« KARA 大阪市中央体育館 2014年11月15日 | トップページ | NICOLE / FIRST ROMANCE & DSP SPECIAL ALUBUM / WHITE LETTER »

2014/11/29

KARASIA 横浜アリーナ 2014年11月19日 ライブビューイング

Karaticket02

KARAの3rdツアー最終日11月19日横浜アリーナのライブ・ビューイングを梅田ブルク7で見ました。

前回に書いたとおり、今回のツアーは家庭の諸事情で遠征できず、大阪公演は日程が合わず2日目に無理して当日券狙いで会場に行くも、当日券は既に完売し生で見ることができませんでした。

本当に無理をすれば1回くらいは見ることができたのかもしれませんが、今年に入っての私事の精神的に辛い現状を乗り越えるための「願掛け」みたいなものも心の片隅にあったりしました。

さらには世界中のKARAファンのなかでほんの僅かな日本のファンだけがKARAのコンサートを見ることができる状況において、一昨年のソウル公演から1stツアー、東京ドーム、2ndツアーと計18回もKARASIAを幸運にも観られたことへの感謝もあって、今回はライブ・ビューイングに留めました。

既に膨大な感想がツイートやブログに書かれており、ライブ・ビューイングを観ただけの私としてはディテールをレポートするまでもないので、雑感に留めたいと思います。

4人になっての初めての新生KARAのコンサート・ツアー、5人のラインナップでのKARASIAと比較しても何ら遜色なく、アーティストとしてはさらに成長しパワーアップしたともいえる内容で、4人で一丸となって新生KARAの新たなる第一歩を大成功に収めた内容だったと感じます。
5人用に書かれた曲や振り付けを4人用にアレンジし直してのパフォーマンスには1からの努力と膨大なエネルギーが必要だったと思いますが、違和感なく新フォーメーションでの再構築に成功しており、さすがとしか言いようがありません。

1年以上前の"Fantastic Girl"から今更ながら多く取り上げたセットリストは微妙な感もありますが、ライブ・レパートリーを増やし新曲に挑戦していく意味ではマニアにとっては嬉しかったともいえるでしょう。でもラスト近くの涙のトークの後の「POP STAR」などはちょっと冷めてしまいました。

ヨンジの貢献ぶりは正規デビューやフル・コンサートの経験が皆無とはとても思えないほどで、想像もできないほどのプレッシャーの中、堂々たるKARAのステージ・デビューを飾ったといえるでしょう。ヨンジはまだ新メンバーとしてどことなく先輩に遠慮がちな部分も垣間見られているようですが、今回の10回のステージで劇的な成長をとげ、日本のKAMILIAから圧倒的な支持を得ての自信で、KARAのメンバーとしてさらに打ち解けての更なる結束を深めた今後のステージが早くも楽しみなところです。

何よりも松田聖子の「天使のウィンク」にヤラれてしまった中年ファンは多いと思います。オリジナルの味わいを絶妙に踏襲しててリアルタイム世代としてはひたすら感動でした。ただのカバーじゃなく松田聖子の何たるかをちゃんとわかってるようで嬉しかったです。

他メンバーのソロも多くのメッセージを込めていて、去った2人のメンバーに対する想いなども見受けられるという分析をされておられるブログやツイートを沢山拝見し感動しました。特にハラちゃんのソロにおけるアカペラから始まる歌唱力には感動で身震いしてしまいそうな技量と歌心を感じてしまいびっくりです。

スンヨンはもう妖艶といえるほどの女性らしさで、KARA随一の「セクシー担当」になってしまい、もう「最強の童顔」だった頃は遠い過去のよう。
KARAがたどたどしい日本語で日本デビューした頃から遥か遠いところまで来てしまったことを実感してしまいます。

BABY KARAの飛び入りも、既に今の貫禄あるアーティストとなったKARAでは、いささか初々しさに欠ける"Honey"をフレッシュに歌って華を添えられたと思いますし、なぜか今回セトリから外されていた"Jumping"のパフォーマンスはまだ未熟感がありますが嬉しいサプライズだったと思います。"Honey"を本来のかたちで日本のKARASIAで観られたのは貴重でした。

