、頑張って、気をしっかり持って(苦笑)楽しんできたいと思っています。

3人のKARA。今年後半からの活動・・・と云われていますが、自分は、ぜひ新メンバーを入れての新生KARAが観たいですね。

追伸:ウイングスだって、何度3人になった事か...。(笑)

投稿: 夢助 | 2014/01/28 11:50

>takさん

失礼しました~。ベビメタ買われたのtakさんだったのですね!メタルなのでついAnarchy Xさんかと思ってしまいました (^^;)

私の返信の名前の部分だけtakさんに修正させていただきます。

投稿: tangerine | 2014/01/28 19:07

>夢助さん

ポールの余韻、終わってしまいましたか・・・。

ストーンズはビル・ワイマンはファン的にみても「ただ立ってベース弾いてるだけ」的存在感が大きかったし、森君はジャニさんの政治力でほぼ「いなかったこと」扱いですし、まあ無難な感じですが、KARAは誰か一人不在なだけでファン心理はガクンと低下してしまいますよね。2人だと再起不能的な・・・。

WINGSもバンドに逃げられたことをネタにしたアルバムが最高傑作となりましたし、今後のKARAも起死回生の復活をしてくれそうな気がします。

FAB5ですか。本当にファービュラスです!

ストーンズ、やっぱり大阪は来ないみたいで、しかし初日と2日目の感覚が空きすぎているんですよね。何かありそうな。単に最後の来日であちこち観光したいだけなのか・・・。
ともかく楽しんでください~。

投稿: tangerine | 2014/01/28 19:15

寂しいです。ひたすら、寂しいです。それ以外に何もありません。ギュリが、スンヨンが、ニコルが、ハラが、ジヨンがいたからKARAだったんだよね。寂しくて、悲しくて。MVを観て、CDを聴いて切なさがどんどんふくれ上がってきています。ひとりひとりのソロ楽曲を聴いていると涙がこみ上げてきます。さようなら、5人組みのKARA・・・・。甘い音楽をありがとうございました。カムサハムニダ。ニコル、ジヨンの新しい旅立ちに多からんことをお祈りしています。そして、ギュリ、スンヨン、ハラ達の新生KARAが元気に立ち上がる事を信じて・・・・・。

投稿: たんちゃん | 2014/03/11 17:01

>たんちゃんさん

コメントありがとうございます。年が明けてからの大きな喪失感はなかなか癒されませんね。私はCDを聴くのもビデオも見るのが辛くて休止状態です。

twitterやInstagramを見ると5人とも充実した日々を送っているようですし、今後の活躍にも期待できそうです。新生KARAとニコル、ジヨンの躍進を応援したいですね。

投稿: tangerine | 2014/03/11 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/59004253

この記事へのトラックバック一覧です: KARAの現状と今後、再始動に向けて:

« KARA ニコルの契約満了について | トップページ | ニコルとスポンジ・ボブ »