トーク部分も今回は地方公演から長めで充実してたとのことで、いつものグダグダ・トークや脱力ギャグなど含め本来のKARASIAの魅力をさらに引き出していたとのことで日本語での表現力の豊富なKARAでこそなせる技で、みんなそれを楽しみにしているのだと改めて認識。

ライブビューイングで観たトークはツアー・ラストということでギュリが前回ツアーの終了後からの空虚さを心に空いた穴と表現して、もらい泣き。ギュリがリーダーとしてどれだけ苦しんだかと思うと、新生KARAとして再出発できたことを本当に祝福し称えてあげたいと思います。

しかし涙のトークのあとのハラちゃんからせかされてのスンヨンの気をとりなおしての「ギャー!」というカラスのモノマネがホラーで怖すぎでしたし、ギュリの「KARASIAだからカラス」というダジャレで頭が真っ白になり、その後帰宅までの記憶が無く、呆然と「カラシアだからカラス・・・カラシアだからカラス・・・」と呟きながら夜道を歩いていたのでした。昨年の神戸の「さいこうべ・・・もりあがっていこうべ・・・」に続き女神最強伝説は健在でした。

ということで、「いつもどおりの安心安定のKARASIA」は健在でなおパワーアップしつつあることが確認でき、次のツアーが待ち遠しくなったライブ・ビューイングでした。


個人的に感じるコンサート・ツアーでの課題

・横浜アリーナ平日の18時半スタートというのは、少なくとも9,000円のチケット代を払える社会人層としては非現実的な開演時間かと思います。当日券まで完売で私が観られなかった大阪は土曜日の17時スタートということで普通の会社員層も参加しやすく、遠征組も日帰りできる余裕があったと思います。動員を伸ばすのは最低限そこをクリアするべきかと。

・やはり9,000円というチケット代はコアなKARAファンを対象としており、10代学生層などには厳しいと感じます。アリーナでの空席数をみてもライト層も含めて新たにファンを増やす心算があるならリーズナブルな料金体系を再考する余地はあるかと思います。動員の増加はさらにグッズの売り上げ向上にも繋がりますので。チケット代よりもむしろグッズの販売のほうが膨大な利益をもたらす現実を見据えるべきかと。全てのファンがお金に糸目をつけずKARAのコンサートを生で観ることに飢えていたK-POPバブルの時代ではないことを認識する必要があるかと思います。

・KARAに限ったことではありませんが良席のチケットがオークションに大量に出品される現状や、良席目当てに複数のIDで必要以上の枚数のチケットを購入して「友達が行けなくなったので」「空席をつくりたくないので」と転売する人も多く、このへんのことを考えると転売が難しいスマホや携帯での電子チケット化を早期に実施してほしいと思います。

・1stのサインボールのように今回はサイン・チェキ付きのキャンディーを客席に投げ配るパフォーマンスがあったようで、「遠方から見ているファンには不公平感しかない」との意見も見受けられます。おおむね日本のファンは幸運にゲットできた人を広い心で祝福してあげられる余裕があるかと思いますが、客席で一部が暴走して奪い合いで怪我などの事故が起こる可能性は低くないと感じます。ホール・コンサートでは客席通路をメンバーが歩く時にタッチしようと一部が暴走してメンバーや他の観客が危険だったとの話もあり、このへんは安全策を高めてほしいです。

・事務所としてDSPはRainbowとA-JAXを軌道に乗せるべく努力するべき。BABY KARAなどのKARA Projectオーディションはそれがうまくいってる前提でないと遅かれ早かれ同じ道を行ってしまうのではないでしょうか。ドラマやミュージカルなどのソロ活動で多忙なのもあるでしょうが、ガールズ・グループとしてRainbowを活動停止状態にしておくのはこれ以上無い宝の持ち腐れです。Rainbowの才能と可能性はパフォーマンスを見ても明らかなので、10曲程度のファンミではなく、きちんとした2時間フルの単独コンサートをライト層でも見易い上限7,000円程度のチケット代で実施するべきと思います。本当は2年前の状態でやっておくのが理想でしたが、今からでも巻き返しは不可能ではないと思います。ただし少なからずの他のK-POPグループがやっているような、スケジュール管理も行き届いていない状態で、準備不足でステージ演出も予算のかかっていない手抜きとも捉えられかねないコンサートを9,000円前後の価格で1日2回やるというような「あからさまな集金営業」をしたら全て終わりになると思うのでご注意を。


1月2日にはWOWOWで横浜ラストの模様が放送されるとのことで、年明けが待ち遠しいです。
ジヨンが日本で女優やモデルとして充実した活動を行い、ニコルも満を辞してのソロ・デビューを実現させた今、KARAも含めてさらに今後の展開が本当に楽しみです。

setlist
01. マンマミーア!
02. Pandora
03. Lupin
04. ハッピー ハッピー ラブ
05. レスキューミー
06. So Good
07. 天使のウィンク (松田聖子) / ヨンジ
08. Love The Way You Lie (Rihanna)
   Dirrty (Christina Aguilera) / スンヨン
09. みんな空の下 (絢香) / ハラ
10. Hush Hush; Hush Hush (The Pussycat Dolls) / ギュリ
11. Pretty Girl
12. ジェットコースターラブ
13. ガールズ パワー
14. Rock U
15. Honey / BABY KARA
16. ジャンピン / BABY KARA
17. Good-bye days (YUI) / ギュリ&スンヨン
18. Crazy In Love (Beyonce) / ハラ&ヨンジ
19. 一番にわたしを抱きしめて
20. フレンチキス
21. プロミス
22. POP STAR
23. ミスター
encore
24. GO GO サマー!
25. SOS
26. STEP

|

« KARA 大阪市中央体育館 2014年11月15日 | トップページ | NICOLE / FIRST ROMANCE & DSP SPECIAL ALUBUM / WHITE LETTER »

コメント

まずは、tangerineさんに感謝です。
勝手な思いですが、最近ちょっとtangerineロス状態( ̄◆ ̄;)で、もうKARASIAについての記事はフェードアウトしてしまったのかと・・・ちょっと心配していました。
前回の11/24では私がライブビューイングでtangerineさんが会場にいたのと逆の立場でしたが、映画館の雰囲気はいかがでしたでしょうか?
ただ明らかに11/24のピリピリした雰囲気とは違いますし、悲壮感は無いですし。
私も今回のKARASIAでの感想を改めて記したいと思います。
・記憶に残る印象的な点としては、やはりハラちゃんのソロ。
腹筋もダテで無いし、”ヒマだった”日も無駄に過ごしていなかったようで・・・。
鳥肌がギュリのソロまで続きっぱなしで・・・
・ギュリとスンヨンのDuo。心地良かったです。
・ヨンジもオンニから愛される存在でGoodでしたね。ヨンジコール一番多かったのでは。

自分としては今回のKARASIA、メンバーの個性が引き立って聴かせるコンサートだったと思います。
舞台装置の演出無しにアーティストと観客が向き合えるステージになって来たと思います。

気になる点としては、
・やはり入場料高いです。もう少し抑えて欲しいです。
・2015年についての言及が全くなかったですね。
 次回はどの位の規模の会場にするのか?
 BABY KARAはどうするのか?
 まだ模索中なのでしょうか・・・
 BABY KARAと言う名前も、もうそろそろ卒業してもいいのでは・・・早く持ち歌を持たせてあげたいですね。

冬休みは、KARAと"8人の少女時代"を観れるんですね。
去年の事を思い出すと複雑な思いです。

ジヨンもバーターでなくオーディションから役を取ってくるようになってほしいです。
ニコルは、やはりステージが一番輝いていますね。CDもニコルの香り、プンプンですよ。

投稿: b.t | 2014/11/30 04:13

>b.tさん

いろいろ気にかけてくださって感謝しております。

メンバーの個性が引き立つコンサートとの感想。まったくその通りですね。ハラちゃんのボーカリストとしての飛躍的な成長にも息を呑みました。

ギュリスンのデュオ、良かったですね。CDでもデュエットソングを出してほしいものです。

ジヨンもバーターながら現場のスタッフ・キャスト間での評判の良さもあって、仕事はどんどん入ってくるんじゃないかなと期待してます。

ニコルのCD、私もフラゲして買いました。聴き込んでいます。また感想を書きたいです。

投稿: tangerine | 2014/12/01 01:22

ご無沙汰でした。
私の中ではKARAブームはもうすでに終わってしまったようで、他の方のブログやニュースなどをチェックする程度に留まってしましました。かろうじて、そうしているのも、陰ながら応援している気持ちには変わりはないという事でしょう。

課題について
強気の料金設定はやはり日本人だからという部分もあると思います。他の国でこの価格では無理でしょう。コアなファンを対象としていたとしても、ファンが離れないうちは、この姿勢は変わらないでしょう。
マナーについての問題も、KARAとしては最大限のファンサービスであったはずで、ファン心理として、わからなくもないですが少し残念ですね。
事務所としてDSPはRainbowとA-JAXを軌道に乗せる、というのも今更感があり、今のままですと、KARAの面々が事務所を離れた後、厳しい現実が待っているのではないでしょうか。

投稿: tak | 2014/12/01 01:51

tangerineさんこんにちは。レビューお待ちしておりました。
諸々の事情があって今回はライブビューイングのみの観戦だったとお聞きし、改めて会場に来る人の中にはそれぞれ思い入れや理由があってライブに足を運ぶ運ばないというものなのだなあと。だからこそ観戦できる機会を大切にして、観戦側はマナーを守り、製作側は日時、長期的な視野での価格設定を含めて最良の物を提供するプロフェッショナルである事を願いたいです。
「コンサートツアーでの課題」で仰られた事、全くもってその通りだと思います。

それにしても今回改めてKARAというグループの重みと凄味を感じました。7月に新メンバーでの再結成。カムバックを含めた超多忙ななか、コンサートまでの日数とセットリスト数を考えると、あれだけのパフォーマンスを完成させるには想像を絶する体力、精神力と努力の成せる技だったでしょうし、本当に人間技なのかと感嘆するばかりです。

セットリストは、あえて代表曲を外してでも、なるべく過去のイメージで色付けされてないものをチョイスし、0からのスタートを感じさせるものだったように感じます。
4人のソロステージでは、それぞれで全く別の空気のステージを作り出し、新たな個性を存分に発揮し素晴らしかったですし、ギュリスンのデュオは、これまでの道のりや互いの思いが交錯しているかの様で、2人にしか作り出せない雰囲気にただただ聞き入ってしまいました。

個人的にはもう一生見られないだろうと思っていたRock You のShake it Year!のヨンジのジャンプにも「よくそこに着目しやってくれた~!」と拍手を送りたいぐらいです!

最期の挨拶では、困難の過程でも決して愚痴や弱音は吐かなかったのに、同時に弱くなりそだった自分も隠さずさらけ出してくれる。相変わらずの人間味溢れるKARAがやっぱり好きです。

そうかと思えばおなじみのギャグからまさかのギュリのチャン・ドンゴンまで...まだ自分の目には涙が残っているのに笑わされたりまた泣かされたり、もうワケがわからなくなりまたしたね(^_^;)

今回、「今おく」を歌わなかった理由は理解できる様な気がしますが、この曲は自分にとっても特別で大好きな曲なので、KARASIA in Seoul で5人で初めてBreak it を歌ったように、「この4人でまた今おくを歌いたい」と思う日が来たら、ぜひまた歌ってほしいものです。

色々とあった一年でしたが、多くの困難を乗り越え今日まで辿り着いてくれた6人。今でもずっと応援し続けられる事にはただただ感謝の気持ちしかないですね。
併せてtangerineさんにもご自身の状況に関わらず変わらずレビューをアップしていただき本当にありがとうございました。

投稿: KARASF | 2014/12/01 09:47

tangerineさん、お久しぶりです。
感想を楽しみに待っていました。

雑感といいつつ勘所を押さえ、事務所全体の運営まで見渡す観察眼はお見事としかいいようがありません。
私はいつも個人的な視点・観点でしかKARAを見られないので、tangerineさんのブログは大変有意義に拝読させて頂いております。

私は最終二日間の参加でしたが、KARAはやはり素晴らしかったです。
ヨンジの努力もさることながら、やはりギュリ、スンヨン、ハラの『人間性』が、今回の崖っぷちからの大逆転ホームラン級のKARASIA成功の要だったように思います。
ただ歌や踊りが上手で、日本語がなめらかで、ステージ構成が秀逸であったからといって、私はあの胸を打たれたような全身の震えを、手を合わせて祈りたくなるような神々しさを彼女達には感じなかったでしょう。

「これがKARAなんだ」と。「だからKARAが好きなんだ」と改めて、いや、初めて確信しました。
エンターテイナーや若くて可愛い女の子の集まりとしてではなく、ひた向きに生きようと挑み続ける一人の人間の集まりとしてKARAを敬愛している。

KARAの行く末になんの心配もありません。
それは「なんの問題も起こらない」ということではなく「どんな問題が起ころうとも」KARAはKARAであり、私はずっと好きである、という確信です。

…だいぶ堅苦しく本筋からぶっ飛んだ内容と表現で少しお恥ずかしいですが、これが本心です。
まだまだこれからも応援していきます!
次回のKARASIAでは私も是非tangerineさんにご挨拶したいです!
では、失礼します。

投稿: 千葉ひろ | 2014/12/01 19:52

こんにちは、ご無沙汰しております。

KARASIA3rdツアー、私は大阪二日目と横浜最終日に行ってきました。

ライブ自体は素晴らしい出来だったのと、相変わらずのグダグダトーク(笑)で楽しませてもらいました。

選曲に関してはKARASFさんの仰っているように、過去の印象に引っ張られないようにしている感はありましたね。
大阪公演に一緒に行ったライト層になるであろう私の娘は、ちょっと戸惑ってました(笑)。
それでも定番中の定番を外さずに、会場一体となって大きく盛り上がるパートもあってよかったです。

最終日のギュリさんの言葉には胸が苦しくなりました。
心の中の葛藤を仕舞い込んで、笑顔でダダスベリのギャグ(失礼!)を言うギュリさん.....。
同じような葛藤をハラちゃんとスンヨンさんも抱えていたかも知れません.....。
でも、またこうして我々の前に戻って来てくれたことに感謝です。

ヨンジさんもデビュー三か月程度で、よくぞここまで!と思わせるほどの奮闘ぶりでした。
韓国でのソロ活動も順調なようで、このままKARAの一員として立派に育って欲しいものです。
そんなちょっと偉そうな父親的目線で観てました。

チケット代金については、tangerineさんと同じような意見を持っています。
そう思ってる人も多いと思います。
来年もあるであろうKARASIA開催時には、事務所サイドには一考して欲しいですね。

投稿: にゃんち | 2014/12/02 13:59

>takさん

KARA関係ではご無沙汰しておりました。

確かに冷めてしまうのも仕方ないですよね。事務所に莫大な利益をもたらす日本市場に対して延々と無言で待たされた後のプロモーション不足からのいきなりのツアーということで。その前に事務所として弁明しなければならない部分も多いはずなのに。

コンサートの内容自体はKARA本人たちの最大級の努力の甲斐あって最高で申し分なかったけど集客力が落ちてしまったのは、単純にメンバーチェンジだけが理由なのかという疑問。

K-POP市場全体にもいえることですがDSPは日本のファンの優しさ、懐の大きさに甘えきっている部分が見受けられ、メンバー達ががんばっていても「日本のファンの足元を見てる事務所」という考えが頭をよぎります。

その辺が横浜アリーナ初日の2Fスタンド完全閉鎖という集客力の大幅な低下という形で目に見えてしまったので、それを事務所がどう受け止めるかなーという感じです。

他のK-POPの事務所の多くがバカ高いチケット代で興行を打って、集客が悪いと招待券をバラ巻いて人だけ集め、それが知られると次からはお金を払って見ようとしない人が増えるという悪循環に陥っても「人気がなくなった」と勘違いして営業努力をせずに撤退するという流れをよく見ます。「SMエンタがあれだけの高価格のチケット代で満員にできてるのでうちでもできるはず」と勘違いしてしまうのでしょう。

ファンサービスも韓国でのファンミーティングのノリをそのまま日本に持ってきてやろうという発想だったのでしょうけど、コンサートに来る全ての人に社会的モラルが行き届いているとは限らないという結果なんでしょうね。

Rainbowの再起動ですが、同期のガールズグループの多くが日本デビューするも、BIGBANGという莫大な人気グループをバックに持つ2NE1以外は収束モードで、今更感はたしかにありますね。しかし長い下積みの後ブレイクしたGirl's Dayのようなグループもあるので事務所の取り組み次第という気もしますが、DSPじゃ無理でしょうかねー。

DSP自体KARA以前のベテランのタレント不在で、ニコルが移籍したB2Mがイ・ヒョリやSS501のメンバーなどDSP出身タレントの受け皿になっているところをみると本当にタレントのことを熟知している元DSPマネージャーのキル・ジョンファが代表を務めるB2Mのような事務所が居心地が良いのだろうなとも感じます。KARAでの活動を終えた後にメンバーがDSPに留まって女優業などを続けるのかにもよりますが、このままだとおっしゃるとおり事務所としての将来は厳しいでしょうね。

投稿: tangerine | 2014/12/03 11:32

>KARASFさん

お待ちいただきありがとうございます。

短時間であれだけのクオリティーのフル・コンサートを実現できてしまうのはKARAがいかにプロフェッショナルで高次元にいるグループなのかを思い知らされますね。それについてくることができるヨンジの潜在能力の高さにも圧倒された感じでした。

セットリストに関してはKARAのメンバーからも意見が出ての結果とも思えるので、インタビューなどで真意が知りたいところです。今回はアーティストとして新境地を開きにいった感じですが「メンバーチェンジしてもKARAはKARA」とオーソドックスな王道のKARAナンバーを連発すれば、それはそれでライト層や超初期からのファンにもアピールできたかもしれないので。2人づつのデュオ企画は大変良いので、今後も続けてほしいものですね。

超初期の"Rock You"をちゃんと残してくれたのは嬉しかったですね~!フレッシュな気持ちのヨンジにもぴったりでした。

「今贈りたい」は確かに現状ではあの5人での編成以外で歌える時期ではないと思います。いつかまたこの曲を4人のKARAでも歌ってくれる日がくれば良いですね。その時に全てのメンバーやファンの中に残っていたわだかまりが消えて幸せな気持ちになれれば良いなと思います。

投稿: tangerine | 2014/12/03 11:50

>千葉ひろさん

お待ちいただきありがとうございます。

「ひた向きに生きようと挑み続ける一人の人間の集まりとしてKARA」とおっしゃる表現。それこそがKARAがなぜ日本で特別に愛されるかの何たるかを物語っているようですね。

もうダメだと思っても常に降りかかる困難に打ち勝つ力(その困難というのが恒常的に事務所内部の事情で起こってくるのが問題なのですが)がKARAにはあるので、今回も心の底から感動できるステージができたのだと、改めてKARAの持つ人間性の素晴らしさに感服しました。

来年も正面から向き合った真摯な姿勢と満面のスマイルと人間らしさ溢れるドジで愉快な面を持つKARAに出会えるのを楽しみにしています。

投稿: tangerine | 2014/12/03 12:13

>にゃんちさん

ご無沙汰しておりました。

娘さんとのKARASIA参戦いいですねー。

再デビュー的な面から見れば、もうちょっと知名度の高い曲を入れても良かったと思いますが、アーティストとして前向きいもいきたいという想いもあって難しいところでしょうね。

ギュリの言葉は本当に辛かったんだろうなと。日本語ではうまく表現できなかっただろうけど辛さが伝わって映画館で涙してしまいました。スンヨンもハラも同じ想いだったでしょう。

1stツアーの盛大なお祭り騒ぎのようにファミリー層など年代を超えた客層が集まってこそ盛り上がるKARASIAなので、そういう雰囲気が保てるように事務所も招聘元も努力してほしいものです。

投稿: tangerine | 2014/12/03 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23958/60733751

この記事へのトラックバック一覧です: KARASIA 横浜アリーナ 2014年11月19日 ライブビューイング:

« KARA 大阪市中央体育館 2014年11月15日 | トップページ | NICOLE / FIRST ROMANCE & DSP SPECIAL ALUBUM / WHITE LETTER